さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2013年11月01日

神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法 76

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

「神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法」を、述べます。

神経症の人は、時間に追われた生活になりがちです。
ゆとりを持って生きることが、できません。

ある人は、いつも身体のことが気になります。
少しでも身体がだるいと、大きな病気かもしれないと心配します。

その結果、生活にゆとりが持てないのです。
ゆとりが持てないから、生活はギクシャクしたものになりがちです。

たとえ本当に大きな病気の人でも、気持ちにゆとりが持てれば良いのです。
その人の生活は、ギクシャクしたものになりません。

本当の問題は、「ゆとりのなさ」にあります。
何ごとも「ゆとりのなさ」は、ハイパーにその人を動かします。

現実に何も身体に問題はないのに、病院に頻繁にいきます。
同じ検査を何度も繰り返します。

その結果、生活時間と生活費のほとんどは病院の支払いに充てられます。
後ろ向きな生活に、なってしまうのです。

生活そのものは、前には進みません。
常におびやかされた生活です。

その本質は、「神経症的不安」にあります。
「神経症的不安」が、身体に非生産的なこだわりをうむのです。

よっていくら検査を繰り返しても、安心することはありません。
医師が音をあげるか、医師に不信感を向けるかです。

そこからドクター・ショッピングが、始まるのです。
どの病院に行っても、安心できません。

このような悪循環におちいる人は、子供の時に大きな病気をした人に多いのです。
子供の時の病気を、まだ引きずっています。

幼少時にその人の病気のみに、家族の気持ちが向かっていたのです。
その結果、小さな身体の変化に敏感なのです。

あと子供の時に、虐待を受けた人にも多いのです。
子供の時の虐待を、引きずってしまうのです。

虐待は、子供にはどうしようもできないことです。
自分の力の、及ばないことです。

その「自分の力の及ばないこと」に、人格形成時に虐待を受けた人はいました。
その結果、病気のような「自分の力の及ばないこと」を極度に恐れます。

そこから「すぎたるは、及ばざるがごとし」という、迷路に入ってしまうのです。
ある女性をモデルに、述べてみたいと思います。

この人は、病気を恐れています。
それも死ぬかもしれない、重い病気です。

早期発見をすれば、たすかるかもしれない病気です。
それゆえに、検査を繰り返します。

身体のほんのささいな変化を、気にかけます。
ほんの少しの痛みや、はれを気にします。

この人の父親は、何年か前に癌で死んでいました。
それも死ぬかもしれないと言う不安を、強めました。

父親が死んだときの姿が、フラッシュ・バックします。
そのフラッシュ・バックにも、苦しみました。

常に母親に、癌ではないことの確認を求めます。
「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

初めのうちは、母親も「へいき」と答えます。
しかしそのやりとりが重なるうちに、不機嫌になります。

そして怒り出します。
その人はそれを聞いて、落胆します。

自分が受け入れられなかったゆえに、苦しみも深まります。
フラッシュ・バックの程度も、深刻になります。

そこで同じように友人に癌ではないことの確認を求めます。
また「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

このことの繰り返しです。
生産的に、前に進むことはありません。

この人も、いくつかのカウンセリングを体験しています。
あるカウンセラーは、この人のこころの中を指摘しました。

そのカウンセラーは、「内的な攻撃性」を指摘しました。
その攻撃性が、出口を求めていると語りました。

この人はそう言われても、チンプンカンプンです。
まったく思い当たることは、ありません。

このような「内的な攻撃性」を指摘するのは、精神分析療法に多いのです。
多くの場合、本人はそう言われてもチンプンカンプンです。

自分自身で納得できる、ことを知りたいのです。
そこで森田療法に、たすけを求めました。

森田療法は、説得力があります。
多くの人は、森田療法の本を読んで納得します。

森田療法では、「気にするから、それが悪循環になる」と考えます。
「その解決は『あるがまま』のきょうちにある」とするのです。

『あるがまま』が身につけば、悪循環から抜け出せるとします。
それは、『悟り』であるともするのです。

それを作業により行うのが、森田療法の特徴です。
なお森田療法は森田療法家により行われます。

この師弟関係が、いまの若い人にはなじみにくいのです。
森田療法には、戦前の日本社会の姿が潜んでいます。

ここでつまずく、若い人は多いのです。
この人もつまずき、認知行動療法に向かいました。

森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理的です。
森田療法のような、師弟関係もありません。先生とは、対等な関係です。

その認知行動療法は、次のようにスタートしました。
「あなたの心配のプラス面と、マイナス面は?」

このように森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理性にはたらき掛けます。
かつ自分なりの考えを、重視します。

それに質問は、先ずプラス面からスタートしています。
これにも、大きな意味はあります。

先ず、イエスです。
自分のしていることにも、プラスはあるという認識です。

この人の答えは、こうでした。
「心配しているから、手遅れにならない」

これがこの人の、こころの表面上にあるのです。
しかし芯にあるものは、まったく異なります。

多くの場合、芯にあるものは神経症的な不安です。
表面にあるものとは、まったく異なります。

ただし芯にある神経症的な不安に、直接触れる事はしません。
直接触れる事は、混乱を深めるだけである事が多いのです。

多くの場合、その神経症的な不安を導く考え方にアプローチします。
それを変えて、神経症的な不安を改善します。

神経症的な不安を導く考え方の一つは、「心配しているから、手遅れにならない」です。
それは心配のプラス面に、かくれていたのです。

逆に神経症的な不安を導く考え方は、心配のマイナス面にもかくれています。
その質問をします。

「あなたの心配のマイナス面は?」
この質問により、不安の本質により近づきます。

この人の答えは、こうでした。
「いつも心配しているから、心配に生活が妨げられます」

この人は24時間、心配している生活です。
何もできません。

心配が、生活をおおっているのです。
不安が、ただよってしまっているのです。

このような状態は、非生産的な不安に支配されているのです。
本当に体調が悪くて119番することは、生産的です。

不安が現実的な解決に進まないで、ただその不安に支配されているのです。
起こりそうもないことを、「どうしよう、どうしよう」と心配しているのです。

これは非生産的な不安の特徴です。
心配しても解決しないことを、心配しているだけです。

その心配の根底には、「過剰な自責感」があります。
自分を責めがちな傾向です。

すべてを自分の責任だと、考えます。
このような傾向に、巻き込まれているのです。

もし病気の発見が遅れたら、自分の責任だと考えます。
自分を、こんなように責めます。

それが身体にこだわる人の、特徴です。
すべてを自分の責任だと考えることは、苦しみを生みます。

それにすべてを自分の責任だと考えることは、すべて自己証明を必要とします。
「病院で検査をした、その結果は何も心配はなかった」しかし、検査ミスはあるかもしれない。

そう考えると、検査ミスをする病院を選んだ自分の責任だと考えます。
このようなことは、限りなく連鎖しがちです。

このように自分のしたことを、すべてOKだと考えることは不可能です。
それよりも、責任の限りない連鎖に陥りがちです。

心配はその連鎖そのものに、非生産性が含まれています。
それゆえに、カウンセラーは連鎖のマイナス性を指摘するのです。

心配の連鎖は、何ももたらしません。
生活を、ただ非生産的にするだけです。

さらにこの人は検査にも、のめりこんでいます。
身体の全てを把握することに、のめりこんでいます。

話は少し変わりますが、外出時に何回も鍵を閉めたか確認する人がいます。
その人も、この人と共通する要素があります。

自分では確認することにより、不安を弱めたいのです。
しかし確認すればするほど、逆に不安は強まります。

鍵を閉めたか確認する人は、このような迷路に入っています。
先ずその迷路に、気付くことです、

迷路に気付けば、半分は解決しています。
そこから出口を、見付ければ良いのです。

鍵の確認に関して言えば、こうなります。
「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」

そうです、「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」のです。
このように気付けばよいのです。

この人の病院の検査も、同じような性格を持っています。
検査も、最後の1回しかしていないようなめんもあります。

鍵の確認と同じように、極端に検査を繰り返すことは迷路を深めます。
そこから、抜け出せなくしてしまうのです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 09:31Comments(0)カウンセリング

2013年11月02日

神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法 77

明けましておめでとうございます。
本年も、このブログを宜しくお願いいたします。

なお当相談室は、お正月も相談を行っております。
特に受験生の方で、相談を希望される方はご連絡ください。
誠実に、アドバイスします!

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

「神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法」を、述べます。

神経症の人は、時間に追われた生活になりがちです。
ゆとりを持って生きることが、できません。

ある人は、いつも身体のことが気になります。
少しでも身体がだるいと、大きな病気かもしれないと心配します。

その結果、生活にゆとりが持てないのです。
ゆとりが持てないから、生活はギクシャクしたものになりがちです。

たとえ本当に大きな病気の人でも、気持ちにゆとりが持てれば良いのです。
その人の生活は、ギクシャクしたものになりません。

本当の問題は、「ゆとりのなさ」にあります。
何ごとも「ゆとりのなさ」は、ハイパーにその人を動かします。

現実に何も身体に問題はないのに、病院に頻繁にいきます。
同じ検査を何度も繰り返します。

その結果、生活時間と生活費のほとんどは病院の支払いに充てられます。
後ろ向きな生活に、なってしまうのです。

生活そのものは、前には進みません。
常におびやかされた生活です。

その本質は、「神経症的不安」にあります。
「神経症的不安」が、身体に非生産的なこだわりをうむのです。

よっていくら検査を繰り返しても、安心することはありません。
医師が音をあげるか、医師に不信感を向けるかです。

そこからドクター・ショッピングが、始まるのです。
どの病院に行っても、安心できません。

このような悪循環におちいる人は、子供の時に大きな病気をした人に多いのです。
子供の時の病気を、まだ引きずっています。

幼少時にその人の病気のみに、家族の気持ちが向かっていたのです。
その結果、小さな身体の変化に敏感なのです。

あと子供の時に、虐待を受けた人にも多いのです。
子供の時の虐待を、引きずってしまうのです。

虐待は、子供にはどうしようもできないことです。
自分の力の、及ばないことです。

その「自分の力の及ばないこと」に、人格形成時に虐待を受けた人はいました。
その結果、病気のような「自分の力の及ばないこと」を極度に恐れます。

そこから「すぎたるは、及ばざるがごとし」という、迷路に入ってしまうのです。
ある女性をモデルに、述べてみたいと思います。

この人は、病気を恐れています。
それも死ぬかもしれない、重い病気です。

早期発見をすれば、たすかるかもしれない病気です。
それゆえに、検査を繰り返します。

身体のほんのささいな変化を、気にかけます。
ほんの少しの痛みや、はれを気にします。

この人の父親は、何年か前に癌で死んでいました。
それも死ぬかもしれないと言う不安を、強めました。

父親が死んだときの姿が、フラッシュ・バックします。
そのフラッシュ・バックにも、苦しみました。

常に母親に、癌ではないことの確認を求めます。
「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

初めのうちは、母親も「へいき」と答えます。
しかしそのやりとりが重なるうちに、不機嫌になります。

そして怒り出します。
その人はそれを聞いて、落胆します。

自分が受け入れられなかったゆえに、苦しみも深まります。
フラッシュ・バックの程度も、深刻になります。

そこで同じように友人に癌ではないことの確認を求めます。
また「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

このことの繰り返しです。
生産的に、前に進むことはありません。

この人も、いくつかのカウンセリングを体験しています。
あるカウンセラーは、この人のこころの中を指摘しました。

そのカウンセラーは、「内的な攻撃性」を指摘しました。
その攻撃性が、出口を求めていると語りました。

この人はそう言われても、チンプンカンプンです。
まったく思い当たることは、ありません。

このような「内的な攻撃性」を指摘するのは、精神分析療法に多いのです。
多くの場合、本人はそう言われてもチンプンカンプンです。

自分自身で納得できる、ことを知りたいのです。
そこで森田療法に、たすけを求めました。

森田療法は、説得力があります。
多くの人は、森田療法の本を読んで納得します。

森田療法では、「気にするから、それが悪循環になる」と考えます。
「その解決は『あるがまま』のきょうちにある」とするのです。

『あるがまま』が身につけば、悪循環から抜け出せるとします。
それは、『悟り』であるともするのです。

それを作業により行うのが、森田療法の特徴です。
なお森田療法は森田療法家により行われます。

この師弟関係が、いまの若い人にはなじみにくいのです。
森田療法には、戦前の日本社会の姿が潜んでいます。

ここでつまずく、若い人は多いのです。
この人もつまずき、認知行動療法に向かいました。

森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理的です。
森田療法のような、師弟関係もありません。先生とは、対等な関係です。

その認知行動療法は、次のようにスタートしました。
「あなたの心配のプラス面と、マイナス面は?」

このように森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理性にはたらき掛けます。
かつ自分なりの考えを、重視します。

それに質問は、先ずプラス面からスタートしています。
これにも、大きな意味はあります。

先ず、イエスです。
自分のしていることにも、プラスはあるという認識です。

この人の答えは、こうでした。
「心配しているから、手遅れにならない」

これがこの人の、こころの表面上にあるのです。
しかし芯にあるものは、まったく異なります。

多くの場合、芯にあるものは神経症的な不安です。
表面にあるものとは、まったく異なります。

ただし芯にある神経症的な不安に、直接触れる事はしません。
直接触れる事は、混乱を深めるだけである事が多いのです。

多くの場合、その神経症的な不安を導く考え方にアプローチします。
それを変えて、神経症的な不安を改善します。

神経症的な不安を導く考え方の一つは、「心配しているから、手遅れにならない」です。
それは心配のプラス面に、かくれていたのです。

逆に神経症的な不安を導く考え方は、心配のマイナス面にもかくれています。
その質問をします。

「あなたの心配のマイナス面は?」
この質問により、不安の本質により近づきます。

この人の答えは、こうでした。
「いつも心配しているから、心配に生活が妨げられます」

この人は24時間、心配している生活です。
何もできません。

心配が、生活をおおっているのです。
不安が、ただよってしまっているのです。

このような状態は、非生産的な不安に支配されているのです。
本当に体調が悪くて119番することは、生産的です。

不安が現実的な解決に進まないで、ただその不安に支配されているのです。
起こりそうもないことを、「どうしよう、どうしよう」と心配しているのです。

これは非生産的な不安の特徴です。
心配しても解決しないことを、心配しているだけです。

その心配の根底には、「過剰な自責感」があります。
自分を責めがちな傾向です。

すべてを自分の責任だと、考えます。
このような傾向に、巻き込まれているのです。

もし病気の発見が遅れたら、自分の責任だと考えます。
自分を、こんなように責めます。

それが身体にこだわる人の、特徴です。
すべてを自分の責任だと考えることは、苦しみを生みます。

それにすべてを自分の責任だと考えることは、すべて自己証明を必要とします。
「病院で検査をした、その結果は何も心配はなかった」しかし、検査ミスはあるかもしれない。

そう考えると、検査ミスをする病院を選んだ自分の責任だと考えます。
このようなことは、限りなく連鎖しがちです。

このように自分のしたことを、すべてOKだと考えることは不可能です。
それよりも、責任の限りない連鎖に陥りがちです。

心配はその連鎖そのものに、非生産性が含まれています。
それゆえに、カウンセラーは連鎖のマイナス性を指摘するのです。

心配の連鎖は、何ももたらしません。
生活を、ただ非生産的にするだけです。

さらにこの人は検査にも、のめりこんでいます。
身体の全てを把握することに、のめりこんでいます。

話は少し変わりますが、外出時に何回も鍵を閉めたか確認する人がいます。
その人も、この人と共通する要素があります。

自分では確認することにより、不安を弱めたいのです。
しかし確認すればするほど、逆に不安は強まります。

鍵を閉めたか確認する人は、このような迷路に入っています。
先ずその迷路に、気付くことです、

迷路に気付けば、半分は解決しています。
そこから出口を、見付ければ良いのです。

鍵の確認に関して言えば、こうなります。
「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」

そうです、「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」のです。
このように気付けばよいのです。

この人の病院の検査も、同じような性格を持っています。
何回検査しても、最後の1回しかしていないようなめんもあります。

鍵の確認と同じように、極端に検査を繰り返すことは迷路を深めます。
そこから、抜け出せなくしてしまうのです。

過剰な心配から抜け出せない人の、解決方法をさらに考えてみたいです。
まず「何回検査しても、最後の1回しかしていない」という自覚です。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 06:17Comments(0)カウンセリング

2013年11月03日

神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法 78

明けましておめでとうございます。
本年も、この掲示板を宜しくお願いいたします。

なお当相談室は、お正月も相談を行っております。
特に受験生の方で、相談を希望される方はご連絡ください。
誠実に、アドバイスします!

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

「神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法」を、述べます。

神経症の人は、時間に追われた生活になりがちです。
ゆとりを持って生きることが、できません。

ある人は、いつも身体のことが気になります。
少しでも身体がだるいと、大きな病気かもしれないと心配します。

その結果、生活にゆとりが持てないのです。
ゆとりが持てないから、生活はギクシャクしたものになりがちです。

たとえ本当に大きな病気の人でも、気持ちにゆとりが持てれば良いのです。
その人の生活は、ギクシャクしたものになりません。

本当の問題は、「ゆとりのなさ」にあります。
何ごとも「ゆとりのなさ」は、ハイパーにその人を動かします。

現実に何も身体に問題はないのに、病院に頻繁にいきます。
同じ検査を何度も繰り返します。

その結果、生活時間と生活費のほとんどは病院の支払いに充てられます。
後ろ向きな生活に、なってしまうのです。

生活そのものは、前には進みません。
常におびやかされた生活です。

その本質は、「神経症的不安」にあります。
「神経症的不安」が、身体に非生産的なこだわりをうむのです。

よっていくら検査を繰り返しても、安心することはありません。
医師が音をあげるか、医師に不信感を向けるかです。

そこからドクター・ショッピングが、始まるのです。
どの病院に行っても、安心できません。

このような悪循環におちいる人は、子供の時に大きな病気をした人に多いのです。
子供の時の病気を、まだ引きずっています。

幼少時にその人の病気のみに、家族の気持ちが向かっていたのです。
その結果、小さな身体の変化に敏感なのです。

あと子供の時に、虐待を受けた人にも多いのです。
子供の時の虐待を、引きずってしまうのです。

虐待は、子供にはどうしようもできないことです。
自分の力の、及ばないことです。

その「自分の力の及ばないこと」に、人格形成時に虐待を受けた人はいました。
その結果、病気のような「自分の力の及ばないこと」を極度に恐れます。

そこから「すぎたるは、及ばざるがごとし」という、迷路に入ってしまうのです。
ある女性をモデルに、述べてみたいと思います。

この人は、病気を恐れています。
それも死ぬかもしれない、重い病気です。

早期発見をすれば、たすかるかもしれない病気です。
それゆえに、検査を繰り返します。

身体のほんのささいな変化を、気にかけます。
ほんの少しの痛みや、はれを気にします。

この人の父親は、何年か前に癌で死んでいました。
それも死ぬかもしれないと言う不安を、強めました。

父親が死んだときの姿が、フラッシュ・バックします。
そのフラッシュ・バックにも、苦しみました。

常に母親に、癌ではないことの確認を求めます。
「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

初めのうちは、母親も「へいき」と答えます。
しかしそのやりとりが重なるうちに、不機嫌になります。

そして怒り出します。
その人はそれを聞いて、落胆します。

自分が受け入れられなかったゆえに、苦しみも深まります。
フラッシュ・バックの程度も、深刻になります。

そこで同じように友人に癌ではないことの確認を求めます。
また「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

このことの繰り返しです。
生産的に、前に進むことはありません。

この人も、いくつかのカウンセリングを体験しています。
あるカウンセラーは、この人のこころの中を指摘しました。

そのカウンセラーは、「内的な攻撃性」を指摘しました。
その攻撃性が、出口を求めていると語りました。

この人はそう言われても、チンプンカンプンです。
まったく思い当たることは、ありません。

このような「内的な攻撃性」を指摘するのは、精神分析療法に多いのです。
多くの場合、本人はそう言われてもチンプンカンプンです。

自分自身で納得できる、ことを知りたいのです。
そこで森田療法に、たすけを求めました。

森田療法は、説得力があります。
多くの人は、森田療法の本を読んで納得します。

森田療法では、「気にするから、それが悪循環になる」と考えます。
「その解決は『あるがまま』のきょうちにある」とするのです。

『あるがまま』が身につけば、悪循環から抜け出せるとします。
それは、『悟り』であるともするのです。

それを作業により行うのが、森田療法の特徴です。
なお森田療法は森田療法家により行われます。

この師弟関係が、いまの若い人にはなじみにくいのです。
森田療法には、戦前の日本社会の姿が潜んでいます。

ここでつまずく、若い人は多いのです。
この人もつまずき、認知行動療法に向かいました。

森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理的です。
森田療法のような、師弟関係もありません。先生とは、対等な関係です。

その認知行動療法は、次のようにスタートしました。
「あなたの心配のプラス面と、マイナス面は?」

このように森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理性にはたらき掛けます。
かつ自分なりの考えを、重視します。

それに質問は、先ずプラス面からスタートしています。
これにも、大きな意味はあります。

先ず、イエスです。
自分のしていることにも、プラスはあるという認識です。

この人の答えは、こうでした。
「心配しているから、手遅れにならない」

これがこの人の、こころの表面上にあるのです。
しかし芯にあるものは、まったく異なります。

多くの場合、芯にあるものは神経症的な不安です。
表面にあるものとは、まったく異なります。

ただし芯にある神経症的な不安に、直接触れる事はしません。
直接触れる事は、混乱を深めるだけである事が多いのです。

多くの場合、その神経症的な不安を導く考え方にアプローチします。
それを変えて、神経症的な不安を改善します。

神経症的な不安を導く考え方の一つは、「心配しているから、手遅れにならない」です。
それは心配のプラス面に、かくれていたのです。

逆に神経症的な不安を導く考え方は、心配のマイナス面にもかくれています。
その質問をします。

「あなたの心配のマイナス面は?」
この質問により、不安の本質により近づきます。

この人の答えは、こうでした。
「いつも心配しているから、心配に生活が妨げられます」

この人は24時間、心配している生活です。
何もできません。

心配が、生活をおおっているのです。
不安が、ただよってしまっているのです。

このような状態は、非生産的な不安に支配されているのです。
本当に体調が悪くて119番することは、生産的です。

不安が現実的な解決に進まないで、ただその不安に支配されているのです。
起こりそうもないことを、「どうしよう、どうしよう」と心配しているのです。

これは非生産的な不安の特徴です。
心配しても解決しないことを、心配しているだけです。

その心配の根底には、「過剰な自責感」があります。
自分を責めがちな傾向です。

すべてを自分の責任だと、考えます。
このような傾向に、巻き込まれているのです。

もし病気の発見が遅れたら、自分の責任だと考えます。
自分を、こんなように責めます。

それが身体にこだわる人の、特徴です。
すべてを自分の責任だと考えることは、苦しみを生みます。

それにすべてを自分の責任だと考えることは、すべて自己証明を必要とします。
「病院で検査をした、その結果は何も心配はなかった」しかし、検査ミスはあるかもしれない。

そう考えると、検査ミスをする病院を選んだ自分の責任だと考えます。
このようなことは、限りなく連鎖しがちです。

このように自分のしたことを、すべてOKだと考えることは不可能です。
それよりも、責任の限りない連鎖に陥りがちです。

心配はその連鎖そのものに、非生産性が含まれています。
それゆえに、カウンセラーは連鎖のマイナス性を指摘するのです。

心配の連鎖は、何ももたらしません。
生活を、ただ非生産的にするだけです。

さらにこの人は検査にも、のめりこんでいます。
身体の全てを把握することに、のめりこんでいます。

話は少し変わりますが、外出時に何回も鍵を閉めたか確認する人がいます。
その人も、この人と共通する要素があります。

自分では確認することにより、不安を弱めたいのです。
しかし確認すればするほど、逆に不安は強まります。

鍵を閉めたか確認する人は、このような迷路に入っています。
先ずその迷路に、気付くことです、

迷路に気付けば、半分は解決しています。
そこから出口を、見付ければ良いのです。

鍵の確認に関して言えば、こうなります。
「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」

そうです、「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」のです。
このように気付けばよいのです。

この人の病院の検査も、同じような性格を持っています。
何回検査しても、最後の1回しかしていないようなめんもあります。

鍵の確認と同じように、極端に検査を繰り返すことは迷路を深めます。
そこから、抜け出せなくしてしまうのです。

過剰な心配から抜け出せない人の、解決方法をさらに考えてみたいです。
まず「何回検査しても、最後の1回しかしていない」という自覚です。

この自覚により、方向は変えやすくなるでしょう。
後ろ向きから、前向きに変わりやすくなります。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 06:26Comments(0)カウンセリング

2013年11月04日

神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法 79

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

「神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法」を、述べます。

神経症の人は、時間に追われた生活になりがちです。
ゆとりを持って生きることが、できません。

ある人は、いつも身体のことが気になります。
少しでも身体がだるいと、大きな病気かもしれないと心配します。

その結果、生活にゆとりが持てないのです。
ゆとりが持てないから、生活はギクシャクしたものになりがちです。

たとえ本当に大きな病気の人でも、気持ちにゆとりが持てれば良いのです。
その人の生活は、ギクシャクしたものになりません。

本当の問題は、「ゆとりのなさ」にあります。
何ごとも「ゆとりのなさ」は、ハイパーにその人を動かします。

現実に何も身体に問題はないのに、病院に頻繁にいきます。
同じ検査を何度も繰り返します。

その結果、生活時間と生活費のほとんどは病院の支払いに充てられます。
後ろ向きな生活に、なってしまうのです。

生活そのものは、前には進みません。
常におびやかされた生活です。

その本質は、「神経症的不安」にあります。
「神経症的不安」が、身体に非生産的なこだわりをうむのです。

よっていくら検査を繰り返しても、安心することはありません。
医師が音をあげるか、医師に不信感を向けるかです。

そこからドクター・ショッピングが、始まるのです。
どの病院に行っても、安心できません。

このような悪循環におちいる人は、子供の時に大きな病気をした人に多いのです。
子供の時の病気を、まだ引きずっています。

幼少時にその人の病気のみに、家族の気持ちが向かっていたのです。
その結果、小さな身体の変化に敏感なのです。

あと子供の時に、虐待を受けた人にも多いのです。
子供の時の虐待を、引きずってしまうのです。

虐待は、子供にはどうしようもできないことです。
自分の力の、及ばないことです。

その「自分の力の及ばないこと」に、人格形成時に虐待を受けた人はいました。
その結果、病気のような「自分の力の及ばないこと」を極度に恐れます。

そこから「すぎたるは、及ばざるがごとし」という、迷路に入ってしまうのです。
ある女性をモデルに、述べてみたいと思います。

この人は、病気を恐れています。
それも死ぬかもしれない、重い病気です。

早期発見をすれば、たすかるかもしれない病気です。
それゆえに、検査を繰り返します。

身体のほんのささいな変化を、気にかけます。
ほんの少しの痛みや、はれを気にします。

この人の父親は、何年か前に癌で死んでいました。
それも死ぬかもしれないと言う不安を、強めました。

父親が死んだときの姿が、フラッシュ・バックします。
そのフラッシュ・バックにも、苦しみました。

常に母親に、癌ではないことの確認を求めます。
「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

初めのうちは、母親も「へいき」と答えます。
しかしそのやりとりが重なるうちに、不機嫌になります。

そして怒り出します。
その人はそれを聞いて、落胆します。

自分が受け入れられなかったゆえに、苦しみも深まります。
フラッシュ・バックの程度も、深刻になります。

そこで同じように友人に癌ではないことの確認を求めます。
また「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

このことの繰り返しです。
生産的に、前に進むことはありません。

この人も、いくつかのカウンセリングを体験しています。
あるカウンセラーは、この人のこころの中を指摘しました。

そのカウンセラーは、「内的な攻撃性」を指摘しました。
その攻撃性が、出口を求めていると語りました。

この人はそう言われても、チンプンカンプンです。
まったく思い当たることは、ありません。

このような「内的な攻撃性」を指摘するのは、精神分析療法に多いのです。
多くの場合、本人はそう言われてもチンプンカンプンです。

自分自身で納得できる、ことを知りたいのです。
そこで森田療法に、たすけを求めました。

森田療法は、説得力があります。
多くの人は、森田療法の本を読んで納得します。

森田療法では、「気にするから、それが悪循環になる」と考えます。
「その解決は『あるがまま』のきょうちにある」とするのです。

『あるがまま』が身につけば、悪循環から抜け出せるとします。
それは、『悟り』であるともするのです。

それを作業により行うのが、森田療法の特徴です。
なお森田療法は森田療法家により行われます。

この師弟関係が、いまの若い人にはなじみにくいのです。
森田療法には、戦前の日本社会の姿が潜んでいます。

ここでつまずく、若い人は多いのです。
この人もつまずき、認知行動療法に向かいました。

森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理的です。
森田療法のような、師弟関係もありません。先生とは、対等な関係です。

その認知行動療法は、次のようにスタートしました。
「あなたの心配のプラス面と、マイナス面は?」

このように森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理性にはたらき掛けます。
かつ自分なりの考えを、重視します。

それに質問は、先ずプラス面からスタートしています。
これにも、大きな意味はあります。

先ず、イエスです。
自分のしていることにも、プラスはあるという認識です。

この人の答えは、こうでした。
「心配しているから、手遅れにならない」

これがこの人の、こころの表面上にあるのです。
しかし芯にあるものは、まったく異なります。

多くの場合、芯にあるものは神経症的な不安です。
表面にあるものとは、まったく異なります。

ただし芯にある神経症的な不安に、直接触れる事はしません。
直接触れる事は、混乱を深めるだけである事が多いのです。

多くの場合、その神経症的な不安を導く考え方にアプローチします。
それを変えて、神経症的な不安を改善します。

神経症的な不安を導く考え方の一つは、「心配しているから、手遅れにならない」です。
それは心配のプラス面に、かくれていたのです。

逆に神経症的な不安を導く考え方は、心配のマイナス面にもかくれています。
その質問をします。

「あなたの心配のマイナス面は?」
この質問により、不安の本質により近づきます。

この人の答えは、こうでした。
「いつも心配しているから、心配に生活が妨げられます」

この人は24時間、心配している生活です。
何もできません。

心配が、生活をおおっているのです。
不安が、ただよってしまっているのです。

このような状態は、非生産的な不安に支配されているのです。
本当に体調が悪くて119番することは、生産的です。

不安が現実的な解決に進まないで、ただその不安に支配されているのです。
起こりそうもないことを、「どうしよう、どうしよう」と心配しているのです。

これは非生産的な不安の特徴です。
心配しても解決しないことを、心配しているだけです。

その心配の根底には、「過剰な自責感」があります。
自分を責めがちな傾向です。

すべてを自分の責任だと、考えます。
このような傾向に、巻き込まれているのです。

もし病気の発見が遅れたら、自分の責任だと考えます。
自分を、こんなように責めます。

それが身体にこだわる人の、特徴です。
すべてを自分の責任だと考えることは、苦しみを生みます。

それにすべてを自分の責任だと考えることは、すべて自己証明を必要とします。
「病院で検査をした、その結果は何も心配はなかった」しかし、検査ミスはあるかもしれない。

そう考えると、検査ミスをする病院を選んだ自分の責任だと考えます。
このようなことは、限りなく連鎖しがちです。

このように自分のしたことを、すべてOKだと考えることは不可能です。
それよりも、責任の限りない連鎖に陥りがちです。

心配はその連鎖そのものに、非生産性が含まれています。
それゆえに、カウンセラーは連鎖のマイナス性を指摘するのです。

心配の連鎖は、何ももたらしません。
生活を、ただ非生産的にするだけです。

さらにこの人は検査にも、のめりこんでいます。
身体の全てを把握することに、のめりこんでいます。

話は少し変わりますが、外出時に何回も鍵を閉めたか確認する人がいます。
その人も、この人と共通する要素があります。

自分では確認することにより、不安を弱めたいのです。
しかし確認すればするほど、逆に不安は強まります。

鍵を閉めたか確認する人は、このような迷路に入っています。
先ずその迷路に、気付くことです、

迷路に気付けば、半分は解決しています。
そこから出口を、見付ければ良いのです。

鍵の確認に関して言えば、こうなります。
「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」

そうです、「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」のです。
このように気付けばよいのです。

この人の病院の検査も、同じような性格を持っています。
何回検査しても、最後の1回しかしていないようなめんもあります。

鍵の確認と同じように、極端に検査を繰り返すことは迷路を深めます。
そこから、抜け出せなくしてしまうのです。

過剰な心配から抜け出せない人の、解決方法をさらに考えてみたいです。
まず「何回検査しても、最後の1回しかしていない」という自覚です。

この自覚により、方向は変えやすくなるでしょう。
後ろ向きから、前向きに変わりやすくなります。

このような自覚とともに、こころの法則も大切です。
それは「不安は最初の5分がピーク」という法則です。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 06:39Comments(0)カウンセリング

2013年11月05日

神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法 80

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

「神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法」を、述べます。

神経症の人は、時間に追われた生活になりがちです。
ゆとりを持って生きることが、できません。

ある人は、いつも身体のことが気になります。
少しでも身体がだるいと、大きな病気かもしれないと心配します。

その結果、生活にゆとりが持てないのです。
ゆとりが持てないから、生活はギクシャクしたものになりがちです。

たとえ本当に大きな病気の人でも、気持ちにゆとりが持てれば良いのです。
その人の生活は、ギクシャクしたものになりません。

本当の問題は、「ゆとりのなさ」にあります。
何ごとも「ゆとりのなさ」は、ハイパーにその人を動かします。

現実に何も身体に問題はないのに、病院に頻繁にいきます。
同じ検査を何度も繰り返します。

その結果、生活時間と生活費のほとんどは病院の支払いに充てられます。
後ろ向きな生活に、なってしまうのです。

生活そのものは、前には進みません。
常におびやかされた生活です。

その本質は、「神経症的不安」にあります。
「神経症的不安」が、身体に非生産的なこだわりをうむのです。

よっていくら検査を繰り返しても、安心することはありません。
医師が音をあげるか、医師に不信感を向けるかです。

そこからドクター・ショッピングが、始まるのです。
どの病院に行っても、安心できません。

このような悪循環におちいる人は、子供の時に大きな病気をした人に多いのです。
子供の時の病気を、まだ引きずっています。

幼少時にその人の病気のみに、家族の気持ちが向かっていたのです。
その結果、小さな身体の変化に敏感なのです。

あと子供の時に、虐待を受けた人にも多いのです。
子供の時の虐待を、引きずってしまうのです。

虐待は、子供にはどうしようもできないことです。
自分の力の、及ばないことです。

その「自分の力の及ばないこと」に、人格形成時に虐待を受けた人はいました。
その結果、病気のような「自分の力の及ばないこと」を極度に恐れます。

そこから「すぎたるは、及ばざるがごとし」という、迷路に入ってしまうのです。
ある女性をモデルに、述べてみたいと思います。

この人は、病気を恐れています。
それも死ぬかもしれない、重い病気です。

早期発見をすれば、たすかるかもしれない病気です。
それゆえに、検査を繰り返します。

身体のほんのささいな変化を、気にかけます。
ほんの少しの痛みや、はれを気にします。

この人の父親は、何年か前に癌で死んでいました。
それも死ぬかもしれないと言う不安を、強めました。

父親が死んだときの姿が、フラッシュ・バックします。
そのフラッシュ・バックにも、苦しみました。

常に母親に、癌ではないことの確認を求めます。
「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

初めのうちは、母親も「へいき」と答えます。
しかしそのやりとりが重なるうちに、不機嫌になります。

そして怒り出します。
その人はそれを聞いて、落胆します。

自分が受け入れられなかったゆえに、苦しみも深まります。
フラッシュ・バックの程度も、深刻になります。

そこで同じように友人に癌ではないことの確認を求めます。
また「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

