さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2011年01月01日

身体に対する必要以上の心配 29

明けましておめでとうございます。
本年も、このブログを宜しくお願いいたします。

なお当相談室は、お正月も相談を行っております。
特に受験生の方で、相談を希望される方はご連絡ください。
誠実に、アドバイスします!

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

先ず「醜形障害」から、述べます。
「醜形障害」とは、読んで字のごとしです。

「醜い形を『恐れる』障害」です。
誰でも自分の目をよく見れば目がつりあがっているか、逆にたれているかもしれないとは思います。

作家の遠藤周作は「ヨーロッパ人は、日本人は目がつりあがっている」という印象を持っているから、「たれ目の欽ちゃんには、ヨーロッパでコントをしてもらいたい」と書いていました。

この「醜形障害」は、その性格じょう女性に多いのです。
女性の方が、容姿を気にしているからです。

本質的には自分の中の必要以上の容姿に対するこだわりが、何かの切っ掛けで「醜形障害」としてスタートします。この「醜形障害」は、強迫性障害に類似しています。

「醜形障害」と、強迫性障害の中の「強迫行為をともなわないもの」に類似しています。
「醜形障害」の人は、鏡を見がちですが、強迫行為ではありません。

どちらも強迫的な観念を、持っています。
しかし「醜形障害」の人は、けっして破壊的であったり暴力的な強迫的な観念は持ちません。

ただただ、容姿を気にします。そして不安になります。
容姿に対する不完全さに、とらわれているのです。

「醜形障害」に対して、認知行動療法は有力な方法です。
認知行動療法により「醜形障害」は、3種類の方法で改善を進めます。

先ず不合理な現実認知、現実の考え方を解いていくのです。
その人、その人に応じて適切にアドバイスして、思い込みそのものを解いていくのです。

それと同時に、現実の自分自身を客観的に鏡で見る必要もあります。
自分自身を客観的に、鏡で見る練習を行います。

正確には鏡で自分自身を見て、客観的に自己表現する練習です。
それをマスターすることは、大切です。

次回に、さらに述べます。


  

Posted by counselor at 11:08Comments(0)カウンセリング

2011年01月02日

身体に対する必要以上の心配 30

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

先ず「醜形障害」から、述べます。
「醜形障害」とは、読んで字のごとしです。

「醜い形を『恐れる』障害」です。
誰でも自分の目をよく見れば目がつりあがっているか、逆にたれているかもしれないとは思います。

作家の遠藤周作は「ヨーロッパ人は、日本人は目がつりあがっている」という印象を持っているから、「たれ目の欽ちゃんには、ヨーロッパでコントをしてもらいたい」と書いていました。

この「醜形障害」は、その性格じょう女性に多いのです。
女性の方が、容姿を気にしているからです。

本質的には自分の中の必要以上の容姿に対するこだわりが、何かの切っ掛けで「醜形障害」としてスタートします。この「醜形障害」は、強迫性障害に類似しています。

「醜形障害」と、強迫性障害の中の「強迫行為をともなわないもの」に類似しています。
「醜形障害」の人は、鏡を見がちですが、強迫行為ではありません。

どちらも強迫的な観念を、持っています。
しかし「醜形障害」の人は、けっして破壊的であったり暴力的な強迫的な観念は持ちません。

ただただ、容姿を気にします。そして不安になります。
容姿に対する不完全さに、とらわれているのです。

「醜形障害」に対して、認知行動療法は有力な方法です。
認知行動療法により「醜形障害」は、3種類の方法で改善を進めます。

先ず不合理な現実認知、現実の考え方を解いていくのです。
その人、その人に応じて適切にアドバイスして、思い込みそのものを解いていくのです。

それと同時に、現実の自分自身を客観的に鏡で見る必要もあります。
自分自身を客観的に、鏡で見る練習を行います。

正確には鏡で自分自身を見て、客観的に自己表現する練習です。
具体的には鏡の前に座り、自分を見て客観的にその姿を述べていきます。

たれ目を気にしている人は、常にたれ目にばかり気がいきます。
この練習では、容姿を客観化するのです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 14:43Comments(0)カウンセリング

2011年01月03日

身体に対する必要以上の心配 31

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

先ず「醜形障害」から、述べます。
「醜形障害」とは、読んで字のごとしです。

「醜い形を『恐れる』障害」です。
誰でも自分の目をよく見れば目がつりあがっているか、逆にたれているかもしれないとは思います。

作家の遠藤周作は「ヨーロッパ人は、日本人は目がつりあがっている」という印象を持っているから、「たれ目の欽ちゃんには、ヨーロッパでコントをしてもらいたい」と書いていました。

この「醜形障害」は、その性格じょう女性に多いのです。
女性の方が、容姿を気にしているからです。

本質的には自分の中の必要以上の容姿に対するこだわりが、何かの切っ掛けで「醜形障害」としてスタートします。この「醜形障害」は、強迫性障害に類似しています。

「醜形障害」と、強迫性障害の中の「強迫行為をともなわないもの」に類似しています。
「醜形障害」の人は、鏡を見がちですが、強迫行為ではありません。

どちらも強迫的な観念を、持っています。
しかし「醜形障害」の人は、けっして破壊的であったり暴力的な強迫的な観念は持ちません。

ただただ、容姿を気にします。そして不安になります。
容姿に対する不完全さに、とらわれているのです。

「醜形障害」に対して、認知行動療法は有力な方法です。
認知行動療法により「醜形障害」は、3種類の方法で改善を進めます。

先ず不合理な現実認知、現実の考え方を解いていくのです。
その人、その人に応じて適切にアドバイスして、思い込みそのものを解いていくのです。

それと同時に、現実の自分自身を客観的に鏡で見る必要もあります。
自分自身を客観的に、鏡で見る練習を行います。

正確には鏡で自分自身を見て、客観的に自己表現する練習です。
具体的には鏡の前に座り、自分を見て客観的にその姿を述べていきます。

たれ目を気にしている人は、常にたれ目にばかり気がいきます。
この練習では、容姿を客観化するのです。

鏡の前に座り、鏡にうつった自分を客観的に述べていきます。
「私の髪は長い」「あごは細長い」

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 18:11Comments(0)カウンセリング

2011年01月04日

身体に対する必要以上の心配 32

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

先ず「醜形障害」から、述べます。
「醜形障害」とは、読んで字のごとしです。

「醜い形を『恐れる』障害」です。
誰でも自分の目をよく見れば目がつりあがっているか、逆にたれているかもしれないとは思います。

作家の遠藤周作は「ヨーロッパ人は、日本人は目がつりあがっている」という印象を持っているから、「たれ目の欽ちゃんには、ヨーロッパでコントをしてもらいたい」と書いていました。

