さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2008年06月01日

神経症の強迫行為のない強迫観念を解決する10の認知療法113

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法について述べます。

今日からは、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法の第五の方法を述べます。

その第五の方法は、「自分の心配していることが本当に起きるとしたら、その根拠を考える」ことです。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counselor at 12:52Comments(0)カウンセリング

2008年06月02日

神経症の強迫行為のない強迫観念を解決する10の認知療法114

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法について述べます。

神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法の第五の方法は、「自分の心配していることが本当に起きるとしたら、その根拠を考える」ことです。

ある人はふとしたことを切っ掛けに、それとは直接関係のない恐怖感を持ちました。
それは自分の家の下水が逆流して、東京湾の汚水を含んだ海水が家の中にあふれてしまうという恐怖感です。この強迫観念に苦しんだのです。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counselor at 13:14Comments(0)カウンセリング

2008年06月03日

神経症の強迫行為のない強迫観念を解決する10の認知療法115

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。


今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法について述べます。

神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法の第五の方法は、「自分の心配していることが本当に起きるとしたら、その根拠を考える」ことです。

ある人は自分の家の下水が逆流して、東京湾の汚水を含んだ海水が家の中にあふれてしまうという恐怖感に苦しみました。
そこで「自分の心配していることが本当に起きるとしたら、その根拠を考える」ことを、スタートしました。

確かに、自分の家の下水の逆流はありえます。
それは多くの場合、下水が詰まるからです。
これは比較的よくあることです。

さらにカウンセラーは、「東京湾の汚水を含んだ海水が家の中にあふれてしまうことはありえますか?」と、質問しました。
ここからが、認知の修正のスタートです。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counselor at 13:10Comments(0)カウンセリング

2008年06月04日

神経症の強迫行為のない強迫観念を解決する10の認知療法116

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法について述べます。

神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法の第五の方法は、「自分の心配していることが本当に起きるとしたら、その根拠を考える」ことです。

ある人は自分の家の下水が逆流して、東京湾の汚水を含んだ海水が家の中にあふれてしまうという恐怖感に苦しみました。そこで、その根拠を考てもらう質問をすると、「確かに下水が詰まり、その結果自分の家の下水の逆流はありえます」と、答えました。

さらにカウンセラーは認知の修正のために、「東京湾の汚水を含んだ海水が逆流して、家の中にあふれてしまうことはありえますか?」と、質問しました。

この人は考え込みました。
それはこの人の家は、高台にあったからです。
けっして、東京湾の海水が逆流する場所には家はないのでした。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counselor at 13:20Comments(0)カウンセリング

2008年06月05日

神経症の強迫行為のない強迫観念を解決する10の認知療法117

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法について述べます。

神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法の第五の方法は、「自分の心配していることが本当に起きるとしたら、その根拠を考える」ことです。

ある人は自分の家の下水が逆流して、東京湾の汚水を含んだ海水が家の中にあふれてしまうという恐怖感に苦しみました。

そこで、その根拠を考てもらう質問をすると、「確かに下水が詰まり、その結果自分の家の下水の逆流はありえます」と、答えました。そこでカウンセラーは認知の修正のために、「東京湾の汚水を含んだ海水が逆流して、家の中にあふれてしまうことはありえますか?」と、質問しました。この人は考え込みました。それは絶対に、東京湾の海水が逆流する場所には家はなかったからです。

さらに認知の修正のために、「東京湾の汚水を含んだ海水が逆流して、家の中にあふれてしまったというニュースを、テレビで見たことはありますか?」と、質問しました。この人はまた考え込みました。それは、そのようなニュースをまだ見たことはないからです。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counselor at 13:29Comments(0)カウンセリング

2008年06月07日

神経症の強迫行為のない強迫観念を解決する10の認知療法119

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法について述べます。

神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法の第五の方法は、「自分の心配していることが本当に起きるとしたら、その根拠を考える」ことです。