このことの繰り返しです。
生産的に、前に進むことはありません。

この人も、いくつかのカウンセリングを体験しています。
あるカウンセラーは、この人のこころの中を指摘しました。

そのカウンセラーは、「内的な攻撃性」を指摘しました。
その攻撃性が、出口を求めていると語りました。

この人はそう言われても、チンプンカンプンです。
まったく思い当たることは、ありません。

このような「内的な攻撃性」を指摘するのは、精神分析療法に多いのです。
多くの場合、本人はそう言われてもチンプンカンプンです。

自分自身で納得できる、ことを知りたいのです。
そこで森田療法に、たすけを求めました。

森田療法は、説得力があります。
多くの人は、森田療法の本を読んで納得します。

森田療法では、「気にするから、それが悪循環になる」と考えます。
「その解決は『あるがまま』のきょうちにある」とするのです。

『あるがまま』が身につけば、悪循環から抜け出せるとします。
それは、『悟り』であるともするのです。

それを作業により行うのが、森田療法の特徴です。
なお森田療法は森田療法家により行われます。

この師弟関係が、いまの若い人にはなじみにくいのです。
森田療法には、戦前の日本社会の姿が潜んでいます。

ここでつまずく、若い人は多いのです。
この人もつまずき、認知行動療法に向かいました。

森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理的です。
森田療法のような、師弟関係もありません。先生とは、対等な関係です。

その認知行動療法は、次のようにスタートしました。
「あなたの心配のプラス面と、マイナス面は?」

このように森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理性にはたらき掛けます。
かつ自分なりの考えを、重視します。

それに質問は、先ずプラス面からスタートしています。
これにも、大きな意味はあります。

先ず、イエスです。
自分のしていることにも、プラスはあるという認識です。

この人の答えは、こうでした。
「心配しているから、手遅れにならない」

これがこの人の、こころの表面上にあるのです。
しかし芯にあるものは、まったく異なります。

多くの場合、芯にあるものは神経症的な不安です。
表面にあるものとは、まったく異なります。

ただし芯にある神経症的な不安に、直接触れる事はしません。
直接触れる事は、混乱を深めるだけである事が多いのです。

多くの場合、その神経症的な不安を導く考え方にアプローチします。
それを変えて、神経症的な不安を改善します。

神経症的な不安を導く考え方の一つは、「心配しているから、手遅れにならない」です。
それは心配のプラス面に、かくれていたのです。

逆に神経症的な不安を導く考え方は、心配のマイナス面にもかくれています。
その質問をします。

「あなたの心配のマイナス面は?」
この質問により、不安の本質により近づきます。

この人の答えは、こうでした。
「いつも心配しているから、心配に生活が妨げられます」

この人は24時間、心配している生活です。
何もできません。

心配が、生活をおおっているのです。
不安が、ただよってしまっているのです。

このような状態は、非生産的な不安に支配されているのです。
本当に体調が悪くて119番することは、生産的です。

不安が現実的な解決に進まないで、ただその不安に支配されているのです。
起こりそうもないことを、「どうしよう、どうしよう」と心配しているのです。

これは非生産的な不安の特徴です。
心配しても解決しないことを、心配しているだけです。

その心配の根底には、「過剰な自責感」があります。
自分を責めがちな傾向です。

すべてを自分の責任だと、考えます。
このような傾向に、巻き込まれているのです。

もし病気の発見が遅れたら、自分の責任だと考えます。
自分を、こんなように責めます。

それが身体にこだわる人の、特徴です。
すべてを自分の責任だと考えることは、苦しみを生みます。

それにすべてを自分の責任だと考えることは、すべて自己証明を必要とします。
「病院で検査をした、その結果は何も心配はなかった」しかし、検査ミスはあるかもしれない。

そう考えると、検査ミスをする病院を選んだ自分の責任だと考えます。
このようなことは、限りなく連鎖しがちです。

このように自分のしたことを、すべてOKだと考えることは不可能です。
それよりも、責任の限りない連鎖に陥りがちです。

心配はその連鎖そのものに、非生産性が含まれています。
それゆえに、カウンセラーは連鎖のマイナス性を指摘するのです。

心配の連鎖は、何ももたらしません。
生活を、ただ非生産的にするだけです。

さらにこの人は検査にも、のめりこんでいます。
身体の全てを把握することに、のめりこんでいます。

話は少し変わりますが、外出時に何回も鍵を閉めたか確認する人がいます。
その人も、この人と共通する要素があります。

自分では確認することにより、不安を弱めたいのです。
しかし確認すればするほど、逆に不安は強まります。

鍵を閉めたか確認する人は、このような迷路に入っています。
先ずその迷路に、気付くことです、

迷路に気付けば、半分は解決しています。
そこから出口を、見付ければ良いのです。

鍵の確認に関して言えば、こうなります。
「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」

そうです、「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」のです。
このように気付けばよいのです。

この人の病院の検査も、同じような性格を持っています。
何回検査しても、最後の1回しかしていないようなめんもあります。

鍵の確認と同じように、極端に検査を繰り返すことは迷路を深めます。
そこから、抜け出せなくしてしまうのです。

過剰な心配から抜け出せない人の、解決方法をさらに考えてみたいです。
まず「何回検査しても、最後の1回しかしていない」という自覚です。

この自覚により、方向は変えやすくなるでしょう。
後ろ向きから、前向きに変わりやすくなります。

このような自覚とともに、こころの法則も大切です。
それは「不安は最初の5分がピーク」という法則です。

正確には、次のようになります。
「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 06:43Comments(0)カウンセリング

2013年11月06日

神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法 81

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

「神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法」を、述べます。

神経症の人は、時間に追われた生活になりがちです。
ゆとりを持って生きることが、できません。

ある人は、いつも身体のことが気になります。
少しでも身体がだるいと、大きな病気かもしれないと心配します。

その結果、生活にゆとりが持てないのです。
ゆとりが持てないから、生活はギクシャクしたものになりがちです。

たとえ本当に大きな病気の人でも、気持ちにゆとりが持てれば良いのです。
その人の生活は、ギクシャクしたものになりません。

本当の問題は、「ゆとりのなさ」にあります。
何ごとも「ゆとりのなさ」は、ハイパーにその人を動かします。

現実に何も身体に問題はないのに、病院に頻繁にいきます。
同じ検査を何度も繰り返します。

その結果、生活時間と生活費のほとんどは病院の支払いに充てられます。
後ろ向きな生活に、なってしまうのです。

生活そのものは、前には進みません。
常におびやかされた生活です。

その本質は、「神経症的不安」にあります。
「神経症的不安」が、身体に非生産的なこだわりをうむのです。

よっていくら検査を繰り返しても、安心することはありません。
医師が音をあげるか、医師に不信感を向けるかです。

そこからドクター・ショッピングが、始まるのです。
どの病院に行っても、安心できません。

このような悪循環におちいる人は、子供の時に大きな病気をした人に多いのです。
子供の時の病気を、まだ引きずっています。

幼少時にその人の病気のみに、家族の気持ちが向かっていたのです。
その結果、小さな身体の変化に敏感なのです。

あと子供の時に、虐待を受けた人にも多いのです。
子供の時の虐待を、引きずってしまうのです。

虐待は、子供にはどうしようもできないことです。
自分の力の、及ばないことです。

その「自分の力の及ばないこと」に、人格形成時に虐待を受けた人はいました。
その結果、病気のような「自分の力の及ばないこと」を極度に恐れます。

そこから「すぎたるは、及ばざるがごとし」という、迷路に入ってしまうのです。
ある女性をモデルに、述べてみたいと思います。

この人は、病気を恐れています。
それも死ぬかもしれない、重い病気です。

早期発見をすれば、たすかるかもしれない病気です。
それゆえに、検査を繰り返します。

身体のほんのささいな変化を、気にかけます。
ほんの少しの痛みや、はれを気にします。

この人の父親は、何年か前に癌で死んでいました。
それも死ぬかもしれないと言う不安を、強めました。

父親が死んだときの姿が、フラッシュ・バックします。
そのフラッシュ・バックにも、苦しみました。

常に母親に、癌ではないことの確認を求めます。
「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

初めのうちは、母親も「へいき」と答えます。
しかしそのやりとりが重なるうちに、不機嫌になります。

そして怒り出します。
その人はそれを聞いて、落胆します。

自分が受け入れられなかったゆえに、苦しみも深まります。
フラッシュ・バックの程度も、深刻になります。

そこで同じように友人に癌ではないことの確認を求めます。
また「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

このことの繰り返しです。
生産的に、前に進むことはありません。

この人も、いくつかのカウンセリングを体験しています。
あるカウンセラーは、この人のこころの中を指摘しました。

そのカウンセラーは、「内的な攻撃性」を指摘しました。
その攻撃性が、出口を求めていると語りました。

この人はそう言われても、チンプンカンプンです。
まったく思い当たることは、ありません。

このような「内的な攻撃性」を指摘するのは、精神分析療法に多いのです。
多くの場合、本人はそう言われてもチンプンカンプンです。

自分自身で納得できる、ことを知りたいのです。
そこで森田療法に、たすけを求めました。

森田療法は、説得力があります。
多くの人は、森田療法の本を読んで納得します。

森田療法では、「気にするから、それが悪循環になる」と考えます。
「その解決は『あるがまま』のきょうちにある」とするのです。

『あるがまま』が身につけば、悪循環から抜け出せるとします。
それは、『悟り』であるともするのです。

それを作業により行うのが、森田療法の特徴です。
なお森田療法は森田療法家により行われます。

この師弟関係が、いまの若い人にはなじみにくいのです。
森田療法には、戦前の日本社会の姿が潜んでいます。

ここでつまずく、若い人は多いのです。
この人もつまずき、認知行動療法に向かいました。

森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理的です。
森田療法のような、師弟関係もありません。先生とは、対等な関係です。

その認知行動療法は、次のようにスタートしました。
「あなたの心配のプラス面と、マイナス面は?」

このように森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理性にはたらき掛けます。
かつ自分なりの考えを、重視します。

それに質問は、先ずプラス面からスタートしています。
これにも、大きな意味はあります。

先ず、イエスです。
自分のしていることにも、プラスはあるという認識です。

この人の答えは、こうでした。
「心配しているから、手遅れにならない」

これがこの人の、こころの表面上にあるのです。
しかし芯にあるものは、まったく異なります。

多くの場合、芯にあるものは神経症的な不安です。
表面にあるものとは、まったく異なります。

ただし芯にある神経症的な不安に、直接触れる事はしません。
直接触れる事は、混乱を深めるだけである事が多いのです。

多くの場合、その神経症的な不安を導く考え方にアプローチします。
それを変えて、神経症的な不安を改善します。

神経症的な不安を導く考え方の一つは、「心配しているから、手遅れにならない」です。
それは心配のプラス面に、かくれていたのです。

逆に神経症的な不安を導く考え方は、心配のマイナス面にもかくれています。
その質問をします。

「あなたの心配のマイナス面は?」
この質問により、不安の本質により近づきます。

この人の答えは、こうでした。
「いつも心配しているから、心配に生活が妨げられます」

この人は24時間、心配している生活です。
何もできません。

心配が、生活をおおっているのです。
不安が、ただよってしまっているのです。

このような状態は、非生産的な不安に支配されているのです。
本当に体調が悪くて119番することは、生産的です。

不安が現実的な解決に進まないで、ただその不安に支配されているのです。
起こりそうもないことを、「どうしよう、どうしよう」と心配しているのです。

これは非生産的な不安の特徴です。
心配しても解決しないことを、心配しているだけです。

その心配の根底には、「過剰な自責感」があります。
自分を責めがちな傾向です。

すべてを自分の責任だと、考えます。
このような傾向に、巻き込まれているのです。

もし病気の発見が遅れたら、自分の責任だと考えます。
自分を、こんなように責めます。

それが身体にこだわる人の、特徴です。
すべてを自分の責任だと考えることは、苦しみを生みます。

それにすべてを自分の責任だと考えることは、すべて自己証明を必要とします。
「病院で検査をした、その結果は何も心配はなかった」しかし、検査ミスはあるかもしれない。

そう考えると、検査ミスをする病院を選んだ自分の責任だと考えます。
このようなことは、限りなく連鎖しがちです。

このように自分のしたことを、すべてOKだと考えることは不可能です。
それよりも、責任の限りない連鎖に陥りがちです。

心配はその連鎖そのものに、非生産性が含まれています。
それゆえに、カウンセラーは連鎖のマイナス性を指摘するのです。

心配の連鎖は、何ももたらしません。
生活を、ただ非生産的にするだけです。

さらにこの人は検査にも、のめりこんでいます。
身体の全てを把握することに、のめりこんでいます。

話は少し変わりますが、外出時に何回も鍵を閉めたか確認する人がいます。
その人も、この人と共通する要素があります。

自分では確認することにより、不安を弱めたいのです。
しかし確認すればするほど、逆に不安は強まります。

鍵を閉めたか確認する人は、このような迷路に入っています。
先ずその迷路に、気付くことです、

迷路に気付けば、半分は解決しています。
そこから出口を、見付ければ良いのです。

鍵の確認に関して言えば、こうなります。
「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」

そうです、「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」のです。
このように気付けばよいのです。

この人の病院の検査も、同じような性格を持っています。
何回検査しても、最後の1回しかしていないようなめんもあります。

鍵の確認と同じように、極端に検査を繰り返すことは迷路を深めます。
そこから、抜け出せなくしてしまうのです。

過剰な心配から抜け出せない人の、解決方法をさらに考えてみたいです。
まず「何回検査しても、最後の1回しかしていない」という自覚です。

この自覚により、方向は変えやすくなるでしょう。
後ろ向きから、前向きに変わりやすくなります。

このような自覚とともに、こころの法則も大切です。
それは「不安は最初の5分がピーク」という法則です。

正確には、次のようになります。
「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。

身体には、適応性があります。
不安を持ちながらも、適応しようとするのです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 06:19Comments(0)カウンセリング

2013年11月07日

神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法 82

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

「神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法」を、述べます。

神経症の人は、時間に追われた生活になりがちです。
ゆとりを持って生きることが、できません。

ある人は、いつも身体のことが気になります。
少しでも身体がだるいと、大きな病気かもしれないと心配します。

その結果、生活にゆとりが持てないのです。
ゆとりが持てないから、生活はギクシャクしたものになりがちです。

たとえ本当に大きな病気の人でも、気持ちにゆとりが持てれば良いのです。
その人の生活は、ギクシャクしたものになりません。

本当の問題は、「ゆとりのなさ」にあります。
何ごとも「ゆとりのなさ」は、ハイパーにその人を動かします。

現実に何も身体に問題はないのに、病院に頻繁にいきます。
同じ検査を何度も繰り返します。

その結果、生活時間と生活費のほとんどは病院の支払いに充てられます。
後ろ向きな生活に、なってしまうのです。

生活そのものは、前には進みません。
常におびやかされた生活です。

その本質は、「神経症的不安」にあります。
「神経症的不安」が、身体に非生産的なこだわりをうむのです。

よっていくら検査を繰り返しても、安心することはありません。
医師が音をあげるか、医師に不信感を向けるかです。

そこからドクター・ショッピングが、始まるのです。
どの病院に行っても、安心できません。

このような悪循環におちいる人は、子供の時に大きな病気をした人に多いのです。
子供の時の病気を、まだ引きずっています。

幼少時にその人の病気のみに、家族の気持ちが向かっていたのです。
その結果、小さな身体の変化に敏感なのです。

あと子供の時に、虐待を受けた人にも多いのです。
子供の時の虐待を、引きずってしまうのです。

虐待は、子供にはどうしようもできないことです。
自分の力の、及ばないことです。

その「自分の力の及ばないこと」に、人格形成時に虐待を受けた人はいました。
その結果、病気のような「自分の力の及ばないこと」を極度に恐れます。

そこから「すぎたるは、及ばざるがごとし」という、迷路に入ってしまうのです。
ある女性をモデルに、述べてみたいと思います。

この人は、病気を恐れています。
それも死ぬかもしれない、重い病気です。

早期発見をすれば、たすかるかもしれない病気です。
それゆえに、検査を繰り返します。

身体のほんのささいな変化を、気にかけます。
ほんの少しの痛みや、はれを気にします。

この人の父親は、何年か前に癌で死んでいました。
それも死ぬかもしれないと言う不安を、強めました。

父親が死んだときの姿が、フラッシュ・バックします。
そのフラッシュ・バックにも、苦しみました。

常に母親に、癌ではないことの確認を求めます。
「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

初めのうちは、母親も「へいき」と答えます。
しかしそのやりとりが重なるうちに、不機嫌になります。

そして怒り出します。
その人はそれを聞いて、落胆します。

自分が受け入れられなかったゆえに、苦しみも深まります。
フラッシュ・バックの程度も、深刻になります。

そこで同じように友人に癌ではないことの確認を求めます。
また「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

このことの繰り返しです。
生産的に、前に進むことはありません。

この人も、いくつかのカウンセリングを体験しています。
あるカウンセラーは、この人のこころの中を指摘しました。

そのカウンセラーは、「内的な攻撃性」を指摘しました。
その攻撃性が、出口を求めていると語りました。

この人はそう言われても、チンプンカンプンです。
まったく思い当たることは、ありません。

このような「内的な攻撃性」を指摘するのは、精神分析療法に多いのです。
多くの場合、本人はそう言われてもチンプンカンプンです。

自分自身で納得できる、ことを知りたいのです。
そこで森田療法に、たすけを求めました。

森田療法は、説得力があります。
多くの人は、森田療法の本を読んで納得します。

森田療法では、「気にするから、それが悪循環になる」と考えます。
「その解決は『あるがまま』のきょうちにある」とするのです。

『あるがまま』が身につけば、悪循環から抜け出せるとします。
それは、『悟り』であるともするのです。

それを作業により行うのが、森田療法の特徴です。
なお森田療法は森田療法家により行われます。

この師弟関係が、いまの若い人にはなじみにくいのです。
森田療法には、戦前の日本社会の姿が潜んでいます。

ここでつまずく、若い人は多いのです。
この人もつまずき、認知行動療法に向かいました。

森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理的です。
森田療法のような、師弟関係もありません。先生とは、対等な関係です。

その認知行動療法は、次のようにスタートしました。
「あなたの心配のプラス面と、マイナス面は?」

このように森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理性にはたらき掛けます。
かつ自分なりの考えを、重視します。

それに質問は、先ずプラス面からスタートしています。
これにも、大きな意味はあります。

先ず、イエスです。
自分のしていることにも、プラスはあるという認識です。

この人の答えは、こうでした。
「心配しているから、手遅れにならない」

これがこの人の、こころの表面上にあるのです。
しかし芯にあるものは、まったく異なります。

多くの場合、芯にあるものは神経症的な不安です。
表面にあるものとは、まったく異なります。

ただし芯にある神経症的な不安に、直接触れる事はしません。
直接触れる事は、混乱を深めるだけである事が多いのです。

多くの場合、その神経症的な不安を導く考え方にアプローチします。
それを変えて、神経症的な不安を改善します。

神経症的な不安を導く考え方の一つは、「心配しているから、手遅れにならない」です。
それは心配のプラス面に、かくれていたのです。

逆に神経症的な不安を導く考え方は、心配のマイナス面にもかくれています。
その質問をします。

「あなたの心配のマイナス面は?」
この質問により、不安の本質により近づきます。

この人の答えは、こうでした。
「いつも心配しているから、心配に生活が妨げられます」

この人は24時間、心配している生活です。
何もできません。

心配が、生活をおおっているのです。
不安が、ただよってしまっているのです。

このような状態は、非生産的な不安に支配されているのです。
本当に体調が悪くて119番することは、生産的です。

不安が現実的な解決に進まないで、ただその不安に支配されているのです。
起こりそうもないことを、「どうしよう、どうしよう」と心配しているのです。

これは非生産的な不安の特徴です。
心配しても解決しないことを、心配しているだけです。

その心配の根底には、「過剰な自責感」があります。
自分を責めがちな傾向です。

すべてを自分の責任だと、考えます。
このような傾向に、巻き込まれているのです。

もし病気の発見が遅れたら、自分の責任だと考えます。
自分を、こんなように責めます。

それが身体にこだわる人の、特徴です。
すべてを自分の責任だと考えることは、苦しみを生みます。

それにすべてを自分の責任だと考えることは、すべて自己証明を必要とします。
「病院で検査をした、その結果は何も心配はなかった」しかし、検査ミスはあるかもしれない。

そう考えると、検査ミスをする病院を選んだ自分の責任だと考えます。
このようなことは、限りなく連鎖しがちです。

このように自分のしたことを、すべてOKだと考えることは不可能です。
それよりも、責任の限りない連鎖に陥りがちです。

心配はその連鎖そのものに、非生産性が含まれています。
それゆえに、カウンセラーは連鎖のマイナス性を指摘するのです。

心配の連鎖は、何ももたらしません。
生活を、ただ非生産的にするだけです。

さらにこの人は検査にも、のめりこんでいます。
身体の全てを把握することに、のめりこんでいます。

話は少し変わりますが、外出時に何回も鍵を閉めたか確認する人がいます。
その人も、この人と共通する要素があります。

自分では確認することにより、不安を弱めたいのです。
しかし確認すればするほど、逆に不安は強まります。

鍵を閉めたか確認する人は、このような迷路に入っています。
先ずその迷路に、気付くことです、

迷路に気付けば、半分は解決しています。
そこから出口を、見付ければ良いのです。

鍵の確認に関して言えば、こうなります。
「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」

そうです、「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」のです。
このように気付けばよいのです。

この人の病院の検査も、同じような性格を持っています。
何回検査しても、最後の1回しかしていないようなめんもあります。

鍵の確認と同じように、極端に検査を繰り返すことは迷路を深めます。
そこから、抜け出せなくしてしまうのです。

過剰な心配から抜け出せない人の、解決方法をさらに考えてみたいです。
まず「何回検査しても、最後の1回しかしていない」という自覚です。

この自覚により、方向は変えやすくなるでしょう。
後ろ向きから、前向きに変わりやすくなります。

このような自覚とともに、こころの法則も大切です。
それは「不安は最初の5分がピーク」という法則です。

正確には、次のようになります。
「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。

身体には、適応性があります。
不安を持ちながらも、適応しようとするのです。

そしてそれが「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。
この法則に、さらに踏み込んだ方法もあります。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 07:20Comments(0)カウンセリング

2013年11月08日

神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法 83

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

「神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法」を、述べます。

神経症の人は、時間に追われた生活になりがちです。
ゆとりを持って生きることが、できません。

ある人は、いつも身体のことが気になります。
少しでも身体がだるいと、大きな病気かもしれないと心配します。

その結果、生活にゆとりが持てないのです。
ゆとりが持てないから、生活はギクシャクしたものになりがちです。

たとえ本当に大きな病気の人でも、気持ちにゆとりが持てれば良いのです。
その人の生活は、ギクシャクしたものになりません。

本当の問題は、「ゆとりのなさ」にあります。
何ごとも「ゆとりのなさ」は、ハイパーにその人を動かします。

現実に何も身体に問題はないのに、病院に頻繁にいきます。
同じ検査を何度も繰り返します。

その結果、生活時間と生活費のほとんどは病院の支払いに充てられます。
後ろ向きな生活に、なってしまうのです。

生活そのものは、前には進みません。
常におびやかされた生活です。

その本質は、「神経症的不安」にあります。
「神経症的不安」が、身体に非生産的なこだわりをうむのです。

よっていくら検査を繰り返しても、安心することはありません。
医師が音をあげるか、医師に不信感を向けるかです。

そこからドクター・ショッピングが、始まるのです。
どの病院に行っても、安心できません。

このような悪循環におちいる人は、子供の時に大きな病気をした人に多いのです。
子供の時の病気を、まだ引きずっています。

幼少時にその人の病気のみに、家族の気持ちが向かっていたのです。
その結果、小さな身体の変化に敏感なのです。

あと子供の時に、虐待を受けた人にも多いのです。
子供の時の虐待を、引きずってしまうのです。

虐待は、子供にはどうしようもできないことです。
自分の力の、及ばないことです。

その「自分の力の及ばないこと」に、人格形成時に虐待を受けた人はいました。
その結果、病気のような「自分の力の及ばないこと」を極度に恐れます。

そこから「すぎたるは、及ばざるがごとし」という、迷路に入ってしまうのです。
ある女性をモデルに、述べてみたいと思います。

この人は、病気を恐れています。
それも死ぬかもしれない、重い病気です。

早期発見をすれば、たすかるかもしれない病気です。
それゆえに、検査を繰り返します。

身体のほんのささいな変化を、気にかけます。
ほんの少しの痛みや、はれを気にします。

この人の父親は、何年か前に癌で死んでいました。
それも死ぬかもしれないと言う不安を、強めました。

父親が死んだときの姿が、フラッシュ・バックします。
そのフラッシュ・バックにも、苦しみました。

常に母親に、癌ではないことの確認を求めます。
「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

初めのうちは、母親も「へいき」と答えます。
しかしそのやりとりが重なるうちに、不機嫌になります。

そして怒り出します。
その人はそれを聞いて、落胆します。

自分が受け入れられなかったゆえに、苦しみも深まります。
フラッシュ・バックの程度も、深刻になります。

そこで同じように友人に癌ではないことの確認を求めます。
また「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

このことの繰り返しです。
生産的に、前に進むことはありません。

この人も、いくつかのカウンセリングを体験しています。
あるカウンセラーは、この人のこころの中を指摘しました。

そのカウンセラーは、「内的な攻撃性」を指摘しました。
その攻撃性が、出口を求めていると語りました。

この人はそう言われても、チンプンカンプンです。
まったく思い当たることは、ありません。

このような「内的な攻撃性」を指摘するのは、精神分析療法に多いのです。
多くの場合、本人はそう言われてもチンプンカンプンです。

自分自身で納得できる、ことを知りたいのです。
そこで森田療法に、たすけを求めました。

森田療法は、説得力があります。
多くの人は、森田療法の本を読んで納得します。

森田療法では、「気にするから、それが悪循環になる」と考えます。
「その解決は『あるがまま』のきょうちにある」とするのです。

『あるがまま』が身につけば、悪循環から抜け出せるとします。
それは、『悟り』であるともするのです。

それを作業により行うのが、森田療法の特徴です。
なお森田療法は森田療法家により行われます。

この師弟関係が、いまの若い人にはなじみにくいのです。
森田療法には、戦前の日本社会の姿が潜んでいます。

ここでつまずく、若い人は多いのです。
この人もつまずき、認知行動療法に向かいました。

森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理的です。
森田療法のような、師弟関係もありません。先生とは、対等な関係です。

その認知行動療法は、次のようにスタートしました。
「あなたの心配のプラス面と、マイナス面は?」

このように森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理性にはたらき掛けます。
かつ自分なりの考えを、重視します。

それに質問は、先ずプラス面からスタートしています。
これにも、大きな意味はあります。

先ず、イエスです。
自分のしていることにも、プラスはあるという認識です。

この人の答えは、こうでした。
「心配しているから、手遅れにならない」

これがこの人の、こころの表面上にあるのです。
しかし芯にあるものは、まったく異なります。

多くの場合、芯にあるものは神経症的な不安です。
表面にあるものとは、まったく異なります。

ただし芯にある神経症的な不安に、直接触れる事はしません。
直接触れる事は、混乱を深めるだけである事が多いのです。

多くの場合、その神経症的な不安を導く考え方にアプローチします。
それを変えて、神経症的な不安を改善します。

神経症的な不安を導く考え方の一つは、「心配しているから、手遅れにならない」です。
それは心配のプラス面に、かくれていたのです。

逆に神経症的な不安を導く考え方は、心配のマイナス面にもかくれています。
その質問をします。

「あなたの心配のマイナス面は?」
この質問により、不安の本質により近づきます。

この人の答えは、こうでした。
「いつも心配しているから、心配に生活が妨げられます」

この人は24時間、心配している生活です。
何もできません。

心配が、生活をおおっているのです。
不安が、ただよってしまっているのです。

このような状態は、非生産的な不安に支配されているのです。
本当に体調が悪くて119番することは、生産的です。

不安が現実的な解決に進まないで、ただその不安に支配されているのです。
起こりそうもないことを、「どうしよう、どうしよう」と心配しているのです。

これは非生産的な不安の特徴です。
心配しても解決しないことを、心配しているだけです。

その心配の根底には、「過剰な自責感」があります。
自分を責めがちな傾向です。

すべてを自分の責任だと、考えます。
このような傾向に、巻き込まれているのです。

もし病気の発見が遅れたら、自分の責任だと考えます。
自分を、こんなように責めます。

それが身体にこだわる人の、特徴です。
すべてを自分の責任だと考えることは、苦しみを生みます。

それにすべてを自分の責任だと考えることは、すべて自己証明を必要とします。
「病院で検査をした、その結果は何も心配はなかった」しかし、検査ミスはあるかもしれない。

そう考えると、検査ミスをする病院を選んだ自分の責任だと考えます。
このようなことは、限りなく連鎖しがちです。

このように自分のしたことを、すべてOKだと考えることは不可能です。
それよりも、責任の限りない連鎖に陥りがちです。

心配はその連鎖そのものに、非生産性が含まれています。
それゆえに、カウンセラーは連鎖のマイナス性を指摘するのです。

心配の連鎖は、何ももたらしません。
生活を、ただ非生産的にするだけです。

さらにこの人は検査にも、のめりこんでいます。
身体の全てを把握することに、のめりこんでいます。

話は少し変わりますが、外出時に何回も鍵を閉めたか確認する人がいます。
その人も、この人と共通する要素があります。

自分では確認することにより、不安を弱めたいのです。
しかし確認すればするほど、逆に不安は強まります。

鍵を閉めたか確認する人は、このような迷路に入っています。
先ずその迷路に、気付くことです、

迷路に気付けば、半分は解決しています。
そこから出口を、見付ければ良いのです。

鍵の確認に関して言えば、こうなります。
「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」

そうです、「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」のです。
このように気付けばよいのです。

この人の病院の検査も、同じような性格を持っています。
何回検査しても、最後の1回しかしていないようなめんもあります。

鍵の確認と同じように、極端に検査を繰り返すことは迷路を深めます。
そこから、抜け出せなくしてしまうのです。

過剰な心配から抜け出せない人の、解決方法をさらに考えてみたいです。
まず「何回検査しても、最後の1回しかしていない」という自覚です。

この自覚により、方向は変えやすくなるでしょう。
後ろ向きから、前向きに変わりやすくなります。

このような自覚とともに、こころの法則も大切です。
それは「不安は最初の5分がピーク」という法則です。

正確には、次のようになります。
「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。

身体には、適応性があります。
不安を持ちながらも、適応しようとするのです。

そしてそれが「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。
この法則に、さらに踏み込んだ方法もあります。

その方法は、意識的にこころの中で不安を繰り返すのです。
この人の場合は検査と、健康不安です。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 09:45Comments(0)カウンセリング

2013年11月09日

神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法 84

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

「神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法」を、述べます。

神経症の人は、時間に追われた生活になりがちです。
ゆとりを持って生きることが、できません。

ある人は、いつも身体のことが気になります。
少しでも身体がだるいと、大きな病気かもしれないと心配します。

その結果、生活にゆとりが持てないのです。
ゆとりが持てないから、生活はギクシャクしたものになりがちです。

たとえ本当に大きな病気の人でも、気持ちにゆとりが持てれば良いのです。
その人の生活は、ギクシャクしたものになりません。

本当の問題は、「ゆとりのなさ」にあります。
何ごとも「ゆとりのなさ」は、ハイパーにその人を動かします。

現実に何も身体に問題はないのに、病院に頻繁にいきます。
同じ検査を何度も繰り返します。

その結果、生活時間と生活費のほとんどは病院の支払いに充てられます。
後ろ向きな生活に、なってしまうのです。

生活そのものは、前には進みません。
常におびやかされた生活です。

その本質は、「神経症的不安」にあります。
「神経症的不安」が、身体に非生産的なこだわりをうむのです。

よっていくら検査を繰り返しても、安心することはありません。
医師が音をあげるか、医師に不信感を向けるかです。

そこからドクター・ショッピングが、始まるのです。
どの病院に行っても、安心できません。

このような悪循環におちいる人は、子供の時に大きな病気をした人に多いのです。
子供の時の病気を、まだ引きずっています。

幼少時にその人の病気のみに、家族の気持ちが向かっていたのです。
その結果、小さな身体の変化に敏感なのです。

あと子供の時に、虐待を受けた人にも多いのです。
子供の時の虐待を、引きずってしまうのです。

虐待は、子供にはどうしようもできないことです。
自分の力の、及ばないことです。

その「自分の力の及ばないこと」に、人格形成時に虐待を受けた人はいました。
その結果、病気のような「自分の力の及ばないこと」を極度に恐れます。

そこから「すぎたるは、及ばざるがごとし」という、迷路に入ってしまうのです。
ある女性をモデルに、述べてみたいと思います。

この人は、病気を恐れています。
それも死ぬかもしれない、重い病気です。

早期発見をすれば、たすかるかもしれない病気です。
それゆえに、検査を繰り返します。

身体のほんのささいな変化を、気にかけます。
ほんの少しの痛みや、はれを気にします。

この人の父親は、何年か前に癌で死んでいました。
それも死ぬかもしれないと言う不安を、強めました。

父親が死んだときの姿が、フラッシュ・バックします。
そのフラッシュ・バックにも、苦しみました。

常に母親に、癌ではないことの確認を求めます。
「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

初めのうちは、母親も「へいき」と答えます。
しかしそのやりとりが重なるうちに、不機嫌になります。

そして怒り出します。
その人はそれを聞いて、落胆します。

自分が受け入れられなかったゆえに、苦しみも深まります。
フラッシュ・バックの程度も、深刻になります。

そこで同じように友人に癌ではないことの確認を求めます。
また「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

このことの繰り返しです。
生産的に、前に進むことはありません。

この人も、いくつかのカウンセリングを体験しています。
あるカウンセラーは、この人のこころの中を指摘しました。

そのカウンセラーは、「内的な攻撃性」を指摘しました。
その攻撃性が、出口を求めていると語りました。

この人はそう言われても、チンプンカンプンです。
まったく思い当たることは、ありません。

このような「内的な攻撃性」を指摘するのは、精神分析療法に多いのです。
多くの場合、本人はそう言われてもチンプンカンプンです。

自分自身で納得できる、ことを知りたいのです。
そこで森田療法に、たすけを求めました。

森田療法は、説得力があります。
多くの人は、森田療法の本を読んで納得します。

森田療法では、「気にするから、それが悪循環になる」と考えます。
「その解決は『あるがまま』のきょうちにある」とするのです。

『あるがまま』が身につけば、悪循環から抜け出せるとします。
それは、『悟り』であるともするのです。

それを作業により行うのが、森田療法の特徴です。
なお森田療法は森田療法家により行われます。

この師弟関係が、いまの若い人にはなじみにくいのです。
森田療法には、戦前の日本社会の姿が潜んでいます。

ここでつまずく、若い人は多いのです。
この人もつまずき、認知行動療法に向かいました。

森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理的です。
森田療法のような、師弟関係もありません。先生とは、対等な関係です。