この「醜形障害」は、その性格じょう女性に多いのです。
女性の方が、容姿を気にしているからです。

本質的には自分の中の必要以上の容姿に対するこだわりが、何かの切っ掛けで「醜形障害」としてスタートします。この「醜形障害」は、強迫性障害に類似しています。

「醜形障害」と、強迫性障害の中の「強迫行為をともなわないもの」に類似しています。
「醜形障害」の人は、鏡を見がちですが、強迫行為ではありません。

どちらも強迫的な観念を、持っています。
しかし「醜形障害」の人は、けっして破壊的であったり暴力的な強迫的な観念は持ちません。

ただただ、容姿を気にします。そして不安になります。
容姿に対する不完全さに、とらわれているのです。

「醜形障害」に対して、認知行動療法は有力な方法です。
認知行動療法により「醜形障害」は、3種類の方法で改善を進めます。

先ず不合理な現実認知、現実の考え方を解いていくのです。
その人、その人に応じて適切にアドバイスして、思い込みそのものを解いていくのです。

それと同時に、現実の自分自身を客観的に鏡で見る必要もあります。
自分自身を客観的に、鏡で見る練習を行います。

正確には鏡で自分自身を見て、客観的に自己表現する練習です。
具体的には鏡の前に座り、自分を見て客観的にその姿を述べていきます。

たれ目を気にしている人は、常にたれ目にばかり気がいきます。
この練習では、容姿を客観化するのです。

鏡の前に座り、鏡にうつった自分を客観的に述べていきます。
「私の髪は長い」「あごは細長い」

さらに
「耳も長い」そしてたれ目を気にしている人も、目に進みます。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 13:29Comments(0)カウンセリング

2011年01月05日

身体に対する必要以上の心配 33

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

先ず「醜形障害」から、述べます。
「醜形障害」とは、読んで字のごとしです。

「醜い形を『恐れる』障害」です。
誰でも自分の目をよく見れば目がつりあがっているか、逆にたれているかもしれないとは思います。

作家の遠藤周作は「ヨーロッパ人は、日本人は目がつりあがっている」という印象を持っているから、「たれ目の欽ちゃんには、ヨーロッパでコントをしてもらいたい」と書いていました。

この「醜形障害」は、その性格じょう女性に多いのです。
女性の方が、容姿を気にしているからです。

本質的には自分の中の必要以上の容姿に対するこだわりが、何かの切っ掛けで「醜形障害」としてスタートします。この「醜形障害」は、強迫性障害に類似しています。

「醜形障害」と、強迫性障害の中の「強迫行為をともなわないもの」に類似しています。
「醜形障害」の人は、鏡を見がちですが、強迫行為ではありません。

どちらも強迫的な観念を、持っています。
しかし「醜形障害」の人は、けっして破壊的であったり暴力的な強迫的な観念は持ちません。

ただただ、容姿を気にします。そして不安になります。
容姿に対する不完全さに、とらわれているのです。

「醜形障害」に対して、認知行動療法は有力な方法です。
認知行動療法により「醜形障害」は、3種類の方法で改善を進めます。

先ず不合理な現実認知、現実の考え方を解いていくのです。
その人、その人に応じて適切にアドバイスして、思い込みそのものを解いていくのです。

それと同時に、現実の自分自身を客観的に鏡で見る必要もあります。
自分自身を客観的に、鏡で見る練習を行います。

正確には鏡で自分自身を見て、客観的に自己表現する練習です。
具体的には鏡の前に座り、自分を見て客観的にその姿を述べていきます。

たれ目を気にしている人は、常にたれ目にばかり気がいきます。
この練習では、容姿を客観化するのです。

鏡の前に座り、鏡にうつった自分を客観的に述べていきます。
「私の髪は長い」「あごは細長い」

さらに
「耳も長い」そしてたれ目を気にしている人も、目に進みます。

自分の目を、できるだけ客観的に述べるのです。
客観化できれば、それほど苦しみません。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 08:53Comments(0)カウンセリング

2011年01月06日

身体に対する必要以上の心配 34

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

先ず「醜形障害」から、述べます。
「醜形障害」とは、読んで字のごとしです。

「醜い形を『恐れる』障害」です。
誰でも自分の目をよく見れば目がつりあがっているか、逆にたれているかもしれないとは思います。

作家の遠藤周作は「ヨーロッパ人は、日本人は目がつりあがっている」という印象を持っているから、「たれ目の欽ちゃんには、ヨーロッパでコントをしてもらいたい」と書いていました。

この「醜形障害」は、その性格じょう女性に多いのです。
女性の方が、容姿を気にしているからです。

本質的には自分の中の必要以上の容姿に対するこだわりが、何かの切っ掛けで「醜形障害」としてスタートします。この「醜形障害」は、強迫性障害に類似しています。

「醜形障害」と、強迫性障害の中の「強迫行為をともなわないもの」に類似しています。
「醜形障害」の人は、鏡を見がちですが、強迫行為ではありません。

どちらも強迫的な観念を、持っています。
しかし「醜形障害」の人は、けっして破壊的であったり暴力的な強迫的な観念は持ちません。

ただただ、容姿を気にします。そして不安になります。
容姿に対する不完全さに、とらわれているのです。

「醜形障害」に対して、認知行動療法は有力な方法です。
認知行動療法により「醜形障害」は、3種類の方法で改善を進めます。

先ず不合理な現実認知、現実の考え方を解いていくのです。
その人、その人に応じて適切にアドバイスして、思い込みそのものを解いていくのです。

それと同時に、現実の自分自身を客観的に鏡で見る必要もあります。
自分自身を客観的に、鏡で見る練習を行います。

正確には鏡で自分自身を見て、客観的に自己表現する練習です。
具体的には鏡の前に座り、自分を見て客観的にその姿を述べていきます。

たれ目を気にしている人は、常にたれ目にばかり気がいきます。
この練習では、容姿を客観化するのです。

鏡の前に座り、鏡にうつった自分を客観的に述べていきます。
「私の髪は長い」「あごは細長い」

さらに
「耳も長い」そしてたれ目を気にしている人も、目に進みます。

自分の目を、できるだけ客観的に述べるのです。
客観化できれば、それほど苦しみません。

それは「目は外に向かいながら、たれさがっている」という、
表現でもかまいません。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 10:17Comments(0)カウンセリング

2011年01月07日

身体に対する必要以上の心配 35

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

先ず「醜形障害」から、述べます。
「醜形障害」とは、読んで字のごとしです。

「醜い形を『恐れる』障害」です。
誰でも自分の目をよく見れば目がつりあがっているか、逆にたれているかもしれないとは思います。

作家の遠藤周作は「ヨーロッパ人は、日本人は目がつりあがっている」という印象を持っているから、「たれ目の欽ちゃんには、ヨーロッパでコントをしてもらいたい」と書いていました。