ある人は自分の家の下水が逆流して、東京湾の汚水を含んだ海水が家の中にあふれてしまうという恐怖感に苦しみました。

しかしその人は、東京湾の汚水を含んだ海水が逆流して、家の中にあふれてしまったというニュースをまだ見たことはないのです。

またカウンセラーの、「東京湾からあなたの家に海水が逆流して、あごひげあざらしのたまちゃんが出てきたら驚きますか?」という質問に、「驚きます!」と答えました。

さらにカウンセラーは、「これからは東京湾からあなたの家に海水が逆流して、あごひげあざらしのたまちゃんが出てくるの待つ方が楽しいですね!」と、アドバイスしました。

それに続けてカウンセラーは、「あごひげあざらしのたまちゃんはあなたが待っても、待たなくても出てきますね。そうであればあなたのお困りのことは、心配してもしなくても起きます。心配とは、そういうものです。」と述べました。

これが10種類の認知療法の第五の方法です。
次回は、次の第六の方法を述べます。  

Posted by counselor at 13:16Comments(0)カウンセリング

2008年06月08日

神経症の強迫行為のない強迫観念を解決する10の認知療法120

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法について述べます。

今日からは、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法の第六の方法を述べます。

その第六の方法は、「自分の将来に対する不安の検証」です。
これは将来が、あなたの考えているような不安定なものか自分自身で検証するのです。

次回も、さらに第六の方法を述べます。  

Posted by counselor at 16:10Comments(0)カウンセリング

2008年06月09日

神経症の強迫行為のない強迫観念を解決する10の認知療法121

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法について述べます。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法の第六の方法を述べます。第六の方法は、「自分の将来に対する不安の検証」です。これは将来が、あなたの考えているような不安定なものか自分自身で検証する方法です。

先ずあなたの心配を、メモしてください。
次にそのメモに悩み事の結果を、書いてください。


窓を閉め忘れて、外出したかもしれない→窓は普通に閉めてあった

このように、書いてください。
次回に、さらに述べます。  

Posted by counselor at 13:19Comments(0)カウンセリング

2008年06月10日

神経症の強迫行為のない強迫観念を解決する10の認知療法122

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法について述べます。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法の第六の方法を述べます。第六の方法は、「自分の将来に対する不安の検証」です。あなたの心配をメモして、そのメモした悩み事の結果を書くのです。

たとえば、【窓を閉め忘れて、外出したかもしれない→窓は普通に閉めてあった】のように、書いてください。

次に、そのメモを日曜日に見直してください。
そうすれば、自分の不安がいかに的外れであったか分かります。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counselor at 13:10Comments(0)カウンセリング

2008年06月11日

神経症の強迫行為のない強迫観念を解決する10の認知療法123

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法について述べます。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法の第六の方法を述べます。第六の方法は、「自分の将来に対する不安の検証」です。それは紙に【窓を閉め忘れて、外出したかもしれない→窓は普通に閉めてあった】のように、書いてください。

そのメモを日曜日に見直して、自分の不安がいかに的外れであったかを確認します。
この方法は、その確認を通して的外れな不安を減少させます。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counselor at 13:21Comments(0)カウンセリング

2008年06月12日

神経症の強迫行為のない強迫観念を解決する10の認知療法124

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法について述べます。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法の第六の方法を述べます。第六の方法は、「自分の将来に対する不安の検証」です。それは紙に【窓を閉め忘れて、外出したかもしれない→窓は普通に閉めてあった】のように、書いてください。

そのメモによって自分の不安がいかに的外れであったかを確認して、的外れな不安を減少させるのです。

多くの神経症の人は、心配性です。よって多くの、心配を抱えて生きています。
この方法を行ってください。そうすれば、心配することの無意味さに気付きます。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counselor at 13:08Comments(0)カウンセリング

2008年06月13日

神経症の強迫行為のない強迫観念を解決する10の認知療法125

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法について述べます。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法の第六の方法は、「自分の将来に対する不安の検証」です。それは紙に【窓を閉め忘れて、外出したかもしれない→窓は普通に閉めてあった】のように、書いてください。
そのメモによって自分の不安がいかに的外れであったかを確認して、的外れな不安を減少させるのです。

多くの神経症の人は、心配性です。よって多くの、心配を抱えて生きています。
しかしその心配は、当たったことはまずありません。
宝くじに当たったことのない人が、当たったことを考えているのとそれほどかわらないのです。

