さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2011年02月01日

身体に対する必要以上の心配 60

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「排便、排尿の障害」を、述べます。
この「排便、排尿の障害」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

この「排便、排尿の障害」の人は多くの場合、排便や排尿の回数が多いのです。
よって頻繁に、トイレに行きます。トイレに行く回数が多いゆえに各駅の電車には乗れますが、急行電車に乗れなくなってしまう人もいます。

人によっては外出できなくなり、行動範囲が狭まってしまいます。
このように神経症の人は、生き方が狭まってしまうのです。
生き方が狭まってしまう悪循環が、神経症だとも言えます。

狭まってしまった生き方を、広めていくことが大切です。
そのための協力者も、必要です。

「排便、排尿の障害」の人に対して協力者は、プライベートなことにかかわるのです。
それは必要以上の不安からの排便や排尿を、ストップさせるのです。

簡単に言えば、不安からの排便や排尿のためにトイレに行くことをストップさせるのです。
トイレに行かせないのです。

そうすることにより、不安からの排便や排尿という状況におかれます。
不安から起きることは、一定時間が経てば自然に減少します。

「不安は20分間で消える」という、心理法則があるのです。
20分間の我慢なのです。これは言いかえれば、「不安は20分間で慣れる」という心理法則です。

より正確には、「不安は20分間で慣れて、消える」のです。
とにかく、20分間の我慢なのです。

それは地下鉄の、ゴーという音に慣れるのと同じ原理です。
地下鉄に乗れば、誰しも最初は地下鉄のゴーという音に悩まされます。

しかしそのゴーという音に慣れれば、気にならなくなるのと同じ原理です。
それも、「不安(不快感)は20分間で慣れて、消える」のです。

不安からの排便や排尿も、不安から起きることは一定時間、20分間で消えます。
これが行動療法の、原則です。

より具体的に「排便、排尿の障害」の人に対しては、直接的な方法が最も必要です。
それは排便、排尿の時間間隔の延長です。

そのために、その人その人に応じた方法を用います。
トイレを使わないで外出の距離、時間を増やしていくことが一般的な方法です。

ある人は先ずカウンセラーとともに家を出て、トイレを使わないで、10分間散歩をしました。
この距離を増やしていくのです。

それから電車に乗り各駅停車で、次の駅まで行きました。
同様に乗る駅の数を、増やしていくのです。

次は準急電車に乗り、次の駅まで行きました。
そして乗る駅の数を、増やしていくのです。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 13:27Comments(0)カウンセリング

2011年02月02日

身体に対する必要以上の心配 61

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「排便、排尿の障害」を、述べます。
この「排便、排尿の障害」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

この「排便、排尿の障害」の人は多くの場合、排便や排尿の回数が多いのです。
よって頻繁に、トイレに行きます。トイレに行く回数が多いゆえに各駅の電車には乗れますが、急行電車に乗れなくなってしまう人もいます。

人によっては外出できなくなり、行動範囲が狭まってしまいます。
このように神経症の人は、生き方が狭まってしまうのです。
生き方が狭まってしまう悪循環が、神経症だとも言えます。

狭まってしまった生き方を、広めていくことが大切です。
そのための協力者も、必要です。

「排便、排尿の障害」の人に対して協力者は、プライベートなことにかかわるのです。
それは必要以上の不安からの排便や排尿を、ストップさせるのです。

簡単に言えば、不安からの排便や排尿のためにトイレに行くことをストップさせるのです。
トイレに行かせないのです。

そうすることにより、不安からの排便や排尿という状況におかれます。
不安から起きることは、一定時間が経てば自然に減少します。

「不安は20分間で消える」という、心理法則があるのです。
20分間の我慢なのです。これは言いかえれば、「不安は20分間で慣れる」という心理法則です。

より正確には、「不安は20分間で慣れて、消える」のです。
とにかく、20分間の我慢なのです。

それは地下鉄の、ゴーという音に慣れるのと同じ原理です。
地下鉄に乗れば、誰しも最初は地下鉄のゴーという音に悩まされます。

しかしそのゴーという音に慣れれば、気にならなくなるのと同じ原理です。
それも、「不安(不快感)は20分間で慣れて、消える」のです。

不安からの排便や排尿も、不安から起きることは一定時間、20分間で消えます。
これが行動療法の、原則です。

より具体的に「排便、排尿の障害」の人に対しては、直接的な方法が最も必要です。
それは排便、排尿の時間間隔の延長です。

そのために、その人その人に応じた方法を用います。
トイレを使わないで外出の距離、時間を増やしていくことが一般的な方法です。

ある人は先ずカウンセラーとともに家を出て、トイレを使わないで、10分間散歩をしました。
この距離を増やしていくのです。

それから電車に乗り各駅停車で、次の駅まで行きました。
同様に乗る駅の数を、増やしていくのです。

次は準急電車に乗り、次の駅まで行きました。
そして乗る駅の数を、増やしていくのです。

最後は急行電車に乗り、次の駅まで行きました。
そして乗る駅の数を、増やしていくのです。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 13:57Comments(0)カウンセリング

2011年02月03日

身体に対する必要以上の心配 62

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「排便、排尿の障害」を、述べます。
この「排便、排尿の障害」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

この「排便、排尿の障害」の人は多くの場合、排便や排尿の回数が多いのです。
よって頻繁に、トイレに行きます。トイレに行く回数が多いゆえに各駅の電車には乗れますが、急行電車に乗れなくなってしまう人もいます。

人によっては外出できなくなり、行動範囲が狭まってしまいます。
このように神経症の人は、生き方が狭まってしまうのです。
生き方が狭まってしまう悪循環が、神経症だとも言えます。