この「醜形障害」は、その性格じょう女性に多いのです。
女性の方が、容姿を気にしているからです。

本質的には自分の中の必要以上の容姿に対するこだわりが、何かの切っ掛けで「醜形障害」としてスタートします。この「醜形障害」は、強迫性障害に類似しています。

「醜形障害」と、強迫性障害の中の「強迫行為をともなわないもの」に類似しています。
「醜形障害」の人は、鏡を見がちですが、強迫行為ではありません。

どちらも強迫的な観念を、持っています。
しかし「醜形障害」の人は、けっして破壊的であったり暴力的な強迫的な観念は持ちません。

ただただ、容姿を気にします。そして不安になります。
容姿に対する不完全さに、とらわれているのです。

「醜形障害」に対して、認知行動療法は有力な方法です。
認知行動療法により「醜形障害」は、3種類の方法で改善を進めます。

先ず不合理な現実認知、現実の考え方を解いていくのです。
その人、その人に応じて適切にアドバイスして、思い込みそのものを解いていくのです。

それと同時に、現実の自分自身を客観的に鏡で見る必要もあります。
自分自身を客観的に、鏡で見る練習を行います。

正確には鏡で自分自身を見て、客観的に自己表現する練習です。
具体的には鏡の前に座り、自分を見て客観的にその姿を述べていきます。

たれ目を気にしている人は、常にたれ目にばかり気がいきます。
この練習では、容姿を客観化するのです。

鏡の前に座り、鏡にうつった自分を客観的に述べていきます。
「私の髪は長い」「あごは細長い」

さらに
「耳も長い」そしてたれ目を気にしている人も、目に進みます。

自分の目を、できるだけ客観的に述べるのです。
客観化できれば、それほど苦しみません。

それは「目は外に向かいながら、たれさがっている」という、
表現でもかまいません。

たれ目を気にしている人は、常に目にばかり気がいきます。
容姿全体をイメージできないので、客観化できません。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 14:35Comments(0)カウンセリング

2011年01月08日

身体に対する必要以上の心配 36

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

先ず「醜形障害」から、述べます。
「醜形障害」とは、読んで字のごとしです。

「醜い形を『恐れる』障害」です。
誰でも自分の目をよく見れば目がつりあがっているか、逆にたれているかもしれないとは思います。

作家の遠藤周作は「ヨーロッパ人は、日本人は目がつりあがっている」という印象を持っているから、「たれ目の欽ちゃんには、ヨーロッパでコントをしてもらいたい」と書いていました。

この「醜形障害」は、その性格じょう女性に多いのです。
女性の方が、容姿を気にしているからです。

本質的には自分の中の必要以上の容姿に対するこだわりが、何かの切っ掛けで「醜形障害」としてスタートします。この「醜形障害」は、強迫性障害に類似しています。

「醜形障害」と、強迫性障害の中の「強迫行為をともなわないもの」に類似しています。
「醜形障害」の人は、鏡を見がちですが、強迫行為ではありません。

どちらも強迫的な観念を、持っています。
しかし「醜形障害」の人は、けっして破壊的であったり暴力的な強迫的な観念は持ちません。

ただただ、容姿を気にします。そして不安になります。
容姿に対する不完全さに、とらわれているのです。

「醜形障害」に対して、認知行動療法は有力な方法です。
認知行動療法により「醜形障害」は、3種類の方法で改善を進めます。

先ず不合理な現実認知、現実の考え方を解いていくのです。
その人、その人に応じて適切にアドバイスして、思い込みそのものを解いていくのです。

それと同時に、現実の自分自身を客観的に鏡で見る必要もあります。
自分自身を客観的に、鏡で見る練習を行います。

正確には鏡で自分自身を見て、客観的に自己表現する練習です。
具体的には鏡の前に座り、自分を見て客観的にその姿を述べていきます。

たれ目を気にしている人は、常にたれ目にばかり気がいきます。
この練習では、容姿を客観化するのです。

鏡の前に座り、鏡にうつった自分を客観的に述べていきます。
「私の髪は長い」「あごは細長い」

さらに
「耳も長い」そしてたれ目を気にしている人も、目に進みます。

自分の目を、できるだけ客観的に述べるのです。
客観化できれば、それほど苦しみません。

それは「目は外に向かいながら、たれさがっている」という、
表現でもかまいません。

たれ目を気にしている人は、常に目にばかり気がいきます。
容姿全体をイメージできないので、客観化できません。

容姿を客観化して、常に目にばかり気がいかないようにします。
自分の苦しんでいることの本当の姿は、執着なのです。
執着により、苦しんでいるだけです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 13:35Comments(0)カウンセリング

2011年01月09日

身体に対する必要以上の心配 37

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

先ず「醜形障害」から、述べます。
「醜形障害」とは、読んで字のごとしです。

「醜い形を『恐れる』障害」です。
誰でも自分の目をよく見れば目がつりあがっているか、逆にたれているかもしれないとは思います。

作家の遠藤周作は「ヨーロッパ人は、日本人は目がつりあがっている」という印象を持っているから、「たれ目の欽ちゃんには、ヨーロッパでコントをしてもらいたい」と書いていました。

この「醜形障害」は、その性格じょう女性に多いのです。
女性の方が、容姿を気にしているからです。

本質的には自分の中の必要以上の容姿に対するこだわりが、何かの切っ掛けで「醜形障害」としてスタートします。この「醜形障害」は、強迫性障害に類似しています。

「醜形障害」と、強迫性障害の中の「強迫行為をともなわないもの」に類似しています。
「醜形障害」の人は、鏡を見がちですが、強迫行為ではありません。

どちらも強迫的な観念を、持っています。
しかし「醜形障害」の人は、けっして破壊的であったり暴力的な強迫的な観念は持ちません。

ただただ、容姿を気にします。そして不安になります。
容姿に対する不完全さに、とらわれているのです。

「醜形障害」に対して、認知行動療法は有力な方法です。
認知行動療法により「醜形障害」は、3種類の方法で改善を進めます。

先ず不合理な現実認知、現実の考え方を解いていくのです。
その人、その人に応じて適切にアドバイスして、思い込みそのものを解いていくのです。

それと同時に、現実の自分自身を客観的に鏡で見る必要もあります。
自分自身を客観的に、鏡で見る練習を行います。

正確には鏡で自分自身を見て、客観的に自己表現する練習です。
具体的には鏡の前に座り、自分を見て客観的にその姿を述べていきます。

たれ目を気にしている人は、常にたれ目にばかり気がいきます。
この練習では、容姿を客観化するのです。

鏡の前に座り、鏡にうつった自分を客観的に述べていきます。
「私の髪は長い」「あごは細長い」

さらに
「耳も長い」そしてたれ目を気にしている人も、目に進みます。

自分の目を、できるだけ客観的に述べるのです。
客観化できれば、それほど苦しみません。

それは「目は外に向かいながら、たれさがっている」という、
表現でもかまいません。

たれ目を気にしている人は、常に目にばかり気がいきます。
容姿全体をイメージできないので、客観化できません。

容姿を客観化して、常に目にばかり気がいかないようにします。
自分の苦しんでいることの本当の姿は、執着なのです。
執着により、苦しんでいるだけです。

最終的には、日常生活でも執着を手放すことも必要です。
容姿に対する執着は、生活を狭めます。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 18:18Comments(0)カウンセリング

