さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2011年01月17日

身体に対する必要以上の心配 45

今日も、強迫性障害に類似する障害として「身体に対する必要以上の心配」を述べます。

身体に対する必要以上の心配は、3種類あります。
それは「醜形障害」、「排便、排尿の障害」、「健康に対する必要以上の心配」です。

今日も「排便、排尿の障害」を、述べます。
この「排便、排尿の障害」も、強迫性障害に類似しています。
そして認知行動療法は有力な方法です。

この「排便、排尿の障害」の人は多くの場合、排便や排尿の回数が多いのです。
よって頻繁に、トイレに行きます。トイレに行く回数が多いゆえに各駅の電車には乗れますが、急行電車に乗れなくなってしまう人もいます。

人によっては外出できなくなり、行動範囲が狭まってしまいます。
このように神経症の人は、生き方が狭まってしまうのです。
生き方が狭まってしまう悪循環が、神経症だとも言えます。

次回に、さらに述べます。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(カウンセリング)の記事
 パニック障害から解放される方法 399 (2018-11-14 10:04)
 パニック障害から解放される方法 398 (2018-11-09 09:56)
 パニック障害から解放される方法 397 (2018-11-08 10:02)
 パニック障害から解放される方法 396 (2018-11-06 10:30)
 パニック障害から解放される方法 395 (2018-11-05 09:37)
 パニック障害から解放される方法 394 (2018-11-03 09:37)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
身体に対する必要以上の心配 45
    コメント(0)