さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2010年06月30日

強迫性障害に類似する障害の自己解決法 162

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングを行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

今日も、「強迫性障害に類似する障害の自己解決法」を述べます。

今日も、強迫性障害に類似する障害として抜毛症を述べます。
抜毛症も強迫性障害に似ていますが、異なります。

抜毛症も、こころのかゆみに関することです。
そのかゆみを、かかないようにすることが大切です。

抜毛症も、チックの改善に用いた習慣逆転法という方法が適応されます。
その習慣逆転法は5段階からなり、その5段階は意識化練習、拮抗反応の学習、リラックス練習、偶然性の管理、汎化練習です。抜毛症の習慣逆転法も、チックの改善に用いた習慣逆転法も基本的には同じです。

やはり異なる部分もあります。抜毛症に対する、習慣逆転法を述べます。
先ず意識化練習から、述べます。意識化練習には、メモ帳が必要です。

そのメモ帳を、常に携帯してください。
そして毛を抜いたら、「いつ、どこで、どうやって、どのような気持ちで毛を抜いた」を記録するのです。

メモするときに、ふと我にかえります。これは、メモすることにより毛を抜くことを意識化させるのです。それだけでも無意識的な行動は、気がかりな習慣に変わっています。これが意識化練習です。

この意識化練習の次に、拮抗反応の学習を行ってください。それは毛を抜くという習慣的行動に対して、拮抗する行動を学習することです。

毛を抜くという習慣的行動には、一定の筋肉とその動きが関係しています。それに対して拮抗的に反応すれば、習慣的行動もストップするのです。

よってその習慣的行動には手を髪に向かうのを妨げる動作が、拮抗的反応になります。そしてその動作を、2分間保ち続ければいいのです。

具体的には髪の毛を抜きたくなったら、両手をぎゅっと握るのです。握りこぶしをぎゅっと握るのです。
最初は髪の毛を抜きたくなったら両手をぎゅっと握り、時計を見ていてください。2分間たっても、髪の毛を抜きたい衝動が消えなかったら、さらに2分間続けます。

さらに2分間たっても、髪の毛を抜きたい衝動が消えなかったら、また2分間続けます。これを10回ぐらい、時間にして20分間ぐらい続ければ髪の毛を抜きたい衝動は自然に消えます。

さらに2分間という時間も、おおよそ把握できるようになります。
それができれば、もう時計は必要でなくなります。そうやって時間感覚を、身につけるのです。

髪の毛を抜きたくなったら両手をぎゅっと握ることは、髪の毛を抜くことに拮抗します。
その拮抗する反応を行い、身につけていくのです。究極的には髪の毛を抜きたくなったら両手をぎゅっと握ることなく、髪の毛を抜くことがなくなります。

ただし現実には髪の毛を抜きたい衝動は完全には消えないけれども、それに妨げられないで普通に生活できるようになる人が最も多いのです。ただしそれが積み重なれば、髪の毛を抜きたい衝動も消えていきます。

次回に、さらに述べます。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(カウンセリング)の記事
 パニック障害から解放される方法 424 (2018-12-15 09:49)
 パニック障害から解放される方法 423 (2018-12-14 09:57)
 パニック障害から解放される方法 422 (2018-12-13 09:56)
 パニック障害から解放される方法 421 (2018-12-12 09:58)
 パニック障害から解放される方法 420 (2018-12-10 10:13)
 パニック障害から解放される方法 419 (2018-12-08 09:32)

この記事へのコメント
今縁起強迫観念というか前に書いた頭で考えていると現実に起こるという事に対してなんですが、普通に仕事でミスると考えただけでは有り得ないんですが、念が強い場合などではあり得るという事を聞き、自分はもしかしたら念が強いかもしれないから考えているし、ミスをしてしまうかもと思ってしまいます!

仕事でミスをすると念などで考えてたからと思ってしまいます!

強迫観念がひどく、強迫行為は最近してないように思います!

これは強迫観念がなくなり、強迫神経症が治れば、仕事でミスをしても気にせず、仕事でミスをしたらどうしようや念が強いかもしれないからミスると考えなくなりますか?
Posted by あ at 2010年07月01日 13:34
あさんへ

こんにちは。
何ごともこだわりがなくなれば、よけいな心配やこだわりはなくなります。なおイギリスのフォアという学者も、「強迫神経症が治れば、心配も不安も消える」と述べています。安心してください。
なおあさんの場合は、直接のカウンセリングが必要だと思います。お近くのカウンセリングルームに、ご相談されることをお勧めします。
Posted by counseling at 2010年07月01日 15:32
ありがとうございます!
やはり結構ひどいですかね?
カウンセリングする予定です!
Posted by あ at 2010年07月01日 20:21
あさんへ

こんにちは。
こだわりがなくなれば、よけいな心配もなくなります。
これからカウンセリングを受けられて、本当になりたい自分になって困ったことを解決してください!
Posted by counseling at 2010年07月02日 13:28
ありがとうございます!結局仕事で今日ミスしました!いくらベテランの人や仕事できる人でも仕事ミスする時はミスしますかね?
いくらベテランでもミスする回数が減るだけでミスする時だってありますよね?
あと小さい頃では数字などの強迫観念 強迫行為

手を決めた回数洗うなど

他にも下の地面の自分が決めた場所以外を避けなければ不幸な事が起こると考えてたり

今ではやっている事に毎回不安が変わります

前は高い所から落ちないかと不安になり、今では仕事でミスをしないかと不安になり、仕事でこうすればミスらないと自分で決めて強迫行為をしたりしてました!
また考えすぎて、仕事をミスするのは頭で考えて現実に起こっているからとまで考え初めてました!
強迫神経症だと思いますが、強迫神経症ですかね?

今は自分で強迫行為は絶対行わないようにしてます

強迫行為はしなくなりましたが、仕事中ミスしないかと頭から離れません!
今日一日中頭で考えてました!
どうしたらいいですか?
Posted by あ at 2010年07月05日 19:56
あさんへ
こんにちは。
直接カウンセリングを行う先生に、疑問はすべてお話しください。その先生の方が、適切なアドバイスはできます。
私のアドバイスとしては、ご自分の気持ちをカウンセリングで話されるだけで、あさんのこころの不自由さは自由に変わると思います。そのために、頑張ってください!
Posted by counseling at 2010年07月06日 09:43
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
強迫性障害に類似する障害の自己解決法 162
    コメント(6)