2011年01月10日

身体に対する必要以上の心配 38

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

先ず「醜形障害」から、述べます。
「醜形障害」とは、読んで字のごとしです。

「醜い形を『恐れる』障害」です。
誰でも自分の目をよく見れば目がつりあがっているか、逆にたれているかもしれないとは思います。

作家の遠藤周作は「ヨーロッパ人は、日本人は目がつりあがっている」という印象を持っているから、「たれ目の欽ちゃんには、ヨーロッパでコントをしてもらいたい」と書いていました。

この「醜形障害」は、その性格じょう女性に多いのです。
女性の方が、容姿を気にしているからです。

本質的には自分の中の必要以上の容姿に対するこだわりが、何かの切っ掛けで「醜形障害」としてスタートします。この「醜形障害」は、強迫性障害に類似しています。

「醜形障害」と、強迫性障害の中の「強迫行為をともなわないもの」に類似しています。
「醜形障害」の人は、鏡を見がちですが、強迫行為ではありません。

どちらも強迫的な観念を、持っています。
しかし「醜形障害」の人は、けっして破壊的であったり暴力的な強迫的な観念は持ちません。

ただただ、容姿を気にします。そして不安になります。
容姿に対する不完全さに、とらわれているのです。

「醜形障害」に対して、認知行動療法は有力な方法です。
認知行動療法により「醜形障害」は、3種類の方法で改善を進めます。

先ず不合理な現実認知、現実の考え方を解いていくのです。
その人、その人に応じて適切にアドバイスして、思い込みそのものを解いていくのです。

それと同時に、現実の自分自身を客観的に鏡で見る必要もあります。
自分自身を客観的に、鏡で見る練習を行います。

正確には鏡で自分自身を見て、客観的に自己表現する練習です。
具体的には鏡の前に座り、自分を見て客観的にその姿を述べていきます。

たれ目を気にしている人は、常にたれ目にばかり気がいきます。
この練習では、容姿を客観化するのです。

鏡の前に座り、鏡にうつった自分を客観的に述べていきます。
「私の髪は長い」「あごは細長い」

さらに
「耳も長い」そしてたれ目を気にしている人も、目に進みます。

自分の目を、できるだけ客観的に述べるのです。
客観化できれば、それほど苦しみません。

それは「目は外に向かいながら、たれさがっている」という、
表現でもかまいません。

たれ目を気にしている人は、常に目にばかり気がいきます。
容姿全体をイメージできないので、客観化できません。

容姿を客観化して、常に目にばかり気がいかないようにします。
自分の苦しんでいることの本当の姿は、執着なのです。
執着により、苦しんでいるだけです。

最終的には、日常生活でも執着を手放すことも必要です。
容姿に対する執着は、生活を狭めます。

たとえば秋葉原のような人の集まる広場は、避けがちです。
そうやって、生活を狭めてしまいます。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 13:30Comments(0)カウンセリング

2011年01月11日

身体に対する必要以上の心配 39

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

先ず「醜形障害」から、述べます。
「醜形障害」とは、読んで字のごとしです。

「醜い形を『恐れる』障害」です。
誰でも自分の目をよく見れば目がつりあがっているか、逆にたれているかもしれないとは思います。

作家の遠藤周作は「ヨーロッパ人は、日本人は目がつりあがっている」という印象を持っているから、「たれ目の欽ちゃんには、ヨーロッパでコントをしてもらいたい」と書いていました。

この「醜形障害」は、その性格じょう女性に多いのです。
女性の方が、容姿を気にしているからです。

本質的には自分の中の必要以上の容姿に対するこだわりが、何かの切っ掛けで「醜形障害」としてスタートします。この「醜形障害」は、強迫性障害に類似しています。

「醜形障害」と、強迫性障害の中の「強迫行為をともなわないもの」に類似しています。
「醜形障害」の人は、鏡を見がちですが、強迫行為ではありません。

どちらも強迫的な観念を、持っています。
しかし「醜形障害」の人は、けっして破壊的であったり暴力的な強迫的な観念は持ちません。

ただただ、容姿を気にします。そして不安になります。
容姿に対する不完全さに、とらわれているのです。

「醜形障害」に対して、認知行動療法は有力な方法です。
認知行動療法により「醜形障害」は、3種類の方法で改善を進めます。

先ず不合理な現実認知、現実の考え方を解いていくのです。
その人、その人に応じて適切にアドバイスして、思い込みそのものを解いていくのです。

それと同時に、現実の自分自身を客観的に鏡で見る必要もあります。
自分自身を客観的に、鏡で見る練習を行います。

正確には鏡で自分自身を見て、客観的に自己表現する練習です。
具体的には鏡の前に座り、自分を見て客観的にその姿を述べていきます。

たれ目を気にしている人は、常にたれ目にばかり気がいきます。
この練習では、容姿を客観化するのです。

鏡の前に座り、鏡にうつった自分を客観的に述べていきます。
「私の髪は長い」「あごは細長い」

さらに
「耳も長い」そしてたれ目を気にしている人も、目に進みます。

自分の目を、できるだけ客観的に述べるのです。
客観化できれば、それほど苦しみません。

それは「目は外に向かいながら、たれさがっている」という、
表現でもかまいません。

たれ目を気にしている人は、常に目にばかり気がいきます。
容姿全体をイメージできないので、客観化できません。

容姿を客観化して、常に目にばかり気がいかないようにします。
自分の苦しんでいることの本当の姿は、執着なのです。
執着により、苦しんでいるだけです。

最終的には、日常生活でも執着を手放すことも必要です。
容姿に対する執着は、生活を狭めます。

たとえば秋葉原のような人の集まる広場は、避けがちです。
そうやって、生活を狭めてしまいます。

よってその日常生活の執着を、手放すことも行うのです。
いままで避けがちだった、人の集まる場所に出かけます。
そうやって狭められた、生活を広めます。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 13:46Comments(0)カウンセリング

2011年01月12日

身体に対する必要以上の心配 40

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

先ず「醜形障害」から、述べます。
「醜形障害」とは、読んで字のごとしです。

「醜い形を『恐れる』障害」です。
誰でも自分の目をよく見れば目がつりあがっているか、逆にたれているかもしれないとは思います。

作家の遠藤周作は「ヨーロッパ人は、日本人は目がつりあがっている」という印象を持っているから、「たれ目の欽ちゃんには、ヨーロッパでコントをしてもらいたい」と書いていました。