次回からは、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法の第七の方法を述べます。  

Posted by counselor at 13:08Comments(0)カウンセリング

2008年06月14日

神経症の強迫行為のない強迫観念を解決する10の認知療法126

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法について述べます。

今日からは、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法の第七の方法を述べます。その第七の方法は、「不安を客観化するための道を通る」です。

その道は、四種類の道からなります。
次回は、その第一の道について述べます。

  

Posted by counselor at 10:42Comments(0)カウンセリング

2008年06月15日

神経症の強迫行為のない強迫観念を解決する10の認知療法127

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法について述べます。

今日からは、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法の第七の方法を述べます。その第七の方法は、「不安を客観化するための道を通る」です。

神経症的な不安は、現実的なものではありません。
現実との間にズレがあります。そのズレは、自分の心配が最悪の事態と結びついた結果です。
よって不安を客観化するための第一の道は、「自分の心配を最悪の事態と結びつけない道」です。

次回にさらに述べます。

  

Posted by counselor at 16:42Comments(0)カウンセリング

2008年06月16日

神経症の強迫行為のない強迫観念を解決する10の認知療法128

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法について述べます。

今日からは、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法の第七の方法を述べます。その第七の方法は、「不安を客観化するための道を通る」です。

その第一の道は、「自分の心配を最悪の事態と結びつけない道」です。
梯子で1メートルの高さから2メートルの高さへ登ることは、簡単です。

しかし100メートルの高さから101メートルの高さへ登ることは、難しいのです。
それは100メートルの場合は、「梯子から落ちるかもしれないという最悪の事態」の心配を、現実と結びつけたからです。

次回にさらに述べます。
  

Posted by counselor at 11:26Comments(0)カウンセリング

2008年06月17日

神経症の強迫行為のない強迫観念を解決する10の認知療法129

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法について述べます。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法の第七の方法を述べます。その第七の方法は、「不安を客観化するための道を通る」です。

その第一の道は、「自分の心配を最悪の事態と結びつけない道」です。
梯子を1メートルの高さから2メートルの高さへ登ることは簡単ですが、100メートルの高さから101メートルの高さへ登ることは難しいのです。それは「梯子から落ちるかもしれないという最悪の事態」の心配を、現実と結びつけたからです。

すなわち
梯子から落ちるかもしれないという最悪の心配→100メートルの高さから落ちる→事故死
このように考えたのです。

しかし自分の心配を最悪の事態と結びつけなければ、怖がることは何もありません。
そして神経症の人は多くの場合、梯子を1メートルの高さから2メートルの高さへ登るときにもこのこころのメカニズムに支配されているのです。このように神経症の人は、非現実的なこころのメカニズムに支配されているのです。


次回にさらに述べます。
  

Posted by counselor at 13:10Comments(0)カウンセリング

2008年06月18日

神経症の強迫行為のない強迫観念を解決する10の認知療法130

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法について述べます。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法の第七の方法を述べます。
その第七の方法は、「不安を客観化するための道を通る」です。

その第一の道は、「自分の心配を最悪の事態と結びつけない道」です。
自分の心配を最悪の事態と結びつければ、非現実的なこころのメカニズムに支配されてしまいます。

すなわち、心配のドミノ倒しにより不安は拡大します。
それを断ち切るのが、この「自分の心配を最悪の事態と結びつけない道」です。

次回にさらに述べます。
  

Posted by counselor at 13:48Comments(0)カウンセリング

2008年06月18日

神経症の強迫行為のない強迫観念を解決する10の認知療法131

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法について述べます。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法の第七の方法を述べます。その第七の方法は、「不安を客観化するための道を通る」です。

その第一の道は、「自分の心配を最悪の事態と結びつけない道」です。
自分の心配を最悪の事態と結びつければ非現実的なこころのメカニズムに支配され、心配のドミノ倒しにより不安は拡大します。

神経症の人の心配は、現実にまだ起きていません。
それは自分の心配を、最悪の事態と結びつけた結果です。
そのために、第二の道も通る必要もあります。

次回は、その第二の道を述べます。
  

Posted by counselor at 13:49Comments(0)カウンセリング

2008年06月20日

神経症の強迫行為のない強迫観念を解決する10の認知療法132

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法について述べます。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法の第七の方法を述べます。
その第七の方法は、「不安を客観化するための道を通る」です。