その認知行動療法は、次のようにスタートしました。
「あなたの心配のプラス面と、マイナス面は?」

このように森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理性にはたらき掛けます。
かつ自分なりの考えを、重視します。

それに質問は、先ずプラス面からスタートしています。
これにも、大きな意味はあります。

先ず、イエスです。
自分のしていることにも、プラスはあるという認識です。

この人の答えは、こうでした。
「心配しているから、手遅れにならない」

これがこの人の、こころの表面上にあるのです。
しかし芯にあるものは、まったく異なります。

多くの場合、芯にあるものは神経症的な不安です。
表面にあるものとは、まったく異なります。

ただし芯にある神経症的な不安に、直接触れる事はしません。
直接触れる事は、混乱を深めるだけである事が多いのです。

多くの場合、その神経症的な不安を導く考え方にアプローチします。
それを変えて、神経症的な不安を改善します。

神経症的な不安を導く考え方の一つは、「心配しているから、手遅れにならない」です。
それは心配のプラス面に、かくれていたのです。

逆に神経症的な不安を導く考え方は、心配のマイナス面にもかくれています。
その質問をします。

「あなたの心配のマイナス面は?」
この質問により、不安の本質により近づきます。

この人の答えは、こうでした。
「いつも心配しているから、心配に生活が妨げられます」

この人は24時間、心配している生活です。
何もできません。

心配が、生活をおおっているのです。
不安が、ただよってしまっているのです。

このような状態は、非生産的な不安に支配されているのです。
本当に体調が悪くて119番することは、生産的です。

不安が現実的な解決に進まないで、ただその不安に支配されているのです。
起こりそうもないことを、「どうしよう、どうしよう」と心配しているのです。

これは非生産的な不安の特徴です。
心配しても解決しないことを、心配しているだけです。

その心配の根底には、「過剰な自責感」があります。
自分を責めがちな傾向です。

すべてを自分の責任だと、考えます。
このような傾向に、巻き込まれているのです。

もし病気の発見が遅れたら、自分の責任だと考えます。
自分を、こんなように責めます。

それが身体にこだわる人の、特徴です。
すべてを自分の責任だと考えることは、苦しみを生みます。

それにすべてを自分の責任だと考えることは、すべて自己証明を必要とします。
「病院で検査をした、その結果は何も心配はなかった」しかし、検査ミスはあるかもしれない。

そう考えると、検査ミスをする病院を選んだ自分の責任だと考えます。
このようなことは、限りなく連鎖しがちです。

このように自分のしたことを、すべてOKだと考えることは不可能です。
それよりも、責任の限りない連鎖に陥りがちです。

心配はその連鎖そのものに、非生産性が含まれています。
それゆえに、カウンセラーは連鎖のマイナス性を指摘するのです。

心配の連鎖は、何ももたらしません。
生活を、ただ非生産的にするだけです。

さらにこの人は検査にも、のめりこんでいます。
身体の全てを把握することに、のめりこんでいます。

話は少し変わりますが、外出時に何回も鍵を閉めたか確認する人がいます。
その人も、この人と共通する要素があります。

自分では確認することにより、不安を弱めたいのです。
しかし確認すればするほど、逆に不安は強まります。

鍵を閉めたか確認する人は、このような迷路に入っています。
先ずその迷路に、気付くことです、

迷路に気付けば、半分は解決しています。
そこから出口を、見付ければ良いのです。

鍵の確認に関して言えば、こうなります。
「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」

そうです、「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」のです。
このように気付けばよいのです。

この人の病院の検査も、同じような性格を持っています。
何回検査しても、最後の1回しかしていないようなめんもあります。

鍵の確認と同じように、極端に検査を繰り返すことは迷路を深めます。
そこから、抜け出せなくしてしまうのです。

過剰な心配から抜け出せない人の、解決方法をさらに考えてみたいです。
まず「何回検査しても、最後の1回しかしていない」という自覚です。

この自覚により、方向は変えやすくなるでしょう。
後ろ向きから、前向きに変わりやすくなります。

このような自覚とともに、こころの法則も大切です。
それは「不安は最初の5分がピーク」という法則です。

正確には、次のようになります。
「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。

身体には、適応性があります。
不安を持ちながらも、適応しようとするのです。

そしてそれが「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。
この法則に、さらに踏み込んだ方法もあります。

その方法は、意識的にこころの中で不安を繰り返すのです。
この人の場合は検査と、健康不安です。

そのことを、こころの中で繰り返します。
20分ぐらい、繰り返すのです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 09:13Comments(0)カウンセリング

2013年11月10日

神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法 85

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

「神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法」を、述べます。

神経症の人は、時間に追われた生活になりがちです。
ゆとりを持って生きることが、できません。

ある人は、いつも身体のことが気になります。
少しでも身体がだるいと、大きな病気かもしれないと心配します。

その結果、生活にゆとりが持てないのです。
ゆとりが持てないから、生活はギクシャクしたものになりがちです。

たとえ本当に大きな病気の人でも、気持ちにゆとりが持てれば良いのです。
その人の生活は、ギクシャクしたものになりません。

本当の問題は、「ゆとりのなさ」にあります。
何ごとも「ゆとりのなさ」は、ハイパーにその人を動かします。

現実に何も身体に問題はないのに、病院に頻繁にいきます。
同じ検査を何度も繰り返します。

その結果、生活時間と生活費のほとんどは病院の支払いに充てられます。
後ろ向きな生活に、なってしまうのです。

生活そのものは、前には進みません。
常におびやかされた生活です。

その本質は、「神経症的不安」にあります。
「神経症的不安」が、身体に非生産的なこだわりをうむのです。

よっていくら検査を繰り返しても、安心することはありません。
医師が音をあげるか、医師に不信感を向けるかです。

そこからドクター・ショッピングが、始まるのです。
どの病院に行っても、安心できません。

このような悪循環におちいる人は、子供の時に大きな病気をした人に多いのです。
子供の時の病気を、まだ引きずっています。

幼少時にその人の病気のみに、家族の気持ちが向かっていたのです。
その結果、小さな身体の変化に敏感なのです。

あと子供の時に、虐待を受けた人にも多いのです。
子供の時の虐待を、引きずってしまうのです。

虐待は、子供にはどうしようもできないことです。
自分の力の、及ばないことです。

その「自分の力の及ばないこと」に、人格形成時に虐待を受けた人はいました。
その結果、病気のような「自分の力の及ばないこと」を極度に恐れます。

そこから「すぎたるは、及ばざるがごとし」という、迷路に入ってしまうのです。
ある女性をモデルに、述べてみたいと思います。

この人は、病気を恐れています。
それも死ぬかもしれない、重い病気です。

早期発見をすれば、たすかるかもしれない病気です。
それゆえに、検査を繰り返します。

身体のほんのささいな変化を、気にかけます。
ほんの少しの痛みや、はれを気にします。

この人の父親は、何年か前に癌で死んでいました。
それも死ぬかもしれないと言う不安を、強めました。

父親が死んだときの姿が、フラッシュ・バックします。
そのフラッシュ・バックにも、苦しみました。

常に母親に、癌ではないことの確認を求めます。
「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

初めのうちは、母親も「へいき」と答えます。
しかしそのやりとりが重なるうちに、不機嫌になります。

そして怒り出します。
その人はそれを聞いて、落胆します。

自分が受け入れられなかったゆえに、苦しみも深まります。
フラッシュ・バックの程度も、深刻になります。

そこで同じように友人に癌ではないことの確認を求めます。
また「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

このことの繰り返しです。
生産的に、前に進むことはありません。

この人も、いくつかのカウンセリングを体験しています。
あるカウンセラーは、この人のこころの中を指摘しました。

そのカウンセラーは、「内的な攻撃性」を指摘しました。
その攻撃性が、出口を求めていると語りました。

この人はそう言われても、チンプンカンプンです。
まったく思い当たることは、ありません。

このような「内的な攻撃性」を指摘するのは、精神分析療法に多いのです。
多くの場合、本人はそう言われてもチンプンカンプンです。

自分自身で納得できる、ことを知りたいのです。
そこで森田療法に、たすけを求めました。

森田療法は、説得力があります。
多くの人は、森田療法の本を読んで納得します。

森田療法では、「気にするから、それが悪循環になる」と考えます。
「その解決は『あるがまま』のきょうちにある」とするのです。

『あるがまま』が身につけば、悪循環から抜け出せるとします。
それは、『悟り』であるともするのです。

それを作業により行うのが、森田療法の特徴です。
なお森田療法は森田療法家により行われます。

この師弟関係が、いまの若い人にはなじみにくいのです。
森田療法には、戦前の日本社会の姿が潜んでいます。

ここでつまずく、若い人は多いのです。
この人もつまずき、認知行動療法に向かいました。

森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理的です。
森田療法のような、師弟関係もありません。先生とは、対等な関係です。

その認知行動療法は、次のようにスタートしました。
「あなたの心配のプラス面と、マイナス面は?」

このように森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理性にはたらき掛けます。
かつ自分なりの考えを、重視します。

それに質問は、先ずプラス面からスタートしています。
これにも、大きな意味はあります。

先ず、イエスです。
自分のしていることにも、プラスはあるという認識です。

この人の答えは、こうでした。
「心配しているから、手遅れにならない」

これがこの人の、こころの表面上にあるのです。
しかし芯にあるものは、まったく異なります。

多くの場合、芯にあるものは神経症的な不安です。
表面にあるものとは、まったく異なります。

ただし芯にある神経症的な不安に、直接触れる事はしません。
直接触れる事は、混乱を深めるだけである事が多いのです。

多くの場合、その神経症的な不安を導く考え方にアプローチします。
それを変えて、神経症的な不安を改善します。

神経症的な不安を導く考え方の一つは、「心配しているから、手遅れにならない」です。
それは心配のプラス面に、かくれていたのです。

逆に神経症的な不安を導く考え方は、心配のマイナス面にもかくれています。
その質問をします。

「あなたの心配のマイナス面は?」
この質問により、不安の本質により近づきます。

この人の答えは、こうでした。
「いつも心配しているから、心配に生活が妨げられます」

この人は24時間、心配している生活です。
何もできません。

心配が、生活をおおっているのです。
不安が、ただよってしまっているのです。

このような状態は、非生産的な不安に支配されているのです。
本当に体調が悪くて119番することは、生産的です。

不安が現実的な解決に進まないで、ただその不安に支配されているのです。
起こりそうもないことを、「どうしよう、どうしよう」と心配しているのです。

これは非生産的な不安の特徴です。
心配しても解決しないことを、心配しているだけです。

その心配の根底には、「過剰な自責感」があります。
自分を責めがちな傾向です。

すべてを自分の責任だと、考えます。
このような傾向に、巻き込まれているのです。

もし病気の発見が遅れたら、自分の責任だと考えます。
自分を、こんなように責めます。

それが身体にこだわる人の、特徴です。
すべてを自分の責任だと考えることは、苦しみを生みます。

それにすべてを自分の責任だと考えることは、すべて自己証明を必要とします。
「病院で検査をした、その結果は何も心配はなかった」しかし、検査ミスはあるかもしれない。

そう考えると、検査ミスをする病院を選んだ自分の責任だと考えます。
このようなことは、限りなく連鎖しがちです。

このように自分のしたことを、すべてOKだと考えることは不可能です。
それよりも、責任の限りない連鎖に陥りがちです。

心配はその連鎖そのものに、非生産性が含まれています。
それゆえに、カウンセラーは連鎖のマイナス性を指摘するのです。

心配の連鎖は、何ももたらしません。
生活を、ただ非生産的にするだけです。

さらにこの人は検査にも、のめりこんでいます。
身体の全てを把握することに、のめりこんでいます。

話は少し変わりますが、外出時に何回も鍵を閉めたか確認する人がいます。
その人も、この人と共通する要素があります。

自分では確認することにより、不安を弱めたいのです。
しかし確認すればするほど、逆に不安は強まります。

鍵を閉めたか確認する人は、このような迷路に入っています。
先ずその迷路に、気付くことです、

迷路に気付けば、半分は解決しています。
そこから出口を、見付ければ良いのです。

鍵の確認に関して言えば、こうなります。
「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」

そうです、「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」のです。
このように気付けばよいのです。

この人の病院の検査も、同じような性格を持っています。
何回検査しても、最後の1回しかしていないようなめんもあります。

鍵の確認と同じように、極端に検査を繰り返すことは迷路を深めます。
そこから、抜け出せなくしてしまうのです。

過剰な心配から抜け出せない人の、解決方法をさらに考えてみたいです。
まず「何回検査しても、最後の1回しかしていない」という自覚です。

この自覚により、方向は変えやすくなるでしょう。
後ろ向きから、前向きに変わりやすくなります。

このような自覚とともに、こころの法則も大切です。
それは「不安は最初の5分がピーク」という法則です。

正確には、次のようになります。
「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。

身体には、適応性があります。
不安を持ちながらも、適応しようとするのです。

そしてそれが「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。
この法則に、さらに踏み込んだ方法もあります。

その方法は、意識的にこころの中で不安を繰り返すのです。
この人の場合は検査と、健康不安です。

そのことを、こころの中で繰り返します。
20分ぐらい、繰り返すのです。

いつも心配していることを、集中的に心配する「心配タイム」をつくります。
その「心配タイム」にのみ、集中的に心配すれば良いのです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 06:08Comments(0)カウンセリング

2013年11月11日

神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法 86

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

「神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法」を、述べます。

神経症の人は、時間に追われた生活になりがちです。
ゆとりを持って生きることが、できません。

ある人は、いつも身体のことが気になります。
少しでも身体がだるいと、大きな病気かもしれないと心配します。

その結果、生活にゆとりが持てないのです。
ゆとりが持てないから、生活はギクシャクしたものになりがちです。

たとえ本当に大きな病気の人でも、気持ちにゆとりが持てれば良いのです。
その人の生活は、ギクシャクしたものになりません。

本当の問題は、「ゆとりのなさ」にあります。
何ごとも「ゆとりのなさ」は、ハイパーにその人を動かします。

現実に何も身体に問題はないのに、病院に頻繁にいきます。
同じ検査を何度も繰り返します。

その結果、生活時間と生活費のほとんどは病院の支払いに充てられます。
後ろ向きな生活に、なってしまうのです。

生活そのものは、前には進みません。
常におびやかされた生活です。

その本質は、「神経症的不安」にあります。
「神経症的不安」が、身体に非生産的なこだわりをうむのです。

よっていくら検査を繰り返しても、安心することはありません。
医師が音をあげるか、医師に不信感を向けるかです。

そこからドクター・ショッピングが、始まるのです。
どの病院に行っても、安心できません。

このような悪循環におちいる人は、子供の時に大きな病気をした人に多いのです。
子供の時の病気を、まだ引きずっています。

幼少時にその人の病気のみに、家族の気持ちが向かっていたのです。
その結果、小さな身体の変化に敏感なのです。

あと子供の時に、虐待を受けた人にも多いのです。
子供の時の虐待を、引きずってしまうのです。

虐待は、子供にはどうしようもできないことです。
自分の力の、及ばないことです。

その「自分の力の及ばないこと」に、人格形成時に虐待を受けた人はいました。
その結果、病気のような「自分の力の及ばないこと」を極度に恐れます。

そこから「すぎたるは、及ばざるがごとし」という、迷路に入ってしまうのです。
ある女性をモデルに、述べてみたいと思います。

この人は、病気を恐れています。
それも死ぬかもしれない、重い病気です。

早期発見をすれば、たすかるかもしれない病気です。
それゆえに、検査を繰り返します。

身体のほんのささいな変化を、気にかけます。
ほんの少しの痛みや、はれを気にします。

この人の父親は、何年か前に癌で死んでいました。
それも死ぬかもしれないと言う不安を、強めました。

父親が死んだときの姿が、フラッシュ・バックします。
そのフラッシュ・バックにも、苦しみました。

常に母親に、癌ではないことの確認を求めます。
「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

初めのうちは、母親も「へいき」と答えます。
しかしそのやりとりが重なるうちに、不機嫌になります。

そして怒り出します。
その人はそれを聞いて、落胆します。

自分が受け入れられなかったゆえに、苦しみも深まります。
フラッシュ・バックの程度も、深刻になります。

そこで同じように友人に癌ではないことの確認を求めます。
また「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

このことの繰り返しです。
生産的に、前に進むことはありません。

この人も、いくつかのカウンセリングを体験しています。
あるカウンセラーは、この人のこころの中を指摘しました。

そのカウンセラーは、「内的な攻撃性」を指摘しました。
その攻撃性が、出口を求めていると語りました。

この人はそう言われても、チンプンカンプンです。
まったく思い当たることは、ありません。

このような「内的な攻撃性」を指摘するのは、精神分析療法に多いのです。
多くの場合、本人はそう言われてもチンプンカンプンです。

自分自身で納得できる、ことを知りたいのです。
そこで森田療法に、たすけを求めました。

森田療法は、説得力があります。
多くの人は、森田療法の本を読んで納得します。

森田療法では、「気にするから、それが悪循環になる」と考えます。
「その解決は『あるがまま』のきょうちにある」とするのです。

『あるがまま』が身につけば、悪循環から抜け出せるとします。
それは、『悟り』であるともするのです。

それを作業により行うのが、森田療法の特徴です。
なお森田療法は森田療法家により行われます。

この師弟関係が、いまの若い人にはなじみにくいのです。
森田療法には、戦前の日本社会の姿が潜んでいます。

ここでつまずく、若い人は多いのです。
この人もつまずき、認知行動療法に向かいました。

森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理的です。
森田療法のような、師弟関係もありません。先生とは、対等な関係です。

その認知行動療法は、次のようにスタートしました。
「あなたの心配のプラス面と、マイナス面は?」

このように森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理性にはたらき掛けます。
かつ自分なりの考えを、重視します。

それに質問は、先ずプラス面からスタートしています。
これにも、大きな意味はあります。

先ず、イエスです。
自分のしていることにも、プラスはあるという認識です。

この人の答えは、こうでした。
「心配しているから、手遅れにならない」

これがこの人の、こころの表面上にあるのです。
しかし芯にあるものは、まったく異なります。

多くの場合、芯にあるものは神経症的な不安です。
表面にあるものとは、まったく異なります。

ただし芯にある神経症的な不安に、直接触れる事はしません。
直接触れる事は、混乱を深めるだけである事が多いのです。

多くの場合、その神経症的な不安を導く考え方にアプローチします。
それを変えて、神経症的な不安を改善します。

神経症的な不安を導く考え方の一つは、「心配しているから、手遅れにならない」です。
それは心配のプラス面に、かくれていたのです。

逆に神経症的な不安を導く考え方は、心配のマイナス面にもかくれています。
その質問をします。

「あなたの心配のマイナス面は?」
この質問により、不安の本質により近づきます。

この人の答えは、こうでした。
「いつも心配しているから、心配に生活が妨げられます」

この人は24時間、心配している生活です。
何もできません。

心配が、生活をおおっているのです。
不安が、ただよってしまっているのです。

このような状態は、非生産的な不安に支配されているのです。
本当に体調が悪くて119番することは、生産的です。

不安が現実的な解決に進まないで、ただその不安に支配されているのです。
起こりそうもないことを、「どうしよう、どうしよう」と心配しているのです。

これは非生産的な不安の特徴です。
心配しても解決しないことを、心配しているだけです。

その心配の根底には、「過剰な自責感」があります。
自分を責めがちな傾向です。

すべてを自分の責任だと、考えます。
このような傾向に、巻き込まれているのです。

もし病気の発見が遅れたら、自分の責任だと考えます。
自分を、こんなように責めます。

それが身体にこだわる人の、特徴です。
すべてを自分の責任だと考えることは、苦しみを生みます。

それにすべてを自分の責任だと考えることは、すべて自己証明を必要とします。
「病院で検査をした、その結果は何も心配はなかった」しかし、検査ミスはあるかもしれない。

そう考えると、検査ミスをする病院を選んだ自分の責任だと考えます。
このようなことは、限りなく連鎖しがちです。

このように自分のしたことを、すべてOKだと考えることは不可能です。
それよりも、責任の限りない連鎖に陥りがちです。

心配はその連鎖そのものに、非生産性が含まれています。
それゆえに、カウンセラーは連鎖のマイナス性を指摘するのです。

心配の連鎖は、何ももたらしません。
生活を、ただ非生産的にするだけです。

さらにこの人は検査にも、のめりこんでいます。
身体の全てを把握することに、のめりこんでいます。

話は少し変わりますが、外出時に何回も鍵を閉めたか確認する人がいます。
その人も、この人と共通する要素があります。

自分では確認することにより、不安を弱めたいのです。
しかし確認すればするほど、逆に不安は強まります。

鍵を閉めたか確認する人は、このような迷路に入っています。
先ずその迷路に、気付くことです、

迷路に気付けば、半分は解決しています。
そこから出口を、見付ければ良いのです。

鍵の確認に関して言えば、こうなります。
「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」

そうです、「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」のです。
このように気付けばよいのです。

この人の病院の検査も、同じような性格を持っています。
何回検査しても、最後の1回しかしていないようなめんもあります。

鍵の確認と同じように、極端に検査を繰り返すことは迷路を深めます。
そこから、抜け出せなくしてしまうのです。

過剰な心配から抜け出せない人の、解決方法をさらに考えてみたいです。
まず「何回検査しても、最後の1回しかしていない」という自覚です。

この自覚により、方向は変えやすくなるでしょう。
後ろ向きから、前向きに変わりやすくなります。

このような自覚とともに、こころの法則も大切です。
それは「不安は最初の5分がピーク」という法則です。

正確には、次のようになります。
「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。

身体には、適応性があります。
不安を持ちながらも、適応しようとするのです。

そしてそれが「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。
この法則に、さらに踏み込んだ方法もあります。

その方法は、意識的にこころの中で不安を繰り返すのです。
この人の場合は検査と、健康不安です。

そのことを、こころの中で繰り返します。
20分ぐらい、繰り返すのです。

いつも心配していることを、集中的に心配する「心配タイム」をつくります。
その「心配タイム」にのみ、集中的に心配すれば良いのです。

この意識的にこころの中で不安を繰り返す方法は、不安に耐える方法よりも不安に働きかけます。
よって意志の力も必要です。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 05:02Comments(0)カウンセリング

2013年11月12日

神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法 87

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

「神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法」を、述べます。

神経症の人は、時間に追われた生活になりがちです。
ゆとりを持って生きることが、できません。

ある人は、いつも身体のことが気になります。
少しでも身体がだるいと、大きな病気かもしれないと心配します。

その結果、生活にゆとりが持てないのです。
ゆとりが持てないから、生活はギクシャクしたものになりがちです。

たとえ本当に大きな病気の人でも、気持ちにゆとりが持てれば良いのです。
その人の生活は、ギクシャクしたものになりません。

本当の問題は、「ゆとりのなさ」にあります。
何ごとも「ゆとりのなさ」は、ハイパーにその人を動かします。

現実に何も身体に問題はないのに、病院に頻繁にいきます。
同じ検査を何度も繰り返します。

その結果、生活時間と生活費のほとんどは病院の支払いに充てられます。
後ろ向きな生活に、なってしまうのです。

生活そのものは、前には進みません。
常におびやかされた生活です。

その本質は、「神経症的不安」にあります。
「神経症的不安」が、身体に非生産的なこだわりをうむのです。

よっていくら検査を繰り返しても、安心することはありません。
医師が音をあげるか、医師に不信感を向けるかです。

そこからドクター・ショッピングが、始まるのです。
どの病院に行っても、安心できません。

このような悪循環におちいる人は、子供の時に大きな病気をした人に多いのです。
子供の時の病気を、まだ引きずっています。

幼少時にその人の病気のみに、家族の気持ちが向かっていたのです。
その結果、小さな身体の変化に敏感なのです。

あと子供の時に、虐待を受けた人にも多いのです。
子供の時の虐待を、引きずってしまうのです。

虐待は、子供にはどうしようもできないことです。
自分の力の、及ばないことです。

その「自分の力の及ばないこと」に、人格形成時に虐待を受けた人はいました。
その結果、病気のような「自分の力の及ばないこと」を極度に恐れます。

そこから「すぎたるは、及ばざるがごとし」という、迷路に入ってしまうのです。
ある女性をモデルに、述べてみたいと思います。

この人は、病気を恐れています。
それも死ぬかもしれない、重い病気です。

早期発見をすれば、たすかるかもしれない病気です。
それゆえに、検査を繰り返します。

身体のほんのささいな変化を、気にかけます。
ほんの少しの痛みや、はれを気にします。

この人の父親は、何年か前に癌で死んでいました。
それも死ぬかもしれないと言う不安を、強めました。

父親が死んだときの姿が、フラッシュ・バックします。
そのフラッシュ・バックにも、苦しみました。

常に母親に、癌ではないことの確認を求めます。
「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

初めのうちは、母親も「へいき」と答えます。
しかしそのやりとりが重なるうちに、不機嫌になります。

そして怒り出します。
その人はそれを聞いて、落胆します。

自分が受け入れられなかったゆえに、苦しみも深まります。
フラッシュ・バックの程度も、深刻になります。

そこで同じように友人に癌ではないことの確認を求めます。
また「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

このことの繰り返しです。
生産的に、前に進むことはありません。

この人も、いくつかのカウンセリングを体験しています。
あるカウンセラーは、この人のこころの中を指摘しました。

そのカウンセラーは、「内的な攻撃性」を指摘しました。
その攻撃性が、出口を求めていると語りました。

この人はそう言われても、チンプンカンプンです。
まったく思い当たることは、ありません。

このような「内的な攻撃性」を指摘するのは、精神分析療法に多いのです。
多くの場合、本人はそう言われてもチンプンカンプンです。

自分自身で納得できる、ことを知りたいのです。
そこで森田療法に、たすけを求めました。

森田療法は、説得力があります。
多くの人は、森田療法の本を読んで納得します。

森田療法では、「気にするから、それが悪循環になる」と考えます。
「その解決は『あるがまま』のきょうちにある」とするのです。

『あるがまま』が身につけば、悪循環から抜け出せるとします。
それは、『悟り』であるともするのです。

それを作業により行うのが、森田療法の特徴です。
なお森田療法は森田療法家により行われます。

この師弟関係が、いまの若い人にはなじみにくいのです。
森田療法には、戦前の日本社会の姿が潜んでいます。

ここでつまずく、若い人は多いのです。
この人もつまずき、認知行動療法に向かいました。

森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理的です。
森田療法のような、師弟関係もありません。先生とは、対等な関係です。

その認知行動療法は、次のようにスタートしました。
「あなたの心配のプラス面と、マイナス面は?」

このように森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理性にはたらき掛けます。
かつ自分なりの考えを、重視します。

それに質問は、先ずプラス面からスタートしています。
これにも、大きな意味はあります。

先ず、イエスです。
自分のしていることにも、プラスはあるという認識です。

この人の答えは、こうでした。
「心配しているから、手遅れにならない」

これがこの人の、こころの表面上にあるのです。
しかし芯にあるものは、まったく異なります。

多くの場合、芯にあるものは神経症的な不安です。
表面にあるものとは、まったく異なります。

ただし芯にある神経症的な不安に、直接触れる事はしません。
直接触れる事は、混乱を深めるだけである事が多いのです。

多くの場合、その神経症的な不安を導く考え方にアプローチします。
それを変えて、神経症的な不安を改善します。

神経症的な不安を導く考え方の一つは、「心配しているから、手遅れにならない」です。
それは心配のプラス面に、かくれていたのです。

逆に神経症的な不安を導く考え方は、心配のマイナス面にもかくれています。
その質問をします。

「あなたの心配のマイナス面は?」
この質問により、不安の本質により近づきます。

この人の答えは、こうでした。
「いつも心配しているから、心配に生活が妨げられます」

この人は24時間、心配している生活です。
何もできません。

心配が、生活をおおっているのです。
不安が、ただよってしまっているのです。

このような状態は、非生産的な不安に支配されているのです。
本当に体調が悪くて119番することは、生産的です。

不安が現実的な解決に進まないで、ただその不安に支配されているのです。
起こりそうもないことを、「どうしよう、どうしよう」と心配しているのです。

これは非生産的な不安の特徴です。
心配しても解決しないことを、心配しているだけです。

その心配の根底には、「過剰な自責感」があります。
自分を責めがちな傾向です。

すべてを自分の責任だと、考えます。
このような傾向に、巻き込まれているのです。

もし病気の発見が遅れたら、自分の責任だと考えます。
自分を、こんなように責めます。

それが身体にこだわる人の、特徴です。
すべてを自分の責任だと考えることは、苦しみを生みます。

それにすべてを自分の責任だと考えることは、すべて自己証明を必要とします。
「病院で検査をした、その結果は何も心配はなかった」しかし、検査ミスはあるかもしれない。

そう考えると、検査ミスをする病院を選んだ自分の責任だと考えます。
このようなことは、限りなく連鎖しがちです。

このように自分のしたことを、すべてOKだと考えることは不可能です。
それよりも、責任の限りない連鎖に陥りがちです。

心配はその連鎖そのものに、非生産性が含まれています。
それゆえに、カウンセラーは連鎖のマイナス性を指摘するのです。

心配の連鎖は、何ももたらしません。
生活を、ただ非生産的にするだけです。

さらにこの人は検査にも、のめりこんでいます。
身体の全てを把握することに、のめりこんでいます。

話は少し変わりますが、外出時に何回も鍵を閉めたか確認する人がいます。
その人も、この人と共通する要素があります。

自分では確認することにより、不安を弱めたいのです。
しかし確認すればするほど、逆に不安は強まります。

鍵を閉めたか確認する人は、このような迷路に入っています。
先ずその迷路に、気付くことです、

迷路に気付けば、半分は解決しています。
そこから出口を、見付ければ良いのです。

鍵の確認に関して言えば、こうなります。
「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」

そうです、「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」のです。
このように気付けばよいのです。

この人の病院の検査も、同じような性格を持っています。
何回検査しても、最後の1回しかしていないようなめんもあります。

鍵の確認と同じように、極端に検査を繰り返すことは迷路を深めます。
そこから、抜け出せなくしてしまうのです。

過剰な心配から抜け出せない人の、解決方法をさらに考えてみたいです。
まず「何回検査しても、最後の1回しかしていない」という自覚です。

この自覚により、方向は変えやすくなるでしょう。
後ろ向きから、前向きに変わりやすくなります。

このような自覚とともに、こころの法則も大切です。
それは「不安は最初の5分がピーク」という法則です。

正確には、次のようになります。
「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。

身体には、適応性があります。
不安を持ちながらも、適応しようとするのです。

そしてそれが「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。
この法則に、さらに踏み込んだ方法もあります。

その方法は、意識的にこころの中で不安を繰り返すのです。
この人の場合は検査と、健康不安です。

そのことを、こころの中で繰り返します。
20分ぐらい、繰り返すのです。

いつも心配していることを、集中的に心配する「心配タイム」をつくります。
その「心配タイム」にのみ、集中的に心配すれば良いのです。

この意識的にこころの中で不安を繰り返す方法は、不安に耐える方法よりも不安に働きかけます。
よって意志の力も必要です。

日常生活の中で、不安になったら「心配タイム」まで待ってください。
その「心配タイム」のときのみ、集中的に心配するのです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 06:27Comments(0)カウンセリング

2013年11月13日

神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法 88

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

「神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法」を、述べます。

神経症の人は、時間に追われた生活になりがちです。
ゆとりを持って生きることが、できません。

ある人は、いつも身体のことが気になります。
少しでも身体がだるいと、大きな病気かもしれないと心配します。

その結果、生活にゆとりが持てないのです。
ゆとりが持てないから、生活はギクシャクしたものになりがちです。

たとえ本当に大きな病気の人でも、気持ちにゆとりが持てれば良いのです。
その人の生活は、ギクシャクしたものになりません。

本当の問題は、「ゆとりのなさ」にあります。
何ごとも「ゆとりのなさ」は、ハイパーにその人を動かします。

現実に何も身体に問題はないのに、病院に頻繁にいきます。
同じ検査を何度も繰り返します。

その結果、生活時間と生活費のほとんどは病院の支払いに充てられます。
後ろ向きな生活に、なってしまうのです。

生活そのものは、前には進みません。
常におびやかされた生活です。

その本質は、「神経症的不安」にあります。
「神経症的不安」が、身体に非生産的なこだわりをうむのです。

よっていくら検査を繰り返しても、安心することはありません。
医師が音をあげるか、医師に不信感を向けるかです。

そこからドクター・ショッピングが、始まるのです。
どの病院に行っても、安心できません。

このような悪循環におちいる人は、子供の時に大きな病気をした人に多いのです。
子供の時の病気を、まだ引きずっています。

幼少時にその人の病気のみに、家族の気持ちが向かっていたのです。
その結果、小さな身体の変化に敏感なのです。

あと子供の時に、虐待を受けた人にも多いのです。
子供の時の虐待を、引きずってしまうのです。

虐待は、子供にはどうしようもできないことです。
自分の力の、及ばないことです。

その「自分の力の及ばないこと」に、人格形成時に虐待を受けた人はいました。
その結果、病気のような「自分の力の及ばないこと」を極度に恐れます。

そこから「すぎたるは、及ばざるがごとし」という、迷路に入ってしまうのです。
ある女性をモデルに、述べてみたいと思います。

この人は、病気を恐れています。
それも死ぬかもしれない、重い病気です。

早期発見をすれば、たすかるかもしれない病気です。
それゆえに、検査を繰り返します。

身体のほんのささいな変化を、気にかけます。
ほんの少しの痛みや、はれを気にします。

この人の父親は、何年か前に癌で死んでいました。
それも死ぬかもしれないと言う不安を、強めました。

父親が死んだときの姿が、フラッシュ・バックします。
そのフラッシュ・バックにも、苦しみました。

常に母親に、癌ではないことの確認を求めます。
「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

初めのうちは、母親も「へいき」と答えます。
しかしそのやりとりが重なるうちに、不機嫌になります。

そして怒り出します。
その人はそれを聞いて、落胆します。

自分が受け入れられなかったゆえに、苦しみも深まります。
フラッシュ・バックの程度も、深刻になります。

そこで同じように友人に癌ではないことの確認を求めます。
また「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

このことの繰り返しです。
生産的に、前に進むことはありません。

この人も、いくつかのカウンセリングを体験しています。
あるカウンセラーは、この人のこころの中を指摘しました。

そのカウンセラーは、「内的な攻撃性」を指摘しました。
その攻撃性が、出口を求めていると語りました。

この人はそう言われても、チンプンカンプンです。
まったく思い当たることは、ありません。

このような「内的な攻撃性」を指摘するのは、精神分析療法に多いのです。
多くの場合、本人はそう言われてもチンプンカンプンです。

自分自身で納得できる、ことを知りたいのです。
そこで森田療法に、たすけを求めました。

森田療法は、説得力があります。
多くの人は、森田療法の本を読んで納得します。

森田療法では、「気にするから、それが悪循環になる」と考えます。
「その解決は『あるがまま』のきょうちにある」とするのです。

『あるがまま』が身につけば、悪循環から抜け出せるとします。
それは、『悟り』であるともするのです。

それを作業により行うのが、森田療法の特徴です。
なお森田療法は森田療法家により行われます。

この師弟関係が、いまの若い人にはなじみにくいのです。
森田療法には、戦前の日本社会の姿が潜んでいます。

ここでつまずく、若い人は多いのです。
この人もつまずき、認知行動療法に向かいました。

森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理的です。
森田療法のような、師弟関係もありません。先生とは、対等な関係です。