狭まってしまった生き方を、広めていくことが大切です。
そのための協力者も、必要です。

「排便、排尿の障害」の人に対して協力者は、プライベートなことにかかわるのです。
それは必要以上の不安からの排便や排尿を、ストップさせるのです。

簡単に言えば、不安からの排便や排尿のためにトイレに行くことをストップさせるのです。
トイレに行かせないのです。

そうすることにより、不安からの排便や排尿という状況におかれます。
不安から起きることは、一定時間が経てば自然に減少します。

「不安は20分間で消える」という、心理法則があるのです。
20分間の我慢なのです。これは言いかえれば、「不安は20分間で慣れる」という心理法則です。

より正確には、「不安は20分間で慣れて、消える」のです。
とにかく、20分間の我慢なのです。

それは地下鉄の、ゴーという音に慣れるのと同じ原理です。
地下鉄に乗れば、誰しも最初は地下鉄のゴーという音に悩まされます。

しかしそのゴーという音に慣れれば、気にならなくなるのと同じ原理です。
それも、「不安(不快感)は20分間で慣れて、消える」のです。

不安からの排便や排尿も、不安から起きることは一定時間、20分間で消えます。
これが行動療法の、原則です。

より具体的に「排便、排尿の障害」の人に対しては、直接的な方法が最も必要です。
それは排便、排尿の時間間隔の延長です。

そのために、その人その人に応じた方法を用います。
トイレを使わないで外出の距離、時間を増やしていくことが一般的な方法です。

ある人は先ずカウンセラーとともに家を出て、トイレを使わないで、10分間散歩をしました。
この距離を増やしていくのです。

それから電車に乗り各駅停車で、次の駅まで行きました。
同様に乗る駅の数を、増やしていくのです。

次は準急電車に乗り、次の駅まで行きました。
そして乗る駅の数を、増やしていくのです。

最後は急行電車に乗り、次の駅まで行きました。
そして乗る駅の数を、増やしていくのです。

このような行動療法は、程度の軽い人は自分自身で行えます。
しかし程度の重い人は、不可能です。やはりパートナーが必要です。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 13:32Comments(0)カウンセリング

2011年02月04日

身体に対する必要以上の心配 63

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「排便、排尿の障害」を、述べます。
この「排便、排尿の障害」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

この「排便、排尿の障害」の人は多くの場合、排便や排尿の回数が多いのです。
よって頻繁に、トイレに行きます。トイレに行く回数が多いゆえに各駅の電車には乗れますが、急行電車に乗れなくなってしまう人もいます。

人によっては外出できなくなり、行動範囲が狭まってしまいます。
このように神経症の人は、生き方が狭まってしまうのです。
生き方が狭まってしまう悪循環が、神経症だとも言えます。

狭まってしまった生き方を、広めていくことが大切です。
そのための協力者も、必要です。

「排便、排尿の障害」の人に対して協力者は、プライベートなことにかかわるのです。
それは必要以上の不安からの排便や排尿を、ストップさせるのです。

簡単に言えば、不安からの排便や排尿のためにトイレに行くことをストップさせるのです。
トイレに行かせないのです。

そうすることにより、不安からの排便や排尿という状況におかれます。
不安から起きることは、一定時間が経てば自然に減少します。

「不安は20分間で消える」という、心理法則があるのです。
20分間の我慢なのです。これは言いかえれば、「不安は20分間で慣れる」という心理法則です。

より正確には、「不安は20分間で慣れて、消える」のです。
とにかく、20分間の我慢なのです。

それは地下鉄の、ゴーという音に慣れるのと同じ原理です。
地下鉄に乗れば、誰しも最初は地下鉄のゴーという音に悩まされます。

しかしそのゴーという音に慣れれば、気にならなくなるのと同じ原理です。
それも、「不安(不快感)は20分間で慣れて、消える」のです。

不安からの排便や排尿も、不安から起きることは一定時間、20分間で消えます。
これが行動療法の、原則です。

より具体的に「排便、排尿の障害」の人に対しては、直接的な方法が最も必要です。
それは排便、排尿の時間間隔の延長です。

そのために、その人その人に応じた方法を用います。
トイレを使わないで外出の距離、時間を増やしていくことが一般的な方法です。

ある人は先ずカウンセラーとともに家を出て、トイレを使わないで、10分間散歩をしました。
この距離を増やしていくのです。

それから電車に乗り各駅停車で、次の駅まで行きました。
同様に乗る駅の数を、増やしていくのです。

次は準急電車に乗り、次の駅まで行きました。
そして乗る駅の数を、増やしていくのです。

最後は急行電車に乗り、次の駅まで行きました。
そして乗る駅の数を、増やしていくのです。

このような行動療法は、程度の軽い人は自分自身で行えます。
しかし程度の重い人は、不可能です。やはりパートナーが必要です。

カウンセリングではカウンセラーが、パートナーにアドバイスするものもあります。
またはカウンセラーが直接、パートナーになるものもあります。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 15:12Comments(0)カウンセリング

2011年02月05日

身体に対する必要以上の心配 64

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「排便、排尿の障害」を、述べます。
この「排便、排尿の障害」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

この「排便、排尿の障害」の人は多くの場合、排便や排尿の回数が多いのです。
よって頻繁に、トイレに行きます。トイレに行く回数が多いゆえに各駅の電車には乗れますが、急行電車に乗れなくなってしまう人もいます。

人によっては外出できなくなり、行動範囲が狭まってしまいます。
このように神経症の人は、生き方が狭まってしまうのです。
生き方が狭まってしまう悪循環が、神経症だとも言えます。

狭まってしまった生き方を、広めていくことが大切です。
そのための協力者も、必要です。

「排便、排尿の障害」の人に対して協力者は、プライベートなことにかかわるのです。
それは必要以上の不安からの排便や排尿を、ストップさせるのです。

簡単に言えば、不安からの排便や排尿のためにトイレに行くことをストップさせるのです。
トイレに行かせないのです。

そうすることにより、不安からの排便や排尿という状況におかれます。
不安から起きることは、一定時間が経てば自然に減少します。

「不安は20分間で消える」という、心理法則があるのです。
20分間の我慢なのです。これは言いかえれば、「不安は20分間で慣れる」という心理法則です。

より正確には、「不安は20分間で慣れて、消える」のです。
とにかく、20分間の我慢なのです。

それは地下鉄の、ゴーという音に慣れるのと同じ原理です。
地下鉄に乗れば、誰しも最初は地下鉄のゴーという音に悩まされます。

しかしそのゴーという音に慣れれば、気にならなくなるのと同じ原理です。
それも、「不安(不快感)は20分間で慣れて、消える」のです。

不安からの排便や排尿も、不安から起きることは一定時間、20分間で消えます。
これが行動療法の、原則です。

より具体的に「排便、排尿の障害」の人に対しては、直接的な方法が最も必要です。
それは排便、排尿の時間間隔の延長です。

そのために、その人その人に応じた方法を用います。
トイレを使わないで外出の距離、時間を増やしていくことが一般的な方法です。

ある人は先ずカウンセラーとともに家を出て、トイレを使わないで、10分間散歩をしました。
この距離を増やしていくのです。

それから電車に乗り各駅停車で、次の駅まで行きました。
同様に乗る駅の数を、増やしていくのです。

次は準急電車に乗り、次の駅まで行きました。
そして乗る駅の数を、増やしていくのです。

最後は急行電車に乗り、次の駅まで行きました。
そして乗る駅の数を、増やしていくのです。

このような行動療法は、程度の軽い人は自分自身で行えます。
しかし程度の重い人は、不可能です。やはりパートナーが必要です。

カウンセリングではカウンセラーが、パートナーにアドバイスするものもあります。
またはカウンセラーが直接、パートナーになるものもあります。

その人の状態によりカウンセラーがパートナーにアドバイスするのか、カウンセラーが直接パートナーになるのかは決定されます。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 13:54Comments(0)カウンセリング