この「醜形障害」は、その性格じょう女性に多いのです。
女性の方が、容姿を気にしているからです。

本質的には自分の中の必要以上の容姿に対するこだわりが、何かの切っ掛けで「醜形障害」としてスタートします。この「醜形障害」は、強迫性障害に類似しています。

「醜形障害」と、強迫性障害の中の「強迫行為をともなわないもの」に類似しています。
「醜形障害」の人は、鏡を見がちですが、強迫行為ではありません。

どちらも強迫的な観念を、持っています。
しかし「醜形障害」の人は、けっして破壊的であったり暴力的な強迫的な観念は持ちません。

ただただ、容姿を気にします。そして不安になります。
容姿に対する不完全さに、とらわれているのです。

「醜形障害」に対して、認知行動療法は有力な方法です。
認知行動療法により「醜形障害」は、3種類の方法で改善を進めます。

先ず不合理な現実認知、現実の考え方を解いていくのです。
その人、その人に応じて適切にアドバイスして、思い込みそのものを解いていくのです。

それと同時に、現実の自分自身を客観的に鏡で見る必要もあります。
自分自身を客観的に、鏡で見る練習を行います。

正確には鏡で自分自身を見て、客観的に自己表現する練習です。
具体的には鏡の前に座り、自分を見て客観的にその姿を述べていきます。

たれ目を気にしている人は、常にたれ目にばかり気がいきます。
この練習では、容姿を客観化するのです。

鏡の前に座り、鏡にうつった自分を客観的に述べていきます。
「私の髪は長い」「あごは細長い」

さらに
「耳も長い」そしてたれ目を気にしている人も、目に進みます。

自分の目を、できるだけ客観的に述べるのです。
客観化できれば、それほど苦しみません。

それは「目は外に向かいながら、たれさがっている」という、
表現でもかまいません。

たれ目を気にしている人は、常に目にばかり気がいきます。
容姿全体をイメージできないので、客観化できません。

容姿を客観化して、常に目にばかり気がいかないようにします。
自分の苦しんでいることの本当の姿は、執着なのです。
執着により、苦しんでいるだけです。

最終的には、日常生活でも執着を手放すことも必要です。
容姿に対する執着は、生活を狭めます。

たとえば秋葉原のような人の集まる広場は、避けがちです。
そうやって、生活を狭めてしまいます。

よってその日常生活の執着を、手放すことも行うのです。
いままで避けがちだった、人の集まる場所に出かけます。
そうやって狭められた、生活を広めます。

そのときに自分だけで出かけることに、困難を感じる人もいます。
そのような人は、家族と出かけるようにしてもいいのです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 13:34Comments(0)カウンセリング

2011年01月13日

身体に対する必要以上の心配 41

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

先ず「醜形障害」から、述べます。
「醜形障害」とは、読んで字のごとしです。

「醜い形を『恐れる』障害」です。
誰でも自分の目をよく見れば目がつりあがっているか、逆にたれているかもしれないとは思います。

作家の遠藤周作は「ヨーロッパ人は、日本人は目がつりあがっている」という印象を持っているから、「たれ目の欽ちゃんには、ヨーロッパでコントをしてもらいたい」と書いていました。

この「醜形障害」は、その性格じょう女性に多いのです。
女性の方が、容姿を気にしているからです。

本質的には自分の中の必要以上の容姿に対するこだわりが、何かの切っ掛けで「醜形障害」としてスタートします。この「醜形障害」は、強迫性障害に類似しています。

「醜形障害」と、強迫性障害の中の「強迫行為をともなわないもの」に類似しています。
「醜形障害」の人は、鏡を見がちですが、強迫行為ではありません。

どちらも強迫的な観念を、持っています。
しかし「醜形障害」の人は、けっして破壊的であったり暴力的な強迫的な観念は持ちません。

ただただ、容姿を気にします。そして不安になります。
容姿に対する不完全さに、とらわれているのです。

「醜形障害」に対して、認知行動療法は有力な方法です。
認知行動療法により「醜形障害」は、3種類の方法で改善を進めます。

先ず不合理な現実認知、現実の考え方を解いていくのです。
その人、その人に応じて適切にアドバイスして、思い込みそのものを解いていくのです。

それと同時に、現実の自分自身を客観的に鏡で見る必要もあります。
自分自身を客観的に、鏡で見る練習を行います。

正確には鏡で自分自身を見て、客観的に自己表現する練習です。
具体的には鏡の前に座り、自分を見て客観的にその姿を述べていきます。

たれ目を気にしている人は、常にたれ目にばかり気がいきます。
この練習では、容姿を客観化するのです。

鏡の前に座り、鏡にうつった自分を客観的に述べていきます。
「私の髪は長い」「あごは細長い」

さらに
「耳も長い」そしてたれ目を気にしている人も、目に進みます。

自分の目を、できるだけ客観的に述べるのです。
客観化できれば、それほど苦しみません。

それは「目は外に向かいながら、たれさがっている」という、
表現でもかまいません。

たれ目を気にしている人は、常に目にばかり気がいきます。
容姿全体をイメージできないので、客観化できません。

容姿を客観化して、常に目にばかり気がいかないようにします。
自分の苦しんでいることの本当の姿は、執着なのです。
執着により、苦しんでいるだけです。

最終的には、日常生活でも執着を手放すことも必要です。
容姿に対する執着は、生活を狭めます。

たとえば秋葉原のような人の集まる広場は、避けがちです。
そうやって、生活を狭めてしまいます。

よってその日常生活の執着を、手放すことも行うのです。
いままで避けがちだった、人の集まる場所に出かけます。
そうやって狭められた、生活を広めます。

そのときに自分だけで出かけることに困難を感じる人は、家族と出かけるようにしてもいいのです。
それもできない人は、カウンセラーと出かけてもいいのです。

「醜形障害」は、身体に対する必要以上の心配の中でも、自己解決しにくいものです。
それに対して、認知行動療法は有力な方法です。しかしながら、それでもカウンセラーとの協力は必要であることは多いのです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 08:57Comments(0)カウンセリング

2011年01月14日

身体に対する必要以上の心配 42

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日からは「排便、排尿の障害」を、述べます。
この「排便、排尿の障害」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は、有力な解決方法です。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 13:57Comments(0)カウンセリング

2011年01月15日

身体に対する必要以上の心配 43

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「排便、排尿の障害」を、述べます。
この「排便、排尿の障害」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

この「排便、排尿の障害」の人は多くの場合、排便や排尿の回数が多いのです。
よって頻繁に、トイレに行きます。トイレに行く回数が多いゆえに各駅の電車には乗れますが、急行電車に乗れなくなってしまう人もいます。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 14:26Comments(0)カウンセリング