その認知行動療法は、次のようにスタートしました。
「あなたの心配のプラス面と、マイナス面は?」

このように森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理性にはたらき掛けます。
かつ自分なりの考えを、重視します。

それに質問は、先ずプラス面からスタートしています。
これにも、大きな意味はあります。

先ず、イエスです。
自分のしていることにも、プラスはあるという認識です。

この人の答えは、こうでした。
「心配しているから、手遅れにならない」

これがこの人の、こころの表面上にあるのです。
しかし芯にあるものは、まったく異なります。

多くの場合、芯にあるものは神経症的な不安です。
表面にあるものとは、まったく異なります。

ただし芯にある神経症的な不安に、直接触れる事はしません。
直接触れる事は、混乱を深めるだけである事が多いのです。

多くの場合、その神経症的な不安を導く考え方にアプローチします。
それを変えて、神経症的な不安を改善します。

神経症的な不安を導く考え方の一つは、「心配しているから、手遅れにならない」です。
それは心配のプラス面に、かくれていたのです。

逆に神経症的な不安を導く考え方は、心配のマイナス面にもかくれています。
その質問をします。

「あなたの心配のマイナス面は?」
この質問により、不安の本質により近づきます。

この人の答えは、こうでした。
「いつも心配しているから、心配に生活が妨げられます」

この人は24時間、心配している生活です。
何もできません。

心配が、生活をおおっているのです。
不安が、ただよってしまっているのです。

このような状態は、非生産的な不安に支配されているのです。
本当に体調が悪くて119番することは、生産的です。

不安が現実的な解決に進まないで、ただその不安に支配されているのです。
起こりそうもないことを、「どうしよう、どうしよう」と心配しているのです。

これは非生産的な不安の特徴です。
心配しても解決しないことを、心配しているだけです。

その心配の根底には、「過剰な自責感」があります。
自分を責めがちな傾向です。

すべてを自分の責任だと、考えます。
このような傾向に、巻き込まれているのです。

もし病気の発見が遅れたら、自分の責任だと考えます。
自分を、こんなように責めます。

それが身体にこだわる人の、特徴です。
すべてを自分の責任だと考えることは、苦しみを生みます。

それにすべてを自分の責任だと考えることは、すべて自己証明を必要とします。
「病院で検査をした、その結果は何も心配はなかった」しかし、検査ミスはあるかもしれない。

そう考えると、検査ミスをする病院を選んだ自分の責任だと考えます。
このようなことは、限りなく連鎖しがちです。

このように自分のしたことを、すべてOKだと考えることは不可能です。
それよりも、責任の限りない連鎖に陥りがちです。

心配はその連鎖そのものに、非生産性が含まれています。
それゆえに、カウンセラーは連鎖のマイナス性を指摘するのです。

心配の連鎖は、何ももたらしません。
生活を、ただ非生産的にするだけです。

さらにこの人は検査にも、のめりこんでいます。
身体の全てを把握することに、のめりこんでいます。

話は少し変わりますが、外出時に何回も鍵を閉めたか確認する人がいます。
その人も、この人と共通する要素があります。

自分では確認することにより、不安を弱めたいのです。
しかし確認すればするほど、逆に不安は強まります。

鍵を閉めたか確認する人は、このような迷路に入っています。
先ずその迷路に、気付くことです、

迷路に気付けば、半分は解決しています。
そこから出口を、見付ければ良いのです。

鍵の確認に関して言えば、こうなります。
「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」

そうです、「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」のです。
このように気付けばよいのです。

この人の病院の検査も、同じような性格を持っています。
何回検査しても、最後の1回しかしていないようなめんもあります。

鍵の確認と同じように、極端に検査を繰り返すことは迷路を深めます。
そこから、抜け出せなくしてしまうのです。

過剰な心配から抜け出せない人の、解決方法をさらに考えてみたいです。
まず「何回検査しても、最後の1回しかしていない」という自覚です。

この自覚により、方向は変えやすくなるでしょう。
後ろ向きから、前向きに変わりやすくなります。

このような自覚とともに、こころの法則も大切です。
それは「不安は最初の5分がピーク」という法則です。

正確には、次のようになります。
「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。

身体には、適応性があります。
不安を持ちながらも、適応しようとするのです。

そしてそれが「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。
この法則に、さらに踏み込んだ方法もあります。

その方法は、意識的にこころの中で不安を繰り返すのです。
この人の場合は検査と、健康不安です。

そのことを、こころの中で繰り返します。
20分ぐらい、繰り返すのです。

いつも心配していることを、集中的に心配する「心配タイム」をつくります。
その「心配タイム」にのみ、集中的に心配すれば良いのです。

この意識的にこころの中で不安を繰り返す方法は、不安に耐える方法よりも不安に働きかけます。
よって意志の力も必要です。

日常生活の中で、不安になったら「心配タイム」まで待ってください。
その「心配タイム」のときのみ、集中的に心配するのです。

異なる形式の、「心配タイム」の方法もあります。
その方法を述べます。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 07:20Comments(0)カウンセリング

2013年11月14日

神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法 89

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

「神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法」を、述べます。

神経症の人は、時間に追われた生活になりがちです。
ゆとりを持って生きることが、できません。

ある人は、いつも身体のことが気になります。
少しでも身体がだるいと、大きな病気かもしれないと心配します。

その結果、生活にゆとりが持てないのです。
ゆとりが持てないから、生活はギクシャクしたものになりがちです。

たとえ本当に大きな病気の人でも、気持ちにゆとりが持てれば良いのです。
その人の生活は、ギクシャクしたものになりません。

本当の問題は、「ゆとりのなさ」にあります。
何ごとも「ゆとりのなさ」は、ハイパーにその人を動かします。

現実に何も身体に問題はないのに、病院に頻繁にいきます。
同じ検査を何度も繰り返します。

その結果、生活時間と生活費のほとんどは病院の支払いに充てられます。
後ろ向きな生活に、なってしまうのです。

生活そのものは、前には進みません。
常におびやかされた生活です。

その本質は、「神経症的不安」にあります。
「神経症的不安」が、身体に非生産的なこだわりをうむのです。

よっていくら検査を繰り返しても、安心することはありません。
医師が音をあげるか、医師に不信感を向けるかです。

そこからドクター・ショッピングが、始まるのです。
どの病院に行っても、安心できません。

このような悪循環におちいる人は、子供の時に大きな病気をした人に多いのです。
子供の時の病気を、まだ引きずっています。

幼少時にその人の病気のみに、家族の気持ちが向かっていたのです。
その結果、小さな身体の変化に敏感なのです。

あと子供の時に、虐待を受けた人にも多いのです。
子供の時の虐待を、引きずってしまうのです。

虐待は、子供にはどうしようもできないことです。
自分の力の、及ばないことです。

その「自分の力の及ばないこと」に、人格形成時に虐待を受けた人はいました。
その結果、病気のような「自分の力の及ばないこと」を極度に恐れます。

そこから「すぎたるは、及ばざるがごとし」という、迷路に入ってしまうのです。
ある女性をモデルに、述べてみたいと思います。

この人は、病気を恐れています。
それも死ぬかもしれない、重い病気です。

早期発見をすれば、たすかるかもしれない病気です。
それゆえに、検査を繰り返します。

身体のほんのささいな変化を、気にかけます。
ほんの少しの痛みや、はれを気にします。

この人の父親は、何年か前に癌で死んでいました。
それも死ぬかもしれないと言う不安を、強めました。

父親が死んだときの姿が、フラッシュ・バックします。
そのフラッシュ・バックにも、苦しみました。

常に母親に、癌ではないことの確認を求めます。
「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

初めのうちは、母親も「へいき」と答えます。
しかしそのやりとりが重なるうちに、不機嫌になります。

そして怒り出します。
その人はそれを聞いて、落胆します。

自分が受け入れられなかったゆえに、苦しみも深まります。
フラッシュ・バックの程度も、深刻になります。

そこで同じように友人に癌ではないことの確認を求めます。
また「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

このことの繰り返しです。
生産的に、前に進むことはありません。

この人も、いくつかのカウンセリングを体験しています。
あるカウンセラーは、この人のこころの中を指摘しました。

そのカウンセラーは、「内的な攻撃性」を指摘しました。
その攻撃性が、出口を求めていると語りました。

この人はそう言われても、チンプンカンプンです。
まったく思い当たることは、ありません。

このような「内的な攻撃性」を指摘するのは、精神分析療法に多いのです。
多くの場合、本人はそう言われてもチンプンカンプンです。

自分自身で納得できる、ことを知りたいのです。
そこで森田療法に、たすけを求めました。

森田療法は、説得力があります。
多くの人は、森田療法の本を読んで納得します。

森田療法では、「気にするから、それが悪循環になる」と考えます。
「その解決は『あるがまま』のきょうちにある」とするのです。

『あるがまま』が身につけば、悪循環から抜け出せるとします。
それは、『悟り』であるともするのです。

それを作業により行うのが、森田療法の特徴です。
なお森田療法は森田療法家により行われます。

この師弟関係が、いまの若い人にはなじみにくいのです。
森田療法には、戦前の日本社会の姿が潜んでいます。

ここでつまずく、若い人は多いのです。
この人もつまずき、認知行動療法に向かいました。

森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理的です。
森田療法のような、師弟関係もありません。先生とは、対等な関係です。

その認知行動療法は、次のようにスタートしました。
「あなたの心配のプラス面と、マイナス面は?」

このように森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理性にはたらき掛けます。
かつ自分なりの考えを、重視します。

それに質問は、先ずプラス面からスタートしています。
これにも、大きな意味はあります。

先ず、イエスです。
自分のしていることにも、プラスはあるという認識です。

この人の答えは、こうでした。
「心配しているから、手遅れにならない」

これがこの人の、こころの表面上にあるのです。
しかし芯にあるものは、まったく異なります。

多くの場合、芯にあるものは神経症的な不安です。
表面にあるものとは、まったく異なります。

ただし芯にある神経症的な不安に、直接触れる事はしません。
直接触れる事は、混乱を深めるだけである事が多いのです。

多くの場合、その神経症的な不安を導く考え方にアプローチします。
それを変えて、神経症的な不安を改善します。

神経症的な不安を導く考え方の一つは、「心配しているから、手遅れにならない」です。
それは心配のプラス面に、かくれていたのです。

逆に神経症的な不安を導く考え方は、心配のマイナス面にもかくれています。
その質問をします。

「あなたの心配のマイナス面は?」
この質問により、不安の本質により近づきます。

この人の答えは、こうでした。
「いつも心配しているから、心配に生活が妨げられます」

この人は24時間、心配している生活です。
何もできません。

心配が、生活をおおっているのです。
不安が、ただよってしまっているのです。

このような状態は、非生産的な不安に支配されているのです。
本当に体調が悪くて119番することは、生産的です。

不安が現実的な解決に進まないで、ただその不安に支配されているのです。
起こりそうもないことを、「どうしよう、どうしよう」と心配しているのです。

これは非生産的な不安の特徴です。
心配しても解決しないことを、心配しているだけです。

その心配の根底には、「過剰な自責感」があります。
自分を責めがちな傾向です。

すべてを自分の責任だと、考えます。
このような傾向に、巻き込まれているのです。

もし病気の発見が遅れたら、自分の責任だと考えます。
自分を、こんなように責めます。

それが身体にこだわる人の、特徴です。
すべてを自分の責任だと考えることは、苦しみを生みます。

それにすべてを自分の責任だと考えることは、すべて自己証明を必要とします。
「病院で検査をした、その結果は何も心配はなかった」しかし、検査ミスはあるかもしれない。

そう考えると、検査ミスをする病院を選んだ自分の責任だと考えます。
このようなことは、限りなく連鎖しがちです。

このように自分のしたことを、すべてOKだと考えることは不可能です。
それよりも、責任の限りない連鎖に陥りがちです。

心配はその連鎖そのものに、非生産性が含まれています。
それゆえに、カウンセラーは連鎖のマイナス性を指摘するのです。

心配の連鎖は、何ももたらしません。
生活を、ただ非生産的にするだけです。

さらにこの人は検査にも、のめりこんでいます。
身体の全てを把握することに、のめりこんでいます。

話は少し変わりますが、外出時に何回も鍵を閉めたか確認する人がいます。
その人も、この人と共通する要素があります。

自分では確認することにより、不安を弱めたいのです。
しかし確認すればするほど、逆に不安は強まります。

鍵を閉めたか確認する人は、このような迷路に入っています。
先ずその迷路に、気付くことです、

迷路に気付けば、半分は解決しています。
そこから出口を、見付ければ良いのです。

鍵の確認に関して言えば、こうなります。
「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」

そうです、「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」のです。
このように気付けばよいのです。

この人の病院の検査も、同じような性格を持っています。
何回検査しても、最後の1回しかしていないようなめんもあります。

鍵の確認と同じように、極端に検査を繰り返すことは迷路を深めます。
そこから、抜け出せなくしてしまうのです。

過剰な心配から抜け出せない人の、解決方法をさらに考えてみたいです。
まず「何回検査しても、最後の1回しかしていない」という自覚です。

この自覚により、方向は変えやすくなるでしょう。
後ろ向きから、前向きに変わりやすくなります。

このような自覚とともに、こころの法則も大切です。
それは「不安は最初の5分がピーク」という法則です。

正確には、次のようになります。
「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。

身体には、適応性があります。
不安を持ちながらも、適応しようとするのです。

そしてそれが「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。
この法則に、さらに踏み込んだ方法もあります。

その方法は、意識的にこころの中で不安を繰り返すのです。
この人の場合は検査と、健康不安です。

そのことを、こころの中で繰り返します。
20分ぐらい、繰り返すのです。

いつも心配していることを、集中的に心配する「心配タイム」をつくります。
その「心配タイム」にのみ、集中的に心配すれば良いのです。

この意識的にこころの中で不安を繰り返す方法は、不安に耐える方法よりも不安に働きかけます。
よって意志の力も必要です。

日常生活の中で、不安になったら「心配タイム」まで待ってください。
その「心配タイム」のときのみ、集中的に心配するのです。

異なる形式の、「心配タイム」の方法もあります。
その方法を述べます。

その「心配タイム」の方法は、回数で決めるのです。
心配を300回するというように、回数で決めるのです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 06:21Comments(0)カウンセリング

2013年11月15日

神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法 90

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

「神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法」を、述べます。

神経症の人は、時間に追われた生活になりがちです。
ゆとりを持って生きることが、できません。

ある人は、いつも身体のことが気になります。
少しでも身体がだるいと、大きな病気かもしれないと心配します。

その結果、生活にゆとりが持てないのです。
ゆとりが持てないから、生活はギクシャクしたものになりがちです。

たとえ本当に大きな病気の人でも、気持ちにゆとりが持てれば良いのです。
その人の生活は、ギクシャクしたものになりません。

本当の問題は、「ゆとりのなさ」にあります。
何ごとも「ゆとりのなさ」は、ハイパーにその人を動かします。

現実に何も身体に問題はないのに、病院に頻繁にいきます。
同じ検査を何度も繰り返します。

その結果、生活時間と生活費のほとんどは病院の支払いに充てられます。
後ろ向きな生活に、なってしまうのです。

生活そのものは、前には進みません。
常におびやかされた生活です。

その本質は、「神経症的不安」にあります。
「神経症的不安」が、身体に非生産的なこだわりをうむのです。

よっていくら検査を繰り返しても、安心することはありません。
医師が音をあげるか、医師に不信感を向けるかです。

そこからドクター・ショッピングが、始まるのです。
どの病院に行っても、安心できません。

このような悪循環におちいる人は、子供の時に大きな病気をした人に多いのです。
子供の時の病気を、まだ引きずっています。

幼少時にその人の病気のみに、家族の気持ちが向かっていたのです。
その結果、小さな身体の変化に敏感なのです。

あと子供の時に、虐待を受けた人にも多いのです。
子供の時の虐待を、引きずってしまうのです。

虐待は、子供にはどうしようもできないことです。
自分の力の、及ばないことです。

その「自分の力の及ばないこと」に、人格形成時に虐待を受けた人はいました。
その結果、病気のような「自分の力の及ばないこと」を極度に恐れます。

そこから「すぎたるは、及ばざるがごとし」という、迷路に入ってしまうのです。
ある女性をモデルに、述べてみたいと思います。

この人は、病気を恐れています。
それも死ぬかもしれない、重い病気です。

早期発見をすれば、たすかるかもしれない病気です。
それゆえに、検査を繰り返します。

身体のほんのささいな変化を、気にかけます。
ほんの少しの痛みや、はれを気にします。

この人の父親は、何年か前に癌で死んでいました。
それも死ぬかもしれないと言う不安を、強めました。

父親が死んだときの姿が、フラッシュ・バックします。
そのフラッシュ・バックにも、苦しみました。

常に母親に、癌ではないことの確認を求めます。
「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

初めのうちは、母親も「へいき」と答えます。
しかしそのやりとりが重なるうちに、不機嫌になります。

そして怒り出します。
その人はそれを聞いて、落胆します。

自分が受け入れられなかったゆえに、苦しみも深まります。
フラッシュ・バックの程度も、深刻になります。

そこで同じように友人に癌ではないことの確認を求めます。
また「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

このことの繰り返しです。
生産的に、前に進むことはありません。

この人も、いくつかのカウンセリングを体験しています。
あるカウンセラーは、この人のこころの中を指摘しました。

そのカウンセラーは、「内的な攻撃性」を指摘しました。
その攻撃性が、出口を求めていると語りました。

この人はそう言われても、チンプンカンプンです。
まったく思い当たることは、ありません。

このような「内的な攻撃性」を指摘するのは、精神分析療法に多いのです。
多くの場合、本人はそう言われてもチンプンカンプンです。

自分自身で納得できる、ことを知りたいのです。
そこで森田療法に、たすけを求めました。

森田療法は、説得力があります。
多くの人は、森田療法の本を読んで納得します。

森田療法では、「気にするから、それが悪循環になる」と考えます。
「その解決は『あるがまま』のきょうちにある」とするのです。

『あるがまま』が身につけば、悪循環から抜け出せるとします。
それは、『悟り』であるともするのです。

それを作業により行うのが、森田療法の特徴です。
なお森田療法は森田療法家により行われます。

この師弟関係が、いまの若い人にはなじみにくいのです。
森田療法には、戦前の日本社会の姿が潜んでいます。

ここでつまずく、若い人は多いのです。
この人もつまずき、認知行動療法に向かいました。

森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理的です。
森田療法のような、師弟関係もありません。先生とは、対等な関係です。

その認知行動療法は、次のようにスタートしました。
「あなたの心配のプラス面と、マイナス面は?」

このように森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理性にはたらき掛けます。
かつ自分なりの考えを、重視します。

それに質問は、先ずプラス面からスタートしています。
これにも、大きな意味はあります。

先ず、イエスです。
自分のしていることにも、プラスはあるという認識です。

この人の答えは、こうでした。
「心配しているから、手遅れにならない」

これがこの人の、こころの表面上にあるのです。
しかし芯にあるものは、まったく異なります。

多くの場合、芯にあるものは神経症的な不安です。
表面にあるものとは、まったく異なります。

ただし芯にある神経症的な不安に、直接触れる事はしません。
直接触れる事は、混乱を深めるだけである事が多いのです。

多くの場合、その神経症的な不安を導く考え方にアプローチします。
それを変えて、神経症的な不安を改善します。

神経症的な不安を導く考え方の一つは、「心配しているから、手遅れにならない」です。
それは心配のプラス面に、かくれていたのです。

逆に神経症的な不安を導く考え方は、心配のマイナス面にもかくれています。
その質問をします。

「あなたの心配のマイナス面は?」
この質問により、不安の本質により近づきます。

この人の答えは、こうでした。
「いつも心配しているから、心配に生活が妨げられます」

この人は24時間、心配している生活です。
何もできません。

心配が、生活をおおっているのです。
不安が、ただよってしまっているのです。

このような状態は、非生産的な不安に支配されているのです。
本当に体調が悪くて119番することは、生産的です。

不安が現実的な解決に進まないで、ただその不安に支配されているのです。
起こりそうもないことを、「どうしよう、どうしよう」と心配しているのです。

これは非生産的な不安の特徴です。
心配しても解決しないことを、心配しているだけです。

その心配の根底には、「過剰な自責感」があります。
自分を責めがちな傾向です。

すべてを自分の責任だと、考えます。
このような傾向に、巻き込まれているのです。

もし病気の発見が遅れたら、自分の責任だと考えます。
自分を、こんなように責めます。

それが身体にこだわる人の、特徴です。
すべてを自分の責任だと考えることは、苦しみを生みます。

それにすべてを自分の責任だと考えることは、すべて自己証明を必要とします。
「病院で検査をした、その結果は何も心配はなかった」しかし、検査ミスはあるかもしれない。

そう考えると、検査ミスをする病院を選んだ自分の責任だと考えます。
このようなことは、限りなく連鎖しがちです。

このように自分のしたことを、すべてOKだと考えることは不可能です。
それよりも、責任の限りない連鎖に陥りがちです。

心配はその連鎖そのものに、非生産性が含まれています。
それゆえに、カウンセラーは連鎖のマイナス性を指摘するのです。

心配の連鎖は、何ももたらしません。
生活を、ただ非生産的にするだけです。

さらにこの人は検査にも、のめりこんでいます。
身体の全てを把握することに、のめりこんでいます。

話は少し変わりますが、外出時に何回も鍵を閉めたか確認する人がいます。
その人も、この人と共通する要素があります。

自分では確認することにより、不安を弱めたいのです。
しかし確認すればするほど、逆に不安は強まります。

鍵を閉めたか確認する人は、このような迷路に入っています。
先ずその迷路に、気付くことです、

迷路に気付けば、半分は解決しています。
そこから出口を、見付ければ良いのです。

鍵の確認に関して言えば、こうなります。
「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」

そうです、「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」のです。
このように気付けばよいのです。

この人の病院の検査も、同じような性格を持っています。
何回検査しても、最後の1回しかしていないようなめんもあります。

鍵の確認と同じように、極端に検査を繰り返すことは迷路を深めます。
そこから、抜け出せなくしてしまうのです。

過剰な心配から抜け出せない人の、解決方法をさらに考えてみたいです。
まず「何回検査しても、最後の1回しかしていない」という自覚です。

この自覚により、方向は変えやすくなるでしょう。
後ろ向きから、前向きに変わりやすくなります。

このような自覚とともに、こころの法則も大切です。
それは「不安は最初の5分がピーク」という法則です。

正確には、次のようになります。
「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。

身体には、適応性があります。
不安を持ちながらも、適応しようとするのです。

そしてそれが「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。
この法則に、さらに踏み込んだ方法もあります。

その方法は、意識的にこころの中で不安を繰り返すのです。
この人の場合は検査と、健康不安です。

そのことを、こころの中で繰り返します。
20分ぐらい、繰り返すのです。

いつも心配していることを、集中的に心配する「心配タイム」をつくります。
その「心配タイム」にのみ、集中的に心配すれば良いのです。

この意識的にこころの中で不安を繰り返す方法は、不安に耐える方法よりも不安に働きかけます。
よって意志の力も必要です。

日常生活の中で、不安になったら「心配タイム」まで待ってください。
その「心配タイム」のときのみ、集中的に心配するのです。

異なる形式の、「心配タイム」の方法もあります。
その方法を述べます。

その「心配タイム」の方法は、回数で決めるのです。
心配を300回するというように、回数で決めるのです。

ただしこの方法では、短い言葉で繰り返すことになります。
その短い言葉は、分かりやすいものであることが大切です。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 06:43Comments(0)カウンセリング

2013年11月16日

神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法 91

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

「神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法」を、述べます。

神経症の人は、時間に追われた生活になりがちです。
ゆとりを持って生きることが、できません。

ある人は、いつも身体のことが気になります。
少しでも身体がだるいと、大きな病気かもしれないと心配します。

その結果、生活にゆとりが持てないのです。
ゆとりが持てないから、生活はギクシャクしたものになりがちです。

たとえ本当に大きな病気の人でも、気持ちにゆとりが持てれば良いのです。
その人の生活は、ギクシャクしたものになりません。

本当の問題は、「ゆとりのなさ」にあります。
何ごとも「ゆとりのなさ」は、ハイパーにその人を動かします。

現実に何も身体に問題はないのに、病院に頻繁にいきます。
同じ検査を何度も繰り返します。

その結果、生活時間と生活費のほとんどは病院の支払いに充てられます。
後ろ向きな生活に、なってしまうのです。

生活そのものは、前には進みません。
常におびやかされた生活です。

その本質は、「神経症的不安」にあります。
「神経症的不安」が、身体に非生産的なこだわりをうむのです。

よっていくら検査を繰り返しても、安心することはありません。
医師が音をあげるか、医師に不信感を向けるかです。

そこからドクター・ショッピングが、始まるのです。
どの病院に行っても、安心できません。

このような悪循環におちいる人は、子供の時に大きな病気をした人に多いのです。
子供の時の病気を、まだ引きずっています。

幼少時にその人の病気のみに、家族の気持ちが向かっていたのです。
その結果、小さな身体の変化に敏感なのです。

あと子供の時に、虐待を受けた人にも多いのです。
子供の時の虐待を、引きずってしまうのです。

虐待は、子供にはどうしようもできないことです。
自分の力の、及ばないことです。

その「自分の力の及ばないこと」に、人格形成時に虐待を受けた人はいました。
その結果、病気のような「自分の力の及ばないこと」を極度に恐れます。

そこから「すぎたるは、及ばざるがごとし」という、迷路に入ってしまうのです。
ある女性をモデルに、述べてみたいと思います。

この人は、病気を恐れています。
それも死ぬかもしれない、重い病気です。

早期発見をすれば、たすかるかもしれない病気です。
それゆえに、検査を繰り返します。

身体のほんのささいな変化を、気にかけます。
ほんの少しの痛みや、はれを気にします。

この人の父親は、何年か前に癌で死んでいました。
それも死ぬかもしれないと言う不安を、強めました。

父親が死んだときの姿が、フラッシュ・バックします。
そのフラッシュ・バックにも、苦しみました。

常に母親に、癌ではないことの確認を求めます。
「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

初めのうちは、母親も「へいき」と答えます。
しかしそのやりとりが重なるうちに、不機嫌になります。

そして怒り出します。
その人はそれを聞いて、落胆します。

自分が受け入れられなかったゆえに、苦しみも深まります。
フラッシュ・バックの程度も、深刻になります。

そこで同じように友人に癌ではないことの確認を求めます。
また「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

このことの繰り返しです。
生産的に、前に進むことはありません。

この人も、いくつかのカウンセリングを体験しています。
あるカウンセラーは、この人のこころの中を指摘しました。

そのカウンセラーは、「内的な攻撃性」を指摘しました。
その攻撃性が、出口を求めていると語りました。

この人はそう言われても、チンプンカンプンです。
まったく思い当たることは、ありません。

このような「内的な攻撃性」を指摘するのは、精神分析療法に多いのです。
多くの場合、本人はそう言われてもチンプンカンプンです。

自分自身で納得できる、ことを知りたいのです。
そこで森田療法に、たすけを求めました。

森田療法は、説得力があります。
多くの人は、森田療法の本を読んで納得します。

森田療法では、「気にするから、それが悪循環になる」と考えます。
「その解決は『あるがまま』のきょうちにある」とするのです。

『あるがまま』が身につけば、悪循環から抜け出せるとします。
それは、『悟り』であるともするのです。

それを作業により行うのが、森田療法の特徴です。
なお森田療法は森田療法家により行われます。

この師弟関係が、いまの若い人にはなじみにくいのです。
森田療法には、戦前の日本社会の姿が潜んでいます。

ここでつまずく、若い人は多いのです。
この人もつまずき、認知行動療法に向かいました。

森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理的です。
森田療法のような、師弟関係もありません。先生とは、対等な関係です。

その認知行動療法は、次のようにスタートしました。
「あなたの心配のプラス面と、マイナス面は?」

このように森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理性にはたらき掛けます。
かつ自分なりの考えを、重視します。

それに質問は、先ずプラス面からスタートしています。
これにも、大きな意味はあります。

先ず、イエスです。
自分のしていることにも、プラスはあるという認識です。

この人の答えは、こうでした。
「心配しているから、手遅れにならない」

これがこの人の、こころの表面上にあるのです。
しかし芯にあるものは、まったく異なります。

多くの場合、芯にあるものは神経症的な不安です。
表面にあるものとは、まったく異なります。

ただし芯にある神経症的な不安に、直接触れる事はしません。
直接触れる事は、混乱を深めるだけである事が多いのです。

多くの場合、その神経症的な不安を導く考え方にアプローチします。
それを変えて、神経症的な不安を改善します。

神経症的な不安を導く考え方の一つは、「心配しているから、手遅れにならない」です。
それは心配のプラス面に、かくれていたのです。

逆に神経症的な不安を導く考え方は、心配のマイナス面にもかくれています。
その質問をします。

「あなたの心配のマイナス面は?」
この質問により、不安の本質により近づきます。

この人の答えは、こうでした。
「いつも心配しているから、心配に生活が妨げられます」

この人は24時間、心配している生活です。
何もできません。

心配が、生活をおおっているのです。
不安が、ただよってしまっているのです。

このような状態は、非生産的な不安に支配されているのです。
本当に体調が悪くて119番することは、生産的です。

不安が現実的な解決に進まないで、ただその不安に支配されているのです。
起こりそうもないことを、「どうしよう、どうしよう」と心配しているのです。

これは非生産的な不安の特徴です。
心配しても解決しないことを、心配しているだけです。

その心配の根底には、「過剰な自責感」があります。
自分を責めがちな傾向です。

すべてを自分の責任だと、考えます。
このような傾向に、巻き込まれているのです。

もし病気の発見が遅れたら、自分の責任だと考えます。
自分を、こんなように責めます。

それが身体にこだわる人の、特徴です。
すべてを自分の責任だと考えることは、苦しみを生みます。

それにすべてを自分の責任だと考えることは、すべて自己証明を必要とします。
「病院で検査をした、その結果は何も心配はなかった」しかし、検査ミスはあるかもしれない。

そう考えると、検査ミスをする病院を選んだ自分の責任だと考えます。
このようなことは、限りなく連鎖しがちです。

このように自分のしたことを、すべてOKだと考えることは不可能です。
それよりも、責任の限りない連鎖に陥りがちです。

心配はその連鎖そのものに、非生産性が含まれています。
それゆえに、カウンセラーは連鎖のマイナス性を指摘するのです。

心配の連鎖は、何ももたらしません。
生活を、ただ非生産的にするだけです。

さらにこの人は検査にも、のめりこんでいます。
身体の全てを把握することに、のめりこんでいます。

話は少し変わりますが、外出時に何回も鍵を閉めたか確認する人がいます。
その人も、この人と共通する要素があります。

自分では確認することにより、不安を弱めたいのです。
しかし確認すればするほど、逆に不安は強まります。

鍵を閉めたか確認する人は、このような迷路に入っています。
先ずその迷路に、気付くことです、

迷路に気付けば、半分は解決しています。
そこから出口を、見付ければ良いのです。

鍵の確認に関して言えば、こうなります。
「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」

そうです、「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」のです。
このように気付けばよいのです。

この人の病院の検査も、同じような性格を持っています。
何回検査しても、最後の1回しかしていないようなめんもあります。

鍵の確認と同じように、極端に検査を繰り返すことは迷路を深めます。
そこから、抜け出せなくしてしまうのです。

過剰な心配から抜け出せない人の、解決方法をさらに考えてみたいです。
まず「何回検査しても、最後の1回しかしていない」という自覚です。

この自覚により、方向は変えやすくなるでしょう。
後ろ向きから、前向きに変わりやすくなります。

このような自覚とともに、こころの法則も大切です。
それは「不安は最初の5分がピーク」という法則です。

正確には、次のようになります。
「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。

身体には、適応性があります。
不安を持ちながらも、適応しようとするのです。

そしてそれが「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。
この法則に、さらに踏み込んだ方法もあります。

その方法は、意識的にこころの中で不安を繰り返すのです。
この人の場合は検査と、健康不安です。

そのことを、こころの中で繰り返します。
20分ぐらい、繰り返すのです。

いつも心配していることを、集中的に心配する「心配タイム」をつくります。
その「心配タイム」にのみ、集中的に心配すれば良いのです。

この意識的にこころの中で不安を繰り返す方法は、不安に耐える方法よりも不安に働きかけます。
よって意志の力も必要です。

日常生活の中で、不安になったら「心配タイム」まで待ってください。
その「心配タイム」のときのみ、集中的に心配するのです。

異なる形式の、「心配タイム」の方法もあります。
その方法を述べます。

その「心配タイム」の方法は、回数で決めるのです。
心配を300回するというように、回数で決めるのです。

ただしこの方法では、短い言葉で繰り返すことになります。
その短い言葉は、分かりやすいものであることが大切です。

以前述べた、次のような言葉です。
「何回検査しても、最後の1回しかしていない」

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 06:19Comments(0)カウンセリング

2013年11月17日

神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法 92

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

「神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法」を、述べます。

神経症の人は、時間に追われた生活になりがちです。
ゆとりを持って生きることが、できません。

ある人は、いつも身体のことが気になります。
少しでも身体がだるいと、大きな病気かもしれないと心配します。

その結果、生活にゆとりが持てないのです。
ゆとりが持てないから、生活はギクシャクしたものになりがちです。

たとえ本当に大きな病気の人でも、気持ちにゆとりが持てれば良いのです。
その人の生活は、ギクシャクしたものになりません。

本当の問題は、「ゆとりのなさ」にあります。
何ごとも「ゆとりのなさ」は、ハイパーにその人を動かします。

現実に何も身体に問題はないのに、病院に頻繁にいきます。
同じ検査を何度も繰り返します。

その結果、生活時間と生活費のほとんどは病院の支払いに充てられます。
後ろ向きな生活に、なってしまうのです。

生活そのものは、前には進みません。
常におびやかされた生活です。

その本質は、「神経症的不安」にあります。
「神経症的不安」が、身体に非生産的なこだわりをうむのです。

よっていくら検査を繰り返しても、安心することはありません。
医師が音をあげるか、医師に不信感を向けるかです。

そこからドクター・ショッピングが、始まるのです。
どの病院に行っても、安心できません。

このような悪循環におちいる人は、子供の時に大きな病気をした人に多いのです。
子供の時の病気を、まだ引きずっています。

幼少時にその人の病気のみに、家族の気持ちが向かっていたのです。
その結果、小さな身体の変化に敏感なのです。

あと子供の時に、虐待を受けた人にも多いのです。
子供の時の虐待を、引きずってしまうのです。

虐待は、子供にはどうしようもできないことです。
自分の力の、及ばないことです。

その「自分の力の及ばないこと」に、人格形成時に虐待を受けた人はいました。
その結果、病気のような「自分の力の及ばないこと」を極度に恐れます。

そこから「すぎたるは、及ばざるがごとし」という、迷路に入ってしまうのです。
ある女性をモデルに、述べてみたいと思います。

この人は、病気を恐れています。
それも死ぬかもしれない、重い病気です。

早期発見をすれば、たすかるかもしれない病気です。
それゆえに、検査を繰り返します。

身体のほんのささいな変化を、気にかけます。
ほんの少しの痛みや、はれを気にします。

この人の父親は、何年か前に癌で死んでいました。
それも死ぬかもしれないと言う不安を、強めました。

父親が死んだときの姿が、フラッシュ・バックします。
そのフラッシュ・バックにも、苦しみました。

常に母親に、癌ではないことの確認を求めます。
「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

初めのうちは、母親も「へいき」と答えます。
しかしそのやりとりが重なるうちに、不機嫌になります。

そして怒り出します。
その人はそれを聞いて、落胆します。

自分が受け入れられなかったゆえに、苦しみも深まります。
フラッシュ・バックの程度も、深刻になります。

そこで同じように友人に癌ではないことの確認を求めます。
また「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

