さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2009年10月01日

強迫的行為のない強迫観念の解決方法 193

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫的行為のない強迫観念の解決方法を述べます。

ある人は電車に乗ると痴漢をするかもしれないという心配の解決とともに、現実の生活もゆったりしたものになりました。あとは心身をリラックスさせる練習を、精神分析療法の自由連想法のように用いました。

その中で、この人は「小学生の時、電器店の人から怒られた」エピソードを語り、その体験を身体では「胸の重苦さ」と自覚化し、その「胸の重苦しさ」をソフトに感じてイメージを語ってもらいました。

そのイメージは、一つのリズムでスムーズに進みました。
「胸の重苦さ」から解放されるというベクトルと、おおらかな気持ちが育まれるというベクトルの相互関係により、カウンセリングは深まっていきました。

やがてこの人は「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」・・・・・・・・・と繰り返し、「何とかなるさ!!!」と、大きな声を出しました。そしてそのあとは、ゆったりした気持ちに包まれました。

先ずこころの歪みを、叫びとともに吐き出したのです。これはアメリカのヤノフの、絶叫療法にも通じるものです。ヤノフの絶叫療法では、自分自身のこころの歪みの起きた状況になりきり絶叫します。そこから、こころの解放が起きると考えるのです。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 13:16Comments(0)カウンセリング

2009年10月02日

強迫的行為のない強迫観念の解決方法 194

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫的行為のない強迫観念の解決方法を述べます。

ある人は電車に乗ると痴漢をするかもしれないという心配の解決とともに、現実の生活もゆったりしたものになりました。あとは心身をリラックスさせる練習を、精神分析療法の自由連想法のように用いました。

その中で、この人は「小学生の時、電器店の人から怒られた」エピソードを語り、その体験を身体では「胸の重苦さ」と自覚化し、その「胸の重苦しさ」をソフトに感じてイメージを語ってもらいました。

そのイメージは、一つのリズムでスムーズに進みました。
「胸の重苦さ」から解放されるというベクトルと、おおらかな気持ちが育まれるというベクトルの相互関係により、カウンセリングは深まっていきました。

やがてこの人は「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」・・・・・・・・・と繰り返し、「何とかなるさ!!!」と、大きな声を出しました。そしてそのあとは、ゆったりした気持ちに包まれました。

先ずこころの歪みを、叫びとともに吐き出したのです。これはヤノフの、絶叫療法にも通じるものです。その絶叫療法では、自分自身のこころの歪みの起きた状況になりきり絶叫し、こころの解放を起こします。この人は、拒否された状況になりきり絶叫しました。ただしこれは、絶叫療法の半分ぐらいのプロセスです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 10:46Comments(0)カウンセリング

2009年10月03日

強迫的行為のない強迫観念の解決方法 195

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫的行為のない強迫観念の解決方法を述べます。

ある人は電車に乗ると痴漢をするかもしれないという心配の解決とともに、現実の生活もゆったりしたものになりました。あとは心身をリラックスさせる練習を、精神分析療法の自由連想法のように用いました。

その中で、この人は「小学生の時、電器店の人から怒られた」エピソードを語り、その体験を身体では「胸の重苦さ」と自覚化し、その「胸の重苦しさ」をソフトに感じてイメージを語ってもらいました。

そのイメージは、一つのリズムでスムーズに進みました。
「胸の重苦さ」から解放されるというベクトルと、おおらかな気持ちが育まれるというベクトルの相互関係により、カウンセリングは深まっていきました。

やがてこの人は「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」・・・・・・・・・と繰り返し、「何とかなるさ!!!」と、大きな声を出しました。そしてそのあとは、ゆったりした気持ちに包まれました。

先ずこころの歪みを、叫びとともに吐き出したのです。これはヤノフの、絶叫療法にも通じるものです。その絶叫療法では、自分自身のこころの歪みの起きた状況になりきり絶叫し、こころの解放を起こします。ただしこれは、絶叫療法の半分ぐらいのプロセスです。

絶叫療法の次のステップは、グループ療法です。今度は前とは、少し内容が異なります。
今度は、そのときの「うらみ、つらみ」を絶叫します。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 13:07Comments(0)カウンセリング

2009年10月04日

強迫的行為のない強迫観念の解決方法 196

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫的行為のない強迫観念の解決方法を述べます。

ある人は電車に乗ると痴漢をするかもしれないという心配の解決とともに、現実の生活もゆったりしたものになりました。あとは心身をリラックスさせる練習を、精神分析療法の自由連想法のように用いました。

その中で、この人は「小学生の時、電器店の人から怒られた」エピソードを語り、その体験を身体では「胸の重苦さ」と自覚化し、その「胸の重苦しさ」をソフトに感じてイメージを語ってもらいました。

そのイメージは、一つのリズムでスムーズに進みました。
「胸の重苦さ」から解放されるというベクトルと、おおらかな気持ちが育まれるというベクトルの相互関係により、カウンセリングは深まっていきました。