2011年01月16日

身体に対する必要以上の心配 44

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「排便、排尿の障害」を、述べます。
この「排便、排尿の障害」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

この「排便、排尿の障害」の人は多くの場合、排便や排尿の回数が多いのです。
よって頻繁に、トイレに行きます。トイレに行く回数が多いゆえに各駅の電車には乗れますが、急行電車に乗れなくなってしまう人もいます。

人によっては、外出できなくもなります。
行動範囲が、狭まってしまいます。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 11:08Comments(0)カウンセリング

2011年01月17日

身体に対する必要以上の心配 45

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「排便、排尿の障害」を、述べます。
この「排便、排尿の障害」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

この「排便、排尿の障害」の人は多くの場合、排便や排尿の回数が多いのです。
よって頻繁に、トイレに行きます。トイレに行く回数が多いゆえに各駅の電車には乗れますが、急行電車に乗れなくなってしまう人もいます。

人によっては外出できなくなり、行動範囲が狭まってしまいます。
このように神経症の人は、生き方が狭まってしまうのです。
生き方が狭まってしまう悪循環が、神経症だとも言えます。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 13:23Comments(0)カウンセリング

2011年01月18日

身体に対する必要以上の心配 46

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「排便、排尿の障害」を、述べます。
この「排便、排尿の障害」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

この「排便、排尿の障害」の人は多くの場合、排便や排尿の回数が多いのです。
よって頻繁に、トイレに行きます。トイレに行く回数が多いゆえに各駅の電車には乗れますが、急行電車に乗れなくなってしまう人もいます。

人によっては外出できなくなり、行動範囲が狭まってしまいます。
このように神経症の人は、生き方が狭まってしまうのです。
生き方が狭まってしまう悪循環が、神経症だとも言えます。

狭まってしまった生き方を、広めていくことが大切です。
そのための協力者も、必要です。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 13:56Comments(0)カウンセリング

2011年01月19日

身体に対する必要以上の心配 47

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「排便、排尿の障害」を、述べます。
この「排便、排尿の障害」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

この「排便、排尿の障害」の人は多くの場合、排便や排尿の回数が多いのです。
よって頻繁に、トイレに行きます。トイレに行く回数が多いゆえに各駅の電車には乗れますが、急行電車に乗れなくなってしまう人もいます。

人によっては外出できなくなり、行動範囲が狭まってしまいます。
このように神経症の人は、生き方が狭まってしまうのです。
生き方が狭まってしまう悪循環が、神経症だとも言えます。

狭まってしまった生き方を、広めていくことが大切です。
そのための協力者も、必要です。

「排便、排尿の障害」の人に対して協力者は、プライベートなことにかかわるのです。
それは必要以上の不安からの排便や排尿を、ストップさせるのです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 14:34Comments(0)カウンセリング

2011年01月20日

身体に対する必要以上の心配 48

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「排便、排尿の障害」を、述べます。
この「排便、排尿の障害」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

この「排便、排尿の障害」の人は多くの場合、排便や排尿の回数が多いのです。
よって頻繁に、トイレに行きます。トイレに行く回数が多いゆえに各駅の電車には乗れますが、急行電車に乗れなくなってしまう人もいます。

人によっては外出できなくなり、行動範囲が狭まってしまいます。
このように神経症の人は、生き方が狭まってしまうのです。
生き方が狭まってしまう悪循環が、神経症だとも言えます。

狭まってしまった生き方を、広めていくことが大切です。
そのための協力者も、必要です。

「排便、排尿の障害」の人に対して協力者は、プライベートなことにかかわるのです。
それは必要以上の不安からの排便や排尿を、ストップさせるのです。

簡単に言えば、不安からの排便や排尿のためにトイレに行くことをストップさせるのです。
トイレに行かせないのです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 19:17Comments(0)カウンセリング

2011年01月21日

身体に対する必要以上の心配 49

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「排便、排尿の障害」を、述べます。
この「排便、排尿の障害」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

この「排便、排尿の障害」の人は多くの場合、排便や排尿の回数が多いのです。
よって頻繁に、トイレに行きます。トイレに行く回数が多いゆえに各駅の電車には乗れますが、急行電車に乗れなくなってしまう人もいます。

人によっては外出できなくなり、行動範囲が狭まってしまいます。
このように神経症の人は、生き方が狭まってしまうのです。
生き方が狭まってしまう悪循環が、神経症だとも言えます。

狭まってしまった生き方を、広めていくことが大切です。
そのための協力者も、必要です。

「排便、排尿の障害」の人に対して協力者は、プライベートなことにかかわるのです。
それは必要以上の不安からの排便や排尿を、ストップさせるのです。

簡単に言えば、不安からの排便や排尿のためにトイレに行くことをストップさせるのです。
トイレに行かせないのです。

そうすることにより、不安からの排便や排尿という状況におかれます。
不安から起きることは、一定時間が経てば自然に減少します。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 09:04Comments(0)カウンセリング

2011年01月22日

身体に対する必要以上の心配 50

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「排便、排尿の障害」を、述べます。
この「排便、排尿の障害」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

この「排便、排尿の障害」の人は多くの場合、排便や排尿の回数が多いのです。
よって頻繁に、トイレに行きます。トイレに行く回数が多いゆえに各駅の電車には乗れますが、急行電車に乗れなくなってしまう人もいます。

人によっては外出できなくなり、行動範囲が狭まってしまいます。
このように神経症の人は、生き方が狭まってしまうのです。
生き方が狭まってしまう悪循環が、神経症だとも言えます。

狭まってしまった生き方を、広めていくことが大切です。
そのための協力者も、必要です。

「排便、排尿の障害」の人に対して協力者は、プライベートなことにかかわるのです。
それは必要以上の不安からの排便や排尿を、ストップさせるのです。

簡単に言えば、不安からの排便や排尿のためにトイレに行くことをストップさせるのです。
トイレに行かせないのです。

そうすることにより、不安からの排便や排尿という状況におかれます。
不安から起きることは、一定時間が経てば自然に減少します。

「不安は20分間で消える」という、心理法則があるのです。
20分間の我慢なのです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 14:27Comments(0)カウンセリング

2011年01月23日

身体に対する必要以上の心配 51

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「排便、排尿の障害」を、述べます。
この「排便、排尿の障害」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

この「排便、排尿の障害」の人は多くの場合、排便や排尿の回数が多いのです。
よって頻繁に、トイレに行きます。トイレに行く回数が多いゆえに各駅の電車には乗れますが、急行電車に乗れなくなってしまう人もいます。

人によっては外出できなくなり、行動範囲が狭まってしまいます。
このように神経症の人は、生き方が狭まってしまうのです。
生き方が狭まってしまう悪循環が、神経症だとも言えます。