このことの繰り返しです。
生産的に、前に進むことはありません。

この人も、いくつかのカウンセリングを体験しています。
あるカウンセラーは、この人のこころの中を指摘しました。

そのカウンセラーは、「内的な攻撃性」を指摘しました。
その攻撃性が、出口を求めていると語りました。

この人はそう言われても、チンプンカンプンです。
まったく思い当たることは、ありません。

このような「内的な攻撃性」を指摘するのは、精神分析療法に多いのです。
多くの場合、本人はそう言われてもチンプンカンプンです。

自分自身で納得できる、ことを知りたいのです。
そこで森田療法に、たすけを求めました。

森田療法は、説得力があります。
多くの人は、森田療法の本を読んで納得します。

森田療法では、「気にするから、それが悪循環になる」と考えます。
「その解決は『あるがまま』のきょうちにある」とするのです。

『あるがまま』が身につけば、悪循環から抜け出せるとします。
それは、『悟り』であるともするのです。

それを作業により行うのが、森田療法の特徴です。
なお森田療法は森田療法家により行われます。

この師弟関係が、いまの若い人にはなじみにくいのです。
森田療法には、戦前の日本社会の姿が潜んでいます。

ここでつまずく、若い人は多いのです。
この人もつまずき、認知行動療法に向かいました。

森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理的です。
森田療法のような、師弟関係もありません。先生とは、対等な関係です。

その認知行動療法は、次のようにスタートしました。
「あなたの心配のプラス面と、マイナス面は?」

このように森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理性にはたらき掛けます。
かつ自分なりの考えを、重視します。

それに質問は、先ずプラス面からスタートしています。
これにも、大きな意味はあります。

先ず、イエスです。
自分のしていることにも、プラスはあるという認識です。

この人の答えは、こうでした。
「心配しているから、手遅れにならない」

これがこの人の、こころの表面上にあるのです。
しかし芯にあるものは、まったく異なります。

多くの場合、芯にあるものは神経症的な不安です。
表面にあるものとは、まったく異なります。

ただし芯にある神経症的な不安に、直接触れる事はしません。
直接触れる事は、混乱を深めるだけである事が多いのです。

多くの場合、その神経症的な不安を導く考え方にアプローチします。
それを変えて、神経症的な不安を改善します。

神経症的な不安を導く考え方の一つは、「心配しているから、手遅れにならない」です。
それは心配のプラス面に、かくれていたのです。

逆に神経症的な不安を導く考え方は、心配のマイナス面にもかくれています。
その質問をします。

「あなたの心配のマイナス面は?」
この質問により、不安の本質により近づきます。

この人の答えは、こうでした。
「いつも心配しているから、心配に生活が妨げられます」

この人は24時間、心配している生活です。
何もできません。

心配が、生活をおおっているのです。
不安が、ただよってしまっているのです。

このような状態は、非生産的な不安に支配されているのです。
本当に体調が悪くて119番することは、生産的です。

不安が現実的な解決に進まないで、ただその不安に支配されているのです。
起こりそうもないことを、「どうしよう、どうしよう」と心配しているのです。

これは非生産的な不安の特徴です。
心配しても解決しないことを、心配しているだけです。

その心配の根底には、「過剰な自責感」があります。
自分を責めがちな傾向です。

すべてを自分の責任だと、考えます。
このような傾向に、巻き込まれているのです。

もし病気の発見が遅れたら、自分の責任だと考えます。
自分を、こんなように責めます。

それが身体にこだわる人の、特徴です。
すべてを自分の責任だと考えることは、苦しみを生みます。

それにすべてを自分の責任だと考えることは、すべて自己証明を必要とします。
「病院で検査をした、その結果は何も心配はなかった」しかし、検査ミスはあるかもしれない。

そう考えると、検査ミスをする病院を選んだ自分の責任だと考えます。
このようなことは、限りなく連鎖しがちです。

このように自分のしたことを、すべてOKだと考えることは不可能です。
それよりも、責任の限りない連鎖に陥りがちです。

心配はその連鎖そのものに、非生産性が含まれています。
それゆえに、カウンセラーは連鎖のマイナス性を指摘するのです。

心配の連鎖は、何ももたらしません。
生活を、ただ非生産的にするだけです。

さらにこの人は検査にも、のめりこんでいます。
身体の全てを把握することに、のめりこんでいます。

話は少し変わりますが、外出時に何回も鍵を閉めたか確認する人がいます。
その人も、この人と共通する要素があります。

自分では確認することにより、不安を弱めたいのです。
しかし確認すればするほど、逆に不安は強まります。

鍵を閉めたか確認する人は、このような迷路に入っています。
先ずその迷路に、気付くことです、

迷路に気付けば、半分は解決しています。
そこから出口を、見付ければ良いのです。

鍵の確認に関して言えば、こうなります。
「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」

そうです、「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」のです。
このように気付けばよいのです。

この人の病院の検査も、同じような性格を持っています。
何回検査しても、最後の1回しかしていないようなめんもあります。

鍵の確認と同じように、極端に検査を繰り返すことは迷路を深めます。
そこから、抜け出せなくしてしまうのです。

過剰な心配から抜け出せない人の、解決方法をさらに考えてみたいです。
まず「何回検査しても、最後の1回しかしていない」という自覚です。

この自覚により、方向は変えやすくなるでしょう。
後ろ向きから、前向きに変わりやすくなります。

このような自覚とともに、こころの法則も大切です。
それは「不安は最初の5分がピーク」という法則です。

正確には、次のようになります。
「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。

身体には、適応性があります。
不安を持ちながらも、適応しようとするのです。

そしてそれが「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。
この法則に、さらに踏み込んだ方法もあります。

その方法は、意識的にこころの中で不安を繰り返すのです。
この人の場合は検査と、健康不安です。

そのことを、こころの中で繰り返します。
20分ぐらい、繰り返すのです。

いつも心配していることを、集中的に心配する「心配タイム」をつくります。
その「心配タイム」にのみ、集中的に心配すれば良いのです。

この意識的にこころの中で不安を繰り返す方法は、不安に耐える方法よりも不安に働きかけます。
よって意志の力も必要です。

日常生活の中で、不安になったら「心配タイム」まで待ってください。
その「心配タイム」のときのみ、集中的に心配するのです。

異なる形式の、「心配タイム」の方法もあります。
その方法を述べます。

その「心配タイム」の方法は、回数で決めるのです。
心配を300回するというように、回数で決めるのです。

ただしこの方法では、短い言葉で繰り返すことになります。
その短い言葉は、分かりやすいものであることが大切です。

以前述べた、次のような言葉です。
「何回検査しても、最後の1回しかしていない」

このような短く、分かりやすいものです。
その言葉を、自分で考えるのです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 08:07Comments(0)カウンセリング

2013年11月18日

神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法 93

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

「神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法」を、述べます。

神経症の人は、時間に追われた生活になりがちです。
ゆとりを持って生きることが、できません。

ある人は、いつも身体のことが気になります。
少しでも身体がだるいと、大きな病気かもしれないと心配します。

その結果、生活にゆとりが持てないのです。
ゆとりが持てないから、生活はギクシャクしたものになりがちです。

たとえ本当に大きな病気の人でも、気持ちにゆとりが持てれば良いのです。
その人の生活は、ギクシャクしたものになりません。

本当の問題は、「ゆとりのなさ」にあります。
何ごとも「ゆとりのなさ」は、ハイパーにその人を動かします。

現実に何も身体に問題はないのに、病院に頻繁にいきます。
同じ検査を何度も繰り返します。

その結果、生活時間と生活費のほとんどは病院の支払いに充てられます。
後ろ向きな生活に、なってしまうのです。

生活そのものは、前には進みません。
常におびやかされた生活です。

その本質は、「神経症的不安」にあります。
「神経症的不安」が、身体に非生産的なこだわりをうむのです。

よっていくら検査を繰り返しても、安心することはありません。
医師が音をあげるか、医師に不信感を向けるかです。

そこからドクター・ショッピングが、始まるのです。
どの病院に行っても、安心できません。

このような悪循環におちいる人は、子供の時に大きな病気をした人に多いのです。
子供の時の病気を、まだ引きずっています。

幼少時にその人の病気のみに、家族の気持ちが向かっていたのです。
その結果、小さな身体の変化に敏感なのです。

あと子供の時に、虐待を受けた人にも多いのです。
子供の時の虐待を、引きずってしまうのです。

虐待は、子供にはどうしようもできないことです。
自分の力の、及ばないことです。

その「自分の力の及ばないこと」に、人格形成時に虐待を受けた人はいました。
その結果、病気のような「自分の力の及ばないこと」を極度に恐れます。

そこから「すぎたるは、及ばざるがごとし」という、迷路に入ってしまうのです。
ある女性をモデルに、述べてみたいと思います。

この人は、病気を恐れています。
それも死ぬかもしれない、重い病気です。

早期発見をすれば、たすかるかもしれない病気です。
それゆえに、検査を繰り返します。

身体のほんのささいな変化を、気にかけます。
ほんの少しの痛みや、はれを気にします。

この人の父親は、何年か前に癌で死んでいました。
それも死ぬかもしれないと言う不安を、強めました。

父親が死んだときの姿が、フラッシュ・バックします。
そのフラッシュ・バックにも、苦しみました。

常に母親に、癌ではないことの確認を求めます。
「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

初めのうちは、母親も「へいき」と答えます。
しかしそのやりとりが重なるうちに、不機嫌になります。

そして怒り出します。
その人はそれを聞いて、落胆します。

自分が受け入れられなかったゆえに、苦しみも深まります。
フラッシュ・バックの程度も、深刻になります。

そこで同じように友人に癌ではないことの確認を求めます。
また「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

このことの繰り返しです。
生産的に、前に進むことはありません。

この人も、いくつかのカウンセリングを体験しています。
あるカウンセラーは、この人のこころの中を指摘しました。

そのカウンセラーは、「内的な攻撃性」を指摘しました。
その攻撃性が、出口を求めていると語りました。

この人はそう言われても、チンプンカンプンです。
まったく思い当たることは、ありません。

このような「内的な攻撃性」を指摘するのは、精神分析療法に多いのです。
多くの場合、本人はそう言われてもチンプンカンプンです。

自分自身で納得できる、ことを知りたいのです。
そこで森田療法に、たすけを求めました。

森田療法は、説得力があります。
多くの人は、森田療法の本を読んで納得します。

森田療法では、「気にするから、それが悪循環になる」と考えます。
「その解決は『あるがまま』のきょうちにある」とするのです。

『あるがまま』が身につけば、悪循環から抜け出せるとします。
それは、『悟り』であるともするのです。

それを作業により行うのが、森田療法の特徴です。
なお森田療法は森田療法家により行われます。

この師弟関係が、いまの若い人にはなじみにくいのです。
森田療法には、戦前の日本社会の姿が潜んでいます。

ここでつまずく、若い人は多いのです。
この人もつまずき、認知行動療法に向かいました。

森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理的です。
森田療法のような、師弟関係もありません。先生とは、対等な関係です。

その認知行動療法は、次のようにスタートしました。
「あなたの心配のプラス面と、マイナス面は?」

このように森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理性にはたらき掛けます。
かつ自分なりの考えを、重視します。

それに質問は、先ずプラス面からスタートしています。
これにも、大きな意味はあります。

先ず、イエスです。
自分のしていることにも、プラスはあるという認識です。

この人の答えは、こうでした。
「心配しているから、手遅れにならない」

これがこの人の、こころの表面上にあるのです。
しかし芯にあるものは、まったく異なります。

多くの場合、芯にあるものは神経症的な不安です。
表面にあるものとは、まったく異なります。

ただし芯にある神経症的な不安に、直接触れる事はしません。
直接触れる事は、混乱を深めるだけである事が多いのです。

多くの場合、その神経症的な不安を導く考え方にアプローチします。
それを変えて、神経症的な不安を改善します。

神経症的な不安を導く考え方の一つは、「心配しているから、手遅れにならない」です。
それは心配のプラス面に、かくれていたのです。

逆に神経症的な不安を導く考え方は、心配のマイナス面にもかくれています。
その質問をします。

「あなたの心配のマイナス面は?」
この質問により、不安の本質により近づきます。

この人の答えは、こうでした。
「いつも心配しているから、心配に生活が妨げられます」

この人は24時間、心配している生活です。
何もできません。

心配が、生活をおおっているのです。
不安が、ただよってしまっているのです。

このような状態は、非生産的な不安に支配されているのです。
本当に体調が悪くて119番することは、生産的です。

不安が現実的な解決に進まないで、ただその不安に支配されているのです。
起こりそうもないことを、「どうしよう、どうしよう」と心配しているのです。

これは非生産的な不安の特徴です。
心配しても解決しないことを、心配しているだけです。

その心配の根底には、「過剰な自責感」があります。
自分を責めがちな傾向です。

すべてを自分の責任だと、考えます。
このような傾向に、巻き込まれているのです。

もし病気の発見が遅れたら、自分の責任だと考えます。
自分を、こんなように責めます。

それが身体にこだわる人の、特徴です。
すべてを自分の責任だと考えることは、苦しみを生みます。

それにすべてを自分の責任だと考えることは、すべて自己証明を必要とします。
「病院で検査をした、その結果は何も心配はなかった」しかし、検査ミスはあるかもしれない。

そう考えると、検査ミスをする病院を選んだ自分の責任だと考えます。
このようなことは、限りなく連鎖しがちです。

このように自分のしたことを、すべてOKだと考えることは不可能です。
それよりも、責任の限りない連鎖に陥りがちです。

心配はその連鎖そのものに、非生産性が含まれています。
それゆえに、カウンセラーは連鎖のマイナス性を指摘するのです。

心配の連鎖は、何ももたらしません。
生活を、ただ非生産的にするだけです。

さらにこの人は検査にも、のめりこんでいます。
身体の全てを把握することに、のめりこんでいます。

話は少し変わりますが、外出時に何回も鍵を閉めたか確認する人がいます。
その人も、この人と共通する要素があります。

自分では確認することにより、不安を弱めたいのです。
しかし確認すればするほど、逆に不安は強まります。

鍵を閉めたか確認する人は、このような迷路に入っています。
先ずその迷路に、気付くことです、

迷路に気付けば、半分は解決しています。
そこから出口を、見付ければ良いのです。

鍵の確認に関して言えば、こうなります。
「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」

そうです、「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」のです。
このように気付けばよいのです。

この人の病院の検査も、同じような性格を持っています。
何回検査しても、最後の1回しかしていないようなめんもあります。

鍵の確認と同じように、極端に検査を繰り返すことは迷路を深めます。
そこから、抜け出せなくしてしまうのです。

過剰な心配から抜け出せない人の、解決方法をさらに考えてみたいです。
まず「何回検査しても、最後の1回しかしていない」という自覚です。

この自覚により、方向は変えやすくなるでしょう。
後ろ向きから、前向きに変わりやすくなります。

このような自覚とともに、こころの法則も大切です。
それは「不安は最初の5分がピーク」という法則です。

正確には、次のようになります。
「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。

身体には、適応性があります。
不安を持ちながらも、適応しようとするのです。

そしてそれが「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。
この法則に、さらに踏み込んだ方法もあります。

その方法は、意識的にこころの中で不安を繰り返すのです。
この人の場合は検査と、健康不安です。

そのことを、こころの中で繰り返します。
20分ぐらい、繰り返すのです。

いつも心配していることを、集中的に心配する「心配タイム」をつくります。
その「心配タイム」にのみ、集中的に心配すれば良いのです。

この意識的にこころの中で不安を繰り返す方法は、不安に耐える方法よりも不安に働きかけます。
よって意志の力も必要です。

日常生活の中で、不安になったら「心配タイム」まで待ってください。
その「心配タイム」のときのみ、集中的に心配するのです。

異なる形式の、「心配タイム」の方法もあります。
その方法を述べます。

その「心配タイム」の方法は、回数で決めるのです。
心配を300回するというように、回数で決めるのです。

ただしこの方法では、短い言葉で繰り返すことになります。
その短い言葉は、分かりやすいものであることが大切です。

以前述べた、次のような言葉です。
「何回検査しても、最後の1回しかしていない」

このような短く、分かりやすいものです。
その言葉を、自分で考えるのです。

たとえば、次のような言葉でも良いのです。
「検査結果も、それに記入ミスもあったかもしれない」

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 06:22Comments(0)カウンセリング

2013年11月19日

神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法 94

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

「神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法」を、述べます。

神経症の人は、時間に追われた生活になりがちです。
ゆとりを持って生きることが、できません。

ある人は、いつも身体のことが気になります。
少しでも身体がだるいと、大きな病気かもしれないと心配します。

その結果、生活にゆとりが持てないのです。
ゆとりが持てないから、生活はギクシャクしたものになりがちです。

たとえ本当に大きな病気の人でも、気持ちにゆとりが持てれば良いのです。
その人の生活は、ギクシャクしたものになりません。

本当の問題は、「ゆとりのなさ」にあります。
何ごとも「ゆとりのなさ」は、ハイパーにその人を動かします。

現実に何も身体に問題はないのに、病院に頻繁にいきます。
同じ検査を何度も繰り返します。

その結果、生活時間と生活費のほとんどは病院の支払いに充てられます。
後ろ向きな生活に、なってしまうのです。

生活そのものは、前には進みません。
常におびやかされた生活です。

その本質は、「神経症的不安」にあります。
「神経症的不安」が、身体に非生産的なこだわりをうむのです。

よっていくら検査を繰り返しても、安心することはありません。
医師が音をあげるか、医師に不信感を向けるかです。

そこからドクター・ショッピングが、始まるのです。
どの病院に行っても、安心できません。

このような悪循環におちいる人は、子供の時に大きな病気をした人に多いのです。
子供の時の病気を、まだ引きずっています。

幼少時にその人の病気のみに、家族の気持ちが向かっていたのです。
その結果、小さな身体の変化に敏感なのです。

あと子供の時に、虐待を受けた人にも多いのです。
子供の時の虐待を、引きずってしまうのです。

虐待は、子供にはどうしようもできないことです。
自分の力の、及ばないことです。

その「自分の力の及ばないこと」に、人格形成時に虐待を受けた人はいました。
その結果、病気のような「自分の力の及ばないこと」を極度に恐れます。

そこから「すぎたるは、及ばざるがごとし」という、迷路に入ってしまうのです。
ある女性をモデルに、述べてみたいと思います。

この人は、病気を恐れています。
それも死ぬかもしれない、重い病気です。

早期発見をすれば、たすかるかもしれない病気です。
それゆえに、検査を繰り返します。

身体のほんのささいな変化を、気にかけます。
ほんの少しの痛みや、はれを気にします。

この人の父親は、何年か前に癌で死んでいました。
それも死ぬかもしれないと言う不安を、強めました。

父親が死んだときの姿が、フラッシュ・バックします。
そのフラッシュ・バックにも、苦しみました。

常に母親に、癌ではないことの確認を求めます。
「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

初めのうちは、母親も「へいき」と答えます。
しかしそのやりとりが重なるうちに、不機嫌になります。

そして怒り出します。
その人はそれを聞いて、落胆します。

自分が受け入れられなかったゆえに、苦しみも深まります。
フラッシュ・バックの程度も、深刻になります。

そこで同じように友人に癌ではないことの確認を求めます。
また「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

このことの繰り返しです。
生産的に、前に進むことはありません。

この人も、いくつかのカウンセリングを体験しています。
あるカウンセラーは、この人のこころの中を指摘しました。

そのカウンセラーは、「内的な攻撃性」を指摘しました。
その攻撃性が、出口を求めていると語りました。

この人はそう言われても、チンプンカンプンです。
まったく思い当たることは、ありません。

このような「内的な攻撃性」を指摘するのは、精神分析療法に多いのです。
多くの場合、本人はそう言われてもチンプンカンプンです。

自分自身で納得できる、ことを知りたいのです。
そこで森田療法に、たすけを求めました。

森田療法は、説得力があります。
多くの人は、森田療法の本を読んで納得します。

森田療法では、「気にするから、それが悪循環になる」と考えます。
「その解決は『あるがまま』のきょうちにある」とするのです。

『あるがまま』が身につけば、悪循環から抜け出せるとします。
それは、『悟り』であるともするのです。

それを作業により行うのが、森田療法の特徴です。
なお森田療法は森田療法家により行われます。

この師弟関係が、いまの若い人にはなじみにくいのです。
森田療法には、戦前の日本社会の姿が潜んでいます。

ここでつまずく、若い人は多いのです。
この人もつまずき、認知行動療法に向かいました。

森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理的です。
森田療法のような、師弟関係もありません。先生とは、対等な関係です。

その認知行動療法は、次のようにスタートしました。
「あなたの心配のプラス面と、マイナス面は?」

このように森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理性にはたらき掛けます。
かつ自分なりの考えを、重視します。

それに質問は、先ずプラス面からスタートしています。
これにも、大きな意味はあります。

先ず、イエスです。
自分のしていることにも、プラスはあるという認識です。

この人の答えは、こうでした。
「心配しているから、手遅れにならない」

これがこの人の、こころの表面上にあるのです。
しかし芯にあるものは、まったく異なります。

多くの場合、芯にあるものは神経症的な不安です。
表面にあるものとは、まったく異なります。

ただし芯にある神経症的な不安に、直接触れる事はしません。
直接触れる事は、混乱を深めるだけである事が多いのです。

多くの場合、その神経症的な不安を導く考え方にアプローチします。
それを変えて、神経症的な不安を改善します。

神経症的な不安を導く考え方の一つは、「心配しているから、手遅れにならない」です。
それは心配のプラス面に、かくれていたのです。

逆に神経症的な不安を導く考え方は、心配のマイナス面にもかくれています。
その質問をします。

「あなたの心配のマイナス面は?」
この質問により、不安の本質により近づきます。

この人の答えは、こうでした。
「いつも心配しているから、心配に生活が妨げられます」

この人は24時間、心配している生活です。
何もできません。

心配が、生活をおおっているのです。
不安が、ただよってしまっているのです。

このような状態は、非生産的な不安に支配されているのです。
本当に体調が悪くて119番することは、生産的です。

不安が現実的な解決に進まないで、ただその不安に支配されているのです。
起こりそうもないことを、「どうしよう、どうしよう」と心配しているのです。

これは非生産的な不安の特徴です。
心配しても解決しないことを、心配しているだけです。

その心配の根底には、「過剰な自責感」があります。
自分を責めがちな傾向です。

すべてを自分の責任だと、考えます。
このような傾向に、巻き込まれているのです。

もし病気の発見が遅れたら、自分の責任だと考えます。
自分を、こんなように責めます。

それが身体にこだわる人の、特徴です。
すべてを自分の責任だと考えることは、苦しみを生みます。

それにすべてを自分の責任だと考えることは、すべて自己証明を必要とします。
「病院で検査をした、その結果は何も心配はなかった」しかし、検査ミスはあるかもしれない。

そう考えると、検査ミスをする病院を選んだ自分の責任だと考えます。
このようなことは、限りなく連鎖しがちです。

このように自分のしたことを、すべてOKだと考えることは不可能です。
それよりも、責任の限りない連鎖に陥りがちです。

心配はその連鎖そのものに、非生産性が含まれています。
それゆえに、カウンセラーは連鎖のマイナス性を指摘するのです。

心配の連鎖は、何ももたらしません。
生活を、ただ非生産的にするだけです。

さらにこの人は検査にも、のめりこんでいます。
身体の全てを把握することに、のめりこんでいます。

話は少し変わりますが、外出時に何回も鍵を閉めたか確認する人がいます。
その人も、この人と共通する要素があります。

自分では確認することにより、不安を弱めたいのです。
しかし確認すればするほど、逆に不安は強まります。

鍵を閉めたか確認する人は、このような迷路に入っています。
先ずその迷路に、気付くことです、

迷路に気付けば、半分は解決しています。
そこから出口を、見付ければ良いのです。

鍵の確認に関して言えば、こうなります。
「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」

そうです、「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」のです。
このように気付けばよいのです。

この人の病院の検査も、同じような性格を持っています。
何回検査しても、最後の1回しかしていないようなめんもあります。

鍵の確認と同じように、極端に検査を繰り返すことは迷路を深めます。
そこから、抜け出せなくしてしまうのです。

過剰な心配から抜け出せない人の、解決方法をさらに考えてみたいです。
まず「何回検査しても、最後の1回しかしていない」という自覚です。

この自覚により、方向は変えやすくなるでしょう。
後ろ向きから、前向きに変わりやすくなります。

このような自覚とともに、こころの法則も大切です。
それは「不安は最初の5分がピーク」という法則です。

正確には、次のようになります。
「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。

身体には、適応性があります。
不安を持ちながらも、適応しようとするのです。

そしてそれが「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。
この法則に、さらに踏み込んだ方法もあります。

その方法は、意識的にこころの中で不安を繰り返すのです。
この人の場合は検査と、健康不安です。

そのことを、こころの中で繰り返します。
20分ぐらい、繰り返すのです。

いつも心配していることを、集中的に心配する「心配タイム」をつくります。
その「心配タイム」にのみ、集中的に心配すれば良いのです。

この意識的にこころの中で不安を繰り返す方法は、不安に耐える方法よりも不安に働きかけます。
よって意志の力も必要です。

日常生活の中で、不安になったら「心配タイム」まで待ってください。
その「心配タイム」のときのみ、集中的に心配するのです。

異なる形式の、「心配タイム」の方法もあります。
その方法を述べます。

その「心配タイム」の方法は、回数で決めるのです。
心配を300回するというように、回数で決めるのです。

ただしこの方法では、短い言葉で繰り返すことになります。
その短い言葉は、分かりやすいものであることが大切です。

以前述べた、次のような言葉です。
「何回検査しても、最後の1回しかしていない」

このような短く、分かりやすいものです。
その言葉を、自分で考えるのです。

たとえば、次のような言葉でも良いのです。
「検査結果も、それに記入ミスもあったかもしれない」

このように、いつも心配している言葉でも良いのです。
前者のような性格の言葉でも、後者のような性格の言葉でもどちらでも良いのです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 13:56Comments(0)カウンセリング

2013年11月20日

神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法 95

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

「神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法」を、述べます。

神経症の人は、時間に追われた生活になりがちです。
ゆとりを持って生きることが、できません。

ある人は、いつも身体のことが気になります。
少しでも身体がだるいと、大きな病気かもしれないと心配します。

その結果、生活にゆとりが持てないのです。
ゆとりが持てないから、生活はギクシャクしたものになりがちです。

たとえ本当に大きな病気の人でも、気持ちにゆとりが持てれば良いのです。
その人の生活は、ギクシャクしたものになりません。

本当の問題は、「ゆとりのなさ」にあります。
何ごとも「ゆとりのなさ」は、ハイパーにその人を動かします。

現実に何も身体に問題はないのに、病院に頻繁にいきます。
同じ検査を何度も繰り返します。

その結果、生活時間と生活費のほとんどは病院の支払いに充てられます。
後ろ向きな生活に、なってしまうのです。

生活そのものは、前には進みません。
常におびやかされた生活です。

その本質は、「神経症的不安」にあります。
「神経症的不安」が、身体に非生産的なこだわりをうむのです。

よっていくら検査を繰り返しても、安心することはありません。
医師が音をあげるか、医師に不信感を向けるかです。

そこからドクター・ショッピングが、始まるのです。
どの病院に行っても、安心できません。

このような悪循環におちいる人は、子供の時に大きな病気をした人に多いのです。
子供の時の病気を、まだ引きずっています。

幼少時にその人の病気のみに、家族の気持ちが向かっていたのです。
その結果、小さな身体の変化に敏感なのです。

あと子供の時に、虐待を受けた人にも多いのです。
子供の時の虐待を、引きずってしまうのです。

虐待は、子供にはどうしようもできないことです。
自分の力の、及ばないことです。

その「自分の力の及ばないこと」に、人格形成時に虐待を受けた人はいました。
その結果、病気のような「自分の力の及ばないこと」を極度に恐れます。

そこから「すぎたるは、及ばざるがごとし」という、迷路に入ってしまうのです。
ある女性をモデルに、述べてみたいと思います。

この人は、病気を恐れています。
それも死ぬかもしれない、重い病気です。

早期発見をすれば、たすかるかもしれない病気です。
それゆえに、検査を繰り返します。

身体のほんのささいな変化を、気にかけます。
ほんの少しの痛みや、はれを気にします。

この人の父親は、何年か前に癌で死んでいました。
それも死ぬかもしれないと言う不安を、強めました。

父親が死んだときの姿が、フラッシュ・バックします。
そのフラッシュ・バックにも、苦しみました。

常に母親に、癌ではないことの確認を求めます。
「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

初めのうちは、母親も「へいき」と答えます。
しかしそのやりとりが重なるうちに、不機嫌になります。

そして怒り出します。
その人はそれを聞いて、落胆します。

自分が受け入れられなかったゆえに、苦しみも深まります。
フラッシュ・バックの程度も、深刻になります。

そこで同じように友人に癌ではないことの確認を求めます。
また「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

このことの繰り返しです。
生産的に、前に進むことはありません。

この人も、いくつかのカウンセリングを体験しています。
あるカウンセラーは、この人のこころの中を指摘しました。

そのカウンセラーは、「内的な攻撃性」を指摘しました。
その攻撃性が、出口を求めていると語りました。

この人はそう言われても、チンプンカンプンです。
まったく思い当たることは、ありません。

このような「内的な攻撃性」を指摘するのは、精神分析療法に多いのです。
多くの場合、本人はそう言われてもチンプンカンプンです。

自分自身で納得できる、ことを知りたいのです。
そこで森田療法に、たすけを求めました。

森田療法は、説得力があります。
多くの人は、森田療法の本を読んで納得します。

森田療法では、「気にするから、それが悪循環になる」と考えます。
「その解決は『あるがまま』のきょうちにある」とするのです。

『あるがまま』が身につけば、悪循環から抜け出せるとします。
それは、『悟り』であるともするのです。

それを作業により行うのが、森田療法の特徴です。
なお森田療法は森田療法家により行われます。

この師弟関係が、いまの若い人にはなじみにくいのです。
森田療法には、戦前の日本社会の姿が潜んでいます。

ここでつまずく、若い人は多いのです。
この人もつまずき、認知行動療法に向かいました。

森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理的です。
森田療法のような、師弟関係もありません。先生とは、対等な関係です。

その認知行動療法は、次のようにスタートしました。
「あなたの心配のプラス面と、マイナス面は?」

このように森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理性にはたらき掛けます。
かつ自分なりの考えを、重視します。

それに質問は、先ずプラス面からスタートしています。
これにも、大きな意味はあります。

先ず、イエスです。
自分のしていることにも、プラスはあるという認識です。

この人の答えは、こうでした。
「心配しているから、手遅れにならない」

これがこの人の、こころの表面上にあるのです。
しかし芯にあるものは、まったく異なります。

多くの場合、芯にあるものは神経症的な不安です。
表面にあるものとは、まったく異なります。

ただし芯にある神経症的な不安に、直接触れる事はしません。
直接触れる事は、混乱を深めるだけである事が多いのです。

多くの場合、その神経症的な不安を導く考え方にアプローチします。
それを変えて、神経症的な不安を改善します。

神経症的な不安を導く考え方の一つは、「心配しているから、手遅れにならない」です。
それは心配のプラス面に、かくれていたのです。

逆に神経症的な不安を導く考え方は、心配のマイナス面にもかくれています。
その質問をします。

「あなたの心配のマイナス面は?」
この質問により、不安の本質により近づきます。

この人の答えは、こうでした。
「いつも心配しているから、心配に生活が妨げられます」

この人は24時間、心配している生活です。
何もできません。

心配が、生活をおおっているのです。
不安が、ただよってしまっているのです。

このような状態は、非生産的な不安に支配されているのです。
本当に体調が悪くて119番することは、生産的です。

不安が現実的な解決に進まないで、ただその不安に支配されているのです。
起こりそうもないことを、「どうしよう、どうしよう」と心配しているのです。

これは非生産的な不安の特徴です。
心配しても解決しないことを、心配しているだけです。

その心配の根底には、「過剰な自責感」があります。
自分を責めがちな傾向です。

すべてを自分の責任だと、考えます。
このような傾向に、巻き込まれているのです。

もし病気の発見が遅れたら、自分の責任だと考えます。
自分を、こんなように責めます。

それが身体にこだわる人の、特徴です。
すべてを自分の責任だと考えることは、苦しみを生みます。

それにすべてを自分の責任だと考えることは、すべて自己証明を必要とします。
「病院で検査をした、その結果は何も心配はなかった」しかし、検査ミスはあるかもしれない。

そう考えると、検査ミスをする病院を選んだ自分の責任だと考えます。
このようなことは、限りなく連鎖しがちです。

このように自分のしたことを、すべてOKだと考えることは不可能です。
それよりも、責任の限りない連鎖に陥りがちです。

心配はその連鎖そのものに、非生産性が含まれています。
それゆえに、カウンセラーは連鎖のマイナス性を指摘するのです。

心配の連鎖は、何ももたらしません。
生活を、ただ非生産的にするだけです。

さらにこの人は検査にも、のめりこんでいます。
身体の全てを把握することに、のめりこんでいます。

話は少し変わりますが、外出時に何回も鍵を閉めたか確認する人がいます。
その人も、この人と共通する要素があります。

自分では確認することにより、不安を弱めたいのです。
しかし確認すればするほど、逆に不安は強まります。

鍵を閉めたか確認する人は、このような迷路に入っています。
先ずその迷路に、気付くことです、

迷路に気付けば、半分は解決しています。
そこから出口を、見付ければ良いのです。

鍵の確認に関して言えば、こうなります。
「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」

そうです、「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」のです。
このように気付けばよいのです。

この人の病院の検査も、同じような性格を持っています。
何回検査しても、最後の1回しかしていないようなめんもあります。

鍵の確認と同じように、極端に検査を繰り返すことは迷路を深めます。
そこから、抜け出せなくしてしまうのです。

過剰な心配から抜け出せない人の、解決方法をさらに考えてみたいです。
まず「何回検査しても、最後の1回しかしていない」という自覚です。

この自覚により、方向は変えやすくなるでしょう。
後ろ向きから、前向きに変わりやすくなります。

このような自覚とともに、こころの法則も大切です。
それは「不安は最初の5分がピーク」という法則です。

正確には、次のようになります。
「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。

身体には、適応性があります。
不安を持ちながらも、適応しようとするのです。

そしてそれが「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。
この法則に、さらに踏み込んだ方法もあります。