2011年02月06日

身体に対する必要以上の心配 65

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「排便、排尿の障害」を、述べます。
この「排便、排尿の障害」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

この「排便、排尿の障害」の人は多くの場合、排便や排尿の回数が多いのです。
よって頻繁に、トイレに行きます。トイレに行く回数が多いゆえに各駅の電車には乗れますが、急行電車に乗れなくなってしまう人もいます。

人によっては外出できなくなり、行動範囲が狭まってしまいます。
このように神経症の人は、生き方が狭まってしまうのです。
生き方が狭まってしまう悪循環が、神経症だとも言えます。

狭まってしまった生き方を、広めていくことが大切です。
そのための協力者も、必要です。

「排便、排尿の障害」の人に対して協力者は、プライベートなことにかかわるのです。
それは必要以上の不安からの排便や排尿を、ストップさせるのです。

簡単に言えば、不安からの排便や排尿のためにトイレに行くことをストップさせるのです。
トイレに行かせないのです。

そうすることにより、不安からの排便や排尿という状況におかれます。
不安から起きることは、一定時間が経てば自然に減少します。

「不安は20分間で消える」という、心理法則があるのです。
20分間の我慢なのです。これは言いかえれば、「不安は20分間で慣れる」という心理法則です。

より正確には、「不安は20分間で慣れて、消える」のです。
とにかく、20分間の我慢なのです。

それは地下鉄の、ゴーという音に慣れるのと同じ原理です。
地下鉄に乗れば、誰しも最初は地下鉄のゴーという音に悩まされます。

しかしそのゴーという音に慣れれば、気にならなくなるのと同じ原理です。
それも、「不安(不快感)は20分間で慣れて、消える」のです。

不安からの排便や排尿も、不安から起きることは一定時間、20分間で消えます。
これが行動療法の、原則です。

より具体的に「排便、排尿の障害」の人に対しては、直接的な方法が最も必要です。
それは排便、排尿の時間間隔の延長です。

そのために、その人その人に応じた方法を用います。
トイレを使わないで外出の距離、時間を増やしていくことが一般的な方法です。

ある人は先ずカウンセラーとともに家を出て、トイレを使わないで、10分間散歩をしました。
この距離を増やしていくのです。

それから電車に乗り各駅停車で、次の駅まで行きました。
同様に乗る駅の数を、増やしていくのです。

次は準急電車に乗り、次の駅まで行きました。
そして乗る駅の数を、増やしていくのです。

最後は急行電車に乗り、次の駅まで行きました。
そして乗る駅の数を、増やしていくのです。

このような行動療法は、程度の軽い人は自分自身で行えます。
しかし程度の重い人は、不可能です。やはりパートナーが必要です。

カウンセリングではカウンセラーが、パートナーにアドバイスするものがあります。
またはカウンセラーが直接、パートナーになるものがあります。

その人の状態によりカウンセラーがパートナーにアドバイスするのか、カウンセラーが直接パートナーになるのかは決定されます。

なお最初はカウンセラーが直接パートナーになり、その人の状態が善くなったらカウンセラーがパートナーにアドバイスする方法もあります。柔軟に対応することが、最も大切です。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 11:37Comments(0)カウンセリング

2011年02月07日

身体に対する必要以上の心配 66

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「排便、排尿の障害」を、述べます。
この「排便、排尿の障害」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

この「排便、排尿の障害」の人は多くの場合、排便や排尿の回数が多いのです。
よって頻繁に、トイレに行きます。トイレに行く回数が多いゆえに各駅の電車には乗れますが、急行電車に乗れなくなってしまう人もいます。

人によっては外出できなくなり、行動範囲が狭まってしまいます。
このように神経症の人は、生き方が狭まってしまうのです。
生き方が狭まってしまう悪循環が、神経症だとも言えます。

狭まってしまった生き方を、広めていくことが大切です。
そのための協力者も、必要です。

「排便、排尿の障害」の人に対して協力者は、プライベートなことにかかわるのです。
それは必要以上の不安からの排便や排尿を、ストップさせるのです。

簡単に言えば、不安からの排便や排尿のためにトイレに行くことをストップさせるのです。
トイレに行かせないのです。

そうすることにより、不安からの排便や排尿という状況におかれます。
不安から起きることは、一定時間が経てば自然に減少します。

「不安は20分間で消える」という、心理法則があるのです。
20分間の我慢なのです。これは言いかえれば、「不安は20分間で慣れる」という心理法則です。

より正確には、「不安は20分間で慣れて、消える」のです。
とにかく、20分間の我慢なのです。

それは地下鉄の、ゴーという音に慣れるのと同じ原理です。
地下鉄に乗れば、誰しも最初は地下鉄のゴーという音に悩まされます。

しかしそのゴーという音に慣れれば、気にならなくなるのと同じ原理です。
それも、「不安(不快感)は20分間で慣れて、消える」のです。

不安からの排便や排尿も、不安から起きることは一定時間、20分間で消えます。
これが行動療法の、原則です。

より具体的に「排便、排尿の障害」の人に対しては、直接的な方法が最も必要です。
それは排便、排尿の時間間隔の延長です。

そのために、その人その人に応じた方法を用います。
トイレを使わないで外出の距離、時間を増やしていくことが一般的な方法です。

ある人は先ずカウンセラーとともに家を出て、トイレを使わないで、10分間散歩をしました。
この距離を増やしていくのです。

それから電車に乗り各駅停車で、次の駅まで行きました。
同様に乗る駅の数を、増やしていくのです。

次は準急電車に乗り、次の駅まで行きました。
そして乗る駅の数を、増やしていくのです。

最後は急行電車に乗り、次の駅まで行きました。
そして乗る駅の数を、増やしていくのです。

このような行動療法は、程度の軽い人は自分自身で行えます。
しかし程度の重い人は、不可能です。やはりパートナーが必要です。

カウンセリングではカウンセラーが、パートナーにアドバイスするものがあります。
またはカウンセラーが直接、パートナーになるものがあります。

その人の状態によりカウンセラーがパートナーにアドバイスするのか、カウンセラーが直接パートナーになるのかは決定されます。

なお最初はカウンセラーが直接パートナーになり、その人の状態が善くなったらカウンセラーがパートナーにアドバイスする方法もあります。柔軟に対応することが、最も大切です。

