さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2007年12月17日

神経症の「えんぎと迷信恐怖症」の認知行動療法 15

今日も、神経症の「えんぎと迷信恐怖症」の認知行動療法について述べます。今日も、モデルにより述べます。

四(し)は縁起が悪いというサラリーマンに国道四号線を歩くことを、行ってもらいました。その人は、その行動をとおして「えんぎと迷信恐怖」は少しずつ弱まっていくことに気付きました。

「~をすると縁起が悪い」という強迫観念は、逃げないでください。
そしてその縁起の悪い事を、強いて行ってください。それが大切です。

そうやって、神経症の「えんぎと迷信恐怖」に対するコントロールを身につける事こそが、縁起と迷信恐怖症の真の解決方法です。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counselor at 13:20Comments(0)カウンセリング