やがてこの人は「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」・・・・・・・・・と繰り返し、「何とかなるさ!!!」と、大きな声を出しました。そしてそのあとは、ゆったりした気持ちに包まれました。

これはヤノフの、絶叫療法にも通じるものです。その絶叫療法では、自分自身のこころの歪みの起きた状況になりきり絶叫し、こころの解放を起こします。ただしこれは絶叫療法の半分ぐらいのプロセスであり、次のステップはグループ療法です。

グループ療法では、そのときに抑圧していた「うらみ、つらみ」を絶叫します。
正確にはそのときから、今までずっと抑圧していた「うらみ、つらみ」を絶叫します。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 15:50Comments(0)カウンセリング

2009年10月05日

強迫的行為のない強迫観念の解決方法 197

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫的行為のない強迫観念の解決方法を述べます。

ある人は電車に乗ると痴漢をするかもしれないという心配の解決とともに、現実の生活もゆったりしたものになりました。あとは心身をリラックスさせる練習を、精神分析療法の自由連想法のように用いました。

その中で、この人は「小学生の時、電器店の人から怒られた」エピソードを語り、その体験を身体では「胸の重苦さ」と自覚化し、その「胸の重苦しさ」をソフトに感じてイメージを語ってもらいました。

そのイメージは、一つのリズムでスムーズに進みました。
「胸の重苦さ」から解放されるというベクトルと、おおらかな気持ちが育まれるというベクトルの相互関係により、カウンセリングは深まっていきました。

やがてこの人は「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」・・・・・・・・・と繰り返し、「何とかなるさ!!!」と、大きな声を出しました。そしてそのあとは、ゆったりした気持ちに包まれました。

これはヤノフの、絶叫療法にも通じるものです。その絶叫療法では、自分自身のこころの歪みの起きた状況になりきり絶叫し、こころの解放を起こします。次のステップのグループ療法では、今までずっと抑圧していた「うらみ、つらみ」を絶叫します。

これをグループで行うのは、今まで抑圧されていた「うらみ、つらみ」は特に人の前にでることを恐れていたものだからです。
その「うらみ、つらみ」を人前で、こだわりなく絶叫します。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 15:11Comments(0)カウンセリング

2009年10月06日

強迫的行為のない強迫観念の解決方法 198

今日も、強迫的行為のない強迫観念の解決方法を述べます。

ある人は電車に乗ると痴漢をするかもしれないという心配の解決とともに、現実の生活もゆったりしたものになりました。あとは心身をリラックスさせる練習を、精神分析療法の自由連想法のように用いました。

その中で、この人は「小学生の時、電器店の人から怒られた」エピソードを語り、その体験を身体では「胸の重苦さ」と自覚化し、その「胸の重苦しさ」をソフトに感じてイメージを語ってもらいました。

そのイメージは、一つのリズムでスムーズに進みました。
「胸の重苦さ」から解放されるというベクトルと、おおらかな気持ちが育まれるというベクトルの相互関係により、カウンセリングは深まっていきました。

やがてこの人は「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」・・・・・・・・・と繰り返し、「何とかなるさ!!!」と大きな声を出し、そのあとにゆったりした気持ちに包まれました。

これはヤノフの、絶叫療法にも通じるものです。その絶叫療法では、自分自身のこころの歪みの起きた状況になりきり絶叫し、こころの解放を起こします。次のステップのグループ療法では、今までずっと抑圧していた「うらみ、つらみ」を絶叫します。

人の前にでることを恐れていた「うらみ、つらみ」を、人前でこだわりなく絶叫します。
その人の前にでることを恐れていた「うらみ、つらみ」も、人の前で出してしまえば何でもないものであることも多いのです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 13:15Comments(0)カウンセリング

2009年10月07日

強迫的行為のない強迫観念の解決方法 199

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫的行為のない強迫観念の解決方法を述べます。

ある人は電車に乗ると痴漢をするかもしれないという心配の解決とともに、現実の生活もゆったりしたものになりました。あとは心身をリラックスさせる練習を、精神分析療法の自由連想法のように用いました。

その中で、この人は「小学生の時、電器店の人から怒られた」エピソードを語り、その体験を身体では「胸の重苦さ」と自覚化し、その「胸の重苦しさ」をソフトに感じてイメージを語ってもらいました。

そのイメージは、一つのリズムでスムーズに進みました。
「胸の重苦さ」から解放されるというベクトルと、おおらかな気持ちが育まれるというベクトルの相互関係により、カウンセリングは深まっていきました。

やがてこの人は「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」・・・・・・・・・と繰り返し、「何とかなるさ!!!」と大きな声を出し、そのあとにゆったりした気持ちに包まれました。

これはヤノフの、絶叫療法にも通じるものです。その絶叫療法では、自分自身のこころの歪みの起きた状況になりきり絶叫し、次のステップのグループ療法では、今までずっと抑圧していた「うらみ、つらみ」を絶叫します。