このように「排便、排尿の障害」は、行動療法的な方法が適応されます。
そしてその効果も高いのです。

しかし「健康に対する必要以上の心配」には行動療法的な方法は、直接の効果は困難であることが多いのです。次回からは、「健康に対する必要以上の心配」について述べていきます。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 13:28Comments(0)カウンセリング

2011年02月08日

身体に対する必要以上の心配 67

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日からは「健康に対する必要以上の心配」を、述べます。
この「健康に対する必要以上の心配」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

日本では森田療法も、多く実施されています。
それを含めて、述べていきたいと思います。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 13:29Comments(0)カウンセリング

2011年02月09日

身体に対する必要以上の心配 68

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「健康に対する必要以上の心配」を、述べます。
この「健康に対する必要以上の心配」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

日本では森田療法も、多く実施されています。
それを含めて、述べていきたいと思います。

具体的には「健康に対する必要以上の心配」は少し歩いて疲れると、それを重大なものと考えるようなことから起きます。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 14:09Comments(0)カウンセリング

2011年02月11日

身体に対する必要以上の心配 69

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「健康に対する必要以上の心配」を、述べます。
この「健康に対する必要以上の心配」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

日本では森田療法も、多く実施されています。
それを含めて、述べていきたいと思います。

具体的には「健康に対する必要以上の心配」は少し歩いて疲れると、それを重大なものと考えるようなことから起きます。

たとえば少し歩いて疲れると、それを重大な心臓病と考えるのです。
このようにほんの少しのことで、健康に対して必要以上に心配します。

日本の森田療法では、これを「とらわれ」と考えます。
その「とらわれ」の悪循環を、東洋的な発想から、断ち切るのです。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 13:39Comments(0)カウンセリング

2011年02月12日

身体に対する必要以上の心配 70

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「健康に対する必要以上の心配」を、述べます。
この「健康に対する必要以上の心配」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

具体的には「健康に対する必要以上の心配」は少し歩いて疲れると、それを重大なものと考えるようなことから起きます。

たとえば少し歩いて疲れると、それを重大な心臓病と考えるのです。
このようにほんの少しのことで、健康に対して必要以上に心配します。

日本の森田療法では、これを「とらわれ」と考えます。
その「とらわれ」の悪循環を、東洋的な発想から、断ち切るのです。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 14:12Comments(0)カウンセリング

2011年02月13日

身体に対する必要以上の心配 71

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「健康に対する必要以上の心配」を、述べます。
この「健康に対する必要以上の心配」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

具体的には「健康に対する必要以上の心配」は少し歩いて疲れると、それを重大なものと考えるようなことから起きます。

たとえば少し歩いて疲れると、それを重大な心臓病と考えるのです。
このようにほんの少しのことで、健康に対して必要以上に心配します。

日本の森田療法では、これを「とらわれ」と考えます。
その「とらわれ」の悪循環を、東洋的な発想から、断ち切るのです。

現実に生命にかかわるような重い病気を、心配することが多いのです。
それを必要以上に心配します。

生命にかかわるような重い病気ではないかと心配して、病院で検査を繰り返します。
検査の結果「心配しない」とは、絶対になれないのです。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 14:44Comments(0)カウンセリング

2011年02月14日

身体に対する必要以上の心配 72

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「健康に対する必要以上の心配」を、述べます。
この「健康に対する必要以上の心配」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

具体的には「健康に対する必要以上の心配」は少し歩いて疲れると、それを重大なものと考えるようなことから起きます。

たとえば少し歩いて疲れると、それを重大な心臓病と考えるのです。
このようにほんの少しのことで、健康に対して必要以上に心配します。

よって生命にかかわるような重い病気を、心配することが多いのです。
それを必要以上に心配します。

日本の森田療法では、これを「とらわれ」と考えます。
その「とらわれ」の悪循環を、東洋的な発想から、断ち切るのです。

現実に生命にかかわるような重い病気ではないかと心配して、病院で検査を繰り返します。
検査の結果「心配しない」とは、絶対になれないのです。

病院の検査そのものが、ミスかもしれないと考えます。
その検査の結果は事務的なミス、人違いかもしれないと考えます。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 13:25Comments(0)カウンセリング

2011年02月15日

身体に対する必要以上の心配 73

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「健康に対する必要以上の心配」を、述べます。
この「健康に対する必要以上の心配」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

具体的には「健康に対する必要以上の心配」は少し歩いて疲れると、それを重大なものと考えるようなことから起きます。

たとえば少し歩いて疲れると、それを重大な心臓病と考えるのです。
このようにほんの少しのことで、健康に対して必要以上に心配します。

日本の森田療法では、これを「とらわれ」と考えます。
その「とらわれ」の悪循環を、東洋的な発想から、断ち切るのです。

現実に生命にかかわるような重い病気を、心配することが多いのです。
それを必要以上に心配します。

生命にかかわるような重い病気ではないかと心配して、病院で検査を繰り返します。
検査の結果「心配しない」とは、絶対になれないのです。

病院の検査そのものが、ミスかもしれないと考えます。
その検査の結果は事務的なミス、人違いかもしれないと考えます。

森田療法の言葉を用いれば、「とらわれ」の悪循環をさ迷うのです。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 13:37Comments(0)カウンセリング

2011年02月16日

身体に対する必要以上の心配 74

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「健康に対する必要以上の心配」を、述べます。
この「健康に対する必要以上の心配」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