その方法は、意識的にこころの中で不安を繰り返すのです。
この人の場合は検査と、健康不安です。

そのことを、こころの中で繰り返します。
20分ぐらい、繰り返すのです。

いつも心配していることを、集中的に心配する「心配タイム」をつくります。
その「心配タイム」にのみ、集中的に心配すれば良いのです。

この意識的にこころの中で不安を繰り返す方法は、不安に耐える方法よりも不安に働きかけます。
よって意志の力も必要です。

日常生活の中で、不安になったら「心配タイム」まで待ってください。
その「心配タイム」のときのみ、集中的に心配するのです。

異なる形式の、「心配タイム」の方法もあります。
その方法を述べます。

その「心配タイム」の方法は、回数で決めるのです。
心配を300回するというように、回数で決めるのです。

ただしこの方法では、短い言葉で繰り返すことになります。
その短い言葉は、分かりやすいものであることが大切です。

以前述べた、次のような言葉です。
「何回検査しても、最後の1回しかしていない」

このような短く、分かりやすいものです。
その言葉を、自分で考えるのです。

たとえば、次のような言葉でも良いのです。
「検査結果も、それに記入ミスもあったかもしれない」

このように、いつも心配している言葉でも良いのです。
前者のような性格の言葉でも、後者のような性格の言葉でもどちらでも良いのです。

ただしいつもの心配の程度の大きい人は、後者のほうがベターでしょう。
いつも心配している言葉を、飽和させられるからです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 06:04Comments(0)カウンセリング

2013年11月21日

神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法 96

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

「神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法」を、述べます。

神経症の人は、時間に追われた生活になりがちです。
ゆとりを持って生きることが、できません。

ある人は、いつも身体のことが気になります。
少しでも身体がだるいと、大きな病気かもしれないと心配します。

その結果、生活にゆとりが持てないのです。
ゆとりが持てないから、生活はギクシャクしたものになりがちです。

たとえ本当に大きな病気の人でも、気持ちにゆとりが持てれば良いのです。
その人の生活は、ギクシャクしたものになりません。

本当の問題は、「ゆとりのなさ」にあります。
何ごとも「ゆとりのなさ」は、ハイパーにその人を動かします。

現実に何も身体に問題はないのに、病院に頻繁にいきます。
同じ検査を何度も繰り返します。

その結果、生活時間と生活費のほとんどは病院の支払いに充てられます。
後ろ向きな生活に、なってしまうのです。

生活そのものは、前には進みません。
常におびやかされた生活です。

その本質は、「神経症的不安」にあります。
「神経症的不安」が、身体に非生産的なこだわりをうむのです。

よっていくら検査を繰り返しても、安心することはありません。
医師が音をあげるか、医師に不信感を向けるかです。

そこからドクター・ショッピングが、始まるのです。
どの病院に行っても、安心できません。

このような悪循環におちいる人は、子供の時に大きな病気をした人に多いのです。
子供の時の病気を、まだ引きずっています。

幼少時にその人の病気のみに、家族の気持ちが向かっていたのです。
その結果、小さな身体の変化に敏感なのです。

あと子供の時に、虐待を受けた人にも多いのです。
子供の時の虐待を、引きずってしまうのです。

虐待は、子供にはどうしようもできないことです。
自分の力の、及ばないことです。

その「自分の力の及ばないこと」に、人格形成時に虐待を受けた人はいました。
その結果、病気のような「自分の力の及ばないこと」を極度に恐れます。

そこから「すぎたるは、及ばざるがごとし」という、迷路に入ってしまうのです。
ある女性をモデルに、述べてみたいと思います。

この人は、病気を恐れています。
それも死ぬかもしれない、重い病気です。

早期発見をすれば、たすかるかもしれない病気です。
それゆえに、検査を繰り返します。

身体のほんのささいな変化を、気にかけます。
ほんの少しの痛みや、はれを気にします。

この人の父親は、何年か前に癌で死んでいました。
それも死ぬかもしれないと言う不安を、強めました。

父親が死んだときの姿が、フラッシュ・バックします。
そのフラッシュ・バックにも、苦しみました。

常に母親に、癌ではないことの確認を求めます。
「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

初めのうちは、母親も「へいき」と答えます。
しかしそのやりとりが重なるうちに、不機嫌になります。

そして怒り出します。
その人はそれを聞いて、落胆します。

自分が受け入れられなかったゆえに、苦しみも深まります。
フラッシュ・バックの程度も、深刻になります。

そこで同じように友人に癌ではないことの確認を求めます。
また「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

このことの繰り返しです。
生産的に、前に進むことはありません。

この人も、いくつかのカウンセリングを体験しています。
あるカウンセラーは、この人のこころの中を指摘しました。

そのカウンセラーは、「内的な攻撃性」を指摘しました。
その攻撃性が、出口を求めていると語りました。

この人はそう言われても、チンプンカンプンです。
まったく思い当たることは、ありません。

このような「内的な攻撃性」を指摘するのは、精神分析療法に多いのです。
多くの場合、本人はそう言われてもチンプンカンプンです。

自分自身で納得できる、ことを知りたいのです。
そこで森田療法に、たすけを求めました。

森田療法は、説得力があります。
多くの人は、森田療法の本を読んで納得します。

森田療法では、「気にするから、それが悪循環になる」と考えます。
「その解決は『あるがまま』のきょうちにある」とするのです。

『あるがまま』が身につけば、悪循環から抜け出せるとします。
それは、『悟り』であるともするのです。

それを作業により行うのが、森田療法の特徴です。
なお森田療法は森田療法家により行われます。

この師弟関係が、いまの若い人にはなじみにくいのです。
森田療法には、戦前の日本社会の姿が潜んでいます。

ここでつまずく、若い人は多いのです。
この人もつまずき、認知行動療法に向かいました。

森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理的です。
森田療法のような、師弟関係もありません。先生とは、対等な関係です。

その認知行動療法は、次のようにスタートしました。
「あなたの心配のプラス面と、マイナス面は?」

このように森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理性にはたらき掛けます。
かつ自分なりの考えを、重視します。

それに質問は、先ずプラス面からスタートしています。
これにも、大きな意味はあります。

先ず、イエスです。
自分のしていることにも、プラスはあるという認識です。

この人の答えは、こうでした。
「心配しているから、手遅れにならない」

これがこの人の、こころの表面上にあるのです。
しかし芯にあるものは、まったく異なります。

多くの場合、芯にあるものは神経症的な不安です。
表面にあるものとは、まったく異なります。

ただし芯にある神経症的な不安に、直接触れる事はしません。
直接触れる事は、混乱を深めるだけである事が多いのです。

多くの場合、その神経症的な不安を導く考え方にアプローチします。
それを変えて、神経症的な不安を改善します。

神経症的な不安を導く考え方の一つは、「心配しているから、手遅れにならない」です。
それは心配のプラス面に、かくれていたのです。

逆に神経症的な不安を導く考え方は、心配のマイナス面にもかくれています。
その質問をします。

「あなたの心配のマイナス面は?」
この質問により、不安の本質により近づきます。

この人の答えは、こうでした。
「いつも心配しているから、心配に生活が妨げられます」

この人は24時間、心配している生活です。
何もできません。

心配が、生活をおおっているのです。
不安が、ただよってしまっているのです。

このような状態は、非生産的な不安に支配されているのです。
本当に体調が悪くて119番することは、生産的です。

不安が現実的な解決に進まないで、ただその不安に支配されているのです。
起こりそうもないことを、「どうしよう、どうしよう」と心配しているのです。

これは非生産的な不安の特徴です。
心配しても解決しないことを、心配しているだけです。

その心配の根底には、「過剰な自責感」があります。
自分を責めがちな傾向です。

すべてを自分の責任だと、考えます。
このような傾向に、巻き込まれているのです。

もし病気の発見が遅れたら、自分の責任だと考えます。
自分を、こんなように責めます。

それが身体にこだわる人の、特徴です。
すべてを自分の責任だと考えることは、苦しみを生みます。

それにすべてを自分の責任だと考えることは、すべて自己証明を必要とします。
「病院で検査をした、その結果は何も心配はなかった」しかし、検査ミスはあるかもしれない。

そう考えると、検査ミスをする病院を選んだ自分の責任だと考えます。
このようなことは、限りなく連鎖しがちです。

このように自分のしたことを、すべてOKだと考えることは不可能です。
それよりも、責任の限りない連鎖に陥りがちです。

心配はその連鎖そのものに、非生産性が含まれています。
それゆえに、カウンセラーは連鎖のマイナス性を指摘するのです。

心配の連鎖は、何ももたらしません。
生活を、ただ非生産的にするだけです。

さらにこの人は検査にも、のめりこんでいます。
身体の全てを把握することに、のめりこんでいます。

話は少し変わりますが、外出時に何回も鍵を閉めたか確認する人がいます。
その人も、この人と共通する要素があります。

自分では確認することにより、不安を弱めたいのです。
しかし確認すればするほど、逆に不安は強まります。

鍵を閉めたか確認する人は、このような迷路に入っています。
先ずその迷路に、気付くことです、

迷路に気付けば、半分は解決しています。
そこから出口を、見付ければ良いのです。

鍵の確認に関して言えば、こうなります。
「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」

そうです、「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」のです。
このように気付けばよいのです。

この人の病院の検査も、同じような性格を持っています。
何回検査しても、最後の1回しかしていないようなめんもあります。

鍵の確認と同じように、極端に検査を繰り返すことは迷路を深めます。
そこから、抜け出せなくしてしまうのです。

過剰な心配から抜け出せない人の、解決方法をさらに考えてみたいです。
まず「何回検査しても、最後の1回しかしていない」という自覚です。

この自覚により、方向は変えやすくなるでしょう。
後ろ向きから、前向きに変わりやすくなります。

このような自覚とともに、こころの法則も大切です。
それは「不安は最初の5分がピーク」という法則です。

正確には、次のようになります。
「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。

身体には、適応性があります。
不安を持ちながらも、適応しようとするのです。

そしてそれが「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。
この法則に、さらに踏み込んだ方法もあります。

その方法は、意識的にこころの中で不安を繰り返すのです。
この人の場合は検査と、健康不安です。

そのことを、こころの中で繰り返します。
20分ぐらい、繰り返すのです。

いつも心配していることを、集中的に心配する「心配タイム」をつくります。
その「心配タイム」にのみ、集中的に心配すれば良いのです。

この意識的にこころの中で不安を繰り返す方法は、不安に耐える方法よりも不安に働きかけます。
よって意志の力も必要です。

日常生活の中で、不安になったら「心配タイム」まで待ってください。
その「心配タイム」のときのみ、集中的に心配するのです。

異なる形式の、「心配タイム」の方法もあります。
その方法を述べます。

その「心配タイム」の方法は、回数で決めるのです。
心配を300回するというように、回数で決めるのです。

ただしこの方法では、短い言葉で繰り返すことになります。
その短い言葉は、分かりやすいものであることが大切です。

以前述べた、次のような言葉です。
「何回検査しても、最後の1回しかしていない」

このような短く、分かりやすいものです。
その言葉を、自分で考えるのです。

たとえば、次のような言葉でも良いのです。
「検査結果も、それに記入ミスもあったかもしれない」

このように、いつも心配している言葉でも良いのです。
前者のような性格の言葉でも、後者のような性格の言葉でもどちらでも良いのです。

ただしいつもの心配の程度の大きい人は、後者のほうがベターでしょう。
いつも心配している言葉を、飽和させられるからです。

心配している言葉を飽和させられれば、もうコップに水は入りません。
心配という水は、もう入らないのです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 06:11Comments(0)カウンセリング

2013年11月22日

神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法 97

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

「神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法」を、述べます。

神経症の人は、時間に追われた生活になりがちです。
ゆとりを持って生きることが、できません。

ある人は、いつも身体のことが気になります。
少しでも身体がだるいと、大きな病気かもしれないと心配します。

その結果、生活にゆとりが持てないのです。
ゆとりが持てないから、生活はギクシャクしたものになりがちです。

たとえ本当に大きな病気の人でも、気持ちにゆとりが持てれば良いのです。
その人の生活は、ギクシャクしたものになりません。

本当の問題は、「ゆとりのなさ」にあります。
何ごとも「ゆとりのなさ」は、ハイパーにその人を動かします。

現実に何も身体に問題はないのに、病院に頻繁にいきます。
同じ検査を何度も繰り返します。

その結果、生活時間と生活費のほとんどは病院の支払いに充てられます。
後ろ向きな生活に、なってしまうのです。

生活そのものは、前には進みません。
常におびやかされた生活です。

その本質は、「神経症的不安」にあります。
「神経症的不安」が、身体に非生産的なこだわりをうむのです。

よっていくら検査を繰り返しても、安心することはありません。
医師が音をあげるか、医師に不信感を向けるかです。

そこからドクター・ショッピングが、始まるのです。
どの病院に行っても、安心できません。

このような悪循環におちいる人は、子供の時に大きな病気をした人に多いのです。
子供の時の病気を、まだ引きずっています。

幼少時にその人の病気のみに、家族の気持ちが向かっていたのです。
その結果、小さな身体の変化に敏感なのです。

あと子供の時に、虐待を受けた人にも多いのです。
子供の時の虐待を、引きずってしまうのです。

虐待は、子供にはどうしようもできないことです。
自分の力の、及ばないことです。

その「自分の力の及ばないこと」に、人格形成時に虐待を受けた人はいました。
その結果、病気のような「自分の力の及ばないこと」を極度に恐れます。

そこから「すぎたるは、及ばざるがごとし」という、迷路に入ってしまうのです。
ある女性をモデルに、述べてみたいと思います。

この人は、病気を恐れています。
それも死ぬかもしれない、重い病気です。

早期発見をすれば、たすかるかもしれない病気です。
それゆえに、検査を繰り返します。

身体のほんのささいな変化を、気にかけます。
ほんの少しの痛みや、はれを気にします。

この人の父親は、何年か前に癌で死んでいました。
それも死ぬかもしれないと言う不安を、強めました。

父親が死んだときの姿が、フラッシュ・バックします。
そのフラッシュ・バックにも、苦しみました。

常に母親に、癌ではないことの確認を求めます。
「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

初めのうちは、母親も「へいき」と答えます。
しかしそのやりとりが重なるうちに、不機嫌になります。

そして怒り出します。
その人はそれを聞いて、落胆します。

自分が受け入れられなかったゆえに、苦しみも深まります。
フラッシュ・バックの程度も、深刻になります。

そこで同じように友人に癌ではないことの確認を求めます。
また「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

このことの繰り返しです。
生産的に、前に進むことはありません。

この人も、いくつかのカウンセリングを体験しています。
あるカウンセラーは、この人のこころの中を指摘しました。

そのカウンセラーは、「内的な攻撃性」を指摘しました。
その攻撃性が、出口を求めていると語りました。

この人はそう言われても、チンプンカンプンです。
まったく思い当たることは、ありません。

このような「内的な攻撃性」を指摘するのは、精神分析療法に多いのです。
多くの場合、本人はそう言われてもチンプンカンプンです。

自分自身で納得できる、ことを知りたいのです。
そこで森田療法に、たすけを求めました。

森田療法は、説得力があります。
多くの人は、森田療法の本を読んで納得します。

森田療法では、「気にするから、それが悪循環になる」と考えます。
「その解決は『あるがまま』のきょうちにある」とするのです。

『あるがまま』が身につけば、悪循環から抜け出せるとします。
それは、『悟り』であるともするのです。

それを作業により行うのが、森田療法の特徴です。
なお森田療法は森田療法家により行われます。

この師弟関係が、いまの若い人にはなじみにくいのです。
森田療法には、戦前の日本社会の姿が潜んでいます。

ここでつまずく、若い人は多いのです。
この人もつまずき、認知行動療法に向かいました。

森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理的です。
森田療法のような、師弟関係もありません。先生とは、対等な関係です。

その認知行動療法は、次のようにスタートしました。
「あなたの心配のプラス面と、マイナス面は?」

このように森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理性にはたらき掛けます。
かつ自分なりの考えを、重視します。

それに質問は、先ずプラス面からスタートしています。
これにも、大きな意味はあります。

先ず、イエスです。
自分のしていることにも、プラスはあるという認識です。

この人の答えは、こうでした。
「心配しているから、手遅れにならない」

これがこの人の、こころの表面上にあるのです。
しかし芯にあるものは、まったく異なります。

多くの場合、芯にあるものは神経症的な不安です。
表面にあるものとは、まったく異なります。

ただし芯にある神経症的な不安に、直接触れる事はしません。
直接触れる事は、混乱を深めるだけである事が多いのです。

多くの場合、その神経症的な不安を導く考え方にアプローチします。
それを変えて、神経症的な不安を改善します。

神経症的な不安を導く考え方の一つは、「心配しているから、手遅れにならない」です。
それは心配のプラス面に、かくれていたのです。

逆に神経症的な不安を導く考え方は、心配のマイナス面にもかくれています。
その質問をします。

「あなたの心配のマイナス面は?」
この質問により、不安の本質により近づきます。

この人の答えは、こうでした。
「いつも心配しているから、心配に生活が妨げられます」

この人は24時間、心配している生活です。
何もできません。

心配が、生活をおおっているのです。
不安が、ただよってしまっているのです。

このような状態は、非生産的な不安に支配されているのです。
本当に体調が悪くて119番することは、生産的です。

不安が現実的な解決に進まないで、ただその不安に支配されているのです。
起こりそうもないことを、「どうしよう、どうしよう」と心配しているのです。

これは非生産的な不安の特徴です。
心配しても解決しないことを、心配しているだけです。

その心配の根底には、「過剰な自責感」があります。
自分を責めがちな傾向です。

すべてを自分の責任だと、考えます。
このような傾向に、巻き込まれているのです。

もし病気の発見が遅れたら、自分の責任だと考えます。
自分を、こんなように責めます。

それが身体にこだわる人の、特徴です。
すべてを自分の責任だと考えることは、苦しみを生みます。

それにすべてを自分の責任だと考えることは、すべて自己証明を必要とします。
「病院で検査をした、その結果は何も心配はなかった」しかし、検査ミスはあるかもしれない。

そう考えると、検査ミスをする病院を選んだ自分の責任だと考えます。
このようなことは、限りなく連鎖しがちです。

このように自分のしたことを、すべてOKだと考えることは不可能です。
それよりも、責任の限りない連鎖に陥りがちです。

心配はその連鎖そのものに、非生産性が含まれています。
それゆえに、カウンセラーは連鎖のマイナス性を指摘するのです。

心配の連鎖は、何ももたらしません。
生活を、ただ非生産的にするだけです。

さらにこの人は検査にも、のめりこんでいます。
身体の全てを把握することに、のめりこんでいます。

話は少し変わりますが、外出時に何回も鍵を閉めたか確認する人がいます。
その人も、この人と共通する要素があります。

自分では確認することにより、不安を弱めたいのです。
しかし確認すればするほど、逆に不安は強まります。

鍵を閉めたか確認する人は、このような迷路に入っています。
先ずその迷路に、気付くことです、

迷路に気付けば、半分は解決しています。
そこから出口を、見付ければ良いのです。

鍵の確認に関して言えば、こうなります。
「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」

そうです、「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」のです。
このように気付けばよいのです。

この人の病院の検査も、同じような性格を持っています。
何回検査しても、最後の1回しかしていないようなめんもあります。

鍵の確認と同じように、極端に検査を繰り返すことは迷路を深めます。
そこから、抜け出せなくしてしまうのです。

過剰な心配から抜け出せない人の、解決方法をさらに考えてみたいです。
まず「何回検査しても、最後の1回しかしていない」という自覚です。

この自覚により、方向は変えやすくなるでしょう。
後ろ向きから、前向きに変わりやすくなります。

このような自覚とともに、こころの法則も大切です。
それは「不安は最初の5分がピーク」という法則です。

正確には、次のようになります。
「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。

身体には、適応性があります。
不安を持ちながらも、適応しようとするのです。

そしてそれが「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。
この法則に、さらに踏み込んだ方法もあります。

その方法は、意識的にこころの中で不安を繰り返すのです。
この人の場合は検査と、健康不安です。

そのことを、こころの中で繰り返します。
20分ぐらい、繰り返すのです。

いつも心配していることを、集中的に心配する「心配タイム」をつくります。
その「心配タイム」にのみ、集中的に心配すれば良いのです。

この意識的にこころの中で不安を繰り返す方法は、不安に耐える方法よりも不安に働きかけます。
よって意志の力も必要です。

日常生活の中で、不安になったら「心配タイム」まで待ってください。
その「心配タイム」のときのみ、集中的に心配するのです。

異なる形式の、「心配タイム」の方法もあります。
その方法を述べます。

その「心配タイム」の方法は、回数で決めるのです。
心配を300回するというように、回数で決めるのです。

ただしこの方法では、短い言葉で繰り返すことになります。
その短い言葉は、分かりやすいものであることが大切です。

以前述べた、次のような言葉です。
「何回検査しても、最後の1回しかしていない」

このような短く、分かりやすいものです。
その言葉を、自分で考えるのです。

たとえば、次のような言葉でも良いのです。
「検査結果も、それに記入ミスもあったかもしれない」

このように、いつも心配している言葉でも良いのです。
前者のような性格の言葉でも、後者のような性格の言葉でもどちらでも良いのです。

ただしいつもの心配の程度の大きい人は、後者のほうがベターでしょう。
いつも心配している言葉を、飽和させられるからです。

心配している言葉を飽和させられれば、もうコップに水は入りません。
心配という水は、もう入らないのです。

このようにして、心配を飽和させればよいのです。
さらに、ものごとに対する姿勢も大切です。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 06:08Comments(0)カウンセリング

2013年11月23日

神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法 98

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

「神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法」を、述べます。

神経症の人は、時間に追われた生活になりがちです。
ゆとりを持って生きることが、できません。

ある人は、いつも身体のことが気になります。
少しでも身体がだるいと、大きな病気かもしれないと心配します。

その結果、生活にゆとりが持てないのです。
ゆとりが持てないから、生活はギクシャクしたものになりがちです。

たとえ本当に大きな病気の人でも、気持ちにゆとりが持てれば良いのです。
その人の生活は、ギクシャクしたものになりません。

本当の問題は、「ゆとりのなさ」にあります。
何ごとも「ゆとりのなさ」は、ハイパーにその人を動かします。

現実に何も身体に問題はないのに、病院に頻繁にいきます。
同じ検査を何度も繰り返します。

その結果、生活時間と生活費のほとんどは病院の支払いに充てられます。
後ろ向きな生活に、なってしまうのです。

生活そのものは、前には進みません。
常におびやかされた生活です。

その本質は、「神経症的不安」にあります。
「神経症的不安」が、身体に非生産的なこだわりをうむのです。

よっていくら検査を繰り返しても、安心することはありません。
医師が音をあげるか、医師に不信感を向けるかです。

そこからドクター・ショッピングが、始まるのです。
どの病院に行っても、安心できません。

このような悪循環におちいる人は、子供の時に大きな病気をした人に多いのです。
子供の時の病気を、まだ引きずっています。

幼少時にその人の病気のみに、家族の気持ちが向かっていたのです。
その結果、小さな身体の変化に敏感なのです。

あと子供の時に、虐待を受けた人にも多いのです。
子供の時の虐待を、引きずってしまうのです。

虐待は、子供にはどうしようもできないことです。
自分の力の、及ばないことです。

その「自分の力の及ばないこと」に、人格形成時に虐待を受けた人はいました。
その結果、病気のような「自分の力の及ばないこと」を極度に恐れます。

そこから「すぎたるは、及ばざるがごとし」という、迷路に入ってしまうのです。
ある女性をモデルに、述べてみたいと思います。

この人は、病気を恐れています。
それも死ぬかもしれない、重い病気です。

早期発見をすれば、たすかるかもしれない病気です。
それゆえに、検査を繰り返します。

身体のほんのささいな変化を、気にかけます。
ほんの少しの痛みや、はれを気にします。

この人の父親は、何年か前に癌で死んでいました。
それも死ぬかもしれないと言う不安を、強めました。

父親が死んだときの姿が、フラッシュ・バックします。
そのフラッシュ・バックにも、苦しみました。

常に母親に、癌ではないことの確認を求めます。
「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

初めのうちは、母親も「へいき」と答えます。
しかしそのやりとりが重なるうちに、不機嫌になります。

そして怒り出します。
その人はそれを聞いて、落胆します。

自分が受け入れられなかったゆえに、苦しみも深まります。
フラッシュ・バックの程度も、深刻になります。

そこで同じように友人に癌ではないことの確認を求めます。
また「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

このことの繰り返しです。
生産的に、前に進むことはありません。

この人も、いくつかのカウンセリングを体験しています。
あるカウンセラーは、この人のこころの中を指摘しました。

そのカウンセラーは、「内的な攻撃性」を指摘しました。
その攻撃性が、出口を求めていると語りました。

この人はそう言われても、チンプンカンプンです。
まったく思い当たることは、ありません。

このような「内的な攻撃性」を指摘するのは、精神分析療法に多いのです。
多くの場合、本人はそう言われてもチンプンカンプンです。

自分自身で納得できる、ことを知りたいのです。
そこで森田療法に、たすけを求めました。

森田療法は、説得力があります。
多くの人は、森田療法の本を読んで納得します。

森田療法では、「気にするから、それが悪循環になる」と考えます。
「その解決は『あるがまま』のきょうちにある」とするのです。

『あるがまま』が身につけば、悪循環から抜け出せるとします。
それは、『悟り』であるともするのです。

それを作業により行うのが、森田療法の特徴です。
なお森田療法は森田療法家により行われます。

この師弟関係が、いまの若い人にはなじみにくいのです。
森田療法には、戦前の日本社会の姿が潜んでいます。

ここでつまずく、若い人は多いのです。
この人もつまずき、認知行動療法に向かいました。

森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理的です。
森田療法のような、師弟関係もありません。先生とは、対等な関係です。

その認知行動療法は、次のようにスタートしました。
「あなたの心配のプラス面と、マイナス面は?」

このように森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理性にはたらき掛けます。
かつ自分なりの考えを、重視します。

それに質問は、先ずプラス面からスタートしています。
これにも、大きな意味はあります。

先ず、イエスです。
自分のしていることにも、プラスはあるという認識です。

この人の答えは、こうでした。
「心配しているから、手遅れにならない」

これがこの人の、こころの表面上にあるのです。
しかし芯にあるものは、まったく異なります。

多くの場合、芯にあるものは神経症的な不安です。
表面にあるものとは、まったく異なります。

ただし芯にある神経症的な不安に、直接触れる事はしません。
直接触れる事は、混乱を深めるだけである事が多いのです。

多くの場合、その神経症的な不安を導く考え方にアプローチします。
それを変えて、神経症的な不安を改善します。

神経症的な不安を導く考え方の一つは、「心配しているから、手遅れにならない」です。
それは心配のプラス面に、かくれていたのです。

逆に神経症的な不安を導く考え方は、心配のマイナス面にもかくれています。
その質問をします。

「あなたの心配のマイナス面は?」
この質問により、不安の本質により近づきます。

この人の答えは、こうでした。
「いつも心配しているから、心配に生活が妨げられます」

この人は24時間、心配している生活です。
何もできません。

心配が、生活をおおっているのです。
不安が、ただよってしまっているのです。

このような状態は、非生産的な不安に支配されているのです。
本当に体調が悪くて119番することは、生産的です。

不安が現実的な解決に進まないで、ただその不安に支配されているのです。
起こりそうもないことを、「どうしよう、どうしよう」と心配しているのです。

これは非生産的な不安の特徴です。
心配しても解決しないことを、心配しているだけです。

その心配の根底には、「過剰な自責感」があります。
自分を責めがちな傾向です。

すべてを自分の責任だと、考えます。
このような傾向に、巻き込まれているのです。

もし病気の発見が遅れたら、自分の責任だと考えます。
自分を、こんなように責めます。

それが身体にこだわる人の、特徴です。
すべてを自分の責任だと考えることは、苦しみを生みます。

それにすべてを自分の責任だと考えることは、すべて自己証明を必要とします。
「病院で検査をした、その結果は何も心配はなかった」しかし、検査ミスはあるかもしれない。

そう考えると、検査ミスをする病院を選んだ自分の責任だと考えます。
このようなことは、限りなく連鎖しがちです。

このように自分のしたことを、すべてOKだと考えることは不可能です。
それよりも、責任の限りない連鎖に陥りがちです。

心配はその連鎖そのものに、非生産性が含まれています。
それゆえに、カウンセラーは連鎖のマイナス性を指摘するのです。

心配の連鎖は、何ももたらしません。
生活を、ただ非生産的にするだけです。

さらにこの人は検査にも、のめりこんでいます。
身体の全てを把握することに、のめりこんでいます。

話は少し変わりますが、外出時に何回も鍵を閉めたか確認する人がいます。
その人も、この人と共通する要素があります。

自分では確認することにより、不安を弱めたいのです。
しかし確認すればするほど、逆に不安は強まります。

鍵を閉めたか確認する人は、このような迷路に入っています。
先ずその迷路に、気付くことです、

迷路に気付けば、半分は解決しています。
そこから出口を、見付ければ良いのです。

鍵の確認に関して言えば、こうなります。
「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」

そうです、「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」のです。
このように気付けばよいのです。

この人の病院の検査も、同じような性格を持っています。
何回検査しても、最後の1回しかしていないようなめんもあります。

鍵の確認と同じように、極端に検査を繰り返すことは迷路を深めます。
そこから、抜け出せなくしてしまうのです。

過剰な心配から抜け出せない人の、解決方法をさらに考えてみたいです。
まず「何回検査しても、最後の1回しかしていない」という自覚です。

この自覚により、方向は変えやすくなるでしょう。
後ろ向きから、前向きに変わりやすくなります。

このような自覚とともに、こころの法則も大切です。
それは「不安は最初の5分がピーク」という法則です。

正確には、次のようになります。
「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。

身体には、適応性があります。
不安を持ちながらも、適応しようとするのです。

そしてそれが「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。
この法則に、さらに踏み込んだ方法もあります。

その方法は、意識的にこころの中で不安を繰り返すのです。
この人の場合は検査と、健康不安です。

そのことを、こころの中で繰り返します。
20分ぐらい、繰り返すのです。

いつも心配していることを、集中的に心配する「心配タイム」をつくります。
その「心配タイム」にのみ、集中的に心配すれば良いのです。

この意識的にこころの中で不安を繰り返す方法は、不安に耐える方法よりも不安に働きかけます。
よって意志の力も必要です。

日常生活の中で、不安になったら「心配タイム」まで待ってください。
その「心配タイム」のときのみ、集中的に心配するのです。

異なる形式の、「心配タイム」の方法もあります。
その方法を述べます。

その「心配タイム」の方法は、回数で決めるのです。
心配を300回するというように、回数で決めるのです。

ただしこの方法では、短い言葉で繰り返すことになります。
その短い言葉は、分かりやすいものであることが大切です。

以前述べた、次のような言葉です。
「何回検査しても、最後の1回しかしていない」

このような短く、分かりやすいものです。
その言葉を、自分で考えるのです。

たとえば、次のような言葉でも良いのです。
「検査結果も、それに記入ミスもあったかもしれない」

このように、いつも心配している言葉でも良いのです。
前者のような性格の言葉でも、後者のような性格の言葉でもどちらでも良いのです。

ただしいつもの心配の程度の大きい人は、後者のほうがベターでしょう。
いつも心配している言葉を、飽和させられるからです。

心配している言葉を飽和させられれば、もうコップに水は入りません。
心配という水は、もう入らないのです。

このようにして、心配を飽和させればよいのです。
さらに、ものごとに対する姿勢も大切です。

そもそもこの世の中で、自分の思い通りになることは少ないのです。
いまのあなたは過去の願いに、どれぐらいよってあるのでしょうか?