その第一の道は、「自分の心配を最悪の事態と結びつけない道」です。
この第一の道のために、第二の道も通る必要もあります。

第二の道は、「自分が心配していることが、現実に起きる確率を考える道」です。
この道は、第一の「自分の心配を最悪の事態と結びつけない道」をサポートする道です。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counselor at 13:08Comments(0)カウンセリング

2008年06月21日

神経症の強迫行為のない強迫観念を解決する10の認知療法133

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法について述べます。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法の第七の方法を述べます。その第七の方法は、「不安を客観化するための道を通る」です。

その第一の道は、「自分の心配を最悪の事態と結びつけない道」です。
次の第二の道は、「自分が心配していることが、現実に起きる確率を考える道」です。この道は、第一の「自分の心配を最悪の事態と結びつけない道」をサポートします。

今日から、モデルにより述べます。
ある人は、スーパーに食品を買いに行きました。
レジに並んでいるときに、隣に並んでいる人が液体洗剤を持っていることに気付きました。
そのときにその人は、隣に並んでいる人の液体洗剤のフタが開いて、自分の買った食品にこぼれたかもしれないと心配しました。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counselor at 13:16Comments(0)カウンセリング

2008年06月22日

神経症の強迫行為のない強迫観念を解決する10の認知療法134

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法について述べます。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法の第七の方法を述べます。その第七の方法は、「不安を客観化するための道を通る」です。

その第二の道は、「自分が心配していることが、現実に起きる確率を考える道」です。
今日も、モデルにより述べます。

ある人はスーパーに食品を買いに行きレジに並んでいるときに、隣に並んでいる人の液体洗剤のフタが開いて、自分の買った食品にこぼれたかもしれないと心配しました。

この場合、隣に並んでいる人の液体洗剤のフタが開く確率。
次に自分の買った食品に、こぼれる確率。
最後に食品にこぼれていたら、それを発見する確率。
この三つの確率が、問題になります。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counselor at 14:24Comments(0)カウンセリング

2008年06月23日

神経症の強迫行為のない強迫観念を解決する10の認知療法135

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法について述べます。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法の第七の方法を述べます。その第七の方法は、「不安を客観化するための道を通る」です。

その第二の道は、「自分が心配していることが、現実に起きる確率を考える道」です。
ある人はスーパーに食品を買いに行きレジに並んでいるときに、隣に並んでいる人の液体洗剤のフタが開いて、自分の買った食品にこぼれたかもしれないと心配しました。

この場合、隣に並んでいる人の液体洗剤のフタが開く確率。自分の買った食品に、こぼれる確率。食品にこぼれていたら、それを発見する確率。この三つの確率が問題になりますが、先ず隣に並んでいる人の液体洗剤のフタが開く確率から、考えてみます。

多くの場合、液体洗剤のフタが開くことはありえません。
しかしこの人は液体洗剤が商品の棚に並べられているときに、ふとしたことで落ちてフタが開いたか、開き易くなったと考えました。隣に並んでいる人の液体洗剤は、そのような洗剤かもしれないと思い込みました。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counselor at 11:16Comments(0)カウンセリング

2008年06月24日

神経症の強迫行為のない強迫観念を解決する10の認知療法136

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法について述べます。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法の第七の方法を述べます。その第七の方法は、「不安を客観化するための道を通る」です。この道は、四つの道からなります。

その第二の道は、「自分が心配していることが、現実に起きる確率を考える道」です。
ある人はスーパーに食品を買いに行きレジに並んでいるときに、隣に並んでいる人の液体洗剤のフタが開いて、自分の買った食品にこぼれたかもしれないと心配しました。このケースでは、隣に並んでいる人の液体洗剤のフタが開く確率。自分の買った食品に、こぼれる確率。食品にこぼれていたら、それを発見する確率。この三つの確率が問題になります

先ず隣に並んでいる人の、液体洗剤のフタが開く確率から考えてみます。
この人は液体洗剤が商品の棚に並べられているときに、ふとしたことで落ちてフタが開いたか、開き易くなったと考えました。
しかし棚から落ちたぐらいでフタが開いたり、開き易くなることもありえません。
またそうなっていたらスーパーの従業員か、本人も気付くはずです。