具体的には「健康に対する必要以上の心配」は少し歩いて疲れると、それを重大なものと考えるようなことから起きます。

たとえば少し歩いて疲れると、それを重大な心臓病と考えるのです。
このようにほんの少しのことで、健康に対して必要以上に心配します。

日本の森田療法では、これを「とらわれ」と考えます。
その「とらわれ」の悪循環を、東洋的な発想から、断ち切るのです。

現実に生命にかかわるような重い病気を、心配することが多いのです。
それを必要以上に心配します。

生命にかかわるような重い病気ではないかと心配して、病院で検査を繰り返します。
検査の結果「心配しない」とは、絶対になれないのです。

病院の検査そのものが、ミスかもしれないと考えます。
その検査の結果は事務的なミス、人違いかもしれないと考えます。

森田療法の言葉を用いれば、「とらわれ」の悪循環をさ迷うのです。
この「とらわれ」の悪循環から、抜け出すには現実的な対応も大切です。
それは病気に対する、正確な知識です。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 15:09Comments(0)カウンセリング

2011年02月17日

身体に対する必要以上の心配 75

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「健康に対する必要以上の心配」を、述べます。
この「健康に対する必要以上の心配」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

具体的には「健康に対する必要以上の心配」は少し歩いて疲れると、それを重大なものと考えるようなことから起きます。

たとえば少し歩いて疲れると、それを重大な心臓病と考えるのです。
このようにほんの少しのことで、健康に対して必要以上に心配します。

日本の森田療法では、これを「とらわれ」と考えます。
その「とらわれ」の悪循環を、東洋的な発想から、断ち切るのです。

現実に生命にかかわるような重い病気を、心配することが多いのです。
それを必要以上に心配します。

生命にかかわるような重い病気ではないかと心配して、病院で検査を繰り返します。
検査の結果「心配しない」とは、絶対になれないのです。

病院の検査そのものが、ミスかもしれないと考えます。
その検査の結果は事務的なミス、人違いかもしれないと考えます。

森田療法の言葉を用いれば、「とらわれ」の悪循環をさ迷うのです。
この「とらわれ」の悪循環から、抜け出すには現実的な対応も大切です。
それは病気に対する、正確な知識です。

よって信頼できる医師を、一人見つけることが大切です。
その医師は、相性が良いことも大切です。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 13:41Comments(0)カウンセリング

2011年02月18日

身体に対する必要以上の心配 76

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「健康に対する必要以上の心配」を、述べます。
この「健康に対する必要以上の心配」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

具体的には「健康に対する必要以上の心配」は少し歩いて疲れると、それを重大なものと考えるようなことから起きます。

たとえば少し歩いて疲れると、それを重大な心臓病と考えるのです。
このようにほんの少しのことで、健康に対して必要以上に心配します。

日本の森田療法では、これを「とらわれ」と考えます。
その「とらわれ」の悪循環を、東洋的な発想から、断ち切るのです。

現実に生命にかかわるような重い病気を、心配することが多いのです。
それを必要以上に心配します。

生命にかかわるような重い病気ではないかと心配して、病院で検査を繰り返します。
検査の結果「心配しない」とは、絶対になれないのです。

病院の検査そのものが、ミスかもしれないと考えます。
その検査の結果は事務的なミス、人違いかもしれないと考えます。

森田療法の言葉を用いれば、「とらわれ」の悪循環をさ迷うのです。
この「とらわれ」の悪循環から、抜け出すには現実的な対応も大切です。
それは病気に対する、正確な知識です。

よって信頼できる医師を、一人見つけることが大切です。
その医師は、相性が良いことも大切です。

誰しも困っていることに対して信頼でき、相性のいい相談相手がいるだけで気持ちは楽になります。それが、現実的な対応です。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 13:23Comments(0)カウンセリング

2011年02月19日

身体に対する必要以上の心配 77

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「健康に対する必要以上の心配」を、述べます。
この「健康に対する必要以上の心配」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

具体的には「健康に対する必要以上の心配」は少し歩いて疲れると、それを重大なものと考えるようなことから起きます。

たとえば少し歩いて疲れると、それを重大な心臓病と考えるのです。
このようにほんの少しのことで、健康に対して必要以上に心配します。

日本の森田療法では、これを「とらわれ」と考えます。
その「とらわれ」の悪循環を、東洋的な発想から、断ち切るのです。

現実に生命にかかわるような重い病気を、心配することが多いのです。
それを必要以上に心配します。

生命にかかわるような重い病気ではないかと心配して、病院で検査を繰り返します。
検査の結果「心配しない」とは、絶対になれないのです。

病院の検査そのものが、ミスかもしれないと考えます。
その検査の結果は事務的なミス、人違いかもしれないと考えます。

森田療法の言葉を用いれば、「とらわれ」の悪循環をさ迷うのです。
この「とらわれ」の悪循環から、抜け出すには現実的な対応も大切です。
それは病気に対する、正確な知識です。

よって信頼できる医師を、一人見つけることが大切です。
その医師は、相性が良いことも大切です。

誰しも困っていることに対して信頼でき、相性のいい相談相手がいるだけで気持ちは楽になります。それが、現実的な対応です。

安心感そのものが、神経症的な身体に対する必要以上の心配を軽減させるのです。
「とらわれ」の悪循環から、抜け出すには安心感そのものも大切です。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 08:51Comments(0)カウンセリング

2011年02月20日

身体に対する必要以上の心配 78

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「健康に対する必要以上の心配」を、述べます。
この「健康に対する必要以上の心配」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

具体的には「健康に対する必要以上の心配」は少し歩いて疲れると、それを重大なものと考えるようなことから起きます。

たとえば少し歩いて疲れると、それを重大な心臓病と考えるのです。
このようにほんの少しのことで、健康に対して必要以上に心配します。

日本の森田療法では、これを「とらわれ」と考えます。
その「とらわれ」の悪循環を、東洋的な発想から、断ち切るのです。

現実に生命にかかわるような重い病気を、心配することが多いのです。
それを必要以上に心配します。

生命にかかわるような重い病気ではないかと心配して、病院で検査を繰り返します。
検査の結果「心配しない」とは、絶対になれないのです。

病院の検査そのものが、ミスかもしれないと考えます。
その検査の結果は事務的なミス、人違いかもしれないと考えます。

森田療法の言葉を用いれば、「とらわれ」の悪循環をさ迷うのです。
この「とらわれ」の悪循環から、抜け出すには現実的な対応も大切です。
それは病気に対する、正確な知識です。