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 06:28Comments(0)カウンセリング

2013年11月24日

神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法 99

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

「神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法」を、述べます。

神経症の人は、時間に追われた生活になりがちです。
ゆとりを持って生きることが、できません。

ある人は、いつも身体のことが気になります。
少しでも身体がだるいと、大きな病気かもしれないと心配します。

その結果、生活にゆとりが持てないのです。
ゆとりが持てないから、生活はギクシャクしたものになりがちです。

たとえ本当に大きな病気の人でも、気持ちにゆとりが持てれば良いのです。
その人の生活は、ギクシャクしたものになりません。

本当の問題は、「ゆとりのなさ」にあります。
何ごとも「ゆとりのなさ」は、ハイパーにその人を動かします。

現実に何も身体に問題はないのに、病院に頻繁にいきます。
同じ検査を何度も繰り返します。

その結果、生活時間と生活費のほとんどは病院の支払いに充てられます。
後ろ向きな生活に、なってしまうのです。

生活そのものは、前には進みません。
常におびやかされた生活です。

その本質は、「神経症的不安」にあります。
「神経症的不安」が、身体に非生産的なこだわりをうむのです。

よっていくら検査を繰り返しても、安心することはありません。
医師が音をあげるか、医師に不信感を向けるかです。

そこからドクター・ショッピングが、始まるのです。
どの病院に行っても、安心できません。

このような悪循環におちいる人は、子供の時に大きな病気をした人に多いのです。
子供の時の病気を、まだ引きずっています。

幼少時にその人の病気のみに、家族の気持ちが向かっていたのです。
その結果、小さな身体の変化に敏感なのです。

あと子供の時に、虐待を受けた人にも多いのです。
子供の時の虐待を、引きずってしまうのです。

虐待は、子供にはどうしようもできないことです。
自分の力の、及ばないことです。

その「自分の力の及ばないこと」に、人格形成時に虐待を受けた人はいました。
その結果、病気のような「自分の力の及ばないこと」を極度に恐れます。

そこから「すぎたるは、及ばざるがごとし」という、迷路に入ってしまうのです。
ある女性をモデルに、述べてみたいと思います。

この人は、病気を恐れています。
それも死ぬかもしれない、重い病気です。

早期発見をすれば、たすかるかもしれない病気です。
それゆえに、検査を繰り返します。

身体のほんのささいな変化を、気にかけます。
ほんの少しの痛みや、はれを気にします。

この人の父親は、何年か前に癌で死んでいました。
それも死ぬかもしれないと言う不安を、強めました。

父親が死んだときの姿が、フラッシュ・バックします。
そのフラッシュ・バックにも、苦しみました。

常に母親に、癌ではないことの確認を求めます。
「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

初めのうちは、母親も「へいき」と答えます。
しかしそのやりとりが重なるうちに、不機嫌になります。

そして怒り出します。
その人はそれを聞いて、落胆します。

自分が受け入れられなかったゆえに、苦しみも深まります。
フラッシュ・バックの程度も、深刻になります。

そこで同じように友人に癌ではないことの確認を求めます。
また「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

このことの繰り返しです。
生産的に、前に進むことはありません。

この人も、いくつかのカウンセリングを体験しています。
あるカウンセラーは、この人のこころの中を指摘しました。

そのカウンセラーは、「内的な攻撃性」を指摘しました。
その攻撃性が、出口を求めていると語りました。

この人はそう言われても、チンプンカンプンです。
まったく思い当たることは、ありません。

このような「内的な攻撃性」を指摘するのは、精神分析療法に多いのです。
多くの場合、本人はそう言われてもチンプンカンプンです。

自分自身で納得できる、ことを知りたいのです。
そこで森田療法に、たすけを求めました。

森田療法は、説得力があります。
多くの人は、森田療法の本を読んで納得します。

森田療法では、「気にするから、それが悪循環になる」と考えます。
「その解決は『あるがまま』のきょうちにある」とするのです。

『あるがまま』が身につけば、悪循環から抜け出せるとします。
それは、『悟り』であるともするのです。

それを作業により行うのが、森田療法の特徴です。
なお森田療法は森田療法家により行われます。

この師弟関係が、いまの若い人にはなじみにくいのです。
森田療法には、戦前の日本社会の姿が潜んでいます。

ここでつまずく、若い人は多いのです。
この人もつまずき、認知行動療法に向かいました。

森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理的です。
森田療法のような、師弟関係もありません。先生とは、対等な関係です。

その認知行動療法は、次のようにスタートしました。
「あなたの心配のプラス面と、マイナス面は?」

このように森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理性にはたらき掛けます。
かつ自分なりの考えを、重視します。

それに質問は、先ずプラス面からスタートしています。
これにも、大きな意味はあります。

先ず、イエスです。
自分のしていることにも、プラスはあるという認識です。

この人の答えは、こうでした。
「心配しているから、手遅れにならない」

これがこの人の、こころの表面上にあるのです。
しかし芯にあるものは、まったく異なります。

多くの場合、芯にあるものは神経症的な不安です。
表面にあるものとは、まったく異なります。

ただし芯にある神経症的な不安に、直接触れる事はしません。
直接触れる事は、混乱を深めるだけである事が多いのです。

多くの場合、その神経症的な不安を導く考え方にアプローチします。
それを変えて、神経症的な不安を改善します。

神経症的な不安を導く考え方の一つは、「心配しているから、手遅れにならない」です。
それは心配のプラス面に、かくれていたのです。

逆に神経症的な不安を導く考え方は、心配のマイナス面にもかくれています。
その質問をします。

「あなたの心配のマイナス面は?」
この質問により、不安の本質により近づきます。

この人の答えは、こうでした。
「いつも心配しているから、心配に生活が妨げられます」

この人は24時間、心配している生活です。
何もできません。

心配が、生活をおおっているのです。
不安が、ただよってしまっているのです。

このような状態は、非生産的な不安に支配されているのです。
本当に体調が悪くて119番することは、生産的です。

不安が現実的な解決に進まないで、ただその不安に支配されているのです。
起こりそうもないことを、「どうしよう、どうしよう」と心配しているのです。

これは非生産的な不安の特徴です。
心配しても解決しないことを、心配しているだけです。

その心配の根底には、「過剰な自責感」があります。
自分を責めがちな傾向です。

すべてを自分の責任だと、考えます。
このような傾向に、巻き込まれているのです。

もし病気の発見が遅れたら、自分の責任だと考えます。
自分を、こんなように責めます。

それが身体にこだわる人の、特徴です。
すべてを自分の責任だと考えることは、苦しみを生みます。

それにすべてを自分の責任だと考えることは、すべて自己証明を必要とします。
「病院で検査をした、その結果は何も心配はなかった」しかし、検査ミスはあるかもしれない。

そう考えると、検査ミスをする病院を選んだ自分の責任だと考えます。
このようなことは、限りなく連鎖しがちです。

このように自分のしたことを、すべてOKだと考えることは不可能です。
それよりも、責任の限りない連鎖に陥りがちです。

心配はその連鎖そのものに、非生産性が含まれています。
それゆえに、カウンセラーは連鎖のマイナス性を指摘するのです。

心配の連鎖は、何ももたらしません。
生活を、ただ非生産的にするだけです。

さらにこの人は検査にも、のめりこんでいます。
身体の全てを把握することに、のめりこんでいます。

話は少し変わりますが、外出時に何回も鍵を閉めたか確認する人がいます。
その人も、この人と共通する要素があります。

自分では確認することにより、不安を弱めたいのです。
しかし確認すればするほど、逆に不安は強まります。

鍵を閉めたか確認する人は、このような迷路に入っています。
先ずその迷路に、気付くことです、

迷路に気付けば、半分は解決しています。
そこから出口を、見付ければ良いのです。

鍵の確認に関して言えば、こうなります。
「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」

そうです、「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」のです。
このように気付けばよいのです。

この人の病院の検査も、同じような性格を持っています。
何回検査しても、最後の1回しかしていないようなめんもあります。

鍵の確認と同じように、極端に検査を繰り返すことは迷路を深めます。
そこから、抜け出せなくしてしまうのです。

過剰な心配から抜け出せない人の、解決方法をさらに考えてみたいです。
まず「何回検査しても、最後の1回しかしていない」という自覚です。

この自覚により、方向は変えやすくなるでしょう。
後ろ向きから、前向きに変わりやすくなります。

このような自覚とともに、こころの法則も大切です。
それは「不安は最初の5分がピーク」という法則です。

正確には、次のようになります。
「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。

身体には、適応性があります。
不安を持ちながらも、適応しようとするのです。

そしてそれが「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。
この法則に、さらに踏み込んだ方法もあります。

その方法は、意識的にこころの中で不安を繰り返すのです。
この人の場合は検査と、健康不安です。

そのことを、こころの中で繰り返します。
20分ぐらい、繰り返すのです。

いつも心配していることを、集中的に心配する「心配タイム」をつくります。
その「心配タイム」にのみ、集中的に心配すれば良いのです。

この意識的にこころの中で不安を繰り返す方法は、不安に耐える方法よりも不安に働きかけます。
よって意志の力も必要です。

日常生活の中で、不安になったら「心配タイム」まで待ってください。
その「心配タイム」のときのみ、集中的に心配するのです。

異なる形式の、「心配タイム」の方法もあります。
その方法を述べます。

その「心配タイム」の方法は、回数で決めるのです。
心配を300回するというように、回数で決めるのです。

ただしこの方法では、短い言葉で繰り返すことになります。
その短い言葉は、分かりやすいものであることが大切です。

以前述べた、次のような言葉です。
「何回検査しても、最後の1回しかしていない」

このような短く、分かりやすいものです。
その言葉を、自分で考えるのです。

たとえば、次のような言葉でも良いのです。
「検査結果も、それに記入ミスもあったかもしれない」

このように、いつも心配している言葉でも良いのです。
前者のような性格の言葉でも、後者のような性格の言葉でもどちらでも良いのです。

ただしいつもの心配の程度の大きい人は、後者のほうがベターでしょう。
いつも心配している言葉を、飽和させられるからです。

心配している言葉を飽和させられれば、もうコップに水は入りません。
心配という水は、もう入らないのです。

このようにして、心配を飽和させればよいのです。
さらに、ものごとに対する姿勢も大切です。

そもそもこの世の中で、自分の思い通りになることは少ないのです。
いまのあなたは過去の願いに、どれぐらいよってあるのでしょうか?

いまのあなたは過去の願いに、沿ったものではないと思います。
過去の願いとは、異なったものにより決定されてきた要素が強いと思います。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 06:19Comments(0)カウンセリング

2013年11月25日

神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法 100

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

「神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法」を、述べます。

神経症の人は、時間に追われた生活になりがちです。
ゆとりを持って生きることが、できません。

ある人は、いつも身体のことが気になります。
少しでも身体がだるいと、大きな病気かもしれないと心配します。

その結果、生活にゆとりが持てないのです。
ゆとりが持てないから、生活はギクシャクしたものになりがちです。

たとえ本当に大きな病気の人でも、気持ちにゆとりが持てれば良いのです。
その人の生活は、ギクシャクしたものになりません。

本当の問題は、「ゆとりのなさ」にあります。
何ごとも「ゆとりのなさ」は、ハイパーにその人を動かします。

現実に何も身体に問題はないのに、病院に頻繁にいきます。
同じ検査を何度も繰り返します。

その結果、生活時間と生活費のほとんどは病院の支払いに充てられます。
後ろ向きな生活に、なってしまうのです。

生活そのものは、前には進みません。
常におびやかされた生活です。

その本質は、「神経症的不安」にあります。
「神経症的不安」が、身体に非生産的なこだわりをうむのです。

よっていくら検査を繰り返しても、安心することはありません。
医師が音をあげるか、医師に不信感を向けるかです。

そこからドクター・ショッピングが、始まるのです。
どの病院に行っても、安心できません。

このような悪循環におちいる人は、子供の時に大きな病気をした人に多いのです。
子供の時の病気を、まだ引きずっています。

幼少時にその人の病気のみに、家族の気持ちが向かっていたのです。
その結果、小さな身体の変化に敏感なのです。

あと子供の時に、虐待を受けた人にも多いのです。
子供の時の虐待を、引きずってしまうのです。

虐待は、子供にはどうしようもできないことです。
自分の力の、及ばないことです。

その「自分の力の及ばないこと」に、人格形成時に虐待を受けた人はいました。
その結果、病気のような「自分の力の及ばないこと」を極度に恐れます。

そこから「すぎたるは、及ばざるがごとし」という、迷路に入ってしまうのです。
ある女性をモデルに、述べてみたいと思います。

この人は、病気を恐れています。
それも死ぬかもしれない、重い病気です。

早期発見をすれば、たすかるかもしれない病気です。
それゆえに、検査を繰り返します。

身体のほんのささいな変化を、気にかけます。
ほんの少しの痛みや、はれを気にします。

この人の父親は、何年か前に癌で死んでいました。
それも死ぬかもしれないと言う不安を、強めました。

父親が死んだときの姿が、フラッシュ・バックします。
そのフラッシュ・バックにも、苦しみました。

常に母親に、癌ではないことの確認を求めます。
「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

初めのうちは、母親も「へいき」と答えます。
しかしそのやりとりが重なるうちに、不機嫌になります。

そして怒り出します。
その人はそれを聞いて、落胆します。

自分が受け入れられなかったゆえに、苦しみも深まります。
フラッシュ・バックの程度も、深刻になります。

そこで同じように友人に癌ではないことの確認を求めます。
また「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

このことの繰り返しです。
生産的に、前に進むことはありません。

この人も、いくつかのカウンセリングを体験しています。
あるカウンセラーは、この人のこころの中を指摘しました。

そのカウンセラーは、「内的な攻撃性」を指摘しました。
その攻撃性が、出口を求めていると語りました。

この人はそう言われても、チンプンカンプンです。
まったく思い当たることは、ありません。

このような「内的な攻撃性」を指摘するのは、精神分析療法に多いのです。
多くの場合、本人はそう言われてもチンプンカンプンです。

自分自身で納得できる、ことを知りたいのです。
そこで森田療法に、たすけを求めました。

森田療法は、説得力があります。
多くの人は、森田療法の本を読んで納得します。

森田療法では、「気にするから、それが悪循環になる」と考えます。
「その解決は『あるがまま』のきょうちにある」とするのです。

『あるがまま』が身につけば、悪循環から抜け出せるとします。
それは、『悟り』であるともするのです。

それを作業により行うのが、森田療法の特徴です。
なお森田療法は森田療法家により行われます。

この師弟関係が、いまの若い人にはなじみにくいのです。
森田療法には、戦前の日本社会の姿が潜んでいます。

ここでつまずく、若い人は多いのです。
この人もつまずき、認知行動療法に向かいました。

森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理的です。
森田療法のような、師弟関係もありません。先生とは、対等な関係です。

その認知行動療法は、次のようにスタートしました。
「あなたの心配のプラス面と、マイナス面は?」

このように森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理性にはたらき掛けます。
かつ自分なりの考えを、重視します。

それに質問は、先ずプラス面からスタートしています。
これにも、大きな意味はあります。

先ず、イエスです。
自分のしていることにも、プラスはあるという認識です。

この人の答えは、こうでした。
「心配しているから、手遅れにならない」

これがこの人の、こころの表面上にあるのです。
しかし芯にあるものは、まったく異なります。

多くの場合、芯にあるものは神経症的な不安です。
表面にあるものとは、まったく異なります。

ただし芯にある神経症的な不安に、直接触れる事はしません。
直接触れる事は、混乱を深めるだけである事が多いのです。

多くの場合、その神経症的な不安を導く考え方にアプローチします。
それを変えて、神経症的な不安を改善します。

神経症的な不安を導く考え方の一つは、「心配しているから、手遅れにならない」です。
それは心配のプラス面に、かくれていたのです。

逆に神経症的な不安を導く考え方は、心配のマイナス面にもかくれています。
その質問をします。

「あなたの心配のマイナス面は?」
この質問により、不安の本質により近づきます。

この人の答えは、こうでした。
「いつも心配しているから、心配に生活が妨げられます」

この人は24時間、心配している生活です。
何もできません。

心配が、生活をおおっているのです。
不安が、ただよってしまっているのです。

このような状態は、非生産的な不安に支配されているのです。
本当に体調が悪くて119番することは、生産的です。

不安が現実的な解決に進まないで、ただその不安に支配されているのです。
起こりそうもないことを、「どうしよう、どうしよう」と心配しているのです。

これは非生産的な不安の特徴です。
心配しても解決しないことを、心配しているだけです。

その心配の根底には、「過剰な自責感」があります。
自分を責めがちな傾向です。

すべてを自分の責任だと、考えます。
このような傾向に、巻き込まれているのです。

もし病気の発見が遅れたら、自分の責任だと考えます。
自分を、こんなように責めます。

それが身体にこだわる人の、特徴です。
すべてを自分の責任だと考えることは、苦しみを生みます。

それにすべてを自分の責任だと考えることは、すべて自己証明を必要とします。
「病院で検査をした、その結果は何も心配はなかった」しかし、検査ミスはあるかもしれない。

そう考えると、検査ミスをする病院を選んだ自分の責任だと考えます。
このようなことは、限りなく連鎖しがちです。

このように自分のしたことを、すべてOKだと考えることは不可能です。
それよりも、責任の限りない連鎖に陥りがちです。

心配はその連鎖そのものに、非生産性が含まれています。
それゆえに、カウンセラーは連鎖のマイナス性を指摘するのです。

心配の連鎖は、何ももたらしません。
生活を、ただ非生産的にするだけです。

さらにこの人は検査にも、のめりこんでいます。
身体の全てを把握することに、のめりこんでいます。

話は少し変わりますが、外出時に何回も鍵を閉めたか確認する人がいます。
その人も、この人と共通する要素があります。

自分では確認することにより、不安を弱めたいのです。
しかし確認すればするほど、逆に不安は強まります。

鍵を閉めたか確認する人は、このような迷路に入っています。
先ずその迷路に、気付くことです、

迷路に気付けば、半分は解決しています。
そこから出口を、見付ければ良いのです。

鍵の確認に関して言えば、こうなります。
「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」

そうです、「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」のです。
このように気付けばよいのです。

この人の病院の検査も、同じような性格を持っています。
何回検査しても、最後の1回しかしていないようなめんもあります。

鍵の確認と同じように、極端に検査を繰り返すことは迷路を深めます。
そこから、抜け出せなくしてしまうのです。

過剰な心配から抜け出せない人の、解決方法をさらに考えてみたいです。
まず「何回検査しても、最後の1回しかしていない」という自覚です。

この自覚により、方向は変えやすくなるでしょう。
後ろ向きから、前向きに変わりやすくなります。

このような自覚とともに、こころの法則も大切です。
それは「不安は最初の5分がピーク」という法則です。

正確には、次のようになります。
「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。

身体には、適応性があります。
不安を持ちながらも、適応しようとするのです。

そしてそれが「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。
この法則に、さらに踏み込んだ方法もあります。

その方法は、意識的にこころの中で不安を繰り返すのです。
この人の場合は検査と、健康不安です。

そのことを、こころの中で繰り返します。
20分ぐらい、繰り返すのです。

いつも心配していることを、集中的に心配する「心配タイム」をつくります。
その「心配タイム」にのみ、集中的に心配すれば良いのです。

この意識的にこころの中で不安を繰り返す方法は、不安に耐える方法よりも不安に働きかけます。
よって意志の力も必要です。

日常生活の中で、不安になったら「心配タイム」まで待ってください。
その「心配タイム」のときのみ、集中的に心配するのです。

異なる形式の、「心配タイム」の方法もあります。
その方法を述べます。

その「心配タイム」の方法は、回数で決めるのです。
心配を300回するというように、回数で決めるのです。

ただしこの方法では、短い言葉で繰り返すことになります。
その短い言葉は、分かりやすいものであることが大切です。

以前述べた、次のような言葉です。
「何回検査しても、最後の1回しかしていない」

このような短く、分かりやすいものです。
その言葉を、自分で考えるのです。

たとえば、次のような言葉でも良いのです。
「検査結果も、それに記入ミスもあったかもしれない」

このように、いつも心配している言葉でも良いのです。
前者のような性格の言葉でも、後者のような性格の言葉でもどちらでも良いのです。

ただしいつもの心配の程度の大きい人は、後者のほうがベターでしょう。
いつも心配している言葉を、飽和させられるからです。

心配している言葉を飽和させられれば、もうコップに水は入りません。
心配という水は、もう入らないのです。

このようにして、心配を飽和させればよいのです。
さらに、ものごとに対する姿勢も大切です。

そもそもこの世の中で、自分の思い通りになることは少ないのです。
いまのあなたは過去の願いに、どれぐらいよってあるのでしょうか?

いまのあなたは過去の願いに、沿ったものではないと思います。
過去の願いとは、異なったものにより決定されてきた要素が強いと思います。

将来はけっして自分により、すべて決定されません。
他の要素により、決定されることが多いのです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 06:20Comments(0)カウンセリング

2013年11月26日

神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法 101

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

「神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法」を、述べます。

神経症の人は、時間に追われた生活になりがちです。
ゆとりを持って生きることが、できません。

ある人は、いつも身体のことが気になります。
少しでも身体がだるいと、大きな病気かもしれないと心配します。

その結果、生活にゆとりが持てないのです。
ゆとりが持てないから、生活はギクシャクしたものになりがちです。

たとえ本当に大きな病気の人でも、気持ちにゆとりが持てれば良いのです。
その人の生活は、ギクシャクしたものになりません。

本当の問題は、「ゆとりのなさ」にあります。
何ごとも「ゆとりのなさ」は、ハイパーにその人を動かします。

現実に何も身体に問題はないのに、病院に頻繁にいきます。
同じ検査を何度も繰り返します。

その結果、生活時間と生活費のほとんどは病院の支払いに充てられます。
後ろ向きな生活に、なってしまうのです。

生活そのものは、前には進みません。
常におびやかされた生活です。

その本質は、「神経症的不安」にあります。
「神経症的不安」が、身体に非生産的なこだわりをうむのです。

よっていくら検査を繰り返しても、安心することはありません。
医師が音をあげるか、医師に不信感を向けるかです。

そこからドクター・ショッピングが、始まるのです。
どの病院に行っても、安心できません。

このような悪循環におちいる人は、子供の時に大きな病気をした人に多いのです。
子供の時の病気を、まだ引きずっています。

幼少時にその人の病気のみに、家族の気持ちが向かっていたのです。
その結果、小さな身体の変化に敏感なのです。

あと子供の時に、虐待を受けた人にも多いのです。
子供の時の虐待を、引きずってしまうのです。

虐待は、子供にはどうしようもできないことです。
自分の力の、及ばないことです。

その「自分の力の及ばないこと」に、人格形成時に虐待を受けた人はいました。
その結果、病気のような「自分の力の及ばないこと」を極度に恐れます。

そこから「すぎたるは、及ばざるがごとし」という、迷路に入ってしまうのです。
ある女性をモデルに、述べてみたいと思います。

この人は、病気を恐れています。
それも死ぬかもしれない、重い病気です。

早期発見をすれば、たすかるかもしれない病気です。
それゆえに、検査を繰り返します。

身体のほんのささいな変化を、気にかけます。
ほんの少しの痛みや、はれを気にします。

この人の父親は、何年か前に癌で死んでいました。
それも死ぬかもしれないと言う不安を、強めました。

父親が死んだときの姿が、フラッシュ・バックします。
そのフラッシュ・バックにも、苦しみました。

常に母親に、癌ではないことの確認を求めます。
「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

初めのうちは、母親も「へいき」と答えます。
しかしそのやりとりが重なるうちに、不機嫌になります。

そして怒り出します。
その人はそれを聞いて、落胆します。

自分が受け入れられなかったゆえに、苦しみも深まります。
フラッシュ・バックの程度も、深刻になります。

そこで同じように友人に癌ではないことの確認を求めます。
また「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

このことの繰り返しです。
生産的に、前に進むことはありません。

この人も、いくつかのカウンセリングを体験しています。
あるカウンセラーは、この人のこころの中を指摘しました。

そのカウンセラーは、「内的な攻撃性」を指摘しました。
その攻撃性が、出口を求めていると語りました。

この人はそう言われても、チンプンカンプンです。
まったく思い当たることは、ありません。

このような「内的な攻撃性」を指摘するのは、精神分析療法に多いのです。
多くの場合、本人はそう言われてもチンプンカンプンです。

自分自身で納得できる、ことを知りたいのです。
そこで森田療法に、たすけを求めました。

森田療法は、説得力があります。
多くの人は、森田療法の本を読んで納得します。

森田療法では、「気にするから、それが悪循環になる」と考えます。
「その解決は『あるがまま』のきょうちにある」とするのです。

『あるがまま』が身につけば、悪循環から抜け出せるとします。
それは、『悟り』であるともするのです。

それを作業により行うのが、森田療法の特徴です。
なお森田療法は森田療法家により行われます。

この師弟関係が、いまの若い人にはなじみにくいのです。
森田療法には、戦前の日本社会の姿が潜んでいます。

ここでつまずく、若い人は多いのです。
この人もつまずき、認知行動療法に向かいました。

森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理的です。
森田療法のような、師弟関係もありません。先生とは、対等な関係です。

その認知行動療法は、次のようにスタートしました。
「あなたの心配のプラス面と、マイナス面は?」

このように森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理性にはたらき掛けます。
かつ自分なりの考えを、重視します。

それに質問は、先ずプラス面からスタートしています。
これにも、大きな意味はあります。

先ず、イエスです。
自分のしていることにも、プラスはあるという認識です。

この人の答えは、こうでした。
「心配しているから、手遅れにならない」

これがこの人の、こころの表面上にあるのです。
しかし芯にあるものは、まったく異なります。

多くの場合、芯にあるものは神経症的な不安です。
表面にあるものとは、まったく異なります。

ただし芯にある神経症的な不安に、直接触れる事はしません。
直接触れる事は、混乱を深めるだけである事が多いのです。

多くの場合、その神経症的な不安を導く考え方にアプローチします。
それを変えて、神経症的な不安を改善します。

神経症的な不安を導く考え方の一つは、「心配しているから、手遅れにならない」です。
それは心配のプラス面に、かくれていたのです。

逆に神経症的な不安を導く考え方は、心配のマイナス面にもかくれています。
その質問をします。

「あなたの心配のマイナス面は?」
この質問により、不安の本質により近づきます。

この人の答えは、こうでした。
「いつも心配しているから、心配に生活が妨げられます」

この人は24時間、心配している生活です。
何もできません。

心配が、生活をおおっているのです。
不安が、ただよってしまっているのです。

このような状態は、非生産的な不安に支配されているのです。
本当に体調が悪くて119番することは、生産的です。

不安が現実的な解決に進まないで、ただその不安に支配されているのです。
起こりそうもないことを、「どうしよう、どうしよう」と心配しているのです。

これは非生産的な不安の特徴です。
心配しても解決しないことを、心配しているだけです。

その心配の根底には、「過剰な自責感」があります。
自分を責めがちな傾向です。

すべてを自分の責任だと、考えます。
このような傾向に、巻き込まれているのです。

もし病気の発見が遅れたら、自分の責任だと考えます。
自分を、こんなように責めます。

それが身体にこだわる人の、特徴です。
すべてを自分の責任だと考えることは、苦しみを生みます。

それにすべてを自分の責任だと考えることは、すべて自己証明を必要とします。
「病院で検査をした、その結果は何も心配はなかった」しかし、検査ミスはあるかもしれない。

そう考えると、検査ミスをする病院を選んだ自分の責任だと考えます。
このようなことは、限りなく連鎖しがちです。

このように自分のしたことを、すべてOKだと考えることは不可能です。
それよりも、責任の限りない連鎖に陥りがちです。

心配はその連鎖そのものに、非生産性が含まれています。
それゆえに、カウンセラーは連鎖のマイナス性を指摘するのです。

心配の連鎖は、何ももたらしません。
生活を、ただ非生産的にするだけです。

さらにこの人は検査にも、のめりこんでいます。
身体の全てを把握することに、のめりこんでいます。

話は少し変わりますが、外出時に何回も鍵を閉めたか確認する人がいます。
その人も、この人と共通する要素があります。

自分では確認することにより、不安を弱めたいのです。
しかし確認すればするほど、逆に不安は強まります。

鍵を閉めたか確認する人は、このような迷路に入っています。
先ずその迷路に、気付くことです、

迷路に気付けば、半分は解決しています。
そこから出口を、見付ければ良いのです。

鍵の確認に関して言えば、こうなります。
「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」

そうです、「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」のです。
このように気付けばよいのです。

この人の病院の検査も、同じような性格を持っています。
何回検査しても、最後の1回しかしていないようなめんもあります。

鍵の確認と同じように、極端に検査を繰り返すことは迷路を深めます。
そこから、抜け出せなくしてしまうのです。

過剰な心配から抜け出せない人の、解決方法をさらに考えてみたいです。
まず「何回検査しても、最後の1回しかしていない」という自覚です。

この自覚により、方向は変えやすくなるでしょう。
後ろ向きから、前向きに変わりやすくなります。

このような自覚とともに、こころの法則も大切です。
それは「不安は最初の5分がピーク」という法則です。

正確には、次のようになります。
「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。

身体には、適応性があります。
不安を持ちながらも、適応しようとするのです。

そしてそれが「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。
この法則に、さらに踏み込んだ方法もあります。

その方法は、意識的にこころの中で不安を繰り返すのです。
この人の場合は検査と、健康不安です。

そのことを、こころの中で繰り返します。
20分ぐらい、繰り返すのです。

いつも心配していることを、集中的に心配する「心配タイム」をつくります。
その「心配タイム」にのみ、集中的に心配すれば良いのです。

この意識的にこころの中で不安を繰り返す方法は、不安に耐える方法よりも不安に働きかけます。
よって意志の力も必要です。

日常生活の中で、不安になったら「心配タイム」まで待ってください。
その「心配タイム」のときのみ、集中的に心配するのです。

異なる形式の、「心配タイム」の方法もあります。
その方法を述べます。

その「心配タイム」の方法は、回数で決めるのです。
心配を300回するというように、回数で決めるのです。

ただしこの方法では、短い言葉で繰り返すことになります。
その短い言葉は、分かりやすいものであることが大切です。

以前述べた、次のような言葉です。
「何回検査しても、最後の1回しかしていない」

このような短く、分かりやすいものです。
その言葉を、自分で考えるのです。

たとえば、次のような言葉でも良いのです。
「検査結果も、それに記入ミスもあったかもしれない」

このように、いつも心配している言葉でも良いのです。
前者のような性格の言葉でも、後者のような性格の言葉でもどちらでも良いのです。

ただしいつもの心配の程度の大きい人は、後者のほうがベターでしょう。
いつも心配している言葉を、飽和させられるからです。

心配している言葉を飽和させられれば、もうコップに水は入りません。
心配という水は、もう入らないのです。

このようにして、心配を飽和させればよいのです。
さらに、ものごとに対する姿勢も大切です。

そもそもこの世の中で、自分の思い通りになることは少ないのです。
いまのあなたは過去の願いに、どれぐらいよってあるのでしょうか?

いまのあなたは過去の願いに、沿ったものではないと思います。
過去の願いとは、異なったものにより決定されてきた要素が強いと思います。

将来はけっして自分により、すべて決定されません。
他の要素により、決定されることが多いのです。

この人も、「将来はけっして自分により、すべて決定されない」という事実と、
現実には「他の要素により、決定されることが多い」ことを、先ず知ることです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 06:17Comments(0)カウンセリング

2013年11月27日

神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法 102

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

「神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法」を、述べます。

神経症の人は、時間に追われた生活になりがちです。
ゆとりを持って生きることが、できません。

ある人は、いつも身体のことが気になります。
少しでも身体がだるいと、大きな病気かもしれないと心配します。

その結果、生活にゆとりが持てないのです。
ゆとりが持てないから、生活はギクシャクしたものになりがちです。

たとえ本当に大きな病気の人でも、気持ちにゆとりが持てれば良いのです。
その人の生活は、ギクシャクしたものになりません。

本当の問題は、「ゆとりのなさ」にあります。
何ごとも「ゆとりのなさ」は、ハイパーにその人を動かします。

現実に何も身体に問題はないのに、病院に頻繁にいきます。
同じ検査を何度も繰り返します。

その結果、生活時間と生活費のほとんどは病院の支払いに充てられます。
後ろ向きな生活に、なってしまうのです。

生活そのものは、前には進みません。
常におびやかされた生活です。

その本質は、「神経症的不安」にあります。
「神経症的不安」が、身体に非生産的なこだわりをうむのです。

よっていくら検査を繰り返しても、安心することはありません。
医師が音をあげるか、医師に不信感を向けるかです。

そこからドクター・ショッピングが、始まるのです。
どの病院に行っても、安心できません。

このような悪循環におちいる人は、子供の時に大きな病気をした人に多いのです。
子供の時の病気を、まだ引きずっています。

幼少時にその人の病気のみに、家族の気持ちが向かっていたのです。
その結果、小さな身体の変化に敏感なのです。

あと子供の時に、虐待を受けた人にも多いのです。
子供の時の虐待を、引きずってしまうのです。

虐待は、子供にはどうしようもできないことです。
自分の力の、及ばないことです。

その「自分の力の及ばないこと」に、人格形成時に虐待を受けた人はいました。
その結果、病気のような「自分の力の及ばないこと」を極度に恐れます。

そこから「すぎたるは、及ばざるがごとし」という、迷路に入ってしまうのです。
ある女性をモデルに、述べてみたいと思います。

この人は、病気を恐れています。
それも死ぬかもしれない、重い病気です。

早期発見をすれば、たすかるかもしれない病気です。
それゆえに、検査を繰り返します。

身体のほんのささいな変化を、気にかけます。
ほんの少しの痛みや、はれを気にします。

この人の父親は、何年か前に癌で死んでいました。
それも死ぬかもしれないと言う不安を、強めました。

父親が死んだときの姿が、フラッシュ・バックします。
そのフラッシュ・バックにも、苦しみました。

常に母親に、癌ではないことの確認を求めます。
「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

初めのうちは、母親も「へいき」と答えます。
しかしそのやりとりが重なるうちに、不機嫌になります。

そして怒り出します。
その人はそれを聞いて、落胆します。

自分が受け入れられなかったゆえに、苦しみも深まります。
フラッシュ・バックの程度も、深刻になります。

そこで同じように友人に癌ではないことの確認を求めます。
また「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

このことの繰り返しです。
生産的に、前に進むことはありません。

この人も、いくつかのカウンセリングを体験しています。
あるカウンセラーは、この人のこころの中を指摘しました。

そのカウンセラーは、「内的な攻撃性」を指摘しました。
その攻撃性が、出口を求めていると語りました。

この人はそう言われても、チンプンカンプンです。
まったく思い当たることは、ありません。

このような「内的な攻撃性」を指摘するのは、精神分析療法に多いのです。
多くの場合、本人はそう言われてもチンプンカンプンです。

自分自身で納得できる、ことを知りたいのです。
そこで森田療法に、たすけを求めました。

森田療法は、説得力があります。
多くの人は、森田療法の本を読んで納得します。

森田療法では、「気にするから、それが悪循環になる」と考えます。
「その解決は『あるがまま』のきょうちにある」とするのです。

『あるがまま』が身につけば、悪循環から抜け出せるとします。
それは、『悟り』であるともするのです。

それを作業により行うのが、森田療法の特徴です。
なお森田療法は森田療法家により行われます。

この師弟関係が、いまの若い人にはなじみにくいのです。
森田療法には、戦前の日本社会の姿が潜んでいます。

ここでつまずく、若い人は多いのです。
この人もつまずき、認知行動療法に向かいました。

森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理的です。
森田療法のような、師弟関係もありません。先生とは、対等な関係です。

その認知行動療法は、次のようにスタートしました。
「あなたの心配のプラス面と、マイナス面は?」

このように森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理性にはたらき掛けます。
かつ自分なりの考えを、重視します。

それに質問は、先ずプラス面からスタートしています。
これにも、大きな意味はあります。

先ず、イエスです。
自分のしていることにも、プラスはあるという認識です。

この人の答えは、こうでした。
「心配しているから、手遅れにならない」

これがこの人の、こころの表面上にあるのです。
しかし芯にあるものは、まったく異なります。

多くの場合、芯にあるものは神経症的な不安です。
表面にあるものとは、まったく異なります。

ただし芯にある神経症的な不安に、直接触れる事はしません。
直接触れる事は、混乱を深めるだけである事が多いのです。

多くの場合、その神経症的な不安を導く考え方にアプローチします。
それを変えて、神経症的な不安を改善します。

神経症的な不安を導く考え方の一つは、「心配しているから、手遅れにならない」です。
それは心配のプラス面に、かくれていたのです。

逆に神経症的な不安を導く考え方は、心配のマイナス面にもかくれています。
その質問をします。

「あなたの心配のマイナス面は?」
この質問により、不安の本質により近づきます。

この人の答えは、こうでした。
「いつも心配しているから、心配に生活が妨げられます」

この人は24時間、心配している生活です。
何もできません。

心配が、生活をおおっているのです。
不安が、ただよってしまっているのです。

このような状態は、非生産的な不安に支配されているのです。
本当に体調が悪くて119番することは、生産的です。

不安が現実的な解決に進まないで、ただその不安に支配されているのです。
起こりそうもないことを、「どうしよう、どうしよう」と心配しているのです。

これは非生産的な不安の特徴です。
心配しても解決しないことを、心配しているだけです。

その心配の根底には、「過剰な自責感」があります。
自分を責めがちな傾向です。

すべてを自分の責任だと、考えます。
このような傾向に、巻き込まれているのです。

もし病気の発見が遅れたら、自分の責任だと考えます。
自分を、こんなように責めます。

それが身体にこだわる人の、特徴です。
すべてを自分の責任だと考えることは、苦しみを生みます。

それにすべてを自分の責任だと考えることは、すべて自己証明を必要とします。
「病院で検査をした、その結果は何も心配はなかった」しかし、検査ミスはあるかもしれない。

そう考えると、検査ミスをする病院を選んだ自分の責任だと考えます。
このようなことは、限りなく連鎖しがちです。

このように自分のしたことを、すべてOKだと考えることは不可能です。
それよりも、責任の限りない連鎖に陥りがちです。

心配はその連鎖そのものに、非生産性が含まれています。
それゆえに、カウンセラーは連鎖のマイナス性を指摘するのです。

心配の連鎖は、何ももたらしません。
生活を、ただ非生産的にするだけです。

さらにこの人は検査にも、のめりこんでいます。
身体の全てを把握することに、のめりこんでいます。

話は少し変わりますが、外出時に何回も鍵を閉めたか確認する人がいます。
その人も、この人と共通する要素があります。

自分では確認することにより、不安を弱めたいのです。
しかし確認すればするほど、逆に不安は強まります。

鍵を閉めたか確認する人は、このような迷路に入っています。
先ずその迷路に、気付くことです、

迷路に気付けば、半分は解決しています。
そこから出口を、見付ければ良いのです。

鍵の確認に関して言えば、こうなります。
「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」

そうです、「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」のです。
このように気付けばよいのです。

この人の病院の検査も、同じような性格を持っています。
何回検査しても、最後の1回しかしていないようなめんもあります。

鍵の確認と同じように、極端に検査を繰り返すことは迷路を深めます。
そこから、抜け出せなくしてしまうのです。

過剰な心配から抜け出せない人の、解決方法をさらに考えてみたいです。
まず「何回検査しても、最後の1回しかしていない」という自覚です。

この自覚により、方向は変えやすくなるでしょう。
後ろ向きから、前向きに変わりやすくなります。

このような自覚とともに、こころの法則も大切です。
それは「不安は最初の5分がピーク」という法則です。

正確には、次のようになります。
「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。

身体には、適応性があります。
不安を持ちながらも、適応しようとするのです。

そしてそれが「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。
この法則に、さらに踏み込んだ方法もあります。

その方法は、意識的にこころの中で不安を繰り返すのです。
この人の場合は検査と、健康不安です。

そのことを、こころの中で繰り返します。
20分ぐらい、繰り返すのです。

いつも心配していることを、集中的に心配する「心配タイム」をつくります。
その「心配タイム」にのみ、集中的に心配すれば良いのです。

この意識的にこころの中で不安を繰り返す方法は、不安に耐える方法よりも不安に働きかけます。
よって意志の力も必要です。

日常生活の中で、不安になったら「心配タイム」まで待ってください。
その「心配タイム」のときのみ、集中的に心配するのです。

異なる形式の、「心配タイム」の方法もあります。
その方法を述べます。

その「心配タイム」の方法は、回数で決めるのです。
心配を300回するというように、回数で決めるのです。

ただしこの方法では、短い言葉で繰り返すことになります。
その短い言葉は、分かりやすいものであることが大切です。

以前述べた、次のような言葉です。
「何回検査しても、最後の1回しかしていない」

このような短く、分かりやすいものです。
その言葉を、自分で考えるのです。

たとえば、次のような言葉でも良いのです。
「検査結果も、それに記入ミスもあったかもしれない」

このように、いつも心配している言葉でも良いのです。
前者のような性格の言葉でも、後者のような性格の言葉でもどちらでも良いのです。

ただしいつもの心配の程度の大きい人は、後者のほうがベターでしょう。
いつも心配している言葉を、飽和させられるからです。

心配している言葉を飽和させられれば、もうコップに水は入りません。
心配という水は、もう入らないのです。

このようにして、心配を飽和させればよいのです。
さらに、ものごとに対する姿勢も大切です。

そもそもこの世の中で、自分の思い通りになることは少ないのです。
いまのあなたは過去の願いに、どれぐらいよってあるのでしょうか?