狭まってしまった生き方を、広めていくことが大切です。
そのための協力者も、必要です。

「排便、排尿の障害」の人に対して協力者は、プライベートなことにかかわるのです。
それは必要以上の不安からの排便や排尿を、ストップさせるのです。

簡単に言えば、不安からの排便や排尿のためにトイレに行くことをストップさせるのです。
トイレに行かせないのです。

そうすることにより、不安からの排便や排尿という状況におかれます。
不安から起きることは、一定時間が経てば自然に減少します。

「不安は20分間で消える」という、心理法則があるのです。
20分間の我慢なのです。

これは言いかえれば、「不安は20分間で慣れる」という心理法則です。
どちらにしても、20分間の我慢なのです。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 18:14Comments(0)カウンセリング

2011年01月24日

身体に対する必要以上の心配 52

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「排便、排尿の障害」を、述べます。
この「排便、排尿の障害」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

この「排便、排尿の障害」の人は多くの場合、排便や排尿の回数が多いのです。
よって頻繁に、トイレに行きます。トイレに行く回数が多いゆえに各駅の電車には乗れますが、急行電車に乗れなくなってしまう人もいます。

人によっては外出できなくなり、行動範囲が狭まってしまいます。
このように神経症の人は、生き方が狭まってしまうのです。
生き方が狭まってしまう悪循環が、神経症だとも言えます。

狭まってしまった生き方を、広めていくことが大切です。
そのための協力者も、必要です。

「排便、排尿の障害」の人に対して協力者は、プライベートなことにかかわるのです。
それは必要以上の不安からの排便や排尿を、ストップさせるのです。

簡単に言えば、不安からの排便や排尿のためにトイレに行くことをストップさせるのです。
トイレに行かせないのです。

そうすることにより、不安からの排便や排尿という状況におかれます。
不安から起きることは、一定時間が経てば自然に減少します。

「不安は20分間で消える」という、心理法則があるのです。
20分間の我慢なのです。これは言いかえれば、「不安は20分間で慣れる」という心理法則です。

より正確には、「不安は20分間で慣れて、消える」のです。
とにかく、20分間の我慢なのです。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 10:38Comments(0)カウンセリング

2011年01月25日

身体に対する必要以上の心配 53

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「排便、排尿の障害」を、述べます。
この「排便、排尿の障害」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

この「排便、排尿の障害」の人は多くの場合、排便や排尿の回数が多いのです。
よって頻繁に、トイレに行きます。トイレに行く回数が多いゆえに各駅の電車には乗れますが、急行電車に乗れなくなってしまう人もいます。

人によっては外出できなくなり、行動範囲が狭まってしまいます。
このように神経症の人は、生き方が狭まってしまうのです。
生き方が狭まってしまう悪循環が、神経症だとも言えます。

狭まってしまった生き方を、広めていくことが大切です。
そのための協力者も、必要です。

「排便、排尿の障害」の人に対して協力者は、プライベートなことにかかわるのです。
それは必要以上の不安からの排便や排尿を、ストップさせるのです。

簡単に言えば、不安からの排便や排尿のためにトイレに行くことをストップさせるのです。
トイレに行かせないのです。

そうすることにより、不安からの排便や排尿という状況におかれます。
不安から起きることは、一定時間が経てば自然に減少します。

「不安は20分間で消える」という、心理法則があるのです。
20分間の我慢なのです。これは言いかえれば、「不安は20分間で慣れる」という心理法則です。

より正確には、「不安は20分間で慣れて、消える」のです。
とにかく、20分間の我慢なのです。

それは地下鉄の、ゴーという音に慣れるのと同じ原理です。
地下鉄に乗れば、誰しも最初は地下鉄のゴーという音に悩まされます。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 13:35Comments(0)カウンセリング

2011年01月26日

身体に対する必要以上の心配 54

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「排便、排尿の障害」を、述べます。
この「排便、排尿の障害」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

この「排便、排尿の障害」の人は多くの場合、排便や排尿の回数が多いのです。
よって頻繁に、トイレに行きます。トイレに行く回数が多いゆえに各駅の電車には乗れますが、急行電車に乗れなくなってしまう人もいます。

人によっては外出できなくなり、行動範囲が狭まってしまいます。
このように神経症の人は、生き方が狭まってしまうのです。
生き方が狭まってしまう悪循環が、神経症だとも言えます。

狭まってしまった生き方を、広めていくことが大切です。
そのための協力者も、必要です。

「排便、排尿の障害」の人に対して協力者は、プライベートなことにかかわるのです。
それは必要以上の不安からの排便や排尿を、ストップさせるのです。

簡単に言えば、不安からの排便や排尿のためにトイレに行くことをストップさせるのです。
トイレに行かせないのです。

そうすることにより、不安からの排便や排尿という状況におかれます。
不安から起きることは、一定時間が経てば自然に減少します。

「不安は20分間で消える」という、心理法則があるのです。
20分間の我慢なのです。これは言いかえれば、「不安は20分間で慣れる」という心理法則です。

より正確には、「不安は20分間で慣れて、消える」のです。
とにかく、20分間の我慢なのです。

それは地下鉄の、ゴーという音に慣れるのと同じ原理です。
地下鉄に乗れば、誰しも最初は地下鉄のゴーという音に悩まされます。

しかしそのゴーという音に慣れれば、気にならなくなるのと同じ原理です。
それも、「不安(不快感)は20分間で慣れて、消える」のです。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 15:46Comments(0)カウンセリング

2011年01月27日

身体に対する必要以上の心配 55

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「排便、排尿の障害」を、述べます。
この「排便、排尿の障害」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

この「排便、排尿の障害」の人は多くの場合、排便や排尿の回数が多いのです。
よって頻繁に、トイレに行きます。トイレに行く回数が多いゆえに各駅の電車には乗れますが、急行電車に乗れなくなってしまう人もいます。

人によっては外出できなくなり、行動範囲が狭まってしまいます。
このように神経症の人は、生き方が狭まってしまうのです。
生き方が狭まってしまう悪循環が、神経症だとも言えます。

狭まってしまった生き方を、広めていくことが大切です。
そのための協力者も、必要です。

「排便、排尿の障害」の人に対して協力者は、プライベートなことにかかわるのです。
それは必要以上の不安からの排便や排尿を、ストップさせるのです。

簡単に言えば、不安からの排便や排尿のためにトイレに行くことをストップさせるのです。
トイレに行かせないのです。

そうすることにより、不安からの排便や排尿という状況におかれます。
不安から起きることは、一定時間が経てば自然に減少します。

「不安は20分間で消える」という、心理法則があるのです。
20分間の我慢なのです。これは言いかえれば、「不安は20分間で慣れる」という心理法則です。

より正確には、「不安は20分間で慣れて、消える」のです。
とにかく、20分間の我慢なのです。

それは地下鉄の、ゴーという音に慣れるのと同じ原理です。
地下鉄に乗れば、誰しも最初は地下鉄のゴーという音に悩まされます。

しかしそのゴーという音に慣れれば、気にならなくなるのと同じ原理です。
それも、「不安(不快感)は20分間で慣れて、消える」のです。

不安からの排便や排尿も、不安から起きることは一定時間、20分間で消えます。
これが行動療法の、原則です。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 09:49Comments(0)カウンセリング