よって信頼できる医師を、一人見つけることが大切です。
その医師は、相性が良いことも大切です。

誰しも困っていることに対して信頼でき、相性のいい相談相手がいるだけで気持ちは楽になります。それが、現実的な対応です。

安心感そのものが、神経症的な身体に対する必要以上の心配を軽減させるのです。
「とらわれ」の悪循環から、抜け出すには安心感そのものも大切です。

さらにクライエント中心療法では、「身体に対する必要以上の心配をしている人」に対する関係性を重視します。それは無条件の肯定的な関心です。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 18:19Comments(0)カウンセリング

2011年02月21日

身体に対する必要以上の心配 79

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「健康に対する必要以上の心配」を、述べます。
この「健康に対する必要以上の心配」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

具体的には「健康に対する必要以上の心配」は少し歩いて疲れると、それを重大なものと考えるようなことから起きます。

たとえば少し歩いて疲れると、それを重大な心臓病と考えるのです。
このようにほんの少しのことで、健康に対して必要以上に心配します。

日本の森田療法では、これを「とらわれ」と考えます。
その「とらわれ」の悪循環を、東洋的な発想から、断ち切るのです。

現実に生命にかかわるような重い病気を、心配することが多いのです。
それを必要以上に心配します。

生命にかかわるような重い病気ではないかと心配して、病院で検査を繰り返します。
検査の結果「心配しない」とは、絶対になれないのです。

病院の検査そのものが、ミスかもしれないと考えます。
その検査の結果は事務的なミス、人違いかもしれないと考えます。

森田療法の言葉を用いれば、「とらわれ」の悪循環をさ迷うのです。
この「とらわれ」の悪循環から、抜け出すには現実的な対応も大切です。
それは病気に対する、正確な知識です。

よって信頼できる医師を、一人見つけることが大切です。
その医師は、相性が良いことも大切です。

誰しも困っていることに対して信頼でき、相性のいい相談相手がいるだけで気持ちは楽になります。それが、現実的な対応です。

安心感そのものが、神経症的な身体に対する必要以上の心配を軽減させるのです。
「とらわれ」の悪循環から、抜け出すには安心感そのものも大切です。

さらにクライエント中心療法では、「身体に対する必要以上の心配をしている人」に対する関係性を重視します。それは無条件の肯定的な関心です。

多くの場合、「身体に対する必要以上の心配」に対して他人ごとのような対応をしがちです。
その結果、葛藤は深まります。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 13:52Comments(0)カウンセリング

2011年02月22日

身体に対する必要以上の心配 80

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「健康に対する必要以上の心配」を、述べます。
この「健康に対する必要以上の心配」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

具体的には「健康に対する必要以上の心配」は少し歩いて疲れると、それを重大なものと考えるようなことから起きます。

たとえば少し歩いて疲れると、それを重大な心臓病と考えるのです。
このようにほんの少しのことで、健康に対して必要以上に心配します。

日本の森田療法では、これを「とらわれ」と考えます。
その「とらわれ」の悪循環を、東洋的な発想から、断ち切るのです。

現実に生命にかかわるような重い病気を、心配することが多いのです。
それを必要以上に心配します。

生命にかかわるような重い病気ではないかと心配して、病院で検査を繰り返します。
検査の結果「心配しない」とは、絶対になれないのです。

病院の検査そのものが、ミスかもしれないと考えます。
その検査の結果は事務的なミス、人違いかもしれないと考えます。

森田療法の言葉を用いれば、「とらわれ」の悪循環をさ迷うのです。
この「とらわれ」の悪循環から、抜け出すには現実的な対応も大切です。
それは病気に対する、正確な知識です。

よって信頼できる医師を、一人見つけることが大切です。
その医師は、相性が良いことも大切です。

誰しも困っていることに対して信頼でき、相性のいい相談相手がいるだけで気持ちは楽になります。それが、現実的な対応です。

安心感そのものが、神経症的な身体に対する必要以上の心配を軽減させるのです。
「とらわれ」の悪循環から、抜け出すには安心感そのものも大切です。

さらにクライエント中心療法では、「身体に対する必要以上の心配をしている人」に対する関係性を重視します。それは無条件の肯定的な関心です。

多くの場合、「身体に対する必要以上の心配」に対して他人ごとのような対応をしがちです。
その結果、葛藤は深まります。

他人ごとのような対応をしなければ、それだけでいいのです。
それだけでも、葛藤は弱まります。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 13:55Comments(0)カウンセリング

2011年02月23日

身体に対する必要以上の心配 81

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「健康に対する必要以上の心配」を、述べます。
この「健康に対する必要以上の心配」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

具体的には「健康に対する必要以上の心配」は少し歩いて疲れると、それを重大なものと考えるようなことから起きます。

たとえば少し歩いて疲れると、それを重大な心臓病と考えるのです。
このようにほんの少しのことで、健康に対して必要以上に心配します。

日本の森田療法では、これを「とらわれ」と考えます。
その「とらわれ」の悪循環を、東洋的な発想から、断ち切るのです。

現実に生命にかかわるような重い病気を、心配することが多いのです。
それを必要以上に心配します。

生命にかかわるような重い病気ではないかと心配して、病院で検査を繰り返します。
検査の結果「心配しない」とは、絶対になれないのです。

病院の検査そのものが、ミスかもしれないと考えます。
その検査の結果は事務的なミス、人違いかもしれないと考えます。

森田療法の言葉を用いれば、「とらわれ」の悪循環をさ迷うのです。
この「とらわれ」の悪循環から、抜け出すには現実的な対応も大切です。
それは病気に対する、正確な知識です。

よって信頼できる医師を、一人見つけることが大切です。
その医師は、相性が良いことも大切です。

誰しも困っていることに対して信頼でき、相性のいい相談相手がいるだけで気持ちは楽になります。それが、現実的な対応です。

安心感そのものが、神経症的な身体に対する必要以上の心配を軽減させるのです。
「とらわれ」の悪循環から、抜け出すには安心感そのものも大切です。

さらにクライエント中心療法では、「身体に対する必要以上の心配をしている人」に対する関係性を重視します。それは無条件の肯定的な関心です。

多くの場合、「身体に対する必要以上の心配」に対して他人ごとのような対応をしがちです。
その結果、葛藤は深まります。

他人ごとのような対応をしなければ、それだけでいいのです。
それだけでも、葛藤は弱まります。

カウンセラーは純粋で、無条件の肯定的な関心を向けるのです。
それが大切です。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 08:52Comments(0)カウンセリング