人の前にでることを恐れて抑圧していた「うらみ、つらみ」も、人の前で出してしまえば何でもないものです。恐れることのなかったものを、恐れていただけです。このメカニズムが、その人を委縮させていたのです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 13:13Comments(0)カウンセリング

2009年10月08日

強迫的行為のない強迫観念の解決方法 200

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫的行為のない強迫観念の解決方法を述べます。

ある人は電車に乗ると痴漢をするかもしれないという心配の解決とともに、現実の生活もゆったりしたものになりました。あとは心身をリラックスさせる練習を、精神分析療法の自由連想法のように用いました。

その中で、この人は「小学生の時、電器店の人から怒られた」エピソードを語り、その体験を身体では「胸の重苦さ」と自覚化し、その「胸の重苦しさ」をソフトに感じてイメージを語ってもらいました。

そのイメージは、一つのリズムでスムーズに進みました。
「胸の重苦さ」から解放されるというベクトルと、おおらかな気持ちが育まれるというベクトルの相互関係により、カウンセリングは深まっていきました。

やがてこの人は「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」・・・・・・・・・と繰り返し、「何とかなるさ!!!」と大きな声を出し、そのあとにゆったりした気持ちに包まれました。

これはヤノフの、絶叫療法にも通じるものです。その絶叫療法では、自分自身のこころの歪みの起きた状況になりきり絶叫し、次のステップのグループ療法では、今までずっと抑圧していた「うらみ、つらみ」を絶叫します。

人の前にでることを恐れて抑圧していた「うらみ、つらみ」も、人の前で出してしまえば何でもないものです。グループ療法により恐れることのなかったものを、恐れていたことを確認するのです。それがグループの力です。なお現在の新しいカウンセリングは、グループ療法がとても多いのです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 13:19Comments(0)カウンセリング

2009年10月09日

強迫的行為のない強迫観念の解決方法 201

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫的行為のない強迫観念の解決方法を述べます。

ある人は電車に乗ると痴漢をするかもしれないという心配の解決とともに、現実の生活もゆったりしたものになりました。あとは心身をリラックスさせる練習を、精神分析療法の自由連想法のように用いました。

その中で、この人は「小学生の時、電器店の人から怒られた」エピソードを語り、その体験を身体では「胸の重苦さ」と自覚化し、その「胸の重苦しさ」をソフトに感じてイメージを語ってもらいました。

そのイメージは、一つのリズムでスムーズに進みました。
「胸の重苦さ」から解放されるというベクトルと、おおらかな気持ちが育まれるというベクトルの相互関係により、カウンセリングは深まっていきました。

やがてこの人は「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」・・・・・・・・・と繰り返し、「何とかなるさ!!!」と大きな声を出し、そのあとにゆったりした気持ちに包まれました。

これはヤノフの、絶叫療法にも通じるものです。その絶叫療法では、自分自身のこころの歪みの起きた状況になりきり絶叫し、次のステップのグループ療法では、今までずっと抑圧していた「うらみ、つらみ」を絶叫します。

人の前にでることを恐れて抑圧していた「うらみ、つらみ」も、人の前で出してしまえば何でもないものです。グループ療法はグループの力を、利用するカウンセリングです。

なお現在の新しいカウンセリングには、グループ療法が取り入れられていることがとても多いのです。これは新しいカウンセリングは、ヤノフの絶叫療法のような体験的な方法が多いことによります。体験的な方法は、グループで行ったほうが効果的だからです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 13:14Comments(0)カウンセリング

2009年10月10日

強迫的行為のない強迫観念の解決方法 202

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫的行為のない強迫観念の解決方法を述べます。

ある人は電車に乗ると痴漢をするかもしれないという心配の解決とともに、現実の生活もゆったりしたものになりました。あとは心身をリラックスさせる練習を、精神分析療法の自由連想法のように用いました。

その中で、この人は「小学生の時、電器店の人から怒られた」エピソードを語り、その体験を身体では「胸の重苦さ」と自覚化し、その「胸の重苦しさ」をソフトに感じてイメージを語ってもらいました。

そのイメージは、一つのリズムでスムーズに進みました。
「胸の重苦さ」から解放されるというベクトルと、おおらかな気持ちが育まれるというベクトルの相互関係により、カウンセリングは深まっていきました。

やがてこの人は「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」・・・・・・・・・と繰り返し、「何とかなるさ!!!」と大きな声を出し、そのあとにゆったりした気持ちに包まれました。

これはヤノフの、絶叫療法にも通じるものです。その絶叫療法では、自分自身のこころの歪みの起きた状況になりきり絶叫し、次のステップのグループ療法では、今までずっと抑圧していた「うらみ、つらみ」を絶叫します。