いまのあなたは過去の願いに、沿ったものではないと思います。
過去の願いとは、異なったものにより決定されてきた要素が強いと思います。

将来はけっして自分により、すべて決定されません。
他の要素により、決定されることが多いのです。

この人も、「将来はけっして自分により、すべて決定されない」という事実と、
現実には「他の要素により、決定されることが多い」ことを、先ず知ることです。

そのときに、自分のコントロールに入らないことも受け入れられます。
受け入れられないから、苦しんでいるのです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 06:11Comments(0)カウンセリング

2013年11月28日

神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法 103

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

「神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法」を、述べます。

神経症の人は、時間に追われた生活になりがちです。
ゆとりを持って生きることが、できません。

ある人は、いつも身体のことが気になります。
少しでも身体がだるいと、大きな病気かもしれないと心配します。

その結果、生活にゆとりが持てないのです。
ゆとりが持てないから、生活はギクシャクしたものになりがちです。

たとえ本当に大きな病気の人でも、気持ちにゆとりが持てれば良いのです。
その人の生活は、ギクシャクしたものになりません。

本当の問題は、「ゆとりのなさ」にあります。
何ごとも「ゆとりのなさ」は、ハイパーにその人を動かします。

現実に何も身体に問題はないのに、病院に頻繁にいきます。
同じ検査を何度も繰り返します。

その結果、生活時間と生活費のほとんどは病院の支払いに充てられます。
後ろ向きな生活に、なってしまうのです。

生活そのものは、前には進みません。
常におびやかされた生活です。

その本質は、「神経症的不安」にあります。
「神経症的不安」が、身体に非生産的なこだわりをうむのです。

よっていくら検査を繰り返しても、安心することはありません。
医師が音をあげるか、医師に不信感を向けるかです。

そこからドクター・ショッピングが、始まるのです。
どの病院に行っても、安心できません。

このような悪循環におちいる人は、子供の時に大きな病気をした人に多いのです。
子供の時の病気を、まだ引きずっています。

幼少時にその人の病気のみに、家族の気持ちが向かっていたのです。
その結果、小さな身体の変化に敏感なのです。

あと子供の時に、虐待を受けた人にも多いのです。
子供の時の虐待を、引きずってしまうのです。

虐待は、子供にはどうしようもできないことです。
自分の力の、及ばないことです。

その「自分の力の及ばないこと」に、人格形成時に虐待を受けた人はいました。
その結果、病気のような「自分の力の及ばないこと」を極度に恐れます。

そこから「すぎたるは、及ばざるがごとし」という、迷路に入ってしまうのです。
ある女性をモデルに、述べてみたいと思います。

この人は、病気を恐れています。
それも死ぬかもしれない、重い病気です。

早期発見をすれば、たすかるかもしれない病気です。
それゆえに、検査を繰り返します。

身体のほんのささいな変化を、気にかけます。
ほんの少しの痛みや、はれを気にします。

この人の父親は、何年か前に癌で死んでいました。
それも死ぬかもしれないと言う不安を、強めました。

父親が死んだときの姿が、フラッシュ・バックします。
そのフラッシュ・バックにも、苦しみました。

常に母親に、癌ではないことの確認を求めます。
「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

初めのうちは、母親も「へいき」と答えます。
しかしそのやりとりが重なるうちに、不機嫌になります。

そして怒り出します。
その人はそれを聞いて、落胆します。

自分が受け入れられなかったゆえに、苦しみも深まります。
フラッシュ・バックの程度も、深刻になります。

そこで同じように友人に癌ではないことの確認を求めます。
また「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

このことの繰り返しです。
生産的に、前に進むことはありません。

この人も、いくつかのカウンセリングを体験しています。
あるカウンセラーは、この人のこころの中を指摘しました。

そのカウンセラーは、「内的な攻撃性」を指摘しました。
その攻撃性が、出口を求めていると語りました。

この人はそう言われても、チンプンカンプンです。
まったく思い当たることは、ありません。

このような「内的な攻撃性」を指摘するのは、精神分析療法に多いのです。
多くの場合、本人はそう言われてもチンプンカンプンです。

自分自身で納得できる、ことを知りたいのです。
そこで森田療法に、たすけを求めました。

森田療法は、説得力があります。
多くの人は、森田療法の本を読んで納得します。

森田療法では、「気にするから、それが悪循環になる」と考えます。
「その解決は『あるがまま』のきょうちにある」とするのです。

『あるがまま』が身につけば、悪循環から抜け出せるとします。
それは、『悟り』であるともするのです。

それを作業により行うのが、森田療法の特徴です。
なお森田療法は森田療法家により行われます。

この師弟関係が、いまの若い人にはなじみにくいのです。
森田療法には、戦前の日本社会の姿が潜んでいます。

ここでつまずく、若い人は多いのです。
この人もつまずき、認知行動療法に向かいました。

森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理的です。
森田療法のような、師弟関係もありません。先生とは、対等な関係です。

その認知行動療法は、次のようにスタートしました。
「あなたの心配のプラス面と、マイナス面は?」

このように森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理性にはたらき掛けます。
かつ自分なりの考えを、重視します。

それに質問は、先ずプラス面からスタートしています。
これにも、大きな意味はあります。

先ず、イエスです。
自分のしていることにも、プラスはあるという認識です。

この人の答えは、こうでした。
「心配しているから、手遅れにならない」

これがこの人の、こころの表面上にあるのです。
しかし芯にあるものは、まったく異なります。

多くの場合、芯にあるものは神経症的な不安です。
表面にあるものとは、まったく異なります。

ただし芯にある神経症的な不安に、直接触れる事はしません。
直接触れる事は、混乱を深めるだけである事が多いのです。

多くの場合、その神経症的な不安を導く考え方にアプローチします。
それを変えて、神経症的な不安を改善します。

神経症的な不安を導く考え方の一つは、「心配しているから、手遅れにならない」です。
それは心配のプラス面に、かくれていたのです。

逆に神経症的な不安を導く考え方は、心配のマイナス面にもかくれています。
その質問をします。

「あなたの心配のマイナス面は?」
この質問により、不安の本質により近づきます。

この人の答えは、こうでした。
「いつも心配しているから、心配に生活が妨げられます」

この人は24時間、心配している生活です。
何もできません。

心配が、生活をおおっているのです。
不安が、ただよってしまっているのです。

このような状態は、非生産的な不安に支配されているのです。
本当に体調が悪くて119番することは、生産的です。

不安が現実的な解決に進まないで、ただその不安に支配されているのです。
起こりそうもないことを、「どうしよう、どうしよう」と心配しているのです。

これは非生産的な不安の特徴です。
心配しても解決しないことを、心配しているだけです。

その心配の根底には、「過剰な自責感」があります。
自分を責めがちな傾向です。

すべてを自分の責任だと、考えます。
このような傾向に、巻き込まれているのです。

もし病気の発見が遅れたら、自分の責任だと考えます。
自分を、こんなように責めます。

それが身体にこだわる人の、特徴です。
すべてを自分の責任だと考えることは、苦しみを生みます。

それにすべてを自分の責任だと考えることは、すべて自己証明を必要とします。
「病院で検査をした、その結果は何も心配はなかった」しかし、検査ミスはあるかもしれない。

そう考えると、検査ミスをする病院を選んだ自分の責任だと考えます。
このようなことは、限りなく連鎖しがちです。

このように自分のしたことを、すべてOKだと考えることは不可能です。
それよりも、責任の限りない連鎖に陥りがちです。

心配はその連鎖そのものに、非生産性が含まれています。
それゆえに、カウンセラーは連鎖のマイナス性を指摘するのです。

心配の連鎖は、何ももたらしません。
生活を、ただ非生産的にするだけです。

さらにこの人は検査にも、のめりこんでいます。
身体の全てを把握することに、のめりこんでいます。

話は少し変わりますが、外出時に何回も鍵を閉めたか確認する人がいます。
その人も、この人と共通する要素があります。

自分では確認することにより、不安を弱めたいのです。
しかし確認すればするほど、逆に不安は強まります。

鍵を閉めたか確認する人は、このような迷路に入っています。
先ずその迷路に、気付くことです、

迷路に気付けば、半分は解決しています。
そこから出口を、見付ければ良いのです。

鍵の確認に関して言えば、こうなります。
「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」

そうです、「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」のです。
このように気付けばよいのです。

この人の病院の検査も、同じような性格を持っています。
何回検査しても、最後の1回しかしていないようなめんもあります。

鍵の確認と同じように、極端に検査を繰り返すことは迷路を深めます。
そこから、抜け出せなくしてしまうのです。

過剰な心配から抜け出せない人の、解決方法をさらに考えてみたいです。
まず「何回検査しても、最後の1回しかしていない」という自覚です。

この自覚により、方向は変えやすくなるでしょう。
後ろ向きから、前向きに変わりやすくなります。

このような自覚とともに、こころの法則も大切です。
それは「不安は最初の5分がピーク」という法則です。

正確には、次のようになります。
「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。

身体には、適応性があります。
不安を持ちながらも、適応しようとするのです。

そしてそれが「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。
この法則に、さらに踏み込んだ方法もあります。

その方法は、意識的にこころの中で不安を繰り返すのです。
この人の場合は検査と、健康不安です。

そのことを、こころの中で繰り返します。
20分ぐらい、繰り返すのです。

いつも心配していることを、集中的に心配する「心配タイム」をつくります。
その「心配タイム」にのみ、集中的に心配すれば良いのです。

この意識的にこころの中で不安を繰り返す方法は、不安に耐える方法よりも不安に働きかけます。
よって意志の力も必要です。

日常生活の中で、不安になったら「心配タイム」まで待ってください。
その「心配タイム」のときのみ、集中的に心配するのです。

異なる形式の、「心配タイム」の方法もあります。
その方法を述べます。

その「心配タイム」の方法は、回数で決めるのです。
心配を300回するというように、回数で決めるのです。

ただしこの方法では、短い言葉で繰り返すことになります。
その短い言葉は、分かりやすいものであることが大切です。

以前述べた、次のような言葉です。
「何回検査しても、最後の1回しかしていない」

このような短く、分かりやすいものです。
その言葉を、自分で考えるのです。

たとえば、次のような言葉でも良いのです。
「検査結果も、それに記入ミスもあったかもしれない」

このように、いつも心配している言葉でも良いのです。
前者のような性格の言葉でも、後者のような性格の言葉でもどちらでも良いのです。

ただしいつもの心配の程度の大きい人は、後者のほうがベターでしょう。
いつも心配している言葉を、飽和させられるからです。

心配している言葉を飽和させられれば、もうコップに水は入りません。
心配という水は、もう入らないのです。

このようにして、心配を飽和させればよいのです。
さらに、ものごとに対する姿勢も大切です。

そもそもこの世の中で、自分の思い通りになることは少ないのです。
いまのあなたは過去の願いに、どれぐらいよってあるのでしょうか?

いまのあなたは過去の願いに、沿ったものではないと思います。
過去の願いとは、異なったものにより決定されてきた要素が強いと思います。

将来はけっして自分により、すべて決定されません。
他の要素により、決定されることが多いのです。

この人も、「将来はけっして自分により、すべて決定されない」という事実と、
現実には「他の要素により、決定されることが多い」ことを、先ず知ることです。

そのときに、自分のコントロールに入らないことも受け入れられます。
受け入れられないから、苦しんでいるのです。

このような自覚により、改善することは多いのです。
しかしながら「解るけど、そうできない」という人も多いのです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 06:32Comments(0)カウンセリング

2013年11月29日

神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法 104

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

「神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法」を、述べます。

神経症の人は、時間に追われた生活になりがちです。
ゆとりを持って生きることが、できません。

ある人は、いつも身体のことが気になります。
少しでも身体がだるいと、大きな病気かもしれないと心配します。

その結果、生活にゆとりが持てないのです。
ゆとりが持てないから、生活はギクシャクしたものになりがちです。

たとえ本当に大きな病気の人でも、気持ちにゆとりが持てれば良いのです。
その人の生活は、ギクシャクしたものになりません。

本当の問題は、「ゆとりのなさ」にあります。
何ごとも「ゆとりのなさ」は、ハイパーにその人を動かします。

現実に何も身体に問題はないのに、病院に頻繁にいきます。
同じ検査を何度も繰り返します。

その結果、生活時間と生活費のほとんどは病院の支払いに充てられます。
後ろ向きな生活に、なってしまうのです。

生活そのものは、前には進みません。
常におびやかされた生活です。

その本質は、「神経症的不安」にあります。
「神経症的不安」が、身体に非生産的なこだわりをうむのです。

よっていくら検査を繰り返しても、安心することはありません。
医師が音をあげるか、医師に不信感を向けるかです。

そこからドクター・ショッピングが、始まるのです。
どの病院に行っても、安心できません。

このような悪循環におちいる人は、子供の時に大きな病気をした人に多いのです。
子供の時の病気を、まだ引きずっています。

幼少時にその人の病気のみに、家族の気持ちが向かっていたのです。
その結果、小さな身体の変化に敏感なのです。

あと子供の時に、虐待を受けた人にも多いのです。
子供の時の虐待を、引きずってしまうのです。

虐待は、子供にはどうしようもできないことです。
自分の力の、及ばないことです。

その「自分の力の及ばないこと」に、人格形成時に虐待を受けた人はいました。
その結果、病気のような「自分の力の及ばないこと」を極度に恐れます。

そこから「すぎたるは、及ばざるがごとし」という、迷路に入ってしまうのです。
ある女性をモデルに、述べてみたいと思います。

この人は、病気を恐れています。
それも死ぬかもしれない、重い病気です。

早期発見をすれば、たすかるかもしれない病気です。
それゆえに、検査を繰り返します。

身体のほんのささいな変化を、気にかけます。
ほんの少しの痛みや、はれを気にします。

この人の父親は、何年か前に癌で死んでいました。
それも死ぬかもしれないと言う不安を、強めました。

父親が死んだときの姿が、フラッシュ・バックします。
そのフラッシュ・バックにも、苦しみました。

常に母親に、癌ではないことの確認を求めます。
「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

初めのうちは、母親も「へいき」と答えます。
しかしそのやりとりが重なるうちに、不機嫌になります。

そして怒り出します。
その人はそれを聞いて、落胆します。

自分が受け入れられなかったゆえに、苦しみも深まります。
フラッシュ・バックの程度も、深刻になります。

そこで同じように友人に癌ではないことの確認を求めます。
また「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

このことの繰り返しです。
生産的に、前に進むことはありません。

この人も、いくつかのカウンセリングを体験しています。
あるカウンセラーは、この人のこころの中を指摘しました。

そのカウンセラーは、「内的な攻撃性」を指摘しました。
その攻撃性が、出口を求めていると語りました。

この人はそう言われても、チンプンカンプンです。
まったく思い当たることは、ありません。

このような「内的な攻撃性」を指摘するのは、精神分析療法に多いのです。
多くの場合、本人はそう言われてもチンプンカンプンです。

自分自身で納得できる、ことを知りたいのです。
そこで森田療法に、たすけを求めました。

森田療法は、説得力があります。
多くの人は、森田療法の本を読んで納得します。

森田療法では、「気にするから、それが悪循環になる」と考えます。
「その解決は『あるがまま』のきょうちにある」とするのです。

『あるがまま』が身につけば、悪循環から抜け出せるとします。
それは、『悟り』であるともするのです。

それを作業により行うのが、森田療法の特徴です。
なお森田療法は森田療法家により行われます。

この師弟関係が、いまの若い人にはなじみにくいのです。
森田療法には、戦前の日本社会の姿が潜んでいます。

ここでつまずく、若い人は多いのです。
この人もつまずき、認知行動療法に向かいました。

森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理的です。
森田療法のような、師弟関係もありません。先生とは、対等な関係です。

その認知行動療法は、次のようにスタートしました。
「あなたの心配のプラス面と、マイナス面は?」

このように森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理性にはたらき掛けます。
かつ自分なりの考えを、重視します。

それに質問は、先ずプラス面からスタートしています。
これにも、大きな意味はあります。

先ず、イエスです。
自分のしていることにも、プラスはあるという認識です。

この人の答えは、こうでした。
「心配しているから、手遅れにならない」

これがこの人の、こころの表面上にあるのです。
しかし芯にあるものは、まったく異なります。

多くの場合、芯にあるものは神経症的な不安です。
表面にあるものとは、まったく異なります。

ただし芯にある神経症的な不安に、直接触れる事はしません。
直接触れる事は、混乱を深めるだけである事が多いのです。

多くの場合、その神経症的な不安を導く考え方にアプローチします。
それを変えて、神経症的な不安を改善します。

神経症的な不安を導く考え方の一つは、「心配しているから、手遅れにならない」です。
それは心配のプラス面に、かくれていたのです。

逆に神経症的な不安を導く考え方は、心配のマイナス面にもかくれています。
その質問をします。

「あなたの心配のマイナス面は?」
この質問により、不安の本質により近づきます。

この人の答えは、こうでした。
「いつも心配しているから、心配に生活が妨げられます」

この人は24時間、心配している生活です。
何もできません。

心配が、生活をおおっているのです。
不安が、ただよってしまっているのです。

このような状態は、非生産的な不安に支配されているのです。
本当に体調が悪くて119番することは、生産的です。

不安が現実的な解決に進まないで、ただその不安に支配されているのです。
起こりそうもないことを、「どうしよう、どうしよう」と心配しているのです。

これは非生産的な不安の特徴です。
心配しても解決しないことを、心配しているだけです。

その心配の根底には、「過剰な自責感」があります。
自分を責めがちな傾向です。

すべてを自分の責任だと、考えます。
このような傾向に、巻き込まれているのです。

もし病気の発見が遅れたら、自分の責任だと考えます。
自分を、こんなように責めます。

それが身体にこだわる人の、特徴です。
すべてを自分の責任だと考えることは、苦しみを生みます。

それにすべてを自分の責任だと考えることは、すべて自己証明を必要とします。
「病院で検査をした、その結果は何も心配はなかった」しかし、検査ミスはあるかもしれない。

そう考えると、検査ミスをする病院を選んだ自分の責任だと考えます。
このようなことは、限りなく連鎖しがちです。

このように自分のしたことを、すべてOKだと考えることは不可能です。
それよりも、責任の限りない連鎖に陥りがちです。

心配はその連鎖そのものに、非生産性が含まれています。
それゆえに、カウンセラーは連鎖のマイナス性を指摘するのです。

心配の連鎖は、何ももたらしません。
生活を、ただ非生産的にするだけです。

さらにこの人は検査にも、のめりこんでいます。
身体の全てを把握することに、のめりこんでいます。

話は少し変わりますが、外出時に何回も鍵を閉めたか確認する人がいます。
その人も、この人と共通する要素があります。

自分では確認することにより、不安を弱めたいのです。
しかし確認すればするほど、逆に不安は強まります。

鍵を閉めたか確認する人は、このような迷路に入っています。
先ずその迷路に、気付くことです、

迷路に気付けば、半分は解決しています。
そこから出口を、見付ければ良いのです。

鍵の確認に関して言えば、こうなります。
「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」

そうです、「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」のです。
このように気付けばよいのです。

この人の病院の検査も、同じような性格を持っています。
何回検査しても、最後の1回しかしていないようなめんもあります。

鍵の確認と同じように、極端に検査を繰り返すことは迷路を深めます。
そこから、抜け出せなくしてしまうのです。

過剰な心配から抜け出せない人の、解決方法をさらに考えてみたいです。
まず「何回検査しても、最後の1回しかしていない」という自覚です。

この自覚により、方向は変えやすくなるでしょう。
後ろ向きから、前向きに変わりやすくなります。

このような自覚とともに、こころの法則も大切です。
それは「不安は最初の5分がピーク」という法則です。

正確には、次のようになります。
「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。

身体には、適応性があります。
不安を持ちながらも、適応しようとするのです。

そしてそれが「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。
この法則に、さらに踏み込んだ方法もあります。

その方法は、意識的にこころの中で不安を繰り返すのです。
この人の場合は検査と、健康不安です。

そのことを、こころの中で繰り返します。
20分ぐらい、繰り返すのです。

いつも心配していることを、集中的に心配する「心配タイム」をつくります。
その「心配タイム」にのみ、集中的に心配すれば良いのです。

この意識的にこころの中で不安を繰り返す方法は、不安に耐える方法よりも不安に働きかけます。
よって意志の力も必要です。

日常生活の中で、不安になったら「心配タイム」まで待ってください。
その「心配タイム」のときのみ、集中的に心配するのです。

異なる形式の、「心配タイム」の方法もあります。
その方法を述べます。

その「心配タイム」の方法は、回数で決めるのです。
心配を300回するというように、回数で決めるのです。

ただしこの方法では、短い言葉で繰り返すことになります。
その短い言葉は、分かりやすいものであることが大切です。

以前述べた、次のような言葉です。
「何回検査しても、最後の1回しかしていない」

このような短く、分かりやすいものです。
その言葉を、自分で考えるのです。

たとえば、次のような言葉でも良いのです。
「検査結果も、それに記入ミスもあったかもしれない」

このように、いつも心配している言葉でも良いのです。
前者のような性格の言葉でも、後者のような性格の言葉でもどちらでも良いのです。

ただしいつもの心配の程度の大きい人は、後者のほうがベターでしょう。
いつも心配している言葉を、飽和させられるからです。

心配している言葉を飽和させられれば、もうコップに水は入りません。
心配という水は、もう入らないのです。

このようにして、心配を飽和させればよいのです。
さらに、ものごとに対する姿勢も大切です。

そもそもこの世の中で、自分の思い通りになることは少ないのです。
いまのあなたは過去の願いに、どれぐらいよってあるのでしょうか?

いまのあなたは過去の願いに、沿ったものではないと思います。
過去の願いとは、異なったものにより決定されてきた要素が強いと思います。

将来はけっして自分により、すべて決定されません。
他の要素により、決定されることが多いのです。

この人も、「将来はけっして自分により、すべて決定されない」という事実と、
現実には「他の要素により、決定されることが多い」ことを、先ず知ることです。

そのときに、自分のコントロールに入らないことも受け入れられます。
受け入れられないから、苦しんでいるのです。

このような自覚により、改善することは多いのです。
しかしながら「解るけど、そうできない」という人も多いのです。

「解るけど、そうできない」という人のための、方法もあります。
それにより、正しい考え方を定着させるのです。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 08:46Comments(0)カウンセリング

2013年11月30日

神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法 105

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

「神経症の人が生活にゆとりをとり戻す方法」を、述べます。

神経症の人は、時間に追われた生活になりがちです。
ゆとりを持って生きることが、できません。

ある人は、いつも身体のことが気になります。
少しでも身体がだるいと、大きな病気かもしれないと心配します。

その結果、生活にゆとりが持てないのです。
ゆとりが持てないから、生活はギクシャクしたものになりがちです。

たとえ本当に大きな病気の人でも、気持ちにゆとりが持てれば良いのです。
その人の生活は、ギクシャクしたものになりません。

本当の問題は、「ゆとりのなさ」にあります。
何ごとも「ゆとりのなさ」は、ハイパーにその人を動かします。

現実に何も身体に問題はないのに、病院に頻繁にいきます。
同じ検査を何度も繰り返します。

その結果、生活時間と生活費のほとんどは病院の支払いに充てられます。
後ろ向きな生活に、なってしまうのです。

生活そのものは、前には進みません。
常におびやかされた生活です。

その本質は、「神経症的不安」にあります。
「神経症的不安」が、身体に非生産的なこだわりをうむのです。

よっていくら検査を繰り返しても、安心することはありません。
医師が音をあげるか、医師に不信感を向けるかです。

そこからドクター・ショッピングが、始まるのです。
どの病院に行っても、安心できません。

このような悪循環におちいる人は、子供の時に大きな病気をした人に多いのです。
子供の時の病気を、まだ引きずっています。

幼少時にその人の病気のみに、家族の気持ちが向かっていたのです。
その結果、小さな身体の変化に敏感なのです。

あと子供の時に、虐待を受けた人にも多いのです。
子供の時の虐待を、引きずってしまうのです。

虐待は、子供にはどうしようもできないことです。
自分の力の、及ばないことです。

その「自分の力の及ばないこと」に、人格形成時に虐待を受けた人はいました。
その結果、病気のような「自分の力の及ばないこと」を極度に恐れます。

そこから「すぎたるは、及ばざるがごとし」という、迷路に入ってしまうのです。
ある女性をモデルに、述べてみたいと思います。

この人は、病気を恐れています。
それも死ぬかもしれない、重い病気です。

早期発見をすれば、たすかるかもしれない病気です。
それゆえに、検査を繰り返します。

身体のほんのささいな変化を、気にかけます。
ほんの少しの痛みや、はれを気にします。

この人の父親は、何年か前に癌で死んでいました。
それも死ぬかもしれないと言う不安を、強めました。

父親が死んだときの姿が、フラッシュ・バックします。
そのフラッシュ・バックにも、苦しみました。

常に母親に、癌ではないことの確認を求めます。
「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

初めのうちは、母親も「へいき」と答えます。
しかしそのやりとりが重なるうちに、不機嫌になります。

そして怒り出します。
その人はそれを聞いて、落胆します。

自分が受け入れられなかったゆえに、苦しみも深まります。
フラッシュ・バックの程度も、深刻になります。

そこで同じように友人に癌ではないことの確認を求めます。
また「私は、癌ではないね・・・」と繰り返すのです。

このことの繰り返しです。
生産的に、前に進むことはありません。

この人も、いくつかのカウンセリングを体験しています。
あるカウンセラーは、この人のこころの中を指摘しました。

そのカウンセラーは、「内的な攻撃性」を指摘しました。
その攻撃性が、出口を求めていると語りました。

この人はそう言われても、チンプンカンプンです。
まったく思い当たることは、ありません。

このような「内的な攻撃性」を指摘するのは、精神分析療法に多いのです。
多くの場合、本人はそう言われてもチンプンカンプンです。

自分自身で納得できる、ことを知りたいのです。
そこで森田療法に、たすけを求めました。

森田療法は、説得力があります。
多くの人は、森田療法の本を読んで納得します。

森田療法では、「気にするから、それが悪循環になる」と考えます。
「その解決は『あるがまま』のきょうちにある」とするのです。

『あるがまま』が身につけば、悪循環から抜け出せるとします。
それは、『悟り』であるともするのです。

それを作業により行うのが、森田療法の特徴です。
なお森田療法は森田療法家により行われます。

この師弟関係が、いまの若い人にはなじみにくいのです。
森田療法には、戦前の日本社会の姿が潜んでいます。

ここでつまずく、若い人は多いのです。
この人もつまずき、認知行動療法に向かいました。

森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理的です。
森田療法のような、師弟関係もありません。先生とは、対等な関係です。

その認知行動療法は、次のようにスタートしました。
「あなたの心配のプラス面と、マイナス面は?」

このように森田療法よりも、認知行動療法のほうが合理性にはたらき掛けます。
かつ自分なりの考えを、重視します。

それに質問は、先ずプラス面からスタートしています。
これにも、大きな意味はあります。

先ず、イエスです。
自分のしていることにも、プラスはあるという認識です。

この人の答えは、こうでした。
「心配しているから、手遅れにならない」

これがこの人の、こころの表面上にあるのです。
しかし芯にあるものは、まったく異なります。

多くの場合、芯にあるものは神経症的な不安です。
表面にあるものとは、まったく異なります。

ただし芯にある神経症的な不安に、直接触れる事はしません。
直接触れる事は、混乱を深めるだけである事が多いのです。

多くの場合、その神経症的な不安を導く考え方にアプローチします。
それを変えて、神経症的な不安を改善します。

神経症的な不安を導く考え方の一つは、「心配しているから、手遅れにならない」です。
それは心配のプラス面に、かくれていたのです。

逆に神経症的な不安を導く考え方は、心配のマイナス面にもかくれています。
その質問をします。

「あなたの心配のマイナス面は?」
この質問により、不安の本質により近づきます。

この人の答えは、こうでした。
「いつも心配しているから、心配に生活が妨げられます」

この人は24時間、心配している生活です。
何もできません。

心配が、生活をおおっているのです。
不安が、ただよってしまっているのです。

このような状態は、非生産的な不安に支配されているのです。
本当に体調が悪くて119番することは、生産的です。

不安が現実的な解決に進まないで、ただその不安に支配されているのです。
起こりそうもないことを、「どうしよう、どうしよう」と心配しているのです。

これは非生産的な不安の特徴です。
心配しても解決しないことを、心配しているだけです。

その心配の根底には、「過剰な自責感」があります。
自分を責めがちな傾向です。

すべてを自分の責任だと、考えます。
このような傾向に、巻き込まれているのです。

もし病気の発見が遅れたら、自分の責任だと考えます。
自分を、こんなように責めます。

それが身体にこだわる人の、特徴です。
すべてを自分の責任だと考えることは、苦しみを生みます。

それにすべてを自分の責任だと考えることは、すべて自己証明を必要とします。
「病院で検査をした、その結果は何も心配はなかった」しかし、検査ミスはあるかもしれない。

そう考えると、検査ミスをする病院を選んだ自分の責任だと考えます。
このようなことは、限りなく連鎖しがちです。

このように自分のしたことを、すべてOKだと考えることは不可能です。
それよりも、責任の限りない連鎖に陥りがちです。

心配はその連鎖そのものに、非生産性が含まれています。
それゆえに、カウンセラーは連鎖のマイナス性を指摘するのです。

心配の連鎖は、何ももたらしません。
生活を、ただ非生産的にするだけです。

さらにこの人は検査にも、のめりこんでいます。
身体の全てを把握することに、のめりこんでいます。

話は少し変わりますが、外出時に何回も鍵を閉めたか確認する人がいます。
その人も、この人と共通する要素があります。

自分では確認することにより、不安を弱めたいのです。
しかし確認すればするほど、逆に不安は強まります。

鍵を閉めたか確認する人は、このような迷路に入っています。
先ずその迷路に、気付くことです、

迷路に気付けば、半分は解決しています。
そこから出口を、見付ければ良いのです。

鍵の確認に関して言えば、こうなります。
「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」

そうです、「何回鍵を閉めたか確認しても、最後の1回しか確認していない」のです。
このように気付けばよいのです。

この人の病院の検査も、同じような性格を持っています。
何回検査しても、最後の1回しかしていないようなめんもあります。

鍵の確認と同じように、極端に検査を繰り返すことは迷路を深めます。
そこから、抜け出せなくしてしまうのです。

過剰な心配から抜け出せない人の、解決方法をさらに考えてみたいです。
まず「何回検査しても、最後の1回しかしていない」という自覚です。

この自覚により、方向は変えやすくなるでしょう。
後ろ向きから、前向きに変わりやすくなります。

このような自覚とともに、こころの法則も大切です。
それは「不安は最初の5分がピーク」という法則です。

正確には、次のようになります。
「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。

身体には、適応性があります。
不安を持ちながらも、適応しようとするのです。

そしてそれが「不安は最初の5分がピークで、20分で慣れる」という法則です。
この法則に、さらに踏み込んだ方法もあります。

その方法は、意識的にこころの中で不安を繰り返すのです。
この人の場合は検査と、健康不安です。

そのことを、こころの中で繰り返します。
20分ぐらい、繰り返すのです。

いつも心配していることを、集中的に心配する「心配タイム」をつくります。
その「心配タイム」にのみ、集中的に心配すれば良いのです。

この意識的にこころの中で不安を繰り返す方法は、不安に耐える方法よりも不安に働きかけます。
よって意志の力も必要です。

日常生活の中で、不安になったら「心配タイム」まで待ってください。
その「心配タイム」のときのみ、集中的に心配するのです。

異なる形式の、「心配タイム」の方法もあります。
その方法を述べます。

その「心配タイム」の方法は、回数で決めるのです。
心配を300回するというように、回数で決めるのです。

ただしこの方法では、短い言葉で繰り返すことになります。
その短い言葉は、分かりやすいものであることが大切です。

以前述べた、次のような言葉です。
「何回検査しても、最後の1回しかしていない」

このような短く、分かりやすいものです。
その言葉を、自分で考えるのです。

たとえば、次のような言葉でも良いのです。
「検査結果も、それに記入ミスもあったかもしれない」

このように、いつも心配している言葉でも良いのです。
前者のような性格の言葉でも、後者のような性格の言葉でもどちらでも良いのです。

ただしいつもの心配の程度の大きい人は、後者のほうがベターでしょう。
いつも心配している言葉を、飽和させられるからです。

心配している言葉を飽和させられれば、もうコップに水は入りません。
心配という水は、もう入らないのです。

このようにして、心配を飽和させればよいのです。
さらに、ものごとに対する姿勢も大切です。

そもそもこの世の中で、自分の思い通りになることは少ないのです。
いまのあなたは過去の願いに、どれぐらいよってあるのでしょうか?

いまのあなたは過去の願いに、沿ったものではないと思います。
過去の願いとは、異なったものにより決定されてきた要素が強いと思います。

将来はけっして自分により、すべて決定されません。
他の要素により、決定されることが多いのです。

この人も、「将来はけっして自分により、すべて決定されない」という事実と、
現実には「他の要素により、決定されることが多い」ことを、先ず知ることです。

そのときに、自分のコントロールに入らないことも受け入れられます。
受け入れられないから、苦しんでいるのです。

このような自覚により、改善することは多いのです。
しかしながら「解るけど、そうできない」という人も多いのです。

「解るけど、そうできない」という人のための、方法もあります。
それにより、正しい考え方を定着させるのです。

その方法を、述べたいと思います。
その方法はノートと鉛筆があれば、誰でもできます。

次回に、さらに述べます。
  

Posted by counselor at 06:36Comments(0)カウンセリング