次回に、さらに述べます。  

Posted by counselor at 13:11Comments(0)カウンセリング

2008年06月25日

神経症の強迫行為のない強迫観念を解決する10の認知療法137

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法について述べます。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法の第七の方法を述べます。その第七の方法は、「不安を客観化するための道を通る」です。この道は、四つの道からなります。

その第二の道は、「自分が心配していることが、現実に起きる確率を考える道」です。
ある人はスーパーに食品を買いに行きレジに並んでいるときに、隣に並んでいる人の液体洗剤のフタが開いて、自分の買った食品にこぼれたかもしれないと心配しました。このケースでは、隣に並んでいる人の液体洗剤のフタが開く確率。自分の買った食品に、こぼれる確率。食品にこぼれていたら、それを発見する確率。この三つの確率が問題になります

先ず隣に並んでいる人の、液体洗剤のフタが開く確率から考えてみました。
そうするとその確率は、せいぜい0.001パーセントです。
現実にそのようなことの起きたことは、誰も聞いていません。

次回は「自分の買った食品に液体洗剤がこぼれる確率」について述べます。  

Posted by counselor at 13:22Comments(0)カウンセリング

2008年06月26日

神経症の強迫行為のない強迫観念を解決する10の認知療法138

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法について述べます。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法の第七の方法を述べます。その第七の方法は、「不安を客観化するための道を通る」です。この道は、四つの道からなります。

その第二の道は、「自分が心配していることが、現実に起きる確率を考える道」です。
ある人はスーパーに食品を買いに行きレジに並んでいるときに、隣に並んでいる人の液体洗剤のフタが開いて、自分の買った食品にこぼれたかもしれないと心配しました。このケースでは、隣に並んでいる人の液体洗剤のフタが開く確率。自分の買った食品に、こぼれる確率。食品にこぼれていたら、それを発見する確率。この三つの確率が問題になります

先ず隣に並んでいる人の液体洗剤のフタが開く確率は、せいぜい0.001パーセントです。
さらに次の「自分の買った食品に液体洗剤がこぼれる確率」を考えるときに、大切なことがあります。

それは隣に並んでいる人の液体洗剤のフタが開いていなければ、絶対に「自分の買った食品に液体洗剤がこぼれる確率」は0パーセントだということです。

よって、この「自分の買った食品に液体洗剤がこぼれる確率」は限りなく0パーセントに近いのです。このことは大切です。

次回に、さらに述べます。





  

Posted by counselor at 13:11Comments(0)カウンセリング

2008年06月27日

神経症の強迫行為のない強迫観念を解決する10の認知療法139

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話による東日本大震災に関するこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法について述べます。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法の第七の方法を述べます。その第七の方法は、「不安を客観化するための道を通る」です。この道は、四つの道からなります。

その第二の道は、「自分が心配していることが、現実に起きる確率を考える道」です。
ある人はスーパーに食品を買いに行きレジに並んでいるときに、隣に並んでいる人の液体洗剤のフタが開いて、自分の買った食品にこぼれたかもしれないと心配しました。このケースでは、隣に並んでいる人の液体洗剤のフタが開く確率。自分の買った食品に、こぼれる確率。食品にこぼれていたら、それを発見する確率。この三つの確率が問題になります

先ず隣に並んでいる人の液体洗剤のフタが開く確率は、せいぜい0.001パーセントです。
さらに次の「自分の買った食品に液体洗剤がこぼれる確率」を考えましょう。

スーパーの買い物カゴに入っている液体洗剤がこぼれたら、先ずほとんどその本人の買い物カゴに入っている品物にこぼれます。したがってレジで隣に並んでいる人の、買い物カゴに入っている品物にこぼれることはマジックのようなことです。よってその確率も、せいぜい0.001パーセントです。

次回は、もし「食品にこぼれていたら、それを発見する確率」について述べます。
  

Posted by counselor at 13:11Comments(0)カウンセリング

2008年06月28日

神経症の強迫行為のない強迫観念を解決する10の認知療法140

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話による東日本大震災に関するこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法について述べます。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法の第七の方法を述べます。その第七の方法は、「不安を客観化するための道を通る」です。この道は、四つの道からなります。