現在の新しいカウンセリングには、グループ療法が取り入れられていることがとても多いのです。いままでのカウンセリングは、面接を通した会話によるものでした。しかしヤノフの絶叫療法のような、会話によらない体験的な方法はグループで行うことが中心です。グループで行うほうが、効果的です。グループによる力を、利用します。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 13:11Comments(0)カウンセリング

2009年10月11日

強迫的行為のない強迫観念の解決方法 203

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫的行為のない強迫観念の解決方法を述べます。

ある人は電車に乗ると痴漢をするかもしれないという心配の解決とともに、現実の生活もゆったりしたものになりました。あとは心身をリラックスさせる練習を、精神分析療法の自由連想法のように用いました。

その中で、この人は「小学生の時、電器店の人から怒られた」エピソードを語り、その体験を身体では「胸の重苦さ」と自覚化し、その「胸の重苦しさ」をソフトに感じてイメージを語ってもらいました。

そのイメージは、一つのリズムでスムーズに進みました。
「胸の重苦さ」から解放されるというベクトルと、おおらかな気持ちが育まれるというベクトルの相互関係により、カウンセリングは深まっていきました。

やがてこの人は「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」・・・・・・・・・と繰り返し、「何とかなるさ!!!」と大きな声を出し、そのあとにゆったりした気持ちに包まれました。

これはヤノフの、絶叫療法にも通じるものです。その絶叫療法では、自分自身のこころの歪みの起きた状況になりきり絶叫し、次のステップのグループ療法では、今までずっと抑圧していた「うらみ、つらみ」を絶叫します。

いままでのカウンセリングは、面接を通した会話によるものでした。しかしヤノフの絶叫療法のような、体験的なグループ療法が新しいカウンセリングではとても多いのです。それはヤノフの絶叫療法にも含まれていますが、身体性をカウンセリングに取り入れていることもあります。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 16:04Comments(0)カウンセリング

2009年10月12日

強迫的行為のない強迫観念の解決方法 204

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫的行為のない強迫観念の解決方法を述べます。

ある人は電車に乗ると痴漢をするかもしれないという心配の解決とともに、現実の生活もゆったりしたものになりました。あとは心身をリラックスさせる練習を、精神分析療法の自由連想法のように用いました。

その中で、この人は「小学生の時、電器店の人から怒られた」エピソードを語り、その体験を身体では「胸の重苦さ」と自覚化し、その「胸の重苦しさ」をソフトに感じてイメージを語ってもらいました。

そのイメージは、一つのリズムでスムーズに進みました。
「胸の重苦さ」から解放されるというベクトルと、おおらかな気持ちが育まれるというベクトルの相互関係により、カウンセリングは深まっていきました。

やがてこの人は「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」・・・・・・・・・と繰り返し、「何とかなるさ!!!」と大きな声を出し、そのあとにゆったりした気持ちに包まれました。

これはヤノフの、絶叫療法にも通じるものです。その絶叫療法では、自分自身のこころの歪みの起きた状況になりきり絶叫し、次のステップのグループ療法では、今までずっと抑圧していた「うらみ、つらみ」を絶叫します。

いままでのカウンセリングは、面接を通した会話によるものでした。しかし新しいカウンセリングには体験的なグループ療法がとても多く、かつ身体性をカウンセリングに取り入れていることも多いのです。

この人の場合は最後に、「何とかなるさ!!!」と大きな声を出してゆったりした気持ちに包まれました。
これは身体性をともなった、こころの解放です。いままでのカウンセリングが、洞察を優先することとも大きく異なります。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 13:11Comments(0)カウンセリング

2009年10月13日

強迫的行為のない強迫観念の解決方法 205

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫的行為のない強迫観念の解決方法を述べます。

ある人は電車に乗ると痴漢をするかもしれないという心配の解決とともに、現実の生活もゆったりしたものになりました。あとは心身をリラックスさせる練習を、精神分析療法の自由連想法のように用いました。

その中で、この人は「小学生の時、電器店の人から怒られた」エピソードを語り、その体験を身体では「胸の重苦さ」と自覚化し、その「胸の重苦しさ」をソフトに感じてイメージを語ってもらいました。

そのイメージは、一つのリズムでスムーズに進みました。
「胸の重苦さ」から解放されるというベクトルと、おおらかな気持ちが育まれるというベクトルの相互関係により、カウンセリングは深まっていきました。

やがてこの人は「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」・・・・・・・・・と繰り返し、「何とかなるさ!!!」と大きな声を出し、そのあとにゆったりした気持ちに包まれました。

このようにこの人の場合は最後に、「何とかなるさ!!!」と大きな声を出してゆったりした気持ちに包まれました。これは身体性をともなった、こころの解放です。

いままでのカウンセリングは、洞察を優先します。それに対して新しいカウンセリングでは、必ずしも洞察を優先しません。このことが、大きく異なります。逆に新しいカウンセリングでは、「洞察は後で起きる」と考えます。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 13:10Comments(0)カウンセリング