2011年01月28日

身体に対する必要以上の心配 56

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「排便、排尿の障害」を、述べます。
この「排便、排尿の障害」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

この「排便、排尿の障害」の人は多くの場合、排便や排尿の回数が多いのです。
よって頻繁に、トイレに行きます。トイレに行く回数が多いゆえに各駅の電車には乗れますが、急行電車に乗れなくなってしまう人もいます。

人によっては外出できなくなり、行動範囲が狭まってしまいます。
このように神経症の人は、生き方が狭まってしまうのです。
生き方が狭まってしまう悪循環が、神経症だとも言えます。

狭まってしまった生き方を、広めていくことが大切です。
そのための協力者も、必要です。

「排便、排尿の障害」の人に対して協力者は、プライベートなことにかかわるのです。
それは必要以上の不安からの排便や排尿を、ストップさせるのです。

簡単に言えば、不安からの排便や排尿のためにトイレに行くことをストップさせるのです。
トイレに行かせないのです。

そうすることにより、不安からの排便や排尿という状況におかれます。
不安から起きることは、一定時間が経てば自然に減少します。

「不安は20分間で消える」という、心理法則があるのです。
20分間の我慢なのです。これは言いかえれば、「不安は20分間で慣れる」という心理法則です。

より正確には、「不安は20分間で慣れて、消える」のです。
とにかく、20分間の我慢なのです。

それは地下鉄の、ゴーという音に慣れるのと同じ原理です。
地下鉄に乗れば、誰しも最初は地下鉄のゴーという音に悩まされます。

しかしそのゴーという音に慣れれば、気にならなくなるのと同じ原理です。
それも、「不安(不快感)は20分間で慣れて、消える」のです。

不安からの排便や排尿も、不安から起きることは一定時間、20分間で消えます。
これが行動療法の、原則です。

より具体的に「排便、排尿の障害」の人に対しては、直接的な方法が必要です。
それは排便、排尿の時間間隔の延長です。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 13:44Comments(0)カウンセリング

2011年01月29日

身体に対する必要以上の心配 57

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「排便、排尿の障害」を、述べます。
この「排便、排尿の障害」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

この「排便、排尿の障害」の人は多くの場合、排便や排尿の回数が多いのです。
よって頻繁に、トイレに行きます。トイレに行く回数が多いゆえに各駅の電車には乗れますが、急行電車に乗れなくなってしまう人もいます。

人によっては外出できなくなり、行動範囲が狭まってしまいます。
このように神経症の人は、生き方が狭まってしまうのです。
生き方が狭まってしまう悪循環が、神経症だとも言えます。

狭まってしまった生き方を、広めていくことが大切です。
そのための協力者も、必要です。

「排便、排尿の障害」の人に対して協力者は、プライベートなことにかかわるのです。
それは必要以上の不安からの排便や排尿を、ストップさせるのです。

簡単に言えば、不安からの排便や排尿のためにトイレに行くことをストップさせるのです。
トイレに行かせないのです。

そうすることにより、不安からの排便や排尿という状況におかれます。
不安から起きることは、一定時間が経てば自然に減少します。

「不安は20分間で消える」という、心理法則があるのです。
20分間の我慢なのです。これは言いかえれば、「不安は20分間で慣れる」という心理法則です。

より正確には、「不安は20分間で慣れて、消える」のです。
とにかく、20分間の我慢なのです。

それは地下鉄の、ゴーという音に慣れるのと同じ原理です。
地下鉄に乗れば、誰しも最初は地下鉄のゴーという音に悩まされます。

しかしそのゴーという音に慣れれば、気にならなくなるのと同じ原理です。
それも、「不安(不快感)は20分間で慣れて、消える」のです。

不安からの排便や排尿も、不安から起きることは一定時間、20分間で消えます。
これが行動療法の、原則です。

より具体的に「排便、排尿の障害」の人に対しては、直接的な方法が最も必要です。
それは排便、排尿の時間間隔の延長です。

そのために、その人その人に応じた方法を用います。
トイレを使わないで外出の距離、時間を増やしていくのが一般的な方法です。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 13:34Comments(0)カウンセリング

2011年01月30日

身体に対する必要以上の心配 58

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「排便、排尿の障害」を、述べます。
この「排便、排尿の障害」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

この「排便、排尿の障害」の人は多くの場合、排便や排尿の回数が多いのです。
よって頻繁に、トイレに行きます。トイレに行く回数が多いゆえに各駅の電車には乗れますが、急行電車に乗れなくなってしまう人もいます。

人によっては外出できなくなり、行動範囲が狭まってしまいます。
このように神経症の人は、生き方が狭まってしまうのです。
生き方が狭まってしまう悪循環が、神経症だとも言えます。

狭まってしまった生き方を、広めていくことが大切です。
そのための協力者も、必要です。

「排便、排尿の障害」の人に対して協力者は、プライベートなことにかかわるのです。
それは必要以上の不安からの排便や排尿を、ストップさせるのです。

簡単に言えば、不安からの排便や排尿のためにトイレに行くことをストップさせるのです。
トイレに行かせないのです。

そうすることにより、不安からの排便や排尿という状況におかれます。
不安から起きることは、一定時間が経てば自然に減少します。

「不安は20分間で消える」という、心理法則があるのです。
20分間の我慢なのです。これは言いかえれば、「不安は20分間で慣れる」という心理法則です。

より正確には、「不安は20分間で慣れて、消える」のです。
とにかく、20分間の我慢なのです。

それは地下鉄の、ゴーという音に慣れるのと同じ原理です。
地下鉄に乗れば、誰しも最初は地下鉄のゴーという音に悩まされます。

しかしそのゴーという音に慣れれば、気にならなくなるのと同じ原理です。
それも、「不安(不快感)は20分間で慣れて、消える」のです。

不安からの排便や排尿も、不安から起きることは一定時間、20分間で消えます。
これが行動療法の、原則です。

より具体的に「排便、排尿の障害」の人に対しては、直接的な方法が最も必要です。
それは排便、排尿の時間間隔の延長です。

そのために、その人その人に応じた方法を用います。
トイレを使わないで外出の距離、時間を増やしていくことが一般的な方法です。

ある人は先ずカウンセラーとともに家を出て、トイレを使わないで、10分間散歩をしました。
この距離を増やしていくのです。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 20:16Comments(0)カウンセリング