その第二の道は、「自分が心配していることが、現実に起きる確率を考える道」です。
ある人はスーパーに食品を買いに行きレジに並んでいるときに、隣に並んでいる人の液体洗剤のフタが開いて、自分の買った食品にこぼれたかもしれないと心配しました。このケースでは、隣に並んでいる人の液体洗剤のフタが開く確率。自分の買った食品に、こぼれる確率。食品にこぼれていたら、それを発見する確率。この三つの確率が問題になります

先ず隣に並んでいる人の液体洗剤のフタが開く確率は、せいぜい0.001パーセントです。
さらに「自分の買った食品に液体洗剤がこぼれる確率」も、せいぜい0.001パーセントです。

今日からは、もし「食品にこぼれていたら、それを発見する確率」について述べます。
いままでの心配は、「自分に~~~が起きる」というものでした。
しかし「食品にこぼれていたら、それを発見する」というように、不安を打ち消そうとするための行動というように、今度はその性格が変わります。

神経症の人はこのように自分の不安のためにこころが動かされて、その不安を打ち消すために行動しがちです。その結果、生活が不自由になります。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 11:41Comments(0)カウンセリング

2008年06月29日

神経症の強迫行為のない強迫観念を解決する10の認知療法141

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話による東日本大震災に関するこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法について述べます。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法の第七の方法を述べます。その第七の方法は、「不安を客観化するための道を通る」です。この道は、四つの道からなります。

その第二の道は、「自分が心配していることが、現実に起きる確率を考える道」です。
ある人はスーパーに食品を買いに行きレジに並んでいるときに、隣に並んでいる人の液体洗剤のフタが開いて、自分の買った食品にこぼれたかもしれないと心配しました。このケースでは、隣に並んでいる人の液体洗剤のフタが開く確率。自分の買った食品に、こぼれる確率。食品にこぼれていたら、それを発見する確率。この三つの確率が問題になります

先ず隣に並んでいる人の液体洗剤のフタが開く確率は、せいぜい0.001パーセントです。
さらに「自分の買った食品に液体洗剤がこぼれる確率」も、せいぜい0.001パーセントです。

そして最後の、「食品にこぼれていたら、それを発見する確率」はその性格が、今までとは変わります。神経症の不安を打ち消すためのものに、その性格が変わるのです。

しかし、よく考えてください。
この道まで来れば、もうその心配の起きる確率は限りなく0パーセントに近づいていることは客観的に分かります。神経症の人はその限りなく0パーセントに近いことのために行動して、生活をチグハグなものにしてしまいます。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 15:53Comments(0)カウンセリング

2008年06月30日

神経症の強迫行為のない強迫観念を解決する10の認知療法142

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話による東日本大震災に関するこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法について述べます。

今日も、神経症の「強迫行為のない強迫観念」を解決する10種類の認知療法の第七の方法を述べます。その第七の方法は、「不安を客観化するための道を通る」です。この道は、四つの道からなります。

その第二の道は、「自分が心配していることが、現実に起きる確率を考える道」です。
ある人はスーパーに食品を買いに行きレジに並んでいるときに、隣に並んでいる人の液体洗剤のフタが開いて、自分の買った食品にこぼれたかもしれないと心配しました。このケースでは、隣に並んでいる人の液体洗剤のフタが開く確率。自分の買った食品に、こぼれる確率。食品にこぼれていたら、それを発見する確率。この三つの確率が問題になります

先ず隣に並んでいる人の液体洗剤のフタが開く確率は、せいぜい0.001パーセントです。
さらに「自分の買った食品に液体洗剤がこぼれる確率」も、せいぜい0.001パーセントです。
最後の、「食品にこぼれていたら、それを発見する確率」にいたっては、限りなく0パーセントに近いのです。

このように客観的に考えれば自分の心配していることは結局、限りなく0パーセントに近いことです。しかしその限りなく0パーセントに近いことを、「それは起こるに違いない。起こったら、どうしよう!」と考えて、迷路に迷い込んでしまうのです。

次回からは、次の第三の道を述べます。
  

Posted by counselor at 11:17Comments(0)カウンセリング