2009年10月14日

強迫的行為のない強迫観念の解決方法 206

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫的行為のない強迫観念の解決方法を述べます。

ある人は電車に乗ると痴漢をするかもしれないという心配の解決とともに、現実の生活もゆったりしたものになりました。あとは心身をリラックスさせる練習を、精神分析療法の自由連想法のように用いました。

その中で、この人は「小学生の時、電器店の人から怒られた」エピソードを語り、その体験を身体では「胸の重苦さ」と自覚化し、その「胸の重苦しさ」をソフトに感じてイメージを語ってもらいました。

そのイメージは、一つのリズムでスムーズに進みました。
「胸の重苦さ」から解放されるというベクトルと、おおらかな気持ちが育まれるというベクトルの相互関係により、カウンセリングは深まっていきました。

やがてこの人は「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」・・・・・・・・・と繰り返し、「何とかなるさ!!!」と大きな声を出し、そのあとにゆったりした気持ちに包まれて、最後に「何とかなるさ!!!」と大きな声を出してゆったりした気持ちに包まれました。これは身体性をともなった、こころの解放です。

いままでのカウンセリングは、洞察を優先します。
それに対して新しいカウンセリングでは、必ずしも洞察を優先しません。
逆に新しいカウンセリングでは、「洞察は後で起きる」と考えます。

これは体験こそが、先行して起きるということです。
洞察は、それに続いて起きるのです。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 12:23Comments(0)カウンセリング

2009年10月15日

強迫的行為のない強迫観念の解決方法 207

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫的行為のない強迫観念の解決方法を述べます。

ある人は電車に乗ると痴漢をするかもしれないという心配の解決とともに、現実の生活もゆったりしたものになりました。あとは心身をリラックスさせる練習を、精神分析療法の自由連想法のように用いました。

その中で、この人は「小学生の時、電器店の人から怒られた」エピソードを語り、その体験を身体では「胸の重苦さ」と自覚化し、その「胸の重苦しさ」をソフトに感じてイメージを語ってもらいました。

そのイメージは、一つのリズムでスムーズに進みました。
「胸の重苦さ」から解放されるというベクトルと、おおらかな気持ちが育まれるというベクトルの相互関係により、カウンセリングは深まっていきました。

やがてこの人は「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」・・・・・・・・・と繰り返し、「何とかなるさ!!!」と大きな声を出し、そのあとにゆったりした気持ちに包まれて、最後に「何とかなるさ!!!」と大きな声を出してゆったりした気持ちに包まれました。これは身体性をともなった、こころの解放です。

いままでのカウンセリングは洞察を優先しましたが、新しいカウンセリングでは洞察を優先しません。
新しいカウンセリングでは体験が先行して起きて、洞察はそれに続いて起きると考えます。
この人の場合も体験が先行して、洞察はそれに続いて起きました。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 13:19Comments(0)カウンセリング

2009年10月16日

強迫的行為のない強迫観念の解決方法 208

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫的行為のない強迫観念の解決方法を述べます。

ある人は電車に乗ると痴漢をするかもしれないという心配の解決とともに、現実の生活もゆったりしたものになりました。あとは心身をリラックスさせる練習を、精神分析療法の自由連想法のように用いました。

その中で、この人は「小学生の時、電器店の人から怒られた」エピソードを語り、その体験を身体では「胸の重苦さ」と自覚化し、その「胸の重苦しさ」をソフトに感じてイメージを語ってもらいました。

そのイメージは、一つのリズムでスムーズに進みました。
「胸の重苦さ」から解放されるというベクトルと、おおらかな気持ちが育まれるというベクトルの相互関係により、カウンセリングは深まっていきました。

やがてこの人は「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」・・・・・・・・・と繰り返し、「何とかなるさ!!!」と大きな声を出し、そのあとにゆったりした気持ちに包まれて、最後に「何とかなるさ!!!」と大きな声を出してゆったりした気持ちに包まれました。これは身体性をともなった、こころの解放です。

新しいカウンセリングでは体験が先行して起きて、洞察はそれに続いて起きます。
この人の場合も体験が先行して、洞察はそれに続いて起きました。

具体的にこの人は「胸の重苦さ」から解放されるという体験と、おおらかな気持ちが育まれるという体験が先行しました。その洞察は「もう、何でもいい!」から「何とかなるさ!!!」という、こころの解放をともなったものでした。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 10:10Comments(0)カウンセリング

2009年10月17日

強迫的行為のない強迫観念の解決方法 209

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫的行為のない強迫観念の解決方法を述べます。

ある人は電車に乗ると痴漢をするかもしれないという心配の解決とともに、現実の生活もゆったりしたものになりました。あとは心身をリラックスさせる練習を、精神分析療法の自由連想法のように用いました。

その中で、この人は「小学生の時、電器店の人から怒られた」エピソードを語り、その体験を身体では「胸の重苦さ」と自覚化し、その「胸の重苦しさ」をソフトに感じてイメージを語ってもらいました。

