さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2007年12月24日

神経症の「強迫的緩慢」の認知行動療法 5

今日も、神経症の「強迫的緩慢」の認知行動療法を述べます。

神経症の強迫的緩慢により食事のときいつまでも椅子に座れない人に対して、協力者は命令として決められた時間内に椅子に座るように支持し、行動形成としてはその座るために必要な時間を少しずつ短縮していきます。

このように協力者は命令行動形成に参加します。そのために、協力者は毅然とした態度が必要です。その毅然とした態度こそが、行動を変えるための土台になります。

次回に、さらに述べます。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(カウンセリング)の記事
 パニック障害から解放される方法 347 (2018-08-18 09:40)
 パニック障害から解放される方法 346 (2018-08-17 09:44)
 パニック障害から解放される方法 345 (2018-08-16 09:42)
 パニック障害から解放される方法 344 (2018-08-15 09:30)
 パニック障害から解放される方法 343 (2018-08-14 09:44)
 パニック障害から解放される方法 342 (2018-08-13 09:46)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
神経症の「強迫的緩慢」の認知行動療法 5
    コメント(0)