さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2006年10月26日

神経症の自己治療法 5

神経症の要素には強迫観念と、強迫行為があげられます。
そして神経症の人は強迫観念と、強迫行為の悪循環に巻き込まれています。

確認強迫の人は確認することに、巻き込まれています。
不潔恐怖の人はきれいにすることに、巻き込まれています。

しかし注意点があります。
ギャンブルやアルコールに、巻き込まれている人は狭い意味でいうで神経症はありません。

なぜならばギャンブルやアルコールは、楽しみの要素もあるからです。
従って、狭い意味でいうで神経症はありません。

次回にさらに述べます。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(カウンセリング)の記事
 パニック障害から解放される方法 182 (2018-01-19 09:50)
 パニック障害から解放される方法 181 (2018-01-18 12:40)
 パニック障害から解放される方法 180 (2018-01-17 09:31)
 パニック障害から解放される方法 179 (2018-01-16 09:25)
 パニック障害から解放される方法 178 (2018-01-15 10:27)
 パニック障害から解放される方法 177 (2018-01-13 09:31)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
神経症の自己治療法 5
    コメント(0)