そのイメージは、一つのリズムでスムーズに進みました。
「胸の重苦さ」から解放されるというベクトルと、おおらかな気持ちが育まれるというベクトルの相互関係により、カウンセリングは深まっていきました。

やがてこの人は「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」・・・・・・・・・と繰り返し、「何とかなるさ!!!」と大きな声を出し、そのあとにゆったりした気持ちに包まれて、最後に「何とかなるさ!!!」と大きな声を出してゆったりした気持ちに包まれました。これは身体性をともなった、こころの解放です。

新しいカウンセリングでは体験が先行して起きて、洞察はそれに続いて起きます。
この人の場合も「胸の重苦さ」から解放されるという体験と、おおらかな気持ちが育まれるという体験が先行しました。その洞察は「もう、何でもいい!」から「何とかなるさ!!!」という、こころの解放をともなったものでした。

心配性の人のこころの解放は、「何とかなるさ!!!」という自覚によります。
それが、全人格的に起きればいいのです。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 14:04Comments(0)カウンセリング

2009年10月18日

強迫的行為のない強迫観念の解決方法 210

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫的行為のない強迫観念の解決方法を述べます。

ある人は電車に乗ると痴漢をするかもしれないという心配の解決とともに、現実の生活もゆったりしたものになりました。あとは心身をリラックスさせる練習を、精神分析療法の自由連想法のように用いました。

その中で、この人は「小学生の時、電器店の人から怒られた」エピソードを語り、その体験を身体では「胸の重苦さ」と自覚化し、その「胸の重苦しさ」をソフトに感じてイメージを語ってもらいました。

そのイメージは、一つのリズムでスムーズに進みました。
「胸の重苦さ」から解放されるというベクトルと、おおらかな気持ちが育まれるというベクトルの相互関係により、カウンセリングは深まっていきました。

やがてこの人は「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」・・・・・・・・・と繰り返し、「何とかなるさ!!!」と大きな声を出し、そのあとにゆったりした気持ちに包まれて、最後に「何とかなるさ!!!」と大きな声を出してゆったりした気持ちに包まれました。これは身体性をともなった、こころの解放です。

心配性の人のこころの解放は、このように「何とかなるさ!!!」という自覚化から起きます。
それが全人格的な洞察として、こころに定着することこそが本質です。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 13:23Comments(0)カウンセリング

2009年10月19日

強迫的行為のない強迫観念の解決方法 211

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫的行為のない強迫観念の解決方法を述べます。

ある人は電車に乗ると痴漢をするかもしれないという心配の解決とともに、現実の生活もゆったりしたものになりました。あとは心身をリラックスさせる練習を、精神分析療法の自由連想法のように用いました。

その中で、この人は「小学生の時、電器店の人から怒られた」エピソードを語り、その体験を身体では「胸の重苦さ」と自覚化し、その「胸の重苦しさ」をソフトに感じてイメージを語ってもらいました。

そのイメージは、一つのリズムでスムーズに進みました。
「胸の重苦さ」から解放されるというベクトルと、おおらかな気持ちが育まれるというベクトルの相互関係により、カウンセリングは深まっていきました。

やがてこの人は「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」・・・・・・・・・と繰り返し、「何とかなるさ!!!」と大きな声を出し、そのあとにゆったりした気持ちに包まれて、最後に「何とかなるさ!!!」と大きな声を出してゆったりした気持ちに包まれました。これは身体性をともなった、こころの解放です。

心配性の人のこころの解放はこのような「何とかなるさ!!!」という自覚化が、全人格的な洞察としてこころに定着することによります。繰り返しになりますが、それは身体性をともなったこころの解放でなければいけないのです。身体性をともなったこころの解放であれば、すべてを変えていく力を持っています。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 13:09Comments(0)カウンセリング

2009年10月20日

強迫的行為のない強迫観念の解決方法 212

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫的行為のない強迫観念の解決方法を述べます。

ある人は電車に乗ると痴漢をするかもしれないという心配の解決とともに、現実の生活もゆったりしたものになりました。あとは心身をリラックスさせる練習を、精神分析療法の自由連想法のように用いました。

その中で、この人は「小学生の時、電器店の人から怒られた」エピソードを語り、その体験を身体では「胸の重苦さ」と自覚化し、その「胸の重苦しさ」をソフトに感じてイメージを語ってもらいました。

そのイメージは、一つのリズムでスムーズに進みました。
「胸の重苦さ」から解放されるというベクトルと、おおらかな気持ちが育まれるというベクトルの相互関係により、カウンセリングは深まっていきました。

やがてこの人は「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」、「もう、何でもいい!」・・・・・・・・・と繰り返し、「何とかなるさ!!!」と大きな声を出し、そのあとにゆったりした気持ちに包まれて、最後に「何とかなるさ!!!」と大きな声を出してゆったりした気持ちに包まれました。これは身体性をともなった、こころの解放です。