2011年02月24日

身体に対する必要以上の心配 82

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「健康に対する必要以上の心配」を、述べます。
この「健康に対する必要以上の心配」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

具体的には「健康に対する必要以上の心配」は少し歩いて疲れると、それを重大なものと考えるようなことから起きます。

たとえば少し歩いて疲れると、それを重大な心臓病と考えるのです。
このようにほんの少しのことで、健康に対して必要以上に心配します。

日本の森田療法では、これを「とらわれ」と考えます。
その「とらわれ」の悪循環を、東洋的な発想から、断ち切るのです。

現実に生命にかかわるような重い病気を、心配することが多いのです。
それを必要以上に心配します。

生命にかかわるような重い病気ではないかと心配して、病院で検査を繰り返します。
検査の結果「心配しない」とは、絶対になれないのです。

病院の検査そのものが、ミスかもしれないと考えます。
その検査の結果は事務的なミス、人違いかもしれないと考えます。

森田療法の言葉を用いれば、「とらわれ」の悪循環をさ迷うのです。
この「とらわれ」の悪循環から、抜け出すには現実的な対応も大切です。
それは病気に対する、正確な知識です。

よって信頼できる医師を、一人見つけることが大切です。
その医師は、相性が良いことも大切です。

誰しも困っていることに対して信頼でき、相性のいい相談相手がいるだけで気持ちは楽になります。それが、現実的な対応です。

安心感そのものが、神経症的な身体に対する必要以上の心配を軽減させるのです。
「とらわれ」の悪循環から、抜け出すには安心感そのものも大切です。

さらにクライエント中心療法では、「身体に対する必要以上の心配をしている人」に対する関係性を重視します。それは無条件の肯定的な関心です。

多くの場合、「身体に対する必要以上の心配」に対して他人ごとのような対応をしがちです。
その結果、葛藤は深まります。

他人ごとのような対応をしなければ、それだけでいいのです。
それだけでも、葛藤は弱まります。

カウンセラーは純粋で、無条件の肯定的な関心を向けるのです。
それが大切です。

身体に対する必要以上の心配を向ける人は、身体意識に対して不完全さを感じているのです。
それに対してクライエント中心療法やフォーカシングのような、実存的カウンセリングは直接アプローチします。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 14:39Comments(0)カウンセリング

2011年02月25日

身体に対する必要以上の心配 83

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「健康に対する必要以上の心配」を、述べます。
この「健康に対する必要以上の心配」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

具体的には「健康に対する必要以上の心配」は少し歩いて疲れると、それを重大なものと考えるようなことから起きます。

たとえば少し歩いて疲れると、それを重大な心臓病と考えるのです。
このようにほんの少しのことで、健康に対して必要以上に心配します。

日本の森田療法では、これを「とらわれ」と考えます。
その「とらわれ」の悪循環を、東洋的な発想から、断ち切るのです。

現実に生命にかかわるような重い病気を、心配することが多いのです。
それを必要以上に心配します。

生命にかかわるような重い病気ではないかと心配して、病院で検査を繰り返します。
検査の結果「心配しない」とは、絶対になれないのです。

病院の検査そのものが、ミスかもしれないと考えます。
その検査の結果は事務的なミス、人違いかもしれないと考えます。

森田療法の言葉を用いれば、「とらわれ」の悪循環をさ迷うのです。
この「とらわれ」の悪循環から、抜け出すには現実的な対応も大切です。
それは病気に対する、正確な知識です。

よって信頼できる医師を、一人見つけることが大切です。
その医師は、相性が良いことも大切です。

誰しも困っていることに対して信頼でき、相性のいい相談相手がいるだけで気持ちは楽になります。それが、現実的な対応です。

安心感そのものが、神経症的な身体に対する必要以上の心配を軽減させるのです。
「とらわれ」の悪循環から、抜け出すには安心感そのものも大切です。

さらにクライエント中心療法では、「身体に対する必要以上の心配をしている人」に対する関係性を重視します。それは無条件の肯定的な関心です。

多くの場合、「身体に対する必要以上の心配」に対して他人ごとのような対応をしがちです。
その結果、葛藤は深まります。

他人ごとのような対応をしなければ、それだけでいいのです。
それだけでも、葛藤は弱まります。

カウンセラーは純粋で、無条件の肯定的な関心を向けるのです。
それが大切です。

身体に対する必要以上の心配を向ける人は、身体意識に対して不完全さを感じているのです。
それに対してクライエント中心療法やフォーカシングのような、実存的カウンセリングは直接アプローチします。

身体意識に対して直接アプローチするのが、クライエント中心療法やフォーカシングのような実存的カウンセリングです。とくにフォーカシングの有効性は高いのです。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 14:00Comments(0)カウンセリング

2011年02月26日

身体に対する必要以上の心配 84

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「健康に対する必要以上の心配」を、述べます。
この「健康に対する必要以上の心配」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

具体的には「健康に対する必要以上の心配」は少し歩いて疲れると、それを重大なものと考えるようなことから起きます。

たとえば少し歩いて疲れると、それを重大な心臓病と考えるのです。
このようにほんの少しのことで、健康に対して必要以上に心配します。

日本の森田療法では、これを「とらわれ」と考えます。
その「とらわれ」の悪循環を、東洋的な発想から、断ち切るのです。

現実に生命にかかわるような重い病気を、心配することが多いのです。
それを必要以上に心配します。

生命にかかわるような重い病気ではないかと心配して、病院で検査を繰り返します。
検査の結果「心配しない」とは、絶対になれないのです。

病院の検査そのものが、ミスかもしれないと考えます。
その検査の結果は事務的なミス、人違いかもしれないと考えます。

森田療法の言葉を用いれば、「とらわれ」の悪循環をさ迷うのです。
この「とらわれ」の悪循環から、抜け出すには現実的な対応も大切です。
それは病気に対する、正確な知識です。

よって信頼できる医師を、一人見つけることが大切です。
その医師は、相性が良いことも大切です。

誰しも困っていることに対して信頼でき、相性のいい相談相手がいるだけで気持ちは楽になります。それが、現実的な対応です。

安心感そのものが、神経症的な身体に対する必要以上の心配を軽減させるのです。
「とらわれ」の悪循環から、抜け出すには安心感そのものも大切です。

さらにクライエント中心療法では、「身体に対する必要以上の心配をしている人」に対する関係性を重視します。それは無条件の肯定的な関心です。

多くの場合、「身体に対する必要以上の心配」に対して他人ごとのような対応をしがちです。
その結果、葛藤は深まります。

他人ごとのような対応をしなければ、それだけでいいのです。
それだけでも、葛藤は弱まります。

カウンセラーは純粋で、無条件の肯定的な関心を向けるのです。
それが大切です。

身体に対する必要以上の心配を向ける人は、身体意識に対して不完全さを感じているのです。
それに対してクライエント中心療法やフォーカシングのような、実存的カウンセリングは直接アプローチします。