心配性の人のこころの解放はこのような「何とかなるさ!!!」という自覚化が、全人格的な洞察としてこころに定着することによります。それは身体性をともなったこころの解放であり、それゆえにすべてを変えていく力を持っています。

このように「何とかなるさ!!!」という安心感を自覚していくためのプロセスが、この人のカウンセリングでした。そして「何とかなるさ!!!」ということを、こころに定着させるには現実生活こそが大切なポイントになります。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 13:10Comments(0)カウンセリング

2009年10月21日

強迫的行為のない強迫観念の解決方法 213

今日も、強迫的行為のない強迫観念の解決方法を述べます。

ある人は電車に乗ると痴漢をするかもしれないという心配の解決とともに、現実の生活もゆったりしたものになりました。あとは心身をリラックスさせる練習を、精神分析療法の自由連想法のように用いました。

その中で、この人は「小学生の時、電器店の人から怒られた」エピソードを語り、その体験を身体では「胸の重苦さ」と自覚化し、その「胸の重苦しさ」をソフトに感じてイメージを語ってもらいました。

その結果、この人のこころは「何とかなるさ!!!」という自覚化とともに解放されて、すべてを変えていく力を持っています。

このように「何とかなるさ!!!」という安心感を自覚していくためのプロセスが、この人のカウンセリングでした。そして「何とかなるさ!!!」ということを、こころに定着させることこそがポイントです。

結論は、「何とかなるさ!!!」です。

次回からは、他のモデルにより「強迫的行為のない強迫観念の解決方法」を述べます。

  

Posted by counselor at 13:19Comments(0)カウンセリング

2009年10月22日

強迫的行為のない強迫観念の解決方法 214

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日からは、他のモデルにより「強迫的行為のない強迫観念の解決方法」を述べます。

この人はある日、コンビニエンスストアーで買い物をしました。
その時にレジは混んでいてガムを買っただけなので、レジではなく商品の陳列をしているコンビニのスタッフに代金を渡しました。そこから心配は、スタートしました。

レジで代金を払っていませんから、もちろんレシートはありません。
それにお金を受け取った人が、それを忘れてしまうかもしれません。
最悪の場合は、万引きをしたことになりえます。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 13:08Comments(0)カウンセリング

2009年10月23日

強迫的行為のない強迫観念の解決方法 215

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、モデルにより「強迫的行為のない強迫観念の解決方法」を述べます。

この人はある日、コンビニエンスストアーで買い物をしました。
その時にレジは混んでいてガムを買っただけなので、レジではなく商品の陳列をしているコンビニのスタッフに代金を渡しました。そこから心配は、スタートしました。

レシートはありませんし、そのスタッフが忘れてしまうかもしれません。最悪の場合は、万引きをしたことになりえます。
このような考えが、大きくなっていきました。さらには、勤め先のそばのコンビニですから会社にそのような連絡が入るかもしれないと心配です。

普通に考えれば、会社に連絡が入ってもノウと言えばいいのです。
しかし神経症の人の強迫観念は、そう単純ではありません。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 13:12Comments(0)カウンセリング

2009年10月24日

強迫的行為のない強迫観念の解決方法 216

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、モデルにより「強迫的行為のない強迫観念の解決方法」を述べます。

この人はある日、コンビニエンスストアーで買い物をしました。
その時にレジは混んでいてガムを買っただけなので、レジではなく商品の陳列をしているコンビニのスタッフに代金を渡しました。そこから心配は、スタートしました。

レシートはありませんし、そのスタッフが忘れてしまうかもしれません。最悪の場合は、万引きをしたことになりえます。普通に考えれば、事実ではないのですからノウと言えばいいのです。

しかし強迫観念は、そう単純ではありません。
この人は会社を辞めさせられ、新聞に名前が載り、どこにも再就職できないと考え始めました。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 13:27Comments(0)カウンセリング

2009年10月25日

強迫的行為のない強迫観念の解決方法 217

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、モデルにより「強迫的行為のない強迫観念の解決方法」を述べます。

この人はある日、コンビニエンスストアーで買い物をしました。
その時にレジは混んでいてガムを買っただけなので、レジではなく商品の陳列をしているコンビニのスタッフに代金を渡しました。そこから心配は、スタートしました。

レシートはありませんから、万引きをしたことになるかもしれないと心配です。普通に考えれば、事実ではないのですからノウと言えばいいのです。

しかし強迫観念では会社を辞めさせられ、新聞に名前が載り、どこにも再就職できないと考え始めました。このような悪循環に巻き込まれて、身動きできません。

またノイローゼの人の特徴として、そのコンビニエンスストアーで買い物をすることが増えました。ノイローゼの人は不安ゆえに、その場所に行くことが増えるのです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 15:59Comments(0)カウンセリング

2009年10月26日

強迫的行為のない強迫観念の解決方法 218

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、モデルにより「強迫的行為のない強迫観念の解決方法」を述べます。

この人はある日、コンビニエンスストアーで買い物をしました。
その時にレジは混んでいてガムを買っただけなので、レジではなく商品の陳列をしているコンビニのスタッフに代金を渡しました。そこから心配は、スタートしました。

レシートはありませんから、万引きをしたことになるかもしれないと心配です。普通に考えれば、事実ではないのですからノウと言えばいいのです。

しかし強迫観念では会社を辞めさせられ、新聞に名前が載り、どこにも再就職できないと考え始めました。さらにノイローゼの不安ゆえに、そのコンビニエンスストアーで買い物をすることが増えました。

当然、そのコンビニエンスストアーでの買い物が増えれば、広い意味では同じような心配ごとも出てきます。それにこの人のような性格の人がどこでも頻繁に行けば、心配は自然に増えます。普通は「そんなに心配なら行かなければいい」とおもいますが、そうなれないのです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 13:11Comments(0)カウンセリング

2009年10月27日

強迫的行為のない強迫観念の解決方法 219

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、モデルにより「強迫的行為のない強迫観念の解決方法」を述べます。

この人はある日、コンビニエンスストアーで買い物をしました。
その時にレジは混んでいてガムを買っただけなので、レジではなく商品の陳列をしているコンビニのスタッフに代金を渡しました。そこから心配は、スタートしました。

レシートはありませんから、万引きをしたことになるかもしれないと心配です。普通に考えれば、事実ではないのですからノウと言えばいいのです。強迫観念はそう単純ではないがゆえに、大きくなり心配は増えました。

そこで「携帯電話による方法」を、用いました。それは携帯電話を、補助的に用いるものです。
このような方法は、日本では九州大学でも実施しています。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 13:09Comments(0)カウンセリング

2009年10月28日

強迫的行為のない強迫観念の解決方法 220

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、モデルにより「強迫的行為のない強迫観念の解決方法」を述べます。

この人はある日、コンビニエンスストアーで買い物をした時に、レジは混んでいてガムを買っただけなので、レジではなく商品の陳列をしているコンビニのスタッフに代金を渡しました。そこから心配は、スタートしました。

レシートはありませんから、万引きをしたことになるかもしれないと心配です。普通に考えれば、事実ではないのですからノウと言えばいいのですが、強迫観念はそう単純ではなく心配は大きくなりました。

そこで「携帯電話による方法」を、用いました。それは携帯電話を、補助的に用いるものです。
このように強迫観念の解決に、現在では携帯電話をいろいろ方法で用います。

先ず最初は強迫観念が浮かんできたら、携帯電話で自分の関心のあるホームページを見るのです。
そうすれば強迫観念よりも、そのホームページに気持ちは向かいます。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 13:10Comments(0)カウンセリング

2009年10月29日

強迫的行為のない強迫観念の解決方法 221

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、モデルにより「強迫的行為のない強迫観念の解決方法」を述べます。

この人はある日、コンビニエンスストアーで買い物をした時に、レジは混んでいてガムを買っただけなので、レジではなく商品の陳列をしているコンビニのスタッフに代金を渡しました。そこから心配は、スタートしました。

レシートはありませんから、万引きをしたことになるかもしれないと心配です。普通に考えれば、事実ではないのですからノウと言えばいいのですが、強迫観念はそう単純ではなく心配は大きくなりました。

そこで「携帯電話による方法」を、用いました。それは携帯電話を、補助的に用いるものです。
このように強迫観念の解決に、現在では携帯電話をいろいろ方法で用います。

先ず最初は強迫観念が浮かんできたら、携帯電話で自分の関心のあるホームページを見るのです。
そうすれば、そのホームページに気持ちは向かいます。

強迫観念は最初の5分間に、ピークになります。
よって最初の5分間に、解決の山はあります。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 13:38Comments(0)カウンセリング

2009年10月30日

強迫的行為のない強迫観念の解決方法 222

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、モデルにより「強迫的行為のない強迫観念の解決方法」を述べます。

この人はコンビニエンスストアーで買い物をした時にふとしたことから、万引きに間違えられたかもしれないと心配になりました。普通に考えれば、事実ではないのですからノウと言えばいいのですが、強迫観念はそう単純ではなく心配は大きくなりました。

そこで「携帯電話による方法」を、用いました。それは携帯電話を、補助的に用いるものです。
このように強迫観念の解決に、現在では携帯電話をいろいろ方法で用います。

先ず強迫観念が浮かんできたら、携帯電話で関心のあるホームページを見るのです。そうやってホームページに、気持ちは向かわせます。

強迫観念は最初の5分間にピークになりますから、その5分間に解決の山はあります。
最初の5分間に強迫観念以外のものに、気持ちが向かえば強迫観念は減少↓してきます。
そしてほぼ20分後に0になります。

これが強迫観念を解決するための、原則です。
このことは東京大学の熊田先生の研究でも、裏付けられています。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 10:01Comments(0)カウンセリング