身体意識に対して直接アプローチするのが、クライエント中心療法やフォーカシングのような実存的カウンセリングです。とくにフォーカシングの有効性は高いのです。

それはフォーカシングでは身体的な違和感を直接、扱うからです。
それゆえに、有効性は高いのです。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 10:23Comments(0)カウンセリング

2011年02月27日

身体に対する必要以上の心配 85

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「健康に対する必要以上の心配」を、述べます。
この「健康に対する必要以上の心配」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

具体的には「健康に対する必要以上の心配」は少し歩いて疲れると、それを重大なものと考えるようなことから起きます。

たとえば少し歩いて疲れると、それを重大な心臓病と考えるのです。
このようにほんの少しのことで、健康に対して必要以上に心配します。

日本の森田療法では、これを「とらわれ」と考えます。
その「とらわれ」の悪循環を、東洋的な発想から、断ち切るのです。

現実に生命にかかわるような重い病気を、心配することが多いのです。
それを必要以上に心配します。

生命にかかわるような重い病気ではないかと心配して、病院で検査を繰り返します。
検査の結果「心配しない」とは、絶対になれないのです。

病院の検査そのものが、ミスかもしれないと考えます。
その検査の結果は事務的なミス、人違いかもしれないと考えます。

森田療法の言葉を用いれば、「とらわれ」の悪循環をさ迷うのです。
この「とらわれ」の悪循環から、抜け出すには現実的な対応も大切です。
それは病気に対する、正確な知識です。

よって信頼できる医師を、一人見つけることが大切です。
その医師は、相性が良いことも大切です。

誰しも困っていることに対して信頼でき、相性のいい相談相手がいるだけで気持ちは楽になります。それが、現実的な対応です。

安心感そのものが、神経症的な身体に対する必要以上の心配を軽減させるのです。
「とらわれ」の悪循環から、抜け出すには安心感そのものも大切です。

さらにクライエント中心療法では、「身体に対する必要以上の心配をしている人」に対する関係性を重視します。それは無条件の肯定的な関心です。

多くの場合、「身体に対する必要以上の心配」に対して他人ごとのような対応をしがちです。
その結果、葛藤は深まります。

他人ごとのような対応をしなければ、それだけでいいのです。
それだけでも、葛藤は弱まります。

カウンセラーは純粋で、無条件の肯定的な関心を向けるのです。
それが大切です。

身体に対する必要以上の心配を向ける人は、身体意識に対して不完全さを感じているのです。
それに対してクライエント中心療法やフォーカシングのような、実存的カウンセリングは直接アプローチします。

身体意識に対して直接アプローチするのが、クライエント中心療法やフォーカシングのような実存的カウンセリングです。とくにフォーカシングの有効性は高いのです。

それはフォーカシングでは身体的な違和感を直接、扱うからです。
それゆえに、有効性は高いのです。

カウンセリングには、多くの種類があります。
人によっては、200種類ぐらいあるという人もいます。
有力な学派だけでも、10学派ぐらいあるのです。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 11:25Comments(0)カウンセリング

2011年02月28日

身体に対する必要以上の心配 86

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「健康に対する必要以上の心配」を、述べます。
この「健康に対する必要以上の心配」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

具体的には「健康に対する必要以上の心配」は少し歩いて疲れると、それを重大なものと考えるようなことから起きます。

たとえば少し歩いて疲れると、それを重大な心臓病と考えるのです。
このようにほんの少しのことで、健康に対して必要以上に心配します。

日本の森田療法では、これを「とらわれ」と考えます。
その「とらわれ」の悪循環を、東洋的な発想から、断ち切るのです。

現実に生命にかかわるような重い病気を、心配することが多いのです。
それを必要以上に心配します。

生命にかかわるような重い病気ではないかと心配して、病院で検査を繰り返します。
検査の結果「心配しない」とは、絶対になれないのです。

病院の検査そのものが、ミスかもしれないと考えます。
その検査の結果は事務的なミス、人違いかもしれないと考えます。

森田療法の言葉を用いれば、「とらわれ」の悪循環をさ迷うのです。
この「とらわれ」の悪循環から、抜け出すには現実的な対応も大切です。
それは病気に対する、正確な知識です。

よって信頼できる医師を、一人見つけることが大切です。
その医師は、相性が良いことも大切です。

誰しも困っていることに対して信頼でき、相性のいい相談相手がいるだけで気持ちは楽になります。それが、現実的な対応です。

安心感そのものが、神経症的な身体に対する必要以上の心配を軽減させるのです。
「とらわれ」の悪循環から、抜け出すには安心感そのものも大切です。

さらにクライエント中心療法では、「身体に対する必要以上の心配をしている人」に対する関係性を重視します。それは無条件の肯定的な関心です。

多くの場合、「身体に対する必要以上の心配」に対して他人ごとのような対応をしがちです。
その結果、葛藤は深まります。

他人ごとのような対応をしなければ、それだけでいいのです。
それだけでも、葛藤は弱まります。

カウンセラーは純粋で、無条件の肯定的な関心を向けるのです。
それが大切です。

身体に対する必要以上の心配を向ける人は、身体意識に対して不完全さを感じているのです。
それに対してクライエント中心療法やフォーカシングのような、実存的カウンセリングは直接アプローチします。

身体意識に対して直接アプローチするのが、クライエント中心療法やフォーカシングのような実存的カウンセリングです。とくにフォーカシングの有効性は高いのです。

それはフォーカシングでは身体的な違和感を直接、扱うからです。
それゆえに、有効性は高いのです。

カウンセリングには、多くの種類があります。
人によっては、200種類ぐらいあるという人もいます。
有力な学派だけでも、10学派ぐらいあるのです。

その10学派ぐらいを、ケースバイケースで適応することも必要です。
柔軟な姿勢こそが、カウンセラーに求められています。

次回に、さらに述べます。

  

Posted by counselor at 13:27Comments(0